[シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル]優れた施設とファミリー向けのサービス。ペントンも貴方を待っています。

ホテルアンケート
どんなホテルのイベントなら参加したいですか?(回答追加も可能です)
  • 回答を追加する
画像出典:starwoodhotels.com

ファミリーだけでなく、大人でも楽しめる充実した設備。
新たな客室棟も増え、益々魅力がアップしました。
開業間もなく30年を迎える、東京ディズニーリゾートラインにある唯一のSPGホテルです。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

スポンサーリンク

ホテル概要

項目概要
開業年1988年
客室数1016室
チェックイン15時~
チェックアウト12時~
駐車場〇屋内584台
(1泊3,100円、
2泊目以降1日毎に1,600円追加)

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの会員制度はコチラから

スポンサーリンク

客室

画像出典:starwoodhotels.com

通常フロアは「スタンダード」「オーシャンドリーム」「トレジャーズ」

「グランデ」「パークウィング」の5種類。

パークウィングの中には一部愛犬と宿泊出来るドッグフレンドリーも含まれます。

クラブフロアは「シェラトンクラブ」の1種類のみ。

スイートルームは「和洋室(ジャパニーズスイート)」「シェラトンクラブスイート」

「プレジデンシャルスイート」の3種類。スイートルームは全室クラブフロア扱いです。

画像出典:ホテル公式HP

一番スタンダードな客室で36㎡。標準的な広さではないでしょうか。

客室の多くが海側に窓が来る様になっており、低階層であっても潮風を感じる事が出来ます。

画像出典:ホテル公式HP

最上級のプレジデンシャルスイートともなれば、広さは108㎡と十分過ぎる程の快適な広さに。

調度品も実にスイートルームらしい高級感あるものへとグレードアップし、

ゆったりとしたひと時を過ごす事が出来ます。

アメニティは各フロア・部屋でほぼ共通です。

下記に書かれていないシャンプー・コンディショナー・ボディソープは、

壁掛けのディスペンサーに入っています。

 通常フロア・クラブフロア
アメニティ
  • バスローブ
  • スリッパ
  • 歯ブラシ
  • ヘアブラシ
  • 綿棒
  • 爪ヤスリ
  • ボディローション
  • 髭剃り
  • ヘアキャップ
  • ソーイングセット
サービス
  • ターンダウンサービス

クラブフロアのみ

  • シューシャインサービス

マスコットキャラクター ペントン

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルと言えば、ペントンです。

画像出典:starwoodhotels.com

客室の中で「トレジャーズルーム」と呼ばれる部屋は、まさにペントン尽くしです。

お部屋だけでなく、フロア自体にもペントンがあらゆる所に描かれており、可愛いです。

お子様向けのアメニティはペントンのポーチに入っており、勿論持ち帰りも可能です。

2階のショップにはペントングッズも販売されています。

朝食ビュッフェやクラブフロアラウンジでも、ペントンを模したチョコやパンケーキに出会えます。

ペントンは時折ホテル内をうろうろしているそうですが、どうも週末だけとの噂が。

例え週末でも、出会えない日も勿論ある為、出会えると何か良い事があるかもしれません。

実際に筆者はまだペントンがうろうろしている姿を見た事がありません。

もし週末だけなら、一生会えない気がします・・・。

スポンサーリンク

クラブフロア「シェラトンクラブフロア」

クラブフロアに関してはコチラの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

レストラン

1000室を超える客室数だけあって、席数の豊富なレストランを多数備えています。

また、ホテル内にはテナントとして「日本料理飛鳥・鮨処昴」が入っています。

ルームサービスは24時間対応。

こういったマンモスホテルで24時間対応は中々に大変なはずですが、今の所維持し続けています。

オールデイ・ダイニング グランカフェ

画像出典:一休.com

総席数360席と、広大な広さを持つホテルのメインダイニング。

吹き抜けの天井と大きな窓で、開放感は抜群です。

席数が席数だけに、落ち着いた雰囲気と言うよりは、ガヤガヤワイワイ楽しく食べるビュッフェという感じ。

ホテルのビュッフェらしさは少ないかもしれませんが、お腹いっぱい食べられるのはやはり嬉しいですね。

ランチ・ディナー共にホテルのビュッフェとしては標準的な価格帯ではないでしょうか。

MEMBERS DINE MOREの対象レストランでもあるので、会員の方はお得に食事が取れます。

最も混雑する時間を避け、その分少しだけお得になるプランもあります。

好きな時間に入店し、好きなものを好きなだけ楽しむ事が、このホテルレストランの醍醐味だと思います。

しかし、少しでも食事代をお得に済ませたい方はそちらもチェックを!

