近日中にホテルイベントのニュースをスタートします。

[セントレジスホテル大阪]待望のセントレジスホテル国内第一号。バトラーサービスで優雅に。

ホテルアンケート
ホテル予約をする際、どういう風に検索して決めていますか?
  • 回答を追加する
画像出典:一休.com

本町駅から歩いてすぐ。極上のおもてなしがそこで待っています。

国内初のSPG最高級ブランドになるセントレジスホテルです。

セントレジスならではのバトラーサービスが最大の特徴です。

セントレジスホテル大阪

スポンサーリンク

ホテル概要

項目概要
開業年2010年
客室数160室
チェックイン15時~
チェックアウト12時~
駐車場〇屋内112台
(1泊3,500円)
バレーサービス有
(プラス2,000円)

セントレジスホテル大阪の会員制度はコチラから

スポンサーリンク

客室

画像出典:starwoodhotels.com

通常フロアのみで「デラックス」「グランドデラックスプリミエ」「グランドデラックス」の3種類。

スイートルームは「グランドデラックススイート」「松スイート」

「ロイヤルスイート」「百合スイート」「エグゼクティブスイート」

「藤スイート」「花菖蒲スイート」の7種類です。

一番スタンダードなデラックスでも51㎡とかなりの広さ。

最高クラスのホテルらしい広々とした空間で寛ぐ事が出来ます。

画像出典:一休.com

最上級のロイヤルスイートともなればその広さは197㎡と規格外の広さ。

ベッドには天蓋が設けられ、まるで一国の主になったかの様です。

勿論、下記バトラーサービスも利用出来る為、優雅な一日になる事は間違いありません。

アメニティは各部屋共通です。

基礎化粧品セットもSOTHYS製の物がしっかりと完備されています。

 通常フロア
アメニティ
  • タオル・バスタオル
  • バスローブ
  • SOTHYSバスアメニティ
    (シャンプー、コンディショナー、
    シャワージェル、石鹸、
    ボディローション、クレンジングミルク、
    フェイスクリーム)
  • フェイスパフ
  • ボディタオル
  • 綿棒
  • ヘアブラシ
  • ヘアバンド
  • ソーイングセット
  • マウスウォッシュ
  • スリッパ
  • ミネラルウォーター
  • 浴衣
サービス
  • ターンダウンサービス
  • シューシャインサービス

バトラーサービス

セントレジスと言えば「バトラーサービス」です。

画像出典:一休.com

全客室が対応のこのサービスは、自分専任のバトラーが側にいてくれる様な感覚に陥る事間違いなし。

ウェルカムドリンクに始まり、滞在中はいつでも飲み物をリクエスト出来たり、

荷物の荷解きや準備を手伝ってくれたり、アイロン掛けを任せられたり、

靴磨きをお願い出来たりと至れり尽くせり。(一部有料)

