ザ・リッツ・カールトン日光 ブログ風宿泊記③-リッツ初!温泉のあるリッツカールトン日光は最高だった!

どんなレビュー・口コミを一番参考にしますか?

前回は客室を事細かに見て行きましたので、今回はホテル館内を探索します。

まずはホテルに3つあるレストランをチェックしていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リッツカールトン日光のラウンジとバーはオシャレでムーディな雰囲気

館内中央に位置するザ・ロビーラウンジ。

夕方、ゲストが引いたところで写真を撮らせて貰いました。

テラス席もあり、リッツカールトン日光自慢の庭園を目の前で眺める事も。

メインとなるのはアフタヌーンティー。

私は利用しませんでしたが、

チェックイン時は多くの方がアフタヌーンティーを楽しまれていました。

逆側では暖炉が灯されています。

朝方を除き、結構長い時間この暖炉には火が灯されていました。

座る場所で色んな雰囲気が楽しめるのも良いですね。

因みにこのラウンジの隣はザ・バーとなっています。

日中、このバースペースは扉が閉ざされており、見えなくなっています。

営業時間になるとその扉が開かれる様になっています。

ウィスキーやオリジナルカクテルが豊富に揃っており、

特にイチローズモルトの品揃えは中々の充実っぷりです。

オリジナルカクテルは面白い名前のカクテルが多かったですね。

ノンアルコールカクテルもあるので、お酒が飲めない方でも楽しめます。

ラウンジ側の暖炉の裏側が丁度バーのソファー席にもなっています。

こちらも早い時間帯なら、テラス席でお酒を楽しむ事も出来ます。

夜になるとやはり虫が明りを求めて多くなってしまうので厳しいとのこと。

夜寝る前に1杯だけウィスキーを貰いました。

何とも豪華でオシャレなアペリティフもついてきました。

料金は部屋付けにしたのですが、

チェックアウト時にレストラン優待をちゃんと適用してくれてました。

ついついレストラン優待を利用する事を忘れてしまうのですが、

こうしてチェックアウト時に適用してくださるのは有難いですね。

スポンサーリンク

リッツカールトン日光レークハウスはイタリアン中心のオシャレなレストラン

中禅寺湖側からも来店が可能で、表札もちゃんと用意されているレークハウス。

ホテル内ではリーズナブルな価格帯で食事を楽しめるレストランです。

ランチ・ディナー共に人気の高いレストランで、終始ゲストで賑わっていました。

その為、店内の写真は残念ながら撮影する事が出来ませんでした。

外観の写真は中庭からパシャリと。

夜になると、篝火が灯され、かなり幻想的な雰囲気になります。

ホテルのゲストだけでなく、

近隣の方や他ホテルに宿泊の方々が利用しに来る事もあるそうです。

ホテルから向かう際は、この橋を渡ってレストランまで移動します。

この橋を渡るのもワクワクするポイントですね。

明るい時間なら、左右にある庭園を眺めながらレストランに辿り着きます。

1階の様子

テラス席はほぼ遮るものがなく、中禅寺湖を見ることが出来る絶好のスポット。

1階、2階と席が分かれているので、こちらも座る場所で違った雰囲気が楽しめますね。

2階の様子

ゆったり食事を楽しむなら是非2階をおすすめします。

落ち着いた雰囲気ながら開放感もあるので、食事も一段と美味しく感じそうです。

冬場は暖炉のある1階が人気になりそうですね。

私が宿泊した日のランチメニューがこちら。

思っていた以上にリーズナブルで驚きました。

残念ながら朝食でお腹がいっぱいだったので、今回はスルーに。

クロワッサンエッグベネディクトが気になります・・・。

見辛いので拡大リンクも貼っておきます。

ディナーメニューがこちら。

コースは10,000円++となっています。

アラカルトはランチと共通のメニューも多いですね。

お2人やご家族での来訪なら、アラカルトを数点頼んでシェアするのも良さそうです。

マリオットボンヴォイ会員なら割引が適用される点も考えると、

リッツカールトンでは割とお手頃に食事が楽しめるホテルではないでしょうか。

スポンサーリンク

リッツカールトン日光の日本料理店は、このホテルのハイライトの1つ!

ホテルでも特に人気の高かったのがこちらの日本料理店。

日本料理 BY ザ・リッツ・カールトン日光とストレートな名前が付いています。

テラス席も豊富で、天気の良い日ならこちらでの食事も楽しそう。

特に朝食時は人気の席の様で、多くの方がこのテラス席で食事を取っていました。

ホテルからはこの廊下を渡ってレストランへと移動します。

こちらには鹿沼組子の装飾があり、かなり幻想的な雰囲気に感じます。

もしかすると、客室は敢えてこの鹿沼組子を使わなかったのかもしれませんね。

レストラン内の写真は沢山のゲストがいらっしゃったので、

残念ではありますが撮影しておりません。

ディナーメニューはこちら。

16,000円~のコースが中心に。

アラカルトのみのオーダーは恐らく引き受けておらず、

コースのゲストが追加でアラカルトをオーダー出来るスタイルの様です。

コース内容は日によって中身が大きく変わるとの事。

館内でも屈指の人気レストランな為、確実に食事を楽しみたい方は、

ホテルの予約とは別に、レストランへの予約も前もって行った方が無難です。

チェックイン時アテンドしてくださったコンシェルジュも

「日本料理は人気が高いので、必ず予約をおすすめします」

と仰ってましたので、間違いないかと。

こちらのレストランは朝食会場にもなっているので、

滞在時に1度はお世話になる場所となっています。

序でに朝食も見て行きましょう!

