※Go Toトラベルは暫くの間全国一時停止へ※

メズム東京 オートグラフコレクション ブログ風宿泊記2 ハード・ソフト共にハイクオリティ!満足度の高い素敵なホテル!

当サイトに追加検討中の機能でどれが一番あると嬉しいでしょうか。
メズム東京

今回はいよいよ客室を見ていくことにしましょう。

前回と同じく、写真の枚数がかなり多いので予めご了承ください。

メズム東京 チャプター2コーナールームにアップグレード!

今回私が予約したのはチャプター1のキングルーム。

アプリでのチェックイン等はせずに当日を迎えました。

フロントレセプションにてチャプター2へのアップグレードを報告を受け、

ワクワクドキドキしながら客室へとアテンドしてもらいます。

一応リクエストにはガーデンビューを希望したのですが、

カーデンビューへのアップグレードとなると、

キングルームの場合3~4段階のアップグレードになります。

結果的には2ランクアップのチャプター2コーナーキングになりました。

因みにコーナーキングは私が勝手に呼称してるだけで、チャプター2に区別はありません。

エレベーターはカードセキュリティで、

カードキーを翳すとオシャレな音がピロリンっとなります。

階数はクラブラウンジがある25階となりました。

メズム東京

廊下の質感も申し分ないですね。

1年経っているとはいえ、カーペット等も劣化が殆ど感じられません。

写真だとやや暗く見えますが、実際には何も問題ない落ち着いた色合いの照明です。

メズム東京

いよいよ客室へ!

カードキーの接触も反応良好。

ドアノブが三角形なのもオシャレな印象を受けますね。

メズム東京

客室に入って正面に特大ベアブリックが鎮座しています。

400%サイズとのことで、この特大ベアブリックにはとあるギミックが仕組まれています。

下のメッセージに書かれている通り、

それはフラッシュモードで撮影すると現れるとの事。

メズム東京

フラッシュモードで撮影するとご覧の通り!

東京波と達筆なデザインが施されています。

こういったギミックがあるのは面白いですね。

では、順々に部屋を巡っていきましょう。

メズム東京

左手にはクローゼットが。

ウォークインって程ではないですが、中々広めなクローゼットです。

アイロン台や枕が見えますね。

ハンガーにはメズム東京のロゴプレートがついており、質感も上々です。

メズム東京

右側には、ルームスリッパや雪駄、靴ベラに洋服ブラシが。

雪駄が用意されているのは珍しいですね。

雪駄を履くには裸足になるので、足の裏でも楽しんでくださいとのメッセージだそう。

スリッパと雪駄、好きな方を選べるのは良いですね。

メズム東京

ルームスリッパは厚みがあるのもさることながら、

足触りがかなり良いモフモフしたスリッパ。

色んなホテルでスリッパを履いてきましたが、

トップクラスに履き心地が良いものでした。

非常用として持って帰りたいところでしたがグッと堪えました。

メズム東京

クローゼットの引き出し部には貴重品用の金庫とアイロンが収納。

必要なものは殆ど客室に常備されているのは有難いですね。

メズム東京

最下段の引き出しにはクリーニング用の収納袋と、

シューミットやシューシャイン用のスポンジも。

シューシャインは良くあるタイプなのですが、

ちゃんとメズム東京のロゴ入りなのも素敵です。

クローゼットの隣には、お手洗いが。

メズム東京

至って普通ですね。

広さも狭くも無く広すぎもせず。

メズム東京

ちゃんと手洗い場も設けられています。

因みに、クローゼットとお手洗いは秘密基地の様に壁と全く同じ質感の扉になっており、

パッと見だとそこにクローゼットやお手洗いがあるとは判りません。

次にウェットエリアを見ていきましょう。

メズム東京 チャプター2のバスルームはこの客室のハイライトの1つ!

メズム東京

ウェットエリアは客室のハイライトの1つとも言うべき場所。

私が滞在したチャプター2のコーナーキングは、

チャプター1とウェットエリアに関してはほぼ違いがない様です。

私の大好きなレインシャワーも見えますね。

では早速ウェットエリア探索と参りましょう。

メズム東京

バスルームに入ってすぐ目を惹くのは、一見本の様に見えるコチラ。

勘の良い方はもうお分かりかと思います。

近付いてしっかり見てましょう!

