近日中にホテルイベントのニュースをスタートします。

[ウェスティンホテル大阪]ウェスティン国内第一号!リニューアルされたクラブフロアも。

ホテルアンケート
当サイトにどんな情報があると嬉しいですか?
  • 回答を追加する
画像出典:ホテル公式HP

大阪駅から徒歩7分。国内初のウェスティンホテル。

並び立つスカイビルが大阪のランドマークの1つになっています。

開業25周年を迎えた歴史あるホテルです。

ウェスティンホテル大阪

スポンサーリンク

ウェスティンホテル大阪:概要

項目概要
開業年1993年
客室数303室
チェックイン14時~
チェックアウト12時~
駐車場〇屋内300台
(1泊2,000円)

ウェスティンホテル大阪の会員制度はコチラから

スポンサーリンク

ウェスティンホテル大阪:客室

通常フロアは「デラックス」「ラグジュアリー」の2種と、 「バリアフリー」

女性限定の「Muse」の2種で計4種類です。

クラブフロアは「エグゼクティブ」の1種類のみです。

スイートは通常フロアの「コーナースイート」「和室スイート」「インペリアルスイート」

クラブフロア「ジュニアスイート」「エグゼクティブスイート」 「プレジデンシャルスイート」の6種類です。

画像出典:ホテル公式HP

最もスタンダードな客室となるデラックスルームは広さ41㎡と十分過ぎる程の広さに。

モダンでエレガントな内装や調度品はウェスティンらしさがあり、高級ホテルらしいです。

画像出典:ホテル公式HP

最上級のインペリアルスイートは、ホテル最上階の30階に位置し、

広さ320㎡と大阪市内のホテルでも屈指の広さを誇るスイートルームとなっています。

贅の限りを尽くしており、バカラ製のシャンデリアやグランドピアノまで。

別邸と呼ぶに相応しい最上級スイートです。

基礎化粧品セット(クレンジング・乳液・化粧水)は「Muse」のみ標準完備です。

通常フロアクラブフロア
アメニティ浴衣
タオル・バスタオル
スリッパ
シャンプー
コンディショナー
ボディローション
ボディウォッシュ
歯ブラシ
石けん
ヘアブラシ
コーム
カミソリ
バスローブは要リクエスト
バスローブ(タオル地・ワッフル地)
パジャマ
浴衣
タオル・バスタオル
スリッパ
シャンプー
コンディショナー
ボディローション
ボディウォッシュ
歯ブラシ
石けん
ヘアブラシ
コーム
カミソリ
サービスターンダウンサービスターンダウンサービス
スポンサーリンク

