近日中にホテルイベントのニュースをスタートします。

[キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道]国内唯一のトリビュートホテル。季節を問わず満喫出来ます。

ホテルアンケート
当サイトにどんな情報があると嬉しいですか?
  • 回答を追加する
画像出典:ホテル公式HP

シェラトン北海道キロロリゾートと双璧を成すホテル。

キロロタウン内にある為、近隣施設も含めてリゾートホテル代わりにも。

様々な季節に訪れる事が出来る国内唯一のトリビュートホテル。

キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道

スポンサーリンク

ホテル概要

項目概要
開業年2015年(リニューアル)
客室数281室
チェックイン15時~
チェックアウト12時~
駐車場△屋内・外計2000台
(キロロリゾート内駐車場)
(無料)

キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道の会員制度はコチラから

スポンサーリンク

客室

通常フロアのみで「スタンダード」「スーペリア」「デラックス」の3種類です。

各種スイートは「オリエンタルスイート」「ジャパニーズスイート」

「ジュニアスイート」「キロロスイート」「マウンテンスイート」の5種類です。

画像出典:ホテル公式HP

一番リーズナブルなスタンダードルームであっても広さ30㎡と十分な広さの客室になっています。

場所柄、1泊のみというのはあまりないでしょうから、連泊となるとこれくらいの広さの方が嬉しいですね。

最上級の1室、マウンテンスイートともなると広さは約150㎡と非常に贅沢な空間に。

何と言っても大理石で造られたバスルームがハイライトに。

壮大な山々をお風呂に浸かりながらじっくりと楽しむ事が出来ます。

勿論、リビングも広々としており、正に贅を尽くしたものとなっています。

アメニティは各フロア・部屋共通です。

基礎化粧品セット(乳液・化粧水)は客室にはありません。

大浴場にのみ備え付けられています。

 通常フロア
アメニティタオル・バスタオル
バスローブ
ハミガキセット
シャンプー・リンス
ボディソープ・石鹸
髭剃り
ボディタオル(スポンジ)
シャワーキャップ
綿棒
コットン
くし・ブラシ
ドライヤー
ナイトウェア
スリッパ
サービス 
スポンサーリンク