メズム東京

質感の良さが判ります。

一昔前はこういう装丁の本って多かった気がしますね。

メズム東京

開けてみると何ともオシャレなアメニティセットがお目見え。

中身は割と普通のバスアメニティなのですが、

こうやって収納されているとやはり楽しい気分にさせてくれます。

歯ブラシ、ヘアブラシ、爪やすり、ヘアゴム、綿棒、シャワーキャップ、

ボディタオル、カミソリ等が入っています。

思わず持って帰りたくなるデザインですが、こちらは備品なのでお持ち帰り不可

メズム東京

でもご安心を!こちらは何と購入する事が可能です。

アメニティが全部詰まってお値段8,800円!!!

旅の思い出や記念にいかがでしょうか。

メズム東京

ベイシンは1つ。ピカピカに磨き上げられてます。

深さも十分なので使い勝手も良し。

メズム東京

ハンドウォッシュも他のバスグッズと同じ「THE BLEND」のもの。

ハンドタオルの畳み方もオシャレにまとまっています。

メズム東京

タオルに関しては大小様々な種類が豊富に常備されています。

いつもならタオルの追加リクエストを出す事が多いのですが、

今回はそのリクエストを出す必要もなさそうです。

ヘアドライヤーや体重計は下部に収納されています。

メズム東京

身支度時に使いやすいチェアも。

厚みのあるクッション部は経年劣化の様子もなし。

座り心地も上々なので、朝の身支度も捗ります。

メズム東京

まだまだタオルは盛り沢山。

もしかすると、このご時勢だからこそ多めに用意されているのかもしれません。

ゴワゴワした感じはほぼなく、とても触り心地の良いタオル。

この辺のメンテナンスも抜かりなくやっている様で、本当に隙がないです。

メズム東京

バスタブはとっても広々としています。

1人で入ると足を全部伸ばしても悠々とバスタイムを楽しめます。

写真ではブラインドを閉めてあります。

ブラインドは部屋からも、写真右手にあるバスタブからも開け閉めが出来ます。

因みにお湯張りや足し湯はほぼ全自動。

湯量ではなく、時間で自動的に止まる様に設定されています。

メズム東京

バスソルトも2回分用意してくれてます。

かなり香りが良いバスソルトになっていて、

バスタイムをより優雅に演出してくれますね。

パッケージも個包装の洋菓子みたいでオシャレ。

メズム東京

シャンプーやコンディショナー、ボディウォッシュもオリジナルブランド。

ボトル式になっており、環境への配慮も考えられています。

因みに、このバスアメニティも購入可能。

それぞれ5,500円とかなり高級なバスアメニティとなっています。

メズム東京

ベッドルームからブラインドを閉じた状態のバスルームを見るとこんな感じです。

プライバシーがしっかり守られますね。

因みに、ベッドサイドコントローラーで

ベッドルームからバスルームの照明をコントロールする事も可能です。

メズム東京

このホテルには一般的なバスローブがありません。

こちらのルームウェアがバスローブの役割も兼ねています。

着心地自体は抜群に良いです。

ただ問題はこの帯・・・。

初見では絶対に上手く着こなす事は難しいかと思います。

そして、何より動いていると微妙にズレてきて面倒です。

デザイン的にはオシャレなのですが、もう少し機能性も考えて欲しいところ。

このホテルの数少ない不満点でしょうか。

メズム東京 チャプター2 客室の質感も上々!ピアノも!コーヒーも!

