[ANAクラウンプラザホテル富山]星野リゾート管理下になり、更なる躍進を果たそうと奮起する中部クラウンプラザの代表格

ホテルアンケート
どんなホテルのイベントなら参加したいですか?(回答追加も可能です)
  • 回答を追加する
画像出典:ホテル公式

富山駅からは徒歩15分と距離はありますが、市内電車を使えば、ほぼ目の前に着ける為、利便性も悪くない。

国際会議場のすぐ目の前に位置し、市内でも鳴り物入りで開業したホテル。

割とお手頃な価格帯で宿泊する事が出来、人気も高いホテルです。

「ANAクラウンプラザホテル富山」

スポンサーリンク

ホテル概要

項目概要
開業年1999年
客室数251室
チェックイン14:00~
チェックアウト~11:00
駐車場〇屋内125台 (1泊1,200円)

ANAクラウンプラザホテル富山の会員制度はコチラから

スポンサーリンク

客室

通常フロアは大きく分けて「レギュラー」「プレミア」に分かれています。

レギュラーフロアは「シングル」「スタンダードツイン」「デラックス」「アクセッシブル」の4種類。

プレミアフロアは「シングル」「ダブル」「デラックス」「エグゼクティブ」の4種類。

各種スイートは「エグゼクティブスイート」「ロイヤルスイート」の2種類。

画像出典:一休.com

スタンダードな客室の1つとなるシングルルームは広さ20㎡とやや手狭。

ただ、同じくスタンダードとなるスタンダードツインが同じ客室の広さと考えると、

シングルの方が居心地は良いかと思います。

スタンダードツインは流石に狭いと思わざるを得ない造りなので、

ゆったり過ごすならデラックス以上をおすすめします。

画像出典:一休.com

最上級のロイヤルスイートともなればその広さは100㎡と十分過ぎる程な客室に。

アメニティは各フロア・部屋でほぼ共通です。

基礎化粧品セット(クレンジング・乳液・化粧水)は備え付けがない為、予めご持参をおすすめします。

通常フロア
アメニティ石鹸
バニティキット
サニタリーバッグ
シャワーキャップ

ヘアブラシ
ドライヤー
カミソリ
歯ブラシ
シューミット
ソーイングキット
爪やすり

貸出品
加湿器
爪切り
アイロン
体温計
アイスノン
タオル
空気清浄機
充電器
ワインオープナー
栓抜き
ハサミ
体重計
サービス
スポンサーリンク

レストラン

レストランは4つとなってはいますが、お店自体は全部で3店。

その他夏季限定のビアガーデンもオープンします。

ルームサービスは24時間対応。至れり尽くせりなサービスですね。

カフェ・イン・ザ・パーク

画像出典:ホテル公式

ホテル1階にあるオールデイメインダイニング。

営業時間は6:00~21:00と朝食も早い時間帯から営業しています。

席数は110席。朝食会場は基本こちらがメインなのでまずまずと言った感じでしょうか。

朝食は2,300円のビュッフェが基本。アラカルトやコンチネンタルもありますが、

価格を考えるとそこまで違いはないので、やはりビュッフェがおすすめとなります。

価格帯もお手頃価格ですので、気軽に利用しやすいですね。

品数自体はそこまで多いワケではありませんが和食にも力を入れています。

ランチは平日2,000円、土日祝日が2,500円とリーズナブルなビュッフェが中心。

土日祝日は金額こそ平日より高いですが、ホテルビュッフェらしいローストビーフが楽しめます。

価格帯としても、ランチビュッフェとしてはかなりお手頃です。

ディナーも3,500円のビュッフェが中心。ホテルビュッフェディナーとしてはかなり破格の価格帯です。

フリーフローを付けても5,000円代ですので、使い勝手は○

朝食を除いた時間帯にはセットメニューやアラカルトも注文出来ます。こちらも価格帯はかなりお手頃。

また、シーズン毎に数日間のみスイーツビュッフェも開催したりと、バイタリティの高さにも注目です。

特別なプランは特にありませんが、公式HPにてクーポンが配布されています。

ランチビュッフェやディナービュッフェ、スイーツビュッフェをお得に楽しめるので、

来訪時には是非チェックを。

日本料理 雲海

画像出典:ホテル公式

ホテルの5階にある日本料理店。

営業時間は11:30~14:30、17:00~21:00となっています。

席数は118席と大箱で、個室も5室完備と十分な席数が確保されています。

ランチは平日限定のランチが1,200円~の他、ランチセットも2,200円~とお手頃価格。

ディナーは6,800円の会席料理の他、御膳が4,000円~と、ホテルの日本料理ディナーらしい価格帯に。

食後の1杯付プランや乾杯用ドリンク付きプランもありますが、ポイント等を考えると中々難しいです。

