[ホテルバー]赤羽橋・お台場編[オススメ]

アンケート

貴方が一番良く利用するホテルグループはどれですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

ホテルの楽しみ方は宿泊するだけではありません。

ホテルバーは日常的に利用出来る最高のスポット。

特別な日の最後に、特別な場所で、特別なお酒を。
そんな時にぴったりの場所がホテルバーです。

今回は、そんな数多あるホテルバーの中で、
筆者オススメのホテルバーをご紹介します。
今回は

「赤羽橋・お台場

です。

価格帯はジントニックを基準にしています。
サービス料と税金を考慮した平均価格を表記しています。

スポンサーリンク

東京プリンスホテル「メインバー ウィンザー」

東京プリンスホテル「メインバー ウィンザー」

店舗情報

  • ホテル名:東京プリンスホテル 1階
  • 最寄り駅:御成門駅・大門駅・赤羽橋駅
  • 営業時間:17:00~0:00 祝日~23:00
  • 価格帯:1杯1500円前後
  • その他:

実に落ち着いた雰囲気で出迎えてくれるメインバー。
席数は75席とかなり多いですが、しっかりとしたサービスで、
居心地も良く、ゆったりとお酒を楽しむ事が出来ます。
チャージ料が掛からないのも、ホテルバーとしては比較的珍しく利用しやすいです。

こちらはオススメの一杯を敢えて挙げる事は致しません。
カクテルもそつなく熟してくれますし、ウィスキーに至っても品揃えは良く、
例え水割りであってもしっかりとした1杯を作ってくれます。
チャージ料がなく、サービス料も10%と良心的なので、
1杯とは言わず、ご自身の好きなカクテルやウィスキーを2杯程頂戴する事をオススメします。
仕事終わりにふらっと足を運んでも良いですし、大切な人と訪れても良い、
非常に使い勝手の優れたホテルバーだと思います。
景色を楽しむ事は出来ない分、その雰囲気に酔いしれる事間違いなしです。

ザ・プリンスパークタワー東京

メインバーもくれん

ザ・プリンスパークタワー東京「メインバーもくれん」

店舗情報

  • ホテル名:ザ・プリンスパークタワー東京 地下1階
  • 最寄り駅:赤羽橋駅・芝公園駅
  • 営業時間:17:00~0:00 休日17:00~23:00
  • 価格帯:1杯2000円前後
  • その他:

実にホテルバーらしい出で立ちのホテルバー。
カウンターには国産ウィスキーを中心に錚々たるラインナップ。
バックバーで精悍に並ぶボトルを眺めるだけでも、楽しくなってきます。

こちらではやはりカクテルよりもウィスキーがオススメです。
それも出来ればロックで楽しむ事が、
このお店で一番スタンダードな味を知る事が出来るかと思います。
どちらかと言えば、重厚な雰囲気を楽しむ事がメインになるかもしれません。
グラスに注がれた琥珀色の液体と、透き通った氷が時折奏でるカランと言う音を、
ゆったりと寛ぎながら楽しんでみてください。

スカイラウンジステラガーデン

ザ・プリンスパークタワー東京「スカイラウンジステラガーデン」

店舗情報

  • ホテル名:ザ・プリンスパークタワー東京 33階
  • 最寄り駅:赤羽橋駅・芝公園駅
  • 営業時間:17:00~2:00 休前日・休日 15:00~17:00
  • 価格帯:1杯2000円前後
  • その他:テーブルチャージ1,080円 宿泊者は540円

何と言ってもその夜景は、他では見られない素晴らしい絶景。
その絶景に華を添えるのが、色鮮やかなカクテル。
オリジナルカクテルも多数あり、勿論その見た目だけでなく味も確かです。

こちらでのオススメは「タンカレーナンバーテン」を使ったカクテルの数々。
タンカレーナンバーテンは、通常のタンカレーよりも香り高く、
味わいもかなりしっかりとした飲み易いジンです。
その中でもオススメは「テンティーニ
鼻をくすぐる良い香りと飲み易いながらも、かなり高めのアルコール度数が特徴。
ショートスタイルがやはりオススメですが、
もしアルコール度数が気になるのであれば、ロックスタイルで頼まれても大丈夫です。
香りはやや控えめにはなってしまいますが、その分ゆったりと楽しめます。
折角夜景が素晴らしいので、ロックスタイルでゆっくり飲みながら、
夜景も存分に楽しみたい所ですね。

グランドニッコー東京台場「The Bar & Lounge」

グランドニッコー東京台場「The Bar & Lounge」

店舗情報

  • ホテル名:グランドニッコー東京台場 30階
  • 最寄り駅:台場駅
  • 営業時間:15:00~23:30
  • 価格帯:1杯2000円前後
  • その他:

「The Grill on 30th」内にあるバーラウンジ。
30階という高階層と立地は、東京湾を一望出来る絶好のスポット。
カウンターでは東京の夜景をバックに大人な空間を堪能出来ます。
バースペースだけでなく、ラウンジスペースも利用出来、ラウンジスペースの窓際の席なら、
レインボーブリッジがほぼ真正面に来るこれまた絶景ポイントに。

こちらはオリジナルカクテルも豊富で、非常に悩みどころではあるのですが、
「エルディアブロ」は如何でしょうか。
テキーラをベースとした非常に飲み易いカクテルで、アルコール度数も低め。
色合いも鮮やかで、夜景と共に楽しむにはピッタリのカクテルだと思います。
価格帯も、こちらではほぼ最安値に近いですし、気軽に頼める点も評価。
ロングカクテルやロックスタイルのカクテルで、ゆったり夜景を楽しむのがオススメ。

ヒルトン東京お台場「メインバー「キャプテンズバー」」

ヒルトン東京お台場「メインバー「キャプテンズバー」」

店舗情報

  • ホテル名:ヒルトン東京お台場 2階
  • 最寄り駅:台場駅
  • 営業時間:17:30~0:30
  • 価格帯:1杯2000円前後
  • その他:

伝統を受け継ぐヒルトン東京お台場のメインバー。
席数はそこまで多くなく、席間もやや狭めなので、割とカジュアルに使えるのは嬉しい点。
若い方が初めてホテルバーを利用するなんて時にはオススメしやすいです。

こちらでのオススメは「モヒート」は如何でしょうか。
ホテル謹製のミントが使われたそのモヒートは、非常に軽やかな味に仕上げられています。
特に夏場は飲みたくなる事間違いなしの一杯。
他のカクテルも非常にスタンダードなレシピで作られている為、
これまた初めてホテルバーを利用する方には打ってつけです。
カクテルってこんな味なんだ!ホテルバーってこんなに素敵な場所なんだ!と、
体感するには持ってこいです。
勿論、慣れ親しんだ方なら、ご自分が好きな銘柄でカクテルを作って貰うのも有りです。

まとめ

今回は東京タワーのお膝元、赤羽橋駅周辺のホテルバーと、
東京湾を臨むお台場周辺のホテルバーをご紹介しました。

気軽に楽しむのであれば、東京プリンスホテル「メインバー ウィンザー」
価格帯も手頃ですし、何をお願いしてもそつなく熟してくれる安心感もあります。

初めてホテルバーを利用するなら、
ヒルトン東京お台場「メインバー「キャプテンズバー」」は、
スタンダードなレシピでカクテルを作ってくれるので、良い基準になります。
かしこまり過ぎない内装も、気軽に利用しやすく嬉しいですし、
価格帯もそこまで高いワケではありません。

お台場周辺はバー自体が貴重なので、
今回ご紹介した2店舗ならきっと期待に応えてくれるかと思います。


TOP