メズム東京

では、ベッドルームを見ていきましょう。

今回私が予約したのはキングタイプの客室。

ベッドサイズは180cm×203cmと十分過ぎる程の大きさです。

メズム東京

枕は固いタイプと柔らかいタイプの2種類となっています。

流石に開業1年弱だけあって、質感も上々。

ベッドの寝心地も中々に良く、ゆったり寛ぐ事が出来ました。

メズム東京

右側には物理タイプのルームコントローラーと時計。

そしてメモ帳とペンも常備されています。

一番目を惹くのは昔ながらの黒電話。

ダイヤル部が物理ボタンになっており、更には中央部のボタンが、

スターサービスに一発で繋がるボタンとなっています。

メズム東京

引き出しにはレターセットが入っていました。

最近こういったレターセットが置かれたホテルも少なくなった気がします。

因みに、写真上部のペンは購入することも可能です。

価格は550円となっています。

こちらも旅の思い出に如何でしょうか。

メズム東京

ベッドの左側はタブレット端末とテレビのリモコン、

そしてこのご時勢には最早必須ともなった除菌・消臭スプレーが。

タブレットに関しては中々に使いやすく、電話まで掛ける事が可能。

特にルームコントローラー部は直感的なインターフェースになっていて、

使いやすいものだと思います。

客室のエアコン等も殆ど全てがこのタブレット端末で操作可能です。

メズム東京

ゴミ箱の数は少なく、左側のベッドサイドに1つのみ。

右側はリサイクルマークになっているのですが、

きっちり分別しなければならないのかは判らず。

ベッドルーム1枚目の写真の左側に見切れていたものがありますね。

メズム東京

私が知るに、ホテルでデジタルピアノが置いてあるホテルはそう多くありません。

しかもこれはカシオが誇る電子ピアノPrivia。

デジタルピアノにも関わらず、鍵盤のタッチ感は通常のピアノに限りなく近いものです。

自動演奏機能でBGM代わりにも出来たり、

Bluetoothでスマホ等と接続し、スピーカー代わりに利用する事も出来ます。

アテンドしてくれるタレントがピアノを弾ける場合は、

簡単な演奏もお願いする事が出来るそう。

今回私をアテンドしてくれたタレントは残念ながらピアノが弾けない方だったので、

このサービスは今回ありませんでした。

メズム東京

ベッドの向かいには大きな55インチのテレビが。

チェックイン時には私の名前が表示されています。

テレビのチャンネルはWOWOWやBS等も楽しむ事が出来ます。

最近のホテルよろしく、Amazonプライムやネットフリックス、

hulu等を利用している方は、この大きなテレビで見ることも出来ます。

また、ホテル内の簡単な案内も見ることが出来ます。

このままルームアメニティを見ていくことにしましょう。

メズム東京

猿田彦珈琲とコラボレーションしたコーヒーがハイライトの1つ。

ドリップする為のセットも全て備え付けとなっています。

ちなみに朝食時のコーヒーもこの猿田彦珈琲が提供されています。

ドリップは意外と繊細な作業なので、私は朝食時に楽しみましたが、

癖がなく、かなり飲み易い美味しいコーヒーでした。

メズム東京

テレビ下の収納には、様々なルームアメニティが収納。

栓抜きやマドラー、ワインオープナー、スプーンの他、

紅茶や予備のコーヒー、抹茶まで常備されています。

引き出し上部には馴染みの顔がいますね。

メズム東京

メズム東京のコスチュームに身を包んだペコちゃん

中身は普通のミルキーですが、パッケージは完全オリジナルです。

一時期はこれにプラスしてマカロンがあった様なのですが、

現在はこのペコちゃんミルキーのみとなっていました。

メズム東京

先程の引き出しにあった抹茶ですが、自分でお茶を点てる事が出来ます。

茶筅があるのは抹茶用なわけですね。

他にアイスペールやグラスもこちらに用意されています。

氷に関しては、各階にアイスディスペンサーが備え付けられています。

メズム東京

氷に関してはセルフサービスになっている様ですね。

気兼ねなく補充できるので、私はセルフサービスの方が有難いです。

アイスディスペンサーから出てくる氷の質が思いの外良かったのには驚きました。

メズム東京

冷蔵庫も勿論あります。

小ぶりな他、高さがそこまで高くないので、

ワインを冷やすには上部の棚を外さないと厳しいです。

また、アイスペールもワインを冷やすにはサイズが小さいので、

ワインを部屋で楽しむ際、冷やす時はスターサービスへ相談してみるのも手です。

因みに、この冷蔵庫に入っている飲み物は全てフリーで楽しむ事が出来ます。

メズム東京

客室には初めから加湿空気清浄機が備え付けてあります。

ホテルのメンテナンスで手間が掛かるものの筆頭だと思うのですが、

きちんと清掃されていました。

お水は初めから自分で補給しなければならなかったので、

そこは賛否両論あるかもしれませんが、

手入れがきちんとされているのを知る瞬間でもありました。

メズム東京

グローブトロッター風のバゲッジ。

好奇心から開けてみましたが、中には何も入っていませんでした。

これはどういう風に使えば良いのでしょうか。

いよいよ客室紹介も佳境に入ってきましたね。

二人で腰掛けるのが丁度良いくらいのサイズのソファー。

オレンジのクッションは触り心地が良く、膝の上に置くにも、腰に添えるにも最適。

ただ、もう1つのクッションは中に入った羽毛が外側に飛び出し、

触った時にチクチクする事が度々あり、やや気になりました。

これは劣化と言うよりはこのクッションの特性なのかもしれませんね。

後々コンシェルジュ達の気苦労を生みそうなクッションです。

メズム東京

ソファーの側にはオットマン代わりにもなりそうな椅子も。

テーブルの質感も上々で、まだまだ劣化を感じる事はありません。

グラスが水滴で濡れるとくっつきやすいタイプのテーブルなので、

コースターは必ず敷く事をおすすめします。

メズム東京

カードキーは大理石の様なデザインになっています。

メズム東京の印字が既に剥がれ掛けていますね。

1年でこの剥がれ具合はやや気になるかもしれません。

カードキー自体の反応は素晴らしく良いのでご安心を。

ではお待ちかねの景色を堪能しましょう!

