[モクシー大阪本町]大阪に上陸したモクシーホテル。広々としたロビーラウンジは終始賑やかで楽しいです

ホテルを選ぶ際に大事な要素は?(複数回答可)

読み込み中 ... 読み込み中 ...
画像出典:ホテル公式HP

大阪の本町駅近くにあり、観光やショッピングの拠点として便利。

モクシーホテルらしい24時間営業のロビーラウンジは広々としており、終始多くの人で賑わっています。

近年ではビアテラスも開催。

ロビーラウンジの利用方法がどんどん拡大しており、宿泊時だけでなく、日常的にも利用出来るホテルです。

モクシー大阪本町

スポンサーリンク

ホテル概要

項目概要
開業年2017年
客室数155室
チェックイン15:00~
チェックアウト12:00~
駐車場× 周囲にも24時間を超えて利用出来る駐車場なし

モクシー大阪本町の会員制度はコチラから

スポンサーリンク

客室

通常フロアのみで「スリーパー」「ゲスト」「モクシー」の3種類。

画像出典:ホテル公式HP

最もリーズナブルなゲストクイーンルームは広さ19㎡。宿泊特化型としては標準的な広さです。

差額3,000円程で宿泊出来るモクシールームになれば、広さは22㎡~27㎡と気持ち広くなります。

画像出典:ホテル公式HP

どの客室もバスルームはシャワーブースのみ。

シンプルながら使いやすさを考えた構成になっています。

アメニティは各フロア・部屋共通です。

基礎化粧品セット(クレンジング・乳液・化粧水)も別途リクエスト出来ます。

通常フロア
アメニティシャンプー・リンス
ボディソープ・石鹸
タオル・バスタオル
ハミガキ
ブラシ
髭剃り
ナイトウェア
スリッオア
綿棒
コットン
サービス
スポンサーリンク

レストラン

レストランはロビーラウンジのみ。便利なことに24時間営業となっています。

ルームサービスは非対応ですが、ロビーラウンジがその代わりになるので十分です。

ロビーラウンジ

画像出典:ホテル公式HP

前述の通り24時間営業のロビーラウンジ。

屋外テラス席も近年オープンし、フリーフローやフリーフードのプランもあったりと、

宿泊者だけでなく、外来の方へのアピールもしっかりと行っています。

宿泊特化型のロビーラウンジとしてはかなり広々としており、開放感も抜群。

毎週末の夜にはDJイベントも開催されており、雰囲気がガラリと変わります。

外国人の利用客も多く、異国情緒を感じさせる雰囲気に早変わり。

割引プラン等はありませんのでご注意を。

スポンサーリンク

フィットネス

2階には、「フィットネス」があります。

画像出典:ホテル公式HP

フィットネスはかなり狭くマシンの数も極少数だけ。

タオルやお水は一応ありますので、軽い運動程度がおすすめです。

マシン自体はテクノジム社の使いやすいマシンが用意されています。

宿泊者なら24時間無料で利用する事が出来ます。

  • フィットネス:24時間利用可
スポンサーリンク

その他施設&サービス

画像出典:ホテル公式HP

長期滞在向けにランドリーがあります。

また、アイロンコーナーはモクシーらしいデザインのものがあり、いつでも利用する事が出来ます。

スポンサーリンク

まとめ

北浜駅と堺筋本町駅の丁度中間にあるのがこちらのモクシーホテル。

アクセスもしやすく、旅の拠点として必要十分な設備が整っています。

やはり注目すべきは共有スペースの多いロビーラウンジ。

24時間営業な為、終始賑わいを見せており、旅の思い出に華を添えてくれるでしょう。

フード類の価格帯も割とお手頃なので、オールデイダイニング代わりにも十分成り得ます。

また、週末営業しているお店がコンビニを除くと近隣には少な目な為、そんな時も頼りになるスポットです。

日常的にも利用出来る様に積極的にアピールをしている点も好印象。

良い意味でも悪い意味でも独特なモクシーホテルらしさは健在で、ラフに使う事が一番重要。

サービスも全体的に緩い為、決して高級ホテルの様なイメージを持って宿泊する事はおすすめ出来ません。

海外のモーテルに来たつもりで、仲間たちとの気軽な旅の時に利用するのがぴったりです。

ロビーラウンジは単純にダイニングバー代わりに使うのもありだと思います。

コメント