レストランの予約やタクシーの手配等は勿論お手の物です。

セントレジスに宿泊する際は、遠慮せずにバトラーサービスを利用しましょう。

スポンサーリンク

レストラン

セントレジス大阪のレストランは粒揃いな印象。

やはりハイライトは名を冠したセントレジスバーでしょうか。

ルームサービスは24時間対応です。

バトラーサービスと併せて、気軽にお部屋で食事が取れるのは嬉しい限りですね。

イタリア料理 ラ ベデュータ

画像出典:一休.com

イタリアの素朴な邸宅を想わせる落ち着いた空間。

地元の食材や旬の食材を使った、北イタリアをメインとした料理は、

ボリュームもしっかりとあり、程よくリーズナブルで使いやすい一店です。

オープンキッチンがある為、常に活気に満ち溢れており、かしこまり過ぎない点も魅力。

時折、朝食会場として利用される事も。

MEMBERS DINE MOREの対象レストランでもある為、会員の方はお得に楽しめます。

他にも、ランチ・ディナー問わずお得なプランが多数ある他、

タイムセール時には半額に近い金額でディナーコースを楽しめたりと、コスパの良さも見逃せません。

フレンチビストロ ルドール

画像出典:一休.com

こちらはカジュアルな雰囲気ながら、伝統的なフレンチを楽しめるメインダイニングの1つ。

モダンながら、程よいカジュアル感もあり、価格帯もホテルのフレンチとしてはかなりリーズナブル。

初めてセントレジス大阪に訪れ、雰囲気を楽しんでみたい方にもぴったりです。

フレンチだけに止まらず、様々なジャンルの料理を時期毎に提供していたりと、懐の深さも魅力の1つ。

パンやスイーツの販売も併せて行っています。

MEMBERS DINE MOREの対象レストランでもある為、お得に食事や飲み物を楽しむ事が出来ます。

ランチ・ディナーと時間帯問わずお得なプランが豊富なのも見逃せません。

ワインのフリーフローのみのプラン等もあり、

2次会での利用や、お食事をあまり召し上がらない方にも使いやすいです。

鉄板焼レストラン 和城

画像出典:ホテル公式HP

2018年11月にオープンしたばかりの鉄板焼き専門店。

ホテルの中とは思えない、まるで茶室の様な凛とした佇まい。

城と呼ぶにも相応しい空間は、「侘茶」を体現しています。

そこは、正に城と呼ぶに相応しい場所です。

贅を尽くした料理の数々は、五感で味合わずにはいられません。

ホテルの鉄板焼きとしては、全国でもトップクラスの価格帯となっていますが、

その金額の理由は、必ず分かるかと思います。

サービス、雰囲気、演出、料理、その全てを是非楽しんでいただきたいです。

残念ではありますが、MEMBERS DINE MOREには非対象。

まず雰囲気を知りたいと思われたのでしたら、土日祝日限定でランチ営業もされています。

セントレジスバー

画像出典:一休.com

ホテルの名を冠した、セントレジス大阪のハイライトの1つであり、メインバーでもあります。

昨今はホテルラウンジの役割をかなり強く担っており、

アフタヌーンティーを全面に打ち出していたりと、やや方向性が変わってきてもいます。

個人的には、やはり利用するならバー営業時の利用をおすすめします。

バーとして利用するなら17:30以降がメインとなるのですが、チャージが1,500円掛かります。

宿泊者でしたらチャージが無料になる為、初めての利用は是非、宿泊時に。

月曜日を除いて、ピアノの生演奏や弾き語りもあったりと、ホテルバーらしい一面もしっかりとあります。

ホテルのハイライトだけあって、昼夜問わず混雑する人気のスポット。

宿泊時はバトラーサービスに予約をお願いすれば、スムーズに入店出来るかと思います。

MEMBERS DINE MOREの対象レストランでもある為、カクテル等飲み物だけでなく、

軽い食事を済ます時にも嬉しいですね。

アフタヌーンティーを中心に、フリーフロープランの割引をかなり頻繁に行っている様なので、

利用する際は、是非お得なプランを一度チェックしてみてください。

画像出典:一休.com

春から秋上旬の暖かい時期は、お隣のガーデンテラスもオープンされます。

オープン時はイベントも併せて開催される事が多く、

昨今は主にシャンパンフリーフローを中心としたプランを提供しています。

大阪のオフィス・ビジネス街の中心にありながら、自然を感じられる稀有な場所です。

価格帯はやや高めではありますが、MEMBERS DINE MOREの対象ですので、

利用時には、特典の利用も忘れずにお願いする事をおすすめします。

ただ、フリーフロープラン利用時は適用外となる場合もある為、その点は注意が必要です。

「セントレジスバー」ハッピーアワー&フリーフロー

来店時間:17:30~18:30 90分フリーフロー
料金:4,480円(税・サービス料込)
メニュー:ワイン(赤・白・泡)、ビール、カクテル、ソフトドリンク他
前菜盛り合わせ、パスタ、デザート付き