舞浜Teppanyaki+

画像出典:一休.com

カウンター席だけでなく、テーブル席も豊富に用意された鉄板焼きレストラン。

鉄板焼きレストランとしては規格外の総席数111席と、こちらも広大。

ディナーはやはり鉄板焼きらしい価格帯ではありますが、

ホテルの鉄板焼きとして考えれば割とお得な価格帯に落ち着いていると思います。

注目は日曜・祝日のみに開催されている「鉄板焼きランチビュッフェ」

自分で選んだお好みの食材を、シェフが美味しく焼いてくれます。

他にも第2・第4金曜日にはイベントを企画したりと、

ホテルの鉄板焼きレストランとしてはフットワークが軽いのも魅力的。

宿泊時にはチェックしてみる事をおすすめします。

こちらもMEMBERS DINE MOREの対象レストランですが、一部イベント時は適用外となる事もあります。

テーブル席限定にはなってしまいますが、お得なプランもいくつか用意されています。

個人的には鉄板焼きはやはり鉄板カウンター席に座る事が最大の醍醐味だと思いますが、

お子様と一緒に楽しまれるならテーブル席でも十分楽しめるかと思います。

お得にテーブル席を利用されたい場合は是非チェックを。

カジュアル・ダイニング ガレリアカフェ

画像出典:ホテル公式HP

こちらも1日中使いやすいオールデイダイニングカフェ。

フードコートの様なスタイルで、様々なアラカルトメニューを楽しめます。

よりカジュアルに気軽に食事を取りたい場合はこちらの方が使い勝手が良いかと思います。

流石に価格帯はホテルレストランらしい価格帯になっていますが、食べたいものが予め決まっていれば、

ビュッフェよりもこちらの方が結果的にお得に済むかもしれませんね。

MEMBERS DINE MOREは対象外となっていますが、場合によっては適用される可能性があります。

朝食は恐らく難しいとは思いますが、アラカルトメニューなら確認してみても損はありません。

カフェトスティーナ

画像出典:ホテル公式HP

1ホテルにカフェと名の付くレストランが3つもあるのはあまりないかもしれませんね。

こちらは、ケーキ等のスイーツや飲み物をいただく、よりカフェらしいカフェとなっています。

毎週金曜日だけ開催のデザートビュッフェは価格帯がお手頃なのも手伝って人気があります。

上記ガレリアカフェよりも更に軽く食事を取りたい場合は是非こちらに。

流石に価格帯が全体的にお手頃なのもあってか、

MEMBERS DINE MOREには非対象のレストランとなっています。

グランカフェバー

画像出典:ホテル公式HP

オールデイダイニンググランカフェ内に併設されたホテル唯一のバー。

基本的にご家族での利用が多いホテルだけあって、こちらのバーを利用する方は割と少な目。

その為、ゆっくりお酒を飲みたい場合には打ってつけの隠れスポットになっています。

価格帯もそこまで高いわけではなく、拘りの地ビールも楽しめる為、

お酒を飲みたい方には嬉しいのではないでしょうか。

ちょっとしたアペリティフもお願い出来るので、ディナー前に1杯なんて使い方も。

こちらもMEMBERS DINE MOREの対象外となっていますので、その点は要注意を。

スポンサーリンク

フィットネス・プール

ホテルとは別棟に複合施設「オアシス」があります。

ホテルからは連絡通路があるため、スムーズに移動出来ます。

中には、プール、フィットネスや、その他施設がまとまって点在します。

フィットネスやプールは宿泊者なら無料で利用する事が出来ますが、

温浴施設の舞湯等、一部施設は有料です。(舞湯は1,100円)