ランチは通常時で十分お得な価格帯ですので、まずはランチでお試しを。

鉄板焼 雲海

画像出典:ホテル公式

僅か10席のカウンター席のみの、5階にある鉄板焼き。

営業時間は上記雲海と同じく11:30~14:30、17:00~21:00となっています。

席数は10席。カウンターのみです。

ランチは平日限定では2,580円~、他は3,600円~のセットメニューが基本に。

ホテルの鉄板焼きランチとしては割とお手頃価格で楽しめます。

ディナーは平日限定で8,800円~、通常は11,800円~と鉄板焼きディナーらしい価格帯に変わります。

ディナーは17:00~18:30と限られた時間での食事の場合のみ20%オフになるのですが、

ゆったり食事が楽しめないのと、ご飯ものがガーリックライスが対象外となったりと、

様々な変更が加えられる為に一長一短。

個人的には鉄板焼はゆったり楽しめるのが最低条件だと思うので、利用の際はご注意を。

特別なプランは特にありません。

平日のランチに伺って、雰囲気やサービスを実際に体感して頂いてからディナーへ挑むのが無難です。

スカイバー アストラル

画像出典:ホテル公式

ホテル最上階となる19階に位置するメインバー。

営業時間は17:00~24:00、日祝のみ23:00までとなっています。

席数は47席とメインバーとしてはそこそこ多めの客席数。

チャージがお一人様500円掛かるのですが、ディナーやプランを利用時は無料となっています。

ドリンクやフードはホテルバーとしては標準的な価格帯ではあるのですが、

チャージを考えると最終的には気持ち高めな価格帯に落ち着くのではないかと思います。

ディナーは7,000円~のフレンチコースが基本。バーでフレンチを食べるのが最近の流行なのでしょうか。

他にはフリーフロープランがいくつかあり、価格は5,000円前後~と標準的な価格帯。

日~木の17:00~20:00ではハッピーアワーが開催しており、

メニューは限定的ですが半額で楽しめてしまいます。

利用時にはクーポンが必要ですので、印刷して是非ご持参を。

他にも10%オフで楽しめるクーポンもあるので、来訪の際は是非チェックを。

お得なプランは今の所ありませんが、期間限定で様々なプランを展開する為、

偶に上記クーポンと併せてチェックする事をおすすめします。

画像出典:ホテル公式

毎年5月中旬~9月上旬まで開催されるビアガーデン。

ホテル5階のガーデンテラスにて開催されています。

全天候型なので雨の日に止む無く中止なんてこともありません。(強風等は別ですが・・・)

価格は4,500円~で飲み物だけでなく、食べ物も食べ放題。

遠方からの来訪時に利用する事は少ないかもしれませんが、研修や会議で、

まとまった人数での来訪時なら偶にはホテルで変わったフリーフローも楽しいかもしれませんね。

こちらも特にプラン等はありませんが、ホテル公式のクーポンが利用出来ます。

週末のみ利用不可となっていますのでご注意を。

スポンサーリンク

その他施設&サービス

各種ウェディング施設は勿論のこと、変わり種としてはフラワースクールがあります。

スポンサーリンク

まとめ

開業から間もなく20年。現在は星野リゾート傘下となっているホテルです。

滞在費は基本的に12,000円前後と割と使いやすい価格帯となっています。

レストランの価格帯はランチがお手頃、ディナーはビュッフェ以外ややお高めと一長一短。

評価がやや難しいホテルです。その理由の1つが乱高下する滞在費。

確かにお手頃な場合は12,000円前後なのですが、国際会議場で催し物がある場合、

一気に価格帯が跳ね上がります。

価格帯が跳ね上がる事自体は、どのホテルでも同じなのですが、

価格帯が上がった際にどれだけサービスを感じられるかがやや難しいところ。

元々おこもりステイには向いておらず、ビジネスユースを意識しているホテルな為、

ホテルにいる時間が長ければ長くなる程、不満を抱く可能性を秘めています。

客室もシングルの場合はベッドが小ぶりなので広く感じるのですが、ツインやダブルになった途端、

部屋の広さ自体はそのままなので圧迫感を感じやすくなります。

数千円の価格差がある為、非常に難しい点ではありますが、出来れば広めの客室、

もしくはシングルルームの利用をおすすめします。

また、フィットネス系が一切ないのも人によっては気になるかもしれません。

今のところ、星野リゾートからの影響は少なく、単純に母体が変わった程度。

ただ、変革期を迎えようとしているのは間違いなく、今後どうなるかは未知数です。

富山駅周辺では唯一に近い高級ブランドホテルなので、今後の発展に注目です。

コメント