他優待との併用不可
その他キャンペーンメニューやフード類は通常価格


12階に位置し、ガーデンテラスも完備したメインバー。

「禅」をテーマにした内装は一風変わった大人の空間です。

ゆったりとした椅子やソファー、拘りの調度品が、否が応でも期待感を膨らませてくれます。

このプランは90分フリーフローだけでなく、前菜やパスタ、デザートまで楽しめてしまいます。

価格的にもかなりお得な為、夕方から飲みたい方には打ってつけのプランです。

スポンサーリンク

スパ・フィットネス

画像出典:一休.com

14階には、「IRIDIUM featuring SOTHYS」「エクササイズルーム」があります。

「IRIDIUM featuring SOTHYS」 はスキンケアブランド「ソティス」を使用しているので、

普段からソティスを愛用されている方には嬉しい限り。

ホテルスパとしても納得の価格帯で、利用しやすい点も魅力。

割引料金で利用出来るお得なプランもあるので、初来店時にはそちらを是非おすすめします。

画像出典:starwoodhotels.com
画像出典:starwoodhotels.com

フィットネスは宿泊者なら無料で利用する事が出来ます。

各種ウェアはレンタルも可能です。余談ですがこのウェアは非常にオシャレです。

(シャツ・ショートパンツは1,500円、シューズは1,000円)

エクササイズルームは標準的な広さです。

残念な事に、更衣室やロッカー、シャワールーム等の施設が一切ありません。

こればかりはこのクラスのホテルとして非常に残念な点です。

  • スパ:10時~21時
  • フィットネス:24時間利用可
スポンサーリンク

その他施設&サービス

  • 11階:ビジネスセンター 24時間利用可
    パソコンのレンタルをはじめ、ファックスやコピー等が有料ながら利用出来ます。
スポンサーリンク

まとめ

国内唯一のセントレジスホテルです。

客室数が少ない分、各部屋の広さは十分に取られており、

アメニティは必要十分で質の高さも折り紙付き。

このホテルのハイライトにもなっている「セントレジスバー」もおすすめです。

調度品を見るもよし、お酒をじっくり楽しむもよし、

時期によってはテラスで解放感を味わいながら、ゆったりと寛ぐ事が出来ます。

昨今セントレジスバーはホテルラウンジの側面も併せもつ様になり、その点はやや気になるところ。

特にサービスに関しては低下したとの声も多く、

昼のラウンジとしての顔と、夜のバーとしての顔でかなり二面性を感じる事になるかもしれません。

バトラーサービスは、滞在中の様々なお願いを効いてくれる素敵なサービスです。

一部有料なものもありますが、特に気にせずお願い出来るのは嬉しい。

素晴らしい面もある一方、評価が難しい点も垣間見えます。

個人的にジムに関してはこのランクのホテルとして最低レベルと言わざるを得ません。

折角テクノジム社製の素晴らしいトレーニング器具を多数完備しているにも関わらず、

汗まみれの状態で客室まで帰らなければならないからです。

これなら、いっその事ない方が良いのではと思ってしまいます。

恐らく利用者は少ないですし、改善も期待は出来なさそうで残念です。

バトラーサービスも、満室時や繁忙時には一部サービスに制限がある等、

ホテル内部の事情に大きく左右される為、宿泊する時期を考慮する必要はあります。

価格帯は以前と比べると大分落ち着いてきました。

3万円代と泊まり易い価格帯の日も多くなっており、

気軽にセントレジス気分を味わえる様になったのは嬉しい点です。

近隣ホテルの価格帯が恐ろしい上がり方をしている他、

続々と新規ホテルの開業も始まっており、まさしく激戦区の1つになりつつある大阪中心部。

レストランやバーをメインの目的とした滞在なら、現在でも十分満足出来るかと思います。

コメント