最上級のダイニングサービス!あらゆる面でプレミアム。「ダイナースクラブ プレミアムカード」

dinersclub

クレジットカードの中でもかなり特異な存在なのが、
クレジットカードの元祖でもある(諸説あり)
「ダイナースクラブカード」
そんなダイナースクラブカードの最上級カードになるのが、

ダイナースクラブ プレミアムカード」(以下ダイナースプレミアム)です。

スポンサーリンク

ダイナースクラブカードとは

ダイナースは、クレジットカードブランドの1つです。

クレジットカードブランドとは、VISA、マスターカード、JCBに代表される、
国際的なクレジットカードブランドの事。
現在クレジットカードブランドはシェア順に、

  1. VISA
  2. マスターカード
  3. 銀聯(Union Pay)
  4. AMEX
  5. JCB
  6. Diners

以上6社が代表的です。

ダイナースはVISAやマスターカードと違い、
お会計時にお店側が対応していないと決済出来ない場合がありましたが、
昨今はJCBとの提携もあり、日本国内では、大体のお店で使える様になりました。
しかし、それでも一部お店ではまだ使えない事があり、決済性ではやや劣ります。
当サイトがオススメするホテルでは、まず間違いなく使えますのでご安心ください。

ダイナースプレミアムとは

そんなダイナースの中でも、基本的には招待(インビテーション)を受け、
審査に合格しないと所持する事が出来ないダイナースプレミアムは、
クレジットカードの最高峰です。

特に、ダイニング関連の特典は非常に素晴らしく、他の追随を許しません。
また、単純なポイント還元率全クレジットカードの中で最高レベルです。

ダイナースクラブ プレミアムカード(ダイナースプレミアム)

出典:www.diners.co.jp

ダイナースクラブ プレミアムカード

通称「ダイナースプレミアム
ダイナースカードの中では提携カードであるANAダイナースプレミアムを除けば、
一番年会費が高いです。
また、基本的には招待制なので自分で申し込んで所持するのは難しいです。

年会費:140,400円(税込み)家族カードは今の所、何枚でも無料
入会目安:ダイナースクラブカード所持者から招待(提携カードは除く)
通常の特典:

  • 有効期限無期限のポイント(100円毎に2ポイント)
  • コナミスポーツクラブ優待
  • 各種ゴルフ優待
  • ショッピング・リカバリー
  • キャンセルプロテクション
  • プレミアム会員専用デスク(コンシェルジュデスク)
  • 都内各種ラウンジの利用(銀座ラウンジ、大丸東京D’sラウンジトーキョー)
  • 各種ダイニング・サービス
    (エグゼクティブ・ダイニング、おもてなしプラン、料亭プラン、サイレンス・スタイル
    XEX5,000円優待クーポン)
  • 誕生日プレゼント

ホテルライフに役立つ特典:

  • 約600ヵ所の空港ラウンジ利用無料
  • 国内・海外ホテル優待
  • ホテルメンバーシップ
  • HISエグゼクティブメンバーズクラブ「CLASS ONE」
  • プライオリティパス・プレステージ会員
  • 海外旅行時スーツケース無料配送(往復分可)
  • コート預かりサービス(成田・羽田・関空・中部)
  • 海外旅行時各種優待
    (片道送迎サービス・前日宿泊無料・特急列車無料・パーキング無料)
  • Lea Leaラウンジサービス&トロリー無料
  • 京都ホテルウェルカムラウンジ無料

以上が代表的なダイナースプレミアムの内容です。
他にも様々な特典がありますが、筆者が特に良いと思ったものを取り上げています。

有効期限無期限のポイント

クレジットカードの利用100円毎2ポイントたまります。
このポイントは1,000ポイントから様々なポイントや景品と交換が可能です。
有効期限は無期限ですが、カード解約時や
カード切り替え時の種類によっては抹消されてしまいます。
通常利用での還元率2%は、全クレジットカードの中でも最高レベルです。
また、通常は年間で6,480円掛かるマイル移行手数料無料です。

コナミスポーツクラブ優待

コナミスポーツクラブを、都度利用の場合では、
法人会員料金から月5回まで更に500円引きで利用する事が出来ます。
月額利用の場合でも、法人会員料金で契約する事が出来ます。
月額だけでなく、都度利用も出来るのが嬉しい特典です。

ショッピング・リカバリー

ダイナースで購入した殆どの商品が、
購入から90日間内に、破損・盗難等の被害にあった際、
年間500万円まで補償してくれます。

キャンセルプロテクション

キャンセル・プロテクションは急な出張や不慮の事故等で、
予定していた旅行をキャンセルしたり、
様々なイベントに行けなくなった場合、
年間最高20万円までダイナースが補償してくれます。
この補償は家族が要因でキャンセルせざるを得ない場合でも適用される為、
ご家族がいる場合にも重宝します。