レストラン

ホテル内にはレストランが3つ。

他にも近隣施設のキロロタウン内に多数のレストランが存在しています。

MEMBERS DINE MOREの対象でもある為、キロロタウン内のレストランも取り上げます。

ルームサービスは7:00~23:00ですが、受付は24時間となっており柔軟な対応がとられています。

イタリアンレストラン アラ・モーダ

画像出典:ホテル公式HP

ホテル2階にあるイタリアンレストラン。

営業時間はディナーのみ。17:00~21:30となっています。月曜と日曜日の一部が定休日となっています。

席数は96席で、席間も割と広めにとられています。

ディナーは4,500円~のコースとアラカルトも割と豊富に用意。

やはりピザやパスタが食べたくなるかと思いますが、価格はそれなりにお高め。

MEMBERS DINE MOREの対象レストランとなっているので、お得感を高める為に是非申請を。

お得なプランは特になさそうですので、やはりMEMBERS DINE MOREを使う事をおすすめします。

オールデイダイニング アルパインブラッセリー

画像出典:ホテル公式HP

ホテル1階にあるダイニングレストラン。オールデイとは名ばかりに、朝食会場とは別です。

どちらかと言えばラウンジ要素の方が強い気がしますね。

営業時間は10:00~23:00とかなり幅広く営業。

席数は84席となっており、席間は気持ち狭め。

ランチ時はアラカルトの軽食の他、3,200円のランチセットも。価格帯はやや高めとなっています。

アフタヌーンティーは14:30~17:00まで開催。

価格は3,000円と、アフタヌーンティーとしてはリーズナブルな価格帯に。

15:00~18:00にはハッピーアワーも開催。お手頃な価格帯でアルコールを含めたドリンクを楽しめます。

このハッピーアワーはMEMBERS DINE MOREの対象外ですのでお気をつけを。

ディナーは基本的にはコース料理はなくアラカルトのみの構成に。

MEMBERS DINE MOREの対象レストランですのでしっかりと申請も。

こちらもお得なプランは見当たらずなのでMEMBERS DINE MOREを是非ご利用ください。

ワールドビュッフェ POP

画像出典:ホテル公式HP

2階にあるビュッフェレストラン。朝食会場はこちらになっています。

営業時間は朝食とディナー。

朝食は6:45~09:30とかなり早めに終わります。ディナーは17:30~21:00とこちらもやや早めに。

席数は136席と客室数を考えればまずまずな席数。ただ、早めに終わる点は気になりますね。

朝食は2,600円とホテルの朝食としては割安な価格帯。

ディナーは4,500円とこちらもホテルのディナービュッフェとしてはややお得な価格帯です。

MEMBERS DINE MOREの対象レストランですのでディナー利用時は忘れずに。

こちらもMEMBERS DINE MOREを利用する方がお得だと思います。

寿司処 風雅

画像出典:ホテル公式HP

キロロタウン内にあるお寿司屋さん。

営業時間はディナーのみ。17:30~21:30です。火・水曜日は定休日。

席数は48席。個室も完備されています。

カウンター席があるので、寿司屋の醍醐味を味わいたい方はやはりカウンター席がおすすめです。

ディナーは4,500円~のコースの他、アラカルトメニューが数品。価格帯は全体的に高めです。

MEMBERS DINE MOREの対象レストランですので、忘れずに申請を。

お得なプランも特に見当たらずですので、MEMBERS DINE MOREはしっかりと。

カフェ&ラウンジ ポッケ

画像出典:ホテル公式HP

キロロタウン内にあるカフェ。

営業時間は10:00~23:00ですが、シーズンによって変わります。

席数は54席。

メニューもシーズン毎に大きな変動があります。

MEMBERS DINE MOREの対象レストランとなっています。

申請は10$からですので、お会計の金額にはお気をつけください。

ステーキハウス 旬彩

キロロタウン内にあるステーキハウス。

営業時間はディナーのみ。17:30~21:30となっています。日曜日は定休日です。

また、営業期間は冬場のシーズンのみの営業となっています。

席数は60席程。

ディナーはシーズン毎に値段の変動がありますが概ね5,000円++のセットメニューから。

MEMBERS DINE MOREの対象レストランとなっておりますのでしっかりとお会計時に申請を。


他にもキロロタウン内にはシーズン毎にBBQやアイススターカフェバーが営業されます。

MEMBERS DINE MOREの対象レストランではない為、割愛させていただきました。

スポンサーリンク

温泉・フィットネス・プール

画像出典:一休.com

8階には宿泊者専用浴場「喜多の湯」、エステ&リラクゼーション「KOTAN」があります。

「喜多の湯」は、宿泊者なら無料で利用する事が出来ます。

KOTANはお手頃な価格帯でマッサージやストレッチを受ける事が出来ます。

50分以上お願いする場合は客室でも受ける事が出来ますが、

折角なら出向いてしっかりとした設備で受けた方が良いかと思います。

画像出典:ホテル公式HP

また、キロロタウンにある「遊湯館」には、キロロ温泉、岩盤浴、

リゾートプール、フィットネスジムがあります。

このホテルからなら2階から少し歩くだけで到着する事が出来ます。

キロロ温泉は1日フリーの1000円で利用出来ます。

岩盤浴は60分700円で利用出来ます。

リゾートプールは宿泊者なら無料で利用出来る様に変更されました。

画像出典:ホテル公式HP

フィットネスジムは宿泊者なら無料で利用出来ます。

マシンがやや旧式と言いますか、若干使い辛いタイプなのが難点です。

また、利用出来る時間がかなり限られており、

利用する為には予め計画を立てなければならないのもかなり不便。

画像出典:ホテル公式HP

プールは25mが最大5コースですが、実質トレーニングに使えるのは3コースです。

ジャグジーやお子様用のプールエリアも完備。どこか懐かしさを感じさせる内装のプールです。

  • エステ:15時~23時
  • 喜多の湯:15時~24時、5時30分~9時
  • キロロ温泉:15時~23時 (季節により、時間変動あり)
  • 岩盤浴:15時~23時(季節により、時間変動あり)
  • フィットネス:15時~20時30分
  • リゾートプール:13時~20時
スポンサーリンク

その他施設&サービス

  • 1階:ホテルショップ
    お土産を中心に、飲み物や雑貨、日用品に至るまで、
    様々な品を買い求める事が出来ます。
スポンサーリンク

まとめ

2015年にリニューアルオープンされたばかり、そして日本で唯一のトリビュートホテルです。

ホテルとしての歴史は25年あり、リゾート内の目玉ホテルの1つでもありました。

現在はウィンタースポーツを楽しめるリゾートとして再出発がされています。

キロロタウン内にある為、各施設へのアクセスも容易です。

その代わりと言ってはなんですが、ウィンタースポーツをする為には、

シャトルバスにてゲレンデまで出なければなりません。

もう1つのキロロリゾートよりは、比較的ホテルライフも楽しみ易いです。

ただ、やはりこのホテル一帯の楽しみ方はウィンタースポーツが目玉。

冬ならシェラトンを、それ以外ならこのトリビュートホテルをという、

使い分けをされても面白いのではないでしょうか。

難点はレストランの価格帯が基本的に高めな設定になっている点。

MEMBERS DINE MOREを申請すればある程度緩和はされますが、

質とコスパを考えると若干評価は厳しくなってしまうかと思います。

車があれば、市街地へ出る事も容易なのですが、運転するとなると中々大変です。

宿泊費が繁忙期の冬であっても割とお手頃に済む為、

予めレストラン代は高く見積もって、よりお得な日程で宿泊する事をおすすめします。

コメント