ホテルinホテル「クラブフロア・エグゼクティブフロア」~福岡・長崎~

executive13

ホテルによっては、高階層に特別階と呼ばれるフロアが存在します。それが、

「クラブフロア・エグゼクティブフロア」です。

通常フロアと比べると数千円から数万円の違いがあり、お手頃とは呼べません
しかし、そのサービスはまさしくエグゼクティブ

多くのホテルが特別階専用のラウンジを常設し、
軽食や飲み物夜にはアルコールを含む簡単な食事まで取る事が出来ます。
勿論、料金は宿泊費に含まれているので、何も気にせずゆっくり楽しむ事が出来ます。
特別階専用のコンシェルジュが居る事もあり、
レストランの予約から、ちょっとしたサプライズのお願いまで、
様々な要望を引き受けてくれます。

こちらでは、そんな特別階「クラブフロア・エグゼクティブフロア」があるホテルをご紹介します。
特別階に泊まる事を趣味としている筆者の感想も記載しますので、
ホテル選びの参考になれば幸いです。(感想は辛口です、あくまで個人の感想です。)

当サイトの特別フロアを紹介する基準はコチラのページにて。

スポンサーリンク

クラブフロア・エグゼクティブフロア~福岡~

グランド ハイアット 福岡「グランドクラブフロア」

会員制度「ハイアット ゴールドパスポート

約90室が対象の特別フロア。こちらも対象ルームがバラけています。
開業20年、特別フロアのファンも多いホテルです。

サービス名 備考欄
グランドクラブラウンジの利用 5階
ラウンジでのチェックイン・チェックアウト可
コンシェルジュサービス有
営業時間7時~21時
7時~10時(土日は11時まで)は朝食
12時~16時はアフタヌーンティー
17時30分~19時30分はカクテルアワー
プール・ジムの利用無料 ジムは通常も無料
プールは通常2,000円

主なサービスはクラブラウンジの利用。
ラウンジは非常にスタンダードな内装ですが、中庭を見渡せ、開放感抜群です。
また、座る席によって大分印象が変わる為、使い方が選べるのも好印象
朝食は洋食メインのブッフェスタイル。質こそ高めですが、種類は控えめ。
サラダやフルーツがメインなので、朝から沢山食べたい方にはかなり少ないです。
アフタヌーンティーは種類、質共に標準的。お茶菓子としては及第点です。
特筆すべきはカクテルアワー
アルコール食べ物の質種類共に極めて良好です。
シャンパン、ウィスキーも質が高く非常に充実しております。
お腹に溜まる様な食べ物はないですが、1品1品美味しく食べられます。
夕飯をあまり食べない方には丁度良いかと思います。
価格差は約1万円。全体の価格としても控えめでファンが多いのも納得
このクオリティならかなりオススメ出来ます。

グランド ハイアット 福岡
楽天トラベル一休じゃらんるるぶJTB

ハイアット リージェンシー 福岡「リージェンシークラブフロア」

会員制度「ハイアット ゴールドパスポート

他のハイアットと同じく対象部屋が散らばっている特別フロア。
素泊まりだと1万円を切る価格なので、ハイアットの上級会員を取得する際、
よくホッピングに利用されるホテルです。

サービス名 備考欄
リージェンシークラブラウンジの利用 6階
ラウンジでのチェックイン・チェックアウト可
コンシェルジュサービス有
営業時間7時~20時
7時~10時は朝食
洋食中心のブッフェスタイル。
12時~17時30分はティータイム
紅茶やコーヒーとお茶菓子を楽しめます。
17時30分~20時はカクテルタイム
アルコールと共にオードブルも楽しめます。
一部アメニティの追加 バスローブ等

主なサービスはクラブラウンジの利用。
朝食は洋食中心で、ホットミールも少なく、やや物足りません。
ティータイムもお茶菓子は至って標準的。
紅茶はロンネフェルトなので、ゆったりとお茶を楽しむなら最適です。
カクテルタイムはアルコール、食べ物共に標準的な品揃え。
質もそこまで高いものはありませんが、一通り揃ってはいる為ある程度は満足出来るかと。
通常フロアとの価格差は最安で約5,000円。コスパは優秀です。
時期によってはグランドハイアットの特別フロアと価格があまり変わらない場合もあり、
そうなってくるとやはりグランドハイアットをオススメしたくなります。
決してこのホテルがダメな訳ではなく、グランドハイアットが優秀過ぎるのですが。

ハイアット リージェンシー 福岡
楽天トラベル一休じゃらんるるぶJTB

ヒルトン福岡シーホーク「エグゼクティブフロア」

会員制度「ヒルトンオナーズ

30階~33階にある特別フロア。
どの部屋でも大満足出来る景観が嬉しいフロアです。

サービス名 備考欄
エグゼクティブラウンジ 33階
ラウンジでのチェックイン・チェックアウト可
営業時間は6時~20時30分
6時30分~10時は朝食
和洋食のブッフェスタイル。
14時~16時はアフタヌーンティー
紅茶やコーヒーをお茶菓子と共に。
18時~20時はカクテルアワー
アルコールやオードブルが楽しめます。
岩風呂利用無料 通常1,500円
アメニティの追加 バスローブやバスアメニティ数点追加