メズム東京

品川方面の景色を一望出来ます。

高層階なので中々に良い景色。

今度は別の方向を見てみましょう。

メズム東京

こちらはレインボーブリッジ、お台場、豊洲方面。

お隣のアジュール竹芝もこの高階層なら眼下に収める事が出来ます。

何やら屋上で作業を行っている様子も。

メズム東京

こうしてみるとかなり遠いところまで見ることが出来ますね。

先程のソファーでゴロゴロしながらでも見ることが出来ます。

ではでは、お楽しみの夜景にいきましょう!

メズム東京

こちらは品川方面。

ビルやマンションが多い為、深夜になるまでかなり明るいです。

東京ポートシティ竹芝の灯りが特に目を惹きますね。

竹芝ふ頭のライトアップも中々のものです。

メズム東京

レインボーブリッジやお台場の夜景も楽しむ事が出来ます。

生憎、お昼はあんなに良かった天気が、夜になるとかなり曇ってしまいました。

晴れて澄んだ空気だったら、更に素敵な夜景を楽しむ事が出来たのかもしれませんが、

これでも十分過ぎる程満足です。

メズム東京 客室まとめ

  • ハード類はどれも文句なく素晴らしい!
  • ピアノが弾ける方なら違った楽しみ方が出来るかも?
  • コーヒーや抹茶と言ったメズム東京独自の楽しみも!
  • 高階層なら夜景も楽しめる!
メズム東京

客室のハード類に関しては殆ど文句なしに素晴らしいです。

1年弱経過しているにも関わらず、殆ど劣化も感じさせません。

メンテナンスに気を使っているのが伺えますね。

また、アテンドしてくれたコンシェルジュも、

多少たどたどしい説明ではありましたが、一生懸命さが伝わってきました。

次回はクラブラウンジの様子をお届けします。

今回の客室とは逆側なので、また違った景色を楽しむ事が出来ます!

SPGアメックスは紹介プログラムを利用すれば入会特典が30,000ポイントから39,000ポイントに!

通常、カード入会後、

3ヶ月以内に10万円以上カード支払いを利用すると、

ボーナスとして30,000マリオットポイントが獲得出来ます。

紹介プログラムを利用すれば、このボーナスが9,000ポイントプラスされ、

計39,000マリオットポイントもボーナスとして獲得出来ます。

これは紹介プログラムの利用でなければ適用されない為、

絶対に紹介プログラムからの入会がお得です。

出典:www.americanexpress.com

私も友人の紹介プログラムを使って、入会し、無事ボーナスを獲得出来ました。

が、ここで1つ注意点を。

3ヶ月で10万円以上利用すると39,000ポイントの特典の期限は、

申込日から丁度3ヶ月。

例えば、2月12日に申し込みをしたとします。

これはネットでの手続きを行った日からカウントされます。

そして、3ヶ月後の5月12日までの利用代金で計算される事になります。

申込日からカウントされる為、

その後の手続きや審査がスムーズでないと、

手元にSPGアメックスが届くまで、

どんどん特典対象期間が少なくなっていきます。

これは入会当時、センターに問い合わせて確認したので間違いありません。

また、クレジットカードは、

利用してからデータとして計上されるまで、多少の誤差が生じる事があります。

そしてその誤差はクレジットカードを利用した場所の機械等によって、

かなり大きく変動する事になります。

ボーナスポイントをしっかりと獲得する為に、

出来るだけ前もって10万円以上の利用をする事をおすすめ致します。

前払いのホテル宿泊予約等をしてしまうと早いかもしれませんね。

ホテルへの宿泊ならゴールドエリート会員の特典を活かす事も出来ますし!

ゴールドエリートの客室アップグレードは、

確約ではありませんが、

平日や閑散期ならアップグレードしてもらえる可能性はかなり高いです!

今回はガーデンビューのリクエストこそ通りませんでしたが、

チャプター2、しかも広い客室になった事で快適度はグッとあがりました。

是非、メズム東京やマリオットホテルに宿泊する際は、

SPGアメックスを伴って宿泊してみてはいかがでしょうか。

コメント

error: