[シェラトン沖縄サンマリーナリゾート]長期滞在の強い味方。リニューアルも終わり、よりリゾート感が強くなりました

ホテルアンケート
ホテル予約をする際、どういう風に検索して決めていますか?
  • 回答を追加する
画像出典:starwoodhotels.com
画像出典:starwoodhotels.com

那覇空港からリムジンバスで1時間30分程。

2016年にリブランドされたばかり。

外国の宿泊客も多く、南国と異国情緒が合わさるリゾートホテル。

オープン以降も着々とリニューアルが進められ、リゾート感が一層強まりました。

シェラトン沖縄サンマリーナリゾート

スポンサーリンク

ホテル概要

項目概要
開業年2016年(リブランド)
客室数200室
チェックイン15時~
チェックアウト12時~
駐車場〇屋外200台
(1泊500円、最大1500円)

シェラトン沖縄サンマリーナリゾートの会員制度はコチラから

スポンサーリンク

客室

画像出典:ホテル公式HP

客室は本館の「メインタワー」、新館「サウスタワー」に分かれています。

「サウスタワー」はクラブフロアとまではいきませんが、上級クラスに位置付けられています。

メインタワーは「パーシャル」「デラックス」「ハイフロアデラックス」

「オーシャンメゾネット」の5種類です。

サウスタワーは「マリーナ」「オーシャン」「ラナイ」の3種類です。

スイートルームはメインタワーは「ファミリースイート」「オーシャンスイート」の2種類、

サウスタワーは「サンセットスイート」の1種類のみです。

画像出典:ホテル公式HP

一番スタンダードな客室の「パーシャル」だと広さは28㎡。リゾートホテルとしてはやや狭め。

眺望も無指定となる為、客室からの眺めはやや控えめなものになります。

とは言っても、調度品は南国感とリゾート感を併せ持ち、居心地が良いです。

画像出典:ホテル公式HP

最上級のサウスタワーサンセットスイートともなれば、広さは100㎡。

贅沢な各種調度品は勿論の事、ハイライトはやはり、オーシャンビューと東シナ海に沈みゆく夕日です。

テラスやベッドルームの特等席から、その光景を心行くまで楽しむ事が出来ます。

アメニティは各フロア・部屋共通です。

 メインタワー・サウスタワー
アメニティ
  • シャンプー
  • リンス
  • ボディソープ
  • 石鹸
  • タオル・バスタオル・ボディタオル
  • スポンジ
  • ハミガキセット
  • くし・ブラシ
  • シャワーキャップ
  • 髭剃り
  • ナイトウェア
  • バスローブ
  • スリッパ
  • 綿棒
  • コットン
サービスサウスタワーや一部のスイートルームのみ
  • ウェルネス&スパの利用無料&
    ビーチパラソル&デッキチェアーセットの無料貸出
    (通常3,500円)
  • ハッピーアワー毎日17時‐18時のみ アルコール含め飲み放題
    本館サンセットバー&テラスにて
  • サウスタワーラウンジの利用
    ソフトドリンク・コーヒー・紅茶が提供されます。
  • 駐車場利用無料

サウスタワーラウンジ

画像出典:ホテル公式HP

サウスタワー宿泊者や一部スイートルーム宿泊者しか利用出来ないサウスタワーラウンジ。

席数は10前後、飲み物はソフトドリンクとコーヒー・紅茶のみです。

お茶菓子等もない為、休憩するのみにはなりますが、おまけとしては嬉しい特典です。

スポンサーリンク

レストラン

レストランは全部で4つ。割とリーズナブルに楽しめるレストランが揃っています。

ルームサービスは11:00~23:00まで。

ダイニングルーム センス

画像出典:ホテル公式HP

ホテルのオールデイダイニングになるレストラン。

テラス席も備えた、全160席。朝食からディナーまで何かと利用する場所です。

基本はビュッフェスタイルとなっていますが、各時間帯、アラカルトメニュー等も多く用意されています。

価格帯がリゾートホテルとしてはリーズナブルで、気軽に利用出来る点も〇

MEMBERS DINE MOREの対象レストランでもあるので、会員の方は更にお得に利用可能に。

他にもお得なプランがいくつかありますが、マリオットボンヴォイゴールド以上であれば、

MEMBERS DINE MOREを利用した方がお得です。

マリットボンヴォイがシルバー以下であれば、こちらのプランの方がお得な可能性があります。

ザ・グリル

画像出典:ホテル公式HP

ディナーのみ営業だったのが、最近になってランチ営業も始めたグリルレストラン。

席数は228席とかなりの数で、そのうちテラス席も44席完備されており、南国感もたっぷり。

沖縄のブランド牛や豚をはじめ、丁寧且つ豪快に焼き上げる様子をオープンキッチンで見る事も出来ます。

価格帯も南国のリゾートホテルのディナーとしては割とお手頃価格に収まっています。

更にMEMBERS DINE MOREの対象レストランでもあるので、更にお得にグリル料理を堪能出来ます。

今のところ、MEMBERS DINE MOREを利用する方がお得な為、特別なプラン紹介はなしです。

是非会員になってMEMBERS DINE MOREを利用しましょう!