主なサービスはエグゼクティブラウンジと岩風呂無料。
33階なので眺望は抜群です。
朝食はブッフェスタイル。エグゼクティブラウンジとしては珍しく、和食が充実しています。
全体的な質が以前よりも若干下がりました。
アフタヌーンティーはお茶菓子がなかなか充実しています。
数が豊富なので、1つは好きなものが見つかるかと思います。
カクテルアワーのアルコールは、シャンパンがスパークリングワインになった他、
赤・白・ウィスキーは総じてランクダウン。
その代わり、日本酒は割と質の良い物が揃っています。
フードは変わらず種類豊富ホットミールも多く夕飯代わりにも出来ます。
通常フロアとの価格差は約10,000~15,000円。
エグゼクティブラウンジの質が若干下がった為、
価格帯を考えると中々に悩ましい特別フロアです。使い方次第では十分有りだと思います。

ヒルトン福岡シーホーク
楽天トラベル一休じゃらんるるぶJTB

ANAクラウンプラザホテル福岡「クラブフロア」

会員制度「IHGリワーズクラブ

12~14階にある特別フロア。
ビジネスユースにも、観光にも使い易いホテルです。

サービス名 備考欄
クラブラウンジの利用 中2階
ラウンジでのチェックイン・チェックアウト可
営業時間6時30分~21時
6時30分~10時は朝食
和洋食のブッフェスタイル。
15時~17時、19時30分~21時はティータイム
コーヒー、紅茶をお茶菓子と共に。(19時30分以降はドリンクのみ)
17時30分~19時30分はカクテルサービス
アルコールと共にカナッペ類も楽しめます。
アメニティの追加 ヘアーブラシや爪やすり等一部追加
ミネラルウォータープレゼント
プールの利用が無料に 通常は1,500円
レストラン優待 ルームキー提示で10%オフに

レストラン優待があるのが特徴的
ラウンジなのですが、朝食は和食が充実。お味も中々。
明太子が並ぶ事もあり、朝食としては及第点。
ティータイムはお茶菓子が中々豊富。質もそこそこ。
カクテルサービスアルコールが中々に充実
特にビールはラウンジとしては豊富な品揃え
カナッペ類は種類、質共に普通。
お酒のつまみとしては及第点ですが、飲まない方にはやや辛いかも。
通常フロアとの価格差は5,000円~8,000円程。
5,000円で収まる場合ならコスパは高めと言えるのではないでしょうか。

ANAクラウンプラザホテル福岡
楽天トラベル一休じゃらんるるぶJTB

ホテル イル・パラッツォ「グランデフロア」

対象ルームの殆どがスイートに属する特別フロア。
やや交通の便は悪いですが、国内では珍しいデザイナーズホテルです。

サービス名 備考欄
グランデフロア専用ルームサービス 16時~20時30
スパークリングワインやビール等のアルコールやソフトドリンク、
季節の前菜盛り合わせやデザートをルームサービスで楽しめます。
レイトチェックアウト 13時まで延長出来ます。
通常は11時です。
アメニティの追加 スキンケアセットやバスアメニティが専用の物に変わります
ミニバー&スナック無料サービス
チェックアウト後送迎サービス 近隣の場所まで、無料で送迎して頂けます。

変わったサービスが多数ある特別フロア。
専用ルームサービスは、以前はパスタや数種類の前菜から選択出来たのですが、
今は盛り合わせとデザートのみになってしまいました。
その代わりにミニバーだけでなくスナックも無料に。
チェックアウト後の送迎は、交通の便が悪いこのホテルには嬉しいサービス。
通常フロアとの価格差は6,000円~10,000円強。
以前の様なルームサービスなら6,000円でも安いくらいでしたが、
現状のサービスでは非常に悩ましいです。

ホテル イル・パラッツォ
楽天トラベル一休じゃらんるるぶ

ロイヤルパークホテル ザ 福岡「プレミアムフロア」

会員制度「ザ クラブ・ロイヤルパークホテルズ

8階にある特別フロア。
開業5年、「THE」シリーズの第一号です。

サービス名 備考欄
朝食ブッフェサービス 通常一人1,700円
レイトチェックアウト 13時まで延長可能に
通常は11時です
新聞無料サービス
ウェルカムドリンクサービス
アメニティ追加 バスローブ等