ウェスティンホテル大阪:クラブフロア「エグゼクティブフロア」

クラブフロアに関してはコチラの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

ウェスティンホテル大阪:レストラン

レストランは1階と3階に集合。ブルーバーやロビーラウンジは筆者おすすめのスポットです。

ルームサービスは24時間対応となっています。

レストラン アマデウス

画像出典:一休.com

1階にあるオールデイダイニングレストラン。

営業時間はオールデイダイニングですので06:30~22:00。

席数は80席と300室を超えるホテルとしてはかなり小ぶりなオールデイダイニングとなっています。

自然の森側に面した店内は緑を間近に感じられ、暖かな雰囲気で食事を取る事が出来ます。

朝食は2,300円~ですが、やはり3,400円のビュッフェが中心。価格帯は標準的です。

ランチは3,250円~のビュッフェの他、2,100円~のランチセットもオーダー出来ます。

ホテルランチとしてはそこそこリーズナブルな価格帯ですので、お腹の空き具合で使い分け出来ますね。

ディナーは5,300円のビュッフェの他、5,800円~のイタリアンディナーも用意。

ビュッフェの方が価格がお手頃なのでやはりビュッフェを選択する事が多いかと思います。

価格帯もホテルディナーとしては割と標準的な価格帯だと思います。

MEMBERS DINE MOREの対象レストランですので、ランチ・ディナー時は忘れずに申請を。

一部フリーフロープラン等は割引対象外の場合があるので、

そちらを利用する時には念の為オーダー時に確認をする事をおすすめ致します。

主に割引率が高いのはランチで、

日付限定で30%を超える割引のプランがいくつかある為、チェックする事をおすすめします。

特にシルバーエリート以下の方は、こちらのプランの方がお得な場合が多いです。

中国料理 故宮

画像出典:一休.com

3階にある中国料理店。

2019年4月にリニューアルが施され、モノトーンや差し色の赤が引き立つ空間に。

営業時間はランチとディナー。

席数は94席と多めですが、4人掛けのテーブル席が基本なので、卓数は割と少な目です。

個室は3室完備されていますので、顔合わせや会食にも。

ランチは4,500円~のコースが基本。やや高めといった価格帯ですね。

ディナーも9,000円~のコースが基本。こちらもやや高めの価格帯ですが、食材が割と豪華です。

MEMBERS DINE MOREには残念ながら非対象レストランとなっています。

ランチであれば、いくつか割引があるプランがあるので、MEMBERS DINE MOREの適用が出来ない以上、

こちらのプランを利用するのも手だと思います。

ロビーラウンジ

画像出典:ホテル公式HP

1階にあるロビーラウンジ。ノスタルジックを感じさせる内装が素敵です。

営業時間は10:00~20:00。アフタヌーンティーは13:00~18:00とかなり長めにとられています。

席数は58席とやや小ぶり。席間が割と広く、椅子がゆったりしているので寛ぐには最適です。

ロビーラウンジとしては珍しく軽食ではないランチも開催。

多くのメニューが2,000円前後なので、価格帯は気持ち高めなアラカルトといった印象です。

やはりこちらを利用するならアフタヌーンティーが気になるところ。

3,950円とホテルアフタヌーンティーとしては標準的な価格。

ネットから予約するとロクシタンのバスアメニティが貰えるキャンペーンも実施中。見逃せません!

注意点としては紅茶が御代わりこそ出来るものの、飲み変えは不可になっています。

MEMBERS DINE MOREの対象レストランではありますが、アフタヌーンティーは対象外となっています。

お得なプランこそないものの、下記公式HPからネット予約すると、

様々なおまけから選択出来るアフタヌーンティーフェアを開催中。

ロクシタンのバスアメニティをはじめ、割引や特別なドリンク付きのプランをご自身で選ぶことが出来ます。

エグゼクティブバー ブルーバー

画像出典:ホテル公式HP

1階にあるホテルのメインバー。

ニューヨークのホテル「アルゴンキン」の有名バーの名前をそのまま譲り受けた伝統あるホテルバーです。

内装はかなりクラシカルで、正に大人の社交場と呼ぶに相応しい雰囲気。

営業時間は17:00~24:00となっています。

席数は42席と、ホテルバーとしては標準よりやや多めの席数。個室は残念ながらありません。

チャージがお一人600円掛かります。

通常時は宿泊者無料等のサービスはありませんが、時折キャンペーンでチャージ無料で利用出来る事も。

気になるのは全体的にドリンクの価格帯が高めに設定されている点。

チャージも合わせると、一杯確実に2,000円を超える金額となっています。

その代わりと言っては何ですが、ボトルキープのキャンペーンはかなりの破格で提供している事も。

MEMBERS DINE MOREの対象レストランですので、申請を忘れずにしっかりと。

MEMBERS DINE MOREを適用したとしても、やはり2,000円前後は掛かってしまいますね。

また、ボトルキープはMEMBERS DINE MOREの対象外となっていますのでご注意ください。

日本料理 はなの

画像出典:ホテル公式HP

2018年にリニューアルを施した3階にある日本料理店。

店内は、割烹スペース、天ぷらカウンター、寿司カウンター、鉄板焼きカウンターと4つに分かれています。

営業時間は店内であれば全て共通でランチとディナーとなっています。

以下は4つに分けて解説していきます。

MEMBERS DINE MOREの対象レストランではあるものの、プランによって対象外なものが多数あります。

その為、注文時にはMEMBERS DINE MOREの対象か否かをお尋ねする事をおすすめ致します。

会席・割烹料理 はなの

席数は割烹カウンター7席、個室5室を含めた全78席。

割烹カウンターからは「はなの」自慢の中庭を見る事が出来、実に風情があります。

お昼は4,500円の御膳やお弁当が中心。ホテルの日本料理ランチとしては割と標準的な価格帯です。

夜は12,000円~の会席料理が中心に。やや高めの価格帯ですね。

鉄板焼き はなの

席数は全てカウンター席で17席のみ。

シェフをぐるりと囲むカウンター席は、豪快な鉄板焼きの醍醐味を堪能する事が出来ます。

ランチは5,800円~のコースが基本。ホテルの鉄板焼きランチとしてはまずまずな価格帯です。

ディナーは15,000円~のコースが基本に。ホテル鉄板焼きディナーとしては少し高めな価格帯に。

ランチ、ディナー共にお得なプランが多数ありますが、MEMBERS DINE MOREが利用出来る為、

会員ランク次第でお得か否かが変わってきます。

ゴールド会員以下なら、下記プランの方がお得な場合も。是非クリックしてご確認ください。

天婦羅 はなの

カウンター8席のみです。

ランチは5,000円~のコースが基本。やや高めな価格帯です。

ディナーは12,000円~のコースが基本。こちらもやや高めな価格帯ではないでしょうか。

価格こそ高いですが、少数だからこそ、ゆったりじっくり天ぷらを堪能する事が出来ます。

寿司 はなの

こちらも8席のカウンター席のみです。

ランチは5,800~の握りコースや4,500円のちらし寿司等があります。やはりやや高めの価格帯です。

ディナーは12,000円~のコースが基本に。ランチと同じく高めな価格帯と言わざるを得ません。

価格帯が高めなので、初めてお店に訪れる場合は、

ランチの握りコースでお好みに合うかどうかを確かめる事をおすすめします。

スポンサーリンク

ウェスティンホテル大阪:スパ・フィットネス・プール

8階には「リラクゼーションサロン」があります。

画像出典;一休.com

120分のセレクトコースが16,200円と、ホテルスパとしては割とお手頃な価格帯。

宿泊時はほんの少しお得になります。

その他のコースも、10,000円を切るコースばかりですので、かなりリーズナブルと言えます。

コース料金にプラン1,000円+で、客室への出張もしてくれますが、

男性のみの利用の場合は対象外となっています。

6階には「鍼灸サロン」「フィットネスクラブ」があります。

画像出典:ホテル公式HP

フィットネスクラブ内にはプール、ジム、マッサージルーム等がまとまって点在します。

全て有料で、全施設利用なら1回4,320円、プールのみは1回2,160円、ジムのみは1回1,620円です。

1回利用の度に料金が必要な点は要注意です。

マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員以上の方や、

クラブフロアに宿泊の方は、嬉しい事に無料で利用する事が出来ます。

シルバーエリート会員以下の方でも、半額で利用する事が出来ますので、

フィットネス施設を利用するならマリオット会員になった方が絶対にお得です。

また、全施設利用の方以外は、サウナ・お風呂・リラクゼーションルームが利用出来ません。

プールには備え付けのシャワーはありますが、ジムのみの場合は汗を流せる施設がありません。

トレーニング後、ゆっくり汗を流したい方は全施設利用をおすすめします。

各種ウェア・水着はレンタルも可能です。

(シャツ・ショートパンツは各432円、シューズ・ソックス・ゴーグルは各216円、

水着・バスローブは各324円、ウィンドブレーカーは540円)

プールは20mが2コースと十分な広さです。

かなり珍しいのは屋外ランニングトラックが完備されている点です。

そこまで広くはありませんが、風を感じながら軽く走るには持ってこいです。

変わり種としては鍼灸サロンですね。

30分~7,020円~で鍼灸を受ける事が出来ます。

ホテルで鍼灸サロンがあるのは全国でも稀に見るサービスではないでしょうか。

鍼灸とエステがセットになったプランもあるので、是非チェックを。

  • リラクゼーションサロン:月~金11時~20時 土日祝10時~20時
  • 鍼灸サロン:10時~21時
  • フィットネス:7時~22時
  • プール:7時~22時
スポンサーリンク

その他施設&サービス

  • 1階:フラワーショップ サトウ花店 10時~18時
    プレゼント用の花束やアレンジメントならコチラにお任せ。
  • 1階:ホテルショップコンディ 10:00~18:00
    ケーキやペストリーは勿論、大阪土産やホテルのアメニティまで幅広く販売しています。
スポンサーリンク

ウェスティンホテル大阪:まとめ

グランフロント大阪が出来てから、すっかり注目を浴びる機会が少なくなってしまいましたが、

並び立つ新梅田シティと共に、ウェスティン国内第一号はまだまだ元気です。

リニューアルが完了したクラブフロアに関しては、かなり評価が難しいです。

朝食はクラブフロアラウンジとしては中々に力が入っていますし、全体的な質も割と良いのですが、

アフタヌーンティー、ハッピーアワーと、日が落ちるにつれ評価も落ちていきます。

ホテルでの過ごし方によって、通常フロアとクラブフロアを使い分ける事をおすすめします。

ウェスティンらしい豪華な調度品は滞在時の楽しみの1つでもあります。

流石に施設自体は経年劣化がある為、やや古めかしいですが、それが味になるかどうかも今後の発展次第。

大阪駅周辺の老舗ホテルの1つとして、更なる飛躍に期待です。

コメント