プレミアム会員専用デスク(コンシェルジュデスク)

プラチナカードには必須になりつつある、24時間対応のコンシェルジュデスクです。
ホテルやレストラン、交通手段のチケット手配から、
様々なエンターテイメント関連の手配、また、ちょっとした調べ物までお願い出来ます。
ダイナースプレミアムのコンシェルジュデスクは、評価が難しい所。
ダイニング関連は中々に頼れるのですが、それ以外は得手不得手がはっきり分かれています
ただ、どのお願いも、結果をメールで連絡をお願い出来る為、利便性はかなり高いです。

都内各種ラウンジの利用(銀座ラウンジ、大丸東京D’sラウンジトーキョー)

都内2か所にある各種ラウンジの利用が可能になります。

銀座ラウンジは、銀座駅近く、アルマーニビルの5階にあります。
非常に高級感のあるラウンジで、中ではお茶菓子1品と飲み物が頂けます。
やや手狭な広さではありますが、カウンター席にはコンセントもあり、
ビジネスユースにも耐え得る仕様です。
また、このラウンジでは、月に数回様々な有料セミナーや演奏会が開催されており、
そちらの参加も出来る様になります。
同伴者1名までは無料で利用出来、以降は1人1,080円で利用する事が出来ます。

一方、大丸東京D’sラウンジトーキョーは、その名の通り、大丸東京の11階に所在します。
通常は大丸の一部ゴールドカードや外商カードと呼ばれる特殊なカードが無いと入場出来ません。
こちらでは、セルフサービスのコーヒーや紅茶等が楽しめます。
このラウンジでのみ販売を行うセールスイベントや展示物等もあります。
11階という眺望なので、八重洲側を眼下にゆったりと休憩する事が出来ます。
こちらは、カード所持者のみ無料で、以降同伴者1名につき1,080円で利用出来ます。
また、応接室も存在し、4名まで1時間3,600円で利用する事が出来ます。
この応接室のみ、ビジネス等の商談利用も可能になっており、様々な用途に応えてくれます。

各種ダイニング・サービス

ダイナースの代名詞と言えばこの特典。
当サイトとしてもこの特典がイチオシです。

エグゼクティブ・ダイニング

指定レストランでコースメニューを2名以上で利用した際、
1名分のコース料理代が無料になります。
つまり、半額でコース料理を楽しむことが出来るのです。

対象レストランは主に都心部が中心。約240件の内、約100件は東京です。
価格帯は7,000円~20,000円といったところ。
これが1名分無料になるのですから、かなりお得です。

利用には利用したい日の3日前までの予約が必要です。
しかし、通常のダイナースカードと違い、
ダイナースプレミアムは、お店側がOKを出せば、当日であっても予約出来る事があります。
勿論、この場合もコンシェルジュデスクにお願いすればスムーズです。
また、予約のお願いもコンシェルジュデスクで24時間いつでも手続き出来るので、
利便性は格段に増しています

4月~9月末まで10月~3月末まで
それぞれ半年毎に1回までしか同じお店は利用出来ません
しかし、一部レストランでは、リピーター特典として、
ウェルカムドリンクが貰えたり、シェフから1皿サービスがあったり、
様々な特典が用意されています。

こういったダイニングサービスはいくつかありますが、
対象レストラン数やお店のレベルでは、ダイナースが頭一つ抜きんでています

ダイナースプレミアムの場合、ダイナースプレミアム専用のお店が追加されます。
追加されたお店はいずれも、名店ばかり。
また、こういうダイニングサービスには滅多に名を連ねないお店があるのは嬉しい所。

おもてなしプラン

レストランを利用する際、お店からちょっとしたおもてなしを受ける事が出来ます。
内容はウェルカムドリンクや1皿サービス等。
リピーター特典に近いのですが、
エグゼクティブ・ダイニングに参加していないお店が対象だったりもするので、
意外と侮れません。

こちらも、ダイナースプレミアムの場合、ダイナースプレミアム専用のお店が追加されます。
特に、ベージュ アラン・デュカス東京やひらまつは、
こう言った特殊なプランを滅多に提供しない為、かなり価値ある体験になるかと思います。

料亭プラン

通常は紹介がないと予約すら難しい料亭を、ダイナース経由で予約を取ってくれます。
東京吉兆や銀座・金田中等、錚々たる店名が並んでいます。
ダイナースならではのサービスですね。