通常フロアとの差別化はあまりありません。普通にグレードが良いお部屋ですね。
価格差は5,000円程。
朝食だけでも1,700円する為、コスパはそこそこです。

ロイヤルパークホテル ザ 福岡
楽天トラベル一休じゃらんるるぶJTB

クラブフロア・エグゼクティブフロア~長崎~

ザ・ホテル長崎BWプレミアコレクション「エグゼクティブフロア」

11~12階にある特別フロア。
ベストウェスタンの中では一番の歴史を誇るホテルです。

サービス名 備考欄
冷蔵庫内無料
レイトチェックアウト 12時まで延長可。
通常は11時。
新聞サービス

特別フロアのサービスは殆どありません。
通常フロアとの価格差は5,000円程。
高層階以外の利点もあまりない為、通常フロアでも良いかと思います。

ザ・ホテル長崎BWプレミアコレクション
楽天トラベル一休じゃらんるるぶJTB

ホテルアムステルダム「クラブフロア・ローラアシュレイ」

4階にある特別フロア。
ハウステンボス内にある唯一のホテルです。

サービス名 備考欄
クラブラウンジの利用 4階
ラウンジでのチェックイン・チェックアウト可
コンシェルジュサービス有
営業時間7時~22時
7時~10時は朝食
ブッフェスタイルです。
11時~14時はリフレッシュメント
連泊者対象でソフトドリンクやお茶菓子や軽食が楽しめます。
14時30分~16時30分はアフタヌーンティー
アフタヌーンティーセットが提供され、紅茶やコーヒーで楽しめます。
17時~19時30分はオードブル
アルコールと共にオードブルも楽しめます。
20時~22時はナイトキャップ
オードブルは下げられますが、引き続きアルコールとカナッペを楽しめます。

主なサービスはクラブラウンジの利用のみ。
朝食は品数もそこそこあり、また質も中々良い状態です。
アフタヌーンティーは至ってスタンダードなアフタヌーンセット。
アフタヌーンティーとしては及第点です。
オードブルはカレー等もあり、軽い夕飯代わりにもなります。味もそこそこ。
アルコール類も一通り揃っており、ゆったり飲むには丁度良いです。
ナイトキャップは食べ物が乾きものやチョコレートくらいになり、かなり寂しいですが、
引き続きアルコールが楽しめるのは嬉しい所。
全体的に見ても平均レベルではありますが、特筆すべき点がないのは残念。
通常フロアとの価格差は約20,000円。この価格差が一番のネックです。
初めて特別フロアを訪れる方にはある程度のオススメは出来ますが、
特別フロアに慣れている方にとって、この価格差はかなり厳しいです。

ホテルアムステルダム
楽天トラベル一休じゃらんるるぶJTB

クラブフロア・エグゼクティブフロア~宮崎~

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート「クラブフロア」

会員制度「SPG」「シーガイア プレミアム メンバーズ クラブ

36~41階にある特別フロア。2016年8月に誕生した新しい特別フロアです。
一番小さな部屋でも50㎡と、非常に贅沢な造りになっています。
対象客室数は88室です。

サービス名 備考欄
クラブラウンジの利用 36階
ラウンジでのチェックイン・チェックアウト可
コンシェルジュサービス有
営業時間6時~23時
6時30分~10時は朝食
コンチネンタルブレックファストでのブッフェスタイルです。
10時~17時はティータイム
お茶菓子やソフトドリンクをいただけます。
17時~20時はカクテルタイム
アルコールと共にオードブルも楽しめます。
一部アルコールは21時まで楽しめます。
アメニティ追加 バスアメニティがタルゴジャポンに
松泉宮温泉無料 滞在中、リゾート内の温泉を利用出来ます
大浴場「月読」(通常1,000円)中浴場「新月」(通常2,500円)
スイートのみ「離れ湯」(通常5,000円)おゆのみや(通常6,500円)も無料で利用可。
また、その際クラブフロア限定の作務衣を借りられます
フィットネス無料 フィットネス施設「ジ・オーシャンクラブ」利用無料(通常2,270円)

主なサービスはラウンジの利用と温泉の利用です。
ラウンジですが、朝食は、品数は少な目ながらも、質はそこそこ良好
但し、コンチネンタルブレックファストなので、ホットミール系はありません。
ティータイムはお茶菓子を中心としたラインナップ。
11時以降はケーキも提供され、こちらも質はそこそこ良好
紅茶の種類が多く、ティータイムにはうってつけです。
カクテルタイムのオードブルはホットミールが4種類程。後はおつまみを中心に。
アルコールは焼酎も含めて複数ありますが、質はかなり標準的。
アルコールの質を気にしなければ、ホットミールが充実している為、
ちょっとしたディナー代わりにもなります。
温泉は、コスパを考えると嬉しいのですが、ホテルからの距離が結構ある為、
湯冷めしやすいのが難点です。
通常フロアとの価格差は8,000~15,000円程。
ラウンジを中心に、ゆったりとした滞在をされるのであれば、比較的コスパは良いです。
景色も36階ですし、そこまで混み合う事もないのでゆったり出来ます。
このクオリティが維持されるのであれば、割とオススメし易いのですが、
少しでも質が下がるのであれば、一転してやや厳しいです。
また、アクティビティを中心とした滞在を考えている場合は、
無理にクラブフロアを利用する必要はないかなとも思います。
快適さは断然違うので、ゆっくりとしたホテルステイならオススメです。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
楽天トラベル一休じゃらんるるぶJTB

TOP