画像出典:ホテル公式HP

夏季シーズンのみ(7月1日~8月31日)ガーデンプールもオープンします。

各種ウェア・水着はレンタルも可能です。

(シャツ・ショートパンツは各500円、シューズは800円、上記の3点セットは1600円、水着は800円)

1階にはプールがあり、長さは25mで、最大5コース程とれる広々としたもの。

ただ、お子様も多いですし、トレーニングに利用するのは不向きです。

プールの向かいにはフィットネスセンターがあり、テクノジム社製のマシンが揃います。

画像出典:ホテル公式HP

地下1階には温浴施設の舞湯があります。

広さもそこそこあり、何より内装が凝っていて面白いです。

20時以降はかなり混み合う為、ゆったり入るなら早めの時間帯がおすすめです。

ガーデンプールは期間限定且つ有料です。(13歳以上4,000円、4~12歳は2,000円)

ガーデンプールを利用する際は、舞湯も併せて利用出来る様になります。

  • フィットネス:24時間利用可
  • プール:9時~20時
  • 舞湯:15時~24時
  • ガーデンプール:9時~17時
スポンサーリンク

その他施設&サービス

  • 2階:ザショップ@シェラトン 8時~24時
    様々な雑貨、お土産、ドリンクやスナック、
    そしてペントングッズを販売するショップです。
  • 2階:ディズニーファンタジー 8時~21時 土日祝は22時
    ディズニーホテルでは欠かせないお土産屋さんです。
    こちらでもボンボヤージュ等でしか販売されてないアイテムもいくつか購入出来ます。
    パーク内で遊んだ後、お土産を買い忘れても安心ですね。
  • 2階:ドラッグストア タック 8時~22時
    様々な品物が揃う有難いドラッグストア。
    特に衣料品や化粧品をその場で購入出来るのは、滞在時頼りになります。

複合施設「オアシス」

オアシス内には、上記施設だけでなく、お子様が楽しめる施設もあります。

オアシスパスを購入すると、様々な施設がまとめて利用出来ます。

室内プール、フィットネス、舞湯、トレジャーズ!アイランドが対象です。

(13歳以上1,700円、4~12歳1,300円)

  • トレジャーズ!アイランド 10時~18時(0~12歳は1時間620円 保護者無料)
    こちらには、ペントンの世界をテーマにした遊具が揃います。
    ボールプールや滑り台、かくれんぼが出来るジャングル遊具等。
    通常の料金だと時間制限がある為、
    ゆったり遊べるオアシスパスを購入する事をおすすめします。
    ペントンはここにも遊びに来るそうです。
  • ペントンゴルフ 10時~22時 600円
    短いコースが多数集まったパターゴルフです。
    お子様でも楽しめる可愛らしいパターゴルフです。
  • ナムコランド 10時~23時30分 土日祝は21時まで
    今ではすっかり見なくなったホテル内のゲームコーナーです。
    プリクラやメダルゲーム等、大人でも楽しめるゲームも盛り沢山です。
  • スタジオ・アリス 10時~19時
    お子様専門の写真館として有名なスタジオアリスもあります。
スポンサーリンク

まとめ

新棟も完成し、ディズニーリゾートラインでは最大級の客室数を誇るホテルです。

お子様が主役であり、VIPであるをテーマに掲げ、お子様向けのサービスが整っています。

また、ファミリー全員が楽しめるサービスや施設も豊富に揃っています。

ホテル内ショップも、ドラッグストアまで完備し、様々な事態に対応出来る度量があります。

クラブフロアは、滞在費がやや割高であり、ラウンジの質もそこそこな為、

強くおすすめ出来るものではありませんが、使い方によっては十二分に満足出来るかと思います。

ご家族で宿泊されるなら、トレジャーズルームを強くおすすめします。

勿論、ペントンが好きかどうかでも変わってきますが、きっと気に入って頂けるかと思います。

ディズニーリゾートラインのホテルなので、滞在時期はかなり重要です。

特に繁忙期や週末は宿泊費が格段に跳ね上がります。

客室数も膨大な為、やや煩雑で忙しない印象を受けるかもしれませんが、それはこういったホテルではご愛敬。

ゆったりとした気持ちを持って滞在する事も大事です。

コメント