こちらも、ダイナースプレミアムの場合、ダイナースプレミアム専用のお店が追加されます。

サイレンス・スタイル

こちらもダイナースならではのサービス。
予め予約の際に予算や人数等を伝えておくと、
対象レストランを利用した際に、支払いがなく、そのまま退店出来ます。
ダイナースには直接レストランから請求が届く感じです。
主に接待で利用すると、実にスマートです。

XEX5,000円優待クーポン

東京・大阪併せて6店舗あるレストラン
「XEXグループ」で使える5,000円の優待クーポンが貰えます。
XEXは1つのレストランにイタリアンやお寿司、鉄板焼きや本格的なバー等、
様々な楽しみ方が出来るレストランです。

約600ヵ所の空港ラウンジ利用無料

海外旅行時にはとても役立つ特典がこちら。
約600ヵ所の空港ラウンジを無料で利用出来ます。
プライオリティパスですらカバーしていないラウンジもあったりする為、
ダイナースを海外旅行へ持っていくと非常に重宝します。
家族カードをお持ちの方も無料で利用出来る為、
ご家族一緒の場合は更にお得です。

国内・海外ホテル優待

ダイナースと提携しているホテルを、
特別なプランや客室アップグレード等、ダイナース専用の様々なプランから予約出来ます。

国内に関しては大体のホテルが、公式とほぼ同じプランだったり、
特典が付く代わりに高いプランだったりと、ホテルによって様々です。
昨年まで、ザ・リッツ・カールトン東京・大阪の2つは、
筆者が知る限り、恐らく最安値で、予約も取りやすく重宝していたのですが、
大阪はAMEXと同額に、東京はベストアベイラブルレートから10%割引と、
かなり寂しい優待になってしまいました。
他のホテルも、軒並み、優待率や特典が減少してしまい、パワーダウンした感は否めません。
しかし、ホテル予約サイトよりも早く予約する事が出来、
ホテルによっては宿泊日の1年前から予約も可能と、独自の魅力もあります。

また、スターウッドホテル&リゾートアマンリゾーツでは、
ダイナースプレミアム独自の優待を受ける事が出来ます。
客室アップグレードやアーリーチェックイン、レイトチェックアウト、
朝食無料やウェルカムアメニティ等、上級会員等に匹敵する特典が得られます。
国内では、スターウッドホテル&リゾートで対象のホテルは「セント レジス ホテル 大阪
アマンリゾーツでは「アマン東京」のみです。

ホテルメンバーシップ

スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド
The Club of SLH Loved Member付与

SLHのLoved Memeberに、入会してすぐなれる特典です。
客室アップグレード、会員割引、毎日2名分無料朝食、レイトチェックアウトが、
入会してすぐ特典として得られるので、非常に嬉しいですね。

リーダーズクラブメンバーシップ年会費無料

通常年会費150$が、無料になります。
現在国内では、帝国ホテル、パレスホテルの2つしか加盟していませんが、
無料宿泊、無料朝食、部屋のアップグレード、
レイトチェックアウト、アーリーチェックイン等、特典満載です。

一休.comプレミアサービス ダイヤモンド会員付与

一休.comのプレミアサービス、ダイヤモンド会員半永久的に維持出来る特典です。
ダイヤモンド会員は、通常4月~9月もしくは10月~3月で、
一休.comで30万円以上の利用があるとダイヤモンド会員になれます。
一休.comからのホテル予約はゴールド会員以上限定のプランが実は多数存在し、
価格もお得で特典も充実と、かなり魅力的なプランがあります。
また、ダイヤモンド会員は限定のプレミアサービスがあり、
対象ホテルに宿泊した際、様々なサービスを受ける事が出来ます。
中には、ホテル上級会員の特典に匹敵するサービスもある為、
宿泊時の選択肢が大幅に増えます。

ダイヤモンド会員付与は、ダイナースプレミアムを所持している限り、
半永久的に維持出来ます。
ダイヤモンド会員に関して、詳しくはコチラのページもご覧ください。

プリファード・ホテルズ&リゾーツ iPreferエリート会員

通常は1年間に50,000ポイント獲得しないとなる事が出来ないエリート会員に、
無条件でなる事が出来ます。
また、ダイナースプレミアムを所持している間はずっとエリート会員のままです。
エリート会員に関しては、コチラのページもご覧ください。

HISエグゼクティブメンバーズクラブ「CLASS ONE」

通常2年間で50万円以上の利用がないと入会資格がない「CLASS ONE」に、
なんと無条件で入会する事が出来ます。
この「CLASS ONE」には、様々な特典があり、
主に海外旅行時には、より快適な旅になる事間違いなしです。
都内近郊のみではありますが、専用ラウンジも存在し、
そちらではゆったりと座りながら、
旅行計画を専任のコンシェルジュと相談する事が出来ます。

