マリオットがコロナウィルスに関する情報を発信

ANAインターコンチネンタルホテル東京宿泊記-クラブフロア・レギュラーフロアそれぞれの楽しみ方-2

前回はクラブフロアでの過ごし方をご紹介しました。

今回紹介するのは通常フロア編。

果たしてクラブフロアでの過ごし方と何が変わったでしょうか。

スポンサーリンク

ANAインターコンチネンタルホテル東京宿泊記-通常フロア編-

月日は流れ、今度は冬の滞在です。

すっかりANAインターコンチネンタルホテル東京が気に入った私は、

仕事が六本木周辺だった際に、羽を伸ばす為、迷わずホテルへの予約を入れたのでした。

宿泊当日、生憎の曇り空。雨がいつ振り出すかも判らない天気です。

ANAインターコンチネンタルホテル東京は溜池山王駅からと六本木一丁目駅からアクセスが出来ます。

私は迷うことなく仕事を終えると六本木一丁目駅を選択。

溜池山王駅からだと13出口から出れば、ほぼ目の前がホテルなのですが、屋根がありません。

一方、六本木一丁目駅からだとアークヒルズ内や屋根がある通路を通る事が出来る為、

雨に降られても濡れる事なくホテルまで辿り着く事が出来るのです。

ホテルへと到着し、早速チェックイン手続きを。

通常フロアは相変わらず並びますが、運よくそこまで待たずに済みました。

実はアンバサダー会員は専用の受付があるのですが、それはチェックアウト時に知る事になります。

今回もアップグレードが行われ、「クラシックルーム」から「エグゼクティブデラックス」に。

通常フロア・エグゼクティブデラックス

アップグレードとは言っても、客室の広さはほぼ変わりません。

高階層だったりソファーがあったりと、細かいところが数点違う程度でしょうか。

今回も既にウェルカムアメニティが到着済み。

いつもはスイーツを選択しているのですが、設定するのを忘れていて、フルーツが置かれていました。

フルーツの質は割と良いもので、夜にお酒のお供として食べる事に。

こういったウェルカムフルーツの質って、結構大事だと私は思っています。

使い方が結局全く分からなかったオーディオシステム説明書が欲しいと思わざるを得ませんでした。

恐らくこれもエグゼクティブデラックス以上にしかない備品だと思います。

最低限のものしか用意されていないクローゼット。

スイートには傘があったり、タンスがあったりと様々な点で差別化が計られていますね。

ただ、必要十分なので、別段困る事も少ないかと思います。

通常フロアでは自由に過ごす!

クラブラウンジが利用出来ると、「折角だから」と、どうしても立ち寄りたくなります。

通常フロアはクラブラウンジがない分、逆に考えればクラブラウンジに縛られず自由に過ごす事が出来ます。

今回、私が通常フロアを選択したのも、「自由に過ごしたい」が一番の理由です。

ANAインターコンチネンタルホテル東京の隣にはアークヒルズがあり、

施設内には様々なお店が揃っています。

ホテルから離れるのは億劫ですが、近隣施設ならふらっと立ち寄る事が出来る為、非常に便利です。

今回私には行きたいお店がありました。それは・・・

日本橋の有名店「金子半之助」です。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、こちらのお店。

日本橋店はあの界隈でも屈指の超人気店で、並ばずに入れる事はほぼありません。

そんなお店が赤坂アークヒルズ内に出店した事を知り、時間をずらせば入れるのでは?

と思い、今回絶対に立ち寄ろうと決めていたのです。

私の読み通り、チェックイン後の16時前後に行くと、お客さんはほぼいません。

少し早めの夕食を、お目当ての金子半之助で取る事が出来て大満足でした。

仕事をしたり、バーへ行ったり、部屋でワインを飲んだり・・・

早めの夕食を終え、また部屋へと戻ってきました。

もう少し仕事をする事にしましょう。

スタンダードなワークデスクは仕事が捗りました。

出張で訪れる方も多くいらっしゃるでしょうし、ワークデスクが使いやすいのは嬉しい限りだと思います。

画像出典:ホテル公式HP

その後、フロントでのチェックイン時にウェルカムチケットを貰っていたことを思い出し、

メインバー「ダビンチ」へ。

早い時間ならチャージも不要飲み物代もウェルカムチケットで相殺される為、無料で楽しみました。

その後、またエノテカへと立ち寄り、スパークリングワインを買って部屋へと戻り、

フルーツを食べながらお酒を飲む優雅な時間を過ごし、一日を終えました。

朝ご飯はホテルではなく・・・?