サンセットバー&テラス

画像出典:ホテル公式HP

ホテルのメインバーとして、また、暮れなずむ海を眺めるムード溢れるスポットして。

昨今流行のミクソロジーカクテルを提供していたりと、ホテルバーとしては先進的な一面も。

営業は18時からなので、食前酒を飲みに訪れるのも良いですね。

ホテルバーとしては標準的な価格帯ですが、カクテル全般がややリーズナブルな価格帯。

更に早い時間帯はアーリーバードと名付けたハッピーアワーも開催。よりお得に楽しめます。

嬉しいことに、こちらもMEMBERS DINE MOREの対象レストラン。

美味しいお酒を飲んだ後は忘れずに特典の申請をお願いしましょう。

スターフィッシュ ビーチカフェ

画像出典:ホテル公式HP

ぬちぐすいのすぐ側に立つカフェレストラン。

席数は少な目なので、気軽に食事を取る程度で利用する事をおすすめします。

南国雰囲気がもっとも高い場所と言えるかもしれません。

価格帯はホテルの中では全体的にやや高め。その点は気になるところかもしれません。

またMEMBERS DINE MOREの対象外となっている為、お得に楽しむ事も難しいです。

ぬちぐすいでまだまだ沢山遊びたいけど、着替えるのも面倒。でもお腹が減った!

そんな方には打ってつけのレストランになるかと思います。

スポンサーリンク

スパ・フィットネス・プール

画像出典:ホテル公式HP

ウェルネス&スパ「ぬちぐすい」が別棟であり、

中には、CHURAKU SPA、屋内プール、フィットネス等がまとまって点在します。

屋外にはプールもあり、スライダー等の遊具も完備。

屋外プール・スライダー、フィットネスは宿泊者なら無料で利用する事が出来ます。

屋内プール、大浴場等を利用するには、別途リゾートパスの購入が必要です。(宿泊者は3,500円)

ぬちすぐい3階には貸切風呂が2つあり、こちらはリゾートパスとは別で有料です。

(1時間3,240円もしくは5,400円)

  • マッサージルーム:16時~23時
  • CHURAKU SPA:14時~23時
  • フィットネス:24時間利用可能
  • 屋内プール:8時~22時
  • 大浴場:6時30分~11時、16時~0時
  • 貸切風呂:8時~23時

リゾートパス(3,500円)

画像出典:ホテル公式HP

内容がかなり充実しています。

ぬちぐすいでの屋内プール、大浴場、サウナは勿論、

ロッカールーム、シャワー、タオル、「パラデッキ」セット (ビーチパラソルとチェア)、

カヤック、ペダルボート、テニス、バスケットボール、ミニゴルフが利用出来ます。

注目すべきは、屋内プール等ではなく、テニスやミニゴルフ等のアクティビティです。

通常はコート使用料等で1時間辺り1,000~3,000円掛かるのですが、

リゾートパスを購入すれば、それが無料になります。

沖縄らしいマリンアクティビティのカヤック・ペダルボートも無料でレンタル出来る様になる為、

上記の内どれか1つでも利用したい物があれば、リゾートパスを購入しない理由はありません。

宿泊プランによっては、そういったレンタルやサービスが無料になるプランもある為、

予約時には良く確認してから予約する事をおすすめ致します。

スポンサーリンク

その他施設&サービス

画像出典:一休.com

マリンスポーツだけでなく、アウトドアスポーツも多数あり、

中にはゲーム機(PS4)がそのまま置いてあったり、

ビリヤードやダーツ等、ありとあらゆる遊びがつまっています。

ここまで遊びに対して真摯なリゾートホテルは稀です。

スポンサーリンク

まとめ

リブランド後、様々な改革が図られているホテルです。

新館のサウスタワーは全ての部屋が海側という抜群の眺望。

ラウンジに関しては、ソフトドリンクのみの提供なので、

あくまでおまけ程度ではありますが、ちょっとした時の休憩には打ってつけです。

プライベートビーチも小さいながら完備されており、ホテル内の過ごし方も多種多様です。

アクティビティはインドア・アウトドアそれぞれにかなりの数が用意されております。

変わり種としてはスロットカーのレースコースが用意されており、

その年代の方にはたまらない遊び場になっています。

リゾートらしくないと言えば、リゾートらしくないですが、これでもかと用意してある遊びの数々は、

長期滞在される方には何より嬉しい点ではないでしょうか。

宿泊費自体がかなり低めに設定されているので、長期滞在しても宿泊費が抑えられるのも嬉しい点です。

所謂高級ホテルの様な至れり尽くせりのサービスではないですが、

それを踏まえた上で、ご飯や遊びを沢山満喫したい方の為のホテルだと思います。

特にシーズンオフにお得な価格で長期滞在をして、たっぷり遊ぶには最高です。

コメント