プライオリティパス・プレステージ会員

通常は年会費が399ドル掛かるプライオリティパスの
プレステージ会員無料で入会する事が出来ます。
家族カード分も入会する事が出来る為、理論上は無制限に無料で入会出来ます。
また、ラウンジの利用も何回でも無料になる為、
海外旅行へ良く行かれる方には持ってこいな特典です。

海外旅行時各種優待

全優待が、ダイナーストラベルデスクにて、50万円以上の海外ツアー、
もしくは日本発の航空券の購入が条件です。

片道送迎サービスは、出国・帰国のどちらかのみではありますが、
自宅から空港までタクシー送迎してくれるサービスです。
かなりの格安料金で送迎してくれるので、
もしツアーで行く場合は是非とも利用しましょう。
住んでいる場所によってはなんと無料で送迎してくれます。

前日宿泊無料は、成田空港、もしくは関西国際空港利用時のみではありますが、
ヒルトン成田、ホテル日航関西空港へ無料宿泊出来ます。
早朝に出国する際は非常に嬉しい特典です。

特急列車無料は、特定の駅からの特急料金のチケットを無料で用意してくれます。
こちらも成田空港、もしくは関西国際空港利用時のみです。
特急列車は非常に快適且つ、早く移動出来る為、こちらも嬉しい特典です。

パーキング無料は成田空港と羽田空港を利用時のみですが、
海外滞在期間中(最大20日間)の駐車料金を無料にしてくれます。
海外に長期滞在する際の駐車料金が無料なのは非常に嬉しいですね。

Lea Leaラウンジサービス&トロリー無料

ハワイ・ホノルルにあるLea Leaラウンジを無料で利用出来ます。
カード1枚で4人まで利用出来るので、家族旅行や友人との旅行でも重宝します。
また、Lea Leaトロリーの1日乗車券も貰えます。
こちらはカード1枚につき乗車券1枚なので注意が必要です。
家族カードの方も乗車券は貰えるので、ご夫婦なら是非家族カード持参でハワイへ。

ダイナースクラブカード まとめ (特典早見表)

特典
有効期限無期限のポイント(100円毎に2ポイント)
コナミスポーツクラブ優待
各種ゴルフ優待
ショッピング・リカバリー
キャンセルプロテクション
プレミアム会員専用デスク(コンシェルジュデスク)
都内各種ラウンジの利用(銀座ラウンジ、大丸東京D’sラウンジトーキョー)
各種ダイニング・サービス
(エグゼクティブ・ダイニング、おもてなしプラン、料亭プラン、サイレンス・スタイル、XEX5,000円優待クーポン)
誕生日プレゼント
約600ヵ所の空港ラウンジ利用無料
国内・海外ホテル優待
ホテルメンバーシップ
HISエグゼクティブメンバーズクラブ「CLASS ONE」
プライオリティパス・プレステージ会員
海外旅行時スーツケース無料配送(往復分可)
コート預かりサービス(成田・羽田・関空・中部)
海外旅行時各種優待
(片道送迎サービス・前日宿泊無料・特急列車無料・パーキング無料)
Lea Leaラウンジサービス&トロリー無料
京都ホテルウェルカムラウンジ無料

他カードを全く寄せ付けないダイニングサービスが更に拡張されています。
エグゼクティブ・ダイニングのラインナップもより充実に。
名立たるお店が追加されており、非常に嬉しい特典かと思います。
上記には記載していませんが、数か月に1度、
ダイナース協賛の「レストランウィーク」というイベントが開催されており、
このイベントは、高級レストランを5,000~1,0000円という破格で、
その味を楽しむ事が出来る、嬉しいイベントなのですが、
人気店はあっと言う間に予約で埋まってしまいます。
ダイナースプレミアムはどこよりも早く予約出来るので、
希望日に予約がとれる確率がかなり上がります。
ホテル特典もより豪華に。
一休ダイヤモンド会員、リーダーズクラブは特典も多いです。
スターウッドホテルやアマンに宿泊する際は、
上級会員に匹敵する特典を受ける事が出来、選択肢が一気に広がりました。
海外旅行関連にも非常に強くなり、
プライオリティパスやHISの「CLASS ONE」は、
使い方次第でとても充実した海外旅行を送る事が出来ます。
ネックはやはり約14万円の年会費。
しかし、様々な特典と、最高の還元率を誇るポイント制度がある為、
使い方次第ではかなりお得な年会費になる事も確かです。
AMEXプラチナと双璧を成すダイナースプレミアム。
昨今の特典を見ると、AMEXプラチナの方が様々な面でやや上回っていますが、
まだまだ会社が移行したばかり。今後の改善に期待です。


TOP