今回は素泊まりなプランで予約している為、朝食は付いていません。

さてどうしようかなと思案しながらホテルのホームページを覗いてみると、

気になるキャンペーンを発見しました。

これは願ってもないチャンスです!

朝食はホテルではなく、軽く済ませる事を決意し、ホテルを後にします。

向かった先はアークヒルズ1階の成城石井

ちょっと贅沢な朝食を買うには最適なスーパーです。

幾つか気になる食べ物と飲み物を買って部屋へと戻り、頬張りながら仕事をします。

画像出典:ホテル公式HP

その後、ランチ前にフィットネスジムで運動です。

こちらのジムはマシンが使いやすく広さも割とある為、柔軟するスペースも十分なので有難いですね。

ただ、ロッカールームに身支度用品が皆無なのはガッカリポイント。

そういった点を見てしまうと、色んな良からぬ想像をしてしまいそうになりますね・・・。

お待ちかねのアイツが登場!

部屋に戻ってシャワーで汗を流し、仕事をしているとあっという間にランチの時間帯に。

私はこの時を待っていました!

丁度、私が宿泊していた時期に期間限定のキャンペーンが行われていました。

それはなんと、3階にある「ザ・ステーキハウス」、

そこで提供されているハンバーガーが何と全品半額でテイクアウト出来るというもの!

ネットでの事前予約且つ、会計は事前払いのみで、注文した後はお店へと取りにいくだけ。

嬉しい事に注文は当日でも大丈夫だったので迷う事なく予約です。

指定の時間にお店へ伺って名前を告げ、10分前後、お店近くの椅子で待っていると、

程なくしてお店の方が手提げ袋に入ったハンバーガーを持ってきてくださいました。

美味しいハンバーガーが半額で楽しめたのは嬉しい限りです。

お腹も満たされ、大満足でチェックアウトをし、ホテルを後にしました。

スポンサーリンク

まとめ

  • 通常フロアは予め目的を立てると楽しさも倍増!
  • イレギュラーな予定変更がある場合も、通常フロアなら気兼ねなく対応出来る!
  • 近隣施設が充実しているなら、敢えて通常フロアを予約するのも十分あり!

筆者のホテルでの過ごし方、如何だったでしょうか。

通常フロアでの宿泊は、全て自分で選択出来るのが最大の利点!

急な予定変更があっても、「特典を活かせなかった!」と悔やむ事はありません。

予めやりたい事や行きたいスポットを決めておけば、ホテルをホテルとして使うのではなく

まるで別邸の様な使い方が出来、こちらはこちらで得難い1日になります。


私は、クラブフロアで宿泊して気に入ったホテルであれば、通常フロアでも宿泊する事が多いです。

通常フロアで、クラブフロアとは別の使い方が見つかれば、

次回クラブフロアへ滞在する時に、通常フロア滞在時の要素を取り入れる事も容易だからです。

逆にクラブフロアが好みでなかったホテルは、通常フロアへ宿泊する事もほぼありません。

理由は単純で、クラブフロアが好みでなければ

通常フロア滞在時に、クラブフロア滞在時を上回る楽しい滞在になる確率はかなり低いからです。

クラブフロアは自分とホテルの相性を計るにも非常に有用だと私は思っています。

皆様はどんなホテルでの過ごし方をなさっているでしょうか。

是非、筆者にも、皆様拘りの楽しい過ごし方を教えてくださいませ。

これからも、皆様が楽しいホテルライフを送れる事を心から願っております!

クラブフロア編はコチラから!

コメント