リッツカールトン日光の和朝食は最高レベルの質とホスピタリティの高さ!

チェックイン時に席の予約をお願いした朝食。

和朝食と洋朝食の2種類あるのですが、

どちらを選択する場合でもこの日本料理店で朝食を取る事になります。

チェックイン時、どちらがおすすめかをコンシェルジュに訊ねると、

「私は和朝食をおすすめします。

私もいただきましたが、凄く美味しかったんです!」

と力説されたので、迷うことなく和朝食を選択しました。

朝食会場は、この新型コロナウィルス渦中なのもあって、

席間をしっかりとっており、メインダイニングだけでなく、

鉄板焼きやテラス席等もフル活用してサービスしていました。

私が案内されたのも鉄板焼きの席。

鉄板焼きの席で和朝食セットをいただくという何とも不思議な体験が出来ました。

和朝食・洋朝食問わず、必ずこの栃木野菜のグリーンサラダからスタートします。

優しい味わいのドレッシングが掛かっており、野菜を楽しんで欲しい心が伝わります。

量も控え目なのが嬉しいところ。

多過ぎるとメインの朝食が楽しめませんから、これくらいが良いです。

こちらも、共通して提供されるパン。

どのパンも美味しかったですが、リッツのロゴ入りデニッシュパンは本当に絶品。

このカゴに入って提供されるのも素敵です。

配膳する方もこれなら楽ですしね。

これが和朝食セット。

リッツのロゴが刻まれた小鉢は、お漬物が入っています。

どれも量は控え目ながら、味は文句なしに美味しいです。

特に魚はどれも驚く程絶品で、

私が宿泊した事のあるホテルでもNO.1と言って決して過言ではありません。

湯葉のいくら添え等、地元の名産も楽しめますし、お肉も勿論美味しいです。

野菜の火入れも本当に絶妙な仕上げ方で、全部ペロリと食べられました。

お刺身のお皿には日光のお猿さんがひょっこり登場。

こういうのってちょっとした演出ですが楽しいですね。

この他にも、和朝食は温度卵、かつお節、納豆から1つ選ぶ事が出来ます。

パンやご飯のお代わりも可能との事でしたが、

お腹がいっぱいで流石に食べられませんでした。

メインダイニング中央のテーブルには、

ビュッフェスタイルで瓶牛乳やコーンフレーク、

ヨーグルトやフルーツが置かれていました。

どれも個包装のものだったり、蓋がしっかりされていたので、

このご時勢でも安心して楽しめるスタイルだったのも高評価です。

因みに、この朝食、

マリオットボンヴォイゴールドエリート会員は特別に30%オフで楽しめました。

SPGアメックスの真価がこんなところで発揮されるとは。

ですので++込みで5,211円で、素晴らしい朝食を楽しむ事が出来ました。

これでホテルレストランの紹介は以上となります。

ザ・リッツ・カールトン日光 ブログ風宿泊記①-リッツ初!温泉のあるリッツカールトン日光は最高だった!
今回、滞在したのは7月15日に開業したばかり。「ザ・リッツ・カールトン日光」金谷ホテルと双璧を成していた、日光レークサイドホテル跡地に建った、国内5軒目のリッツカールトンホテルです。何と言ってもハイ...
ザ・リッツ・カールトン日光 ブログ風宿泊記②-リッツ初!温泉のあるリッツカールトン日光は最高だった!
チェックインを終えたので、客室を1つ1つ見て行く事にしましょう!物凄く写真が多く長い記事になっていますので、予めご了承ください。リッツカールトン日光の客室は豪華で機能的!まずは入口に一番近いクローゼットを開けてみま...
ザ・リッツ・カールトン日光 ブログ風宿泊記④-リッツ初!温泉のあるリッツカールトン日光は最高だった!
前回はホテルレストランを中心に見て行きました。今回はホテルのハイライトでもある温泉や中庭等を見て行きましょう。リッツカールトン日光の温泉は別館?にありますでは早速温泉施設へと向かいましょう!温泉施設...
ザ・リッツ・カールトン日光 ブログ風宿泊記・裏-各予約サイトの口コミが何故酷評なのかを今一度考える
2020年7月に開業し、私も開業まもなく滞在した国内5軒目となるリッツ・カールトン。「ザ・リッツ・カールトン日光」当サイトの宿泊記では概ね良い印象をお届けしています。しかし、各予約サイト等の口コミを...

コメント