[ザ・プリンス さくらタワー東京・オートグラフ コレクション]歴史ある高輪ホテル、国内初のオートグラフコレクション。

ホテルを選ぶ際に大事な要素は?(複数回答可)

読み込み中 ... 読み込み中 ...
prince-sakuratowertokyo-autograph-collection
画像出典:Marriott.co.jp

品川・高輪エリアにある歴史ある3ホテル。

それぞれが散策路で結ばれ、それぞれの利点をお互いに活かしあっています。

その中でも一番若く、国内初のオートグラフコレクションに名を連ねるホテル。

ザ・プリンス さくらタワー東京・
オートグラフ コレクション

スポンサーリンク

ホテル概要

項目概要
開業年2013年(リニューアル後)
客室数288室
チェックイン15時~
チェックアウト12時~
駐車場〇1,000台
(1泊1,500円)

ザ・プリンス さくらタワー東京・オートグラフ コレクションの会員制度1はコチラから

ザ・プリンス さくらタワー東京・オートグラフ コレクションの会員制度2はコチラから

スポンサーリンク

客室

画像出典:Marriott.co.jp

通常フロアは「デラックス」「プレミア」の2種類のみ。

その中から景観が違う「サウスサイド」「タワーサイド」があります。

スイートは「さくらスイート」のみです。

画像出典:ホテル公式HP

最もスタンダードなデラックスルームでも46㎡と十分な広さ。

嬉しい事にほぼ全室のバスルームにブロアバスがついており、バスタイムがとても快適になります。

筆者がここを選択する理由の一つがこのブロアバス。

やや古めのタイプとは言え、どの客室であっても完備されているのは大変嬉しいですね。

画像出典:ホテル公式HP

最上級のさくらスイートともなれば、その広さは86㎡近く。

バスルームも非常に広々としており、快適さは段違いとなっています。

アメニティは他に、基礎化粧品セットがあります。

(ウォッシングエッセンス、クレンジングジェル、ローション、保湿クリーム)

基本的にはお部屋にありますが、無い場合もリクエスト出来ます。

シャンプー等のアメニティに関しては、各部屋や滞在時期によってかなり変化する様です。

 デラックスプレミア
アメニティ
  • 歯ブラシ
  • レザー
  • ヘアブラシ
  • くし
  • シャワーキャップ
  • 綿棒
  • 石鹸
  • シャンプー
  • コンディショナー
  • ボディーソープ
  • 入浴剤
  • 歯ブラシ
  • レザー
  • ヘアブラシ
  • くし
  • シャワーキャップ
  • ヘアゴム
  • 綿棒
  • コットン
  • 石鹸
  • シャンプー
  • コンディショナー
  • ボディーソープ
  • 入浴剤
  • シェービングフォーム
サービス
  • ターンダウンサービス
  • ターンダウンサービス

エグゼクティブラウンジ

画像出典:ホテル公式HP

2017年4月11日にオープンした会員専用のラウンジ。

SEIBU PRINCE CLUB プラチナメンバー会員以上の方

もしくはマリオットボンヴォイプラチナエリート会員以上の方のみ利用出来ます。

クラブフロアラウンジではなく、更に無料で使える為、評価は若干甘めにしております。

更には2019年から、

グランドプリンスホテル高輪のクラブフロア及び花香路に宿泊している方、

グランドプリンスホテル新高輪のクラブフロアに宿泊している方は、

各クラブラウンジを相互利用出来る様になりました。

つまり、マリオットボンヴォイプラチナエリート会員の方は、

さくらタワー東京に宿泊した場合のみ他の2ホテルのクラブラウンジも楽しめてしまうのです!

サービス名備考欄
エグゼクティブラウンジの利用1階
営業時間7時~22時
7時~10時は朝食
10時~17時はティータイム
フルーツやお茶菓子をソフトドリンクと一緒に
17時~19時はカクテルタイム
アルコールとオードブルを楽しめます
19時~21時30分はナイトキャップ
アルコールと一部デザート等を引き続き楽しめます
SEIBU PRINCE CLUB プラチナメンバー会員、
マリオットリワードの
プラチナ・ゴールドメンバー会員の方のみ利用可

新設されたエグゼクティブラウンジ。

中は広々としており、ゆったりと寛ぐ事が出来ます。

まず朝食は、通常のビュッフェスタイル。品数はあまり多くありませんが、全体的に質が良く

ラウンジの朝食としては十分満足出来ます。

ティータイムは小ぶりなお茶菓子が中心。

キャラメル&チーズポップコーンがあるのは割と珍しいかもしれません。

お茶菓子としては十分かと思います。

注目のカクテルタイムは、アルコールに関して特筆すべき点はありません。

フードはおつまみが中心でホットミールはありません。

サラダ系が充実しており、ドレッシングやトッピングも豊富です。

お酒を飲まない人にはやや物足りなく感じるかもしれません。

ナイトキャップはアルコールがそのまま楽しめ、一部デザートやお茶菓子類もある為、食後の一杯に最適です。

21時30分までと、遅くまで提供されているのは有難いです。

因みに上記カクテルタイムから、

このラウンジで群を抜いて美味しいフード、「マーブルチーズ」が登場します。

このチーズはカクテルタイム・ナイトキャップ・朝食にも提供されるのですが、

とりあえずこのチーズだけは確保してしまいたくなる、妙に癖になる美味しさなのです。

気に入られている方も多いのか、他のチーズは見向きもされず、

このチーズだけ異常な早さでなくなっていきます。

筆者も一番のお気に入りになってしまい、事ある毎にコレを取ってしまいました。

是非、皆様もラウンジにお越しの際は一切れ楽しんでみてください。

(形状から、恐らくQBBの業務用マーブルチーズだと思うのですが、確証はありません。)

上記会員だと無料で利用出来るラウンジとしては割と良好です。

朝食とカクテルタイムのみ、滞在時期によっては待つ事になるかもしれません。

始まったばかりのラウンジなので、いつまでこのクオリティが維持されるかは判りませんが、

マーブルチーズがある限り、筆者は度々利用しようと思っております。

また、桜が咲く時期にはエグゼクティブラウンジからも桜を見る事が出来ます。

自ずと宿泊費も高騰する時期ではありますが、

通常は割と人の多い品川3ホテルの桜をゆったり鑑賞する事が出来る絶好のスポットです。

また、実は10月後半から11月の紅葉の時期にはその紅葉もラウンジから楽しむ事が出来ます。

個人的には、桜よりも紅葉の方が見事で見応えがあった上、滞在費も割とお手頃で済むので、

他人にはあまり広めたくない情報ではあるのですが、

当サイトをご覧の方には是非一度足を運んでもらいたいです。

スポンサーリンク

レストラン

レストランはさくらタワー東京の他、高輪2ホテルのレストランそれぞれが使える様になっています。

宿泊者優待プランもいくつかあるのですが、例に漏れず他の高輪2ホテルのレストランも対象となっています。

さくらタワーにあるレストランは主に2つ。

また、ルームサービスは24時間対応です。

リストランテ カフェ チリエージョ

画像出典:ホテル公式HP

ホテルのオールデイダイニングにしてメインダイニングにもなるレストラン。

ホテルレストランとしてはサービス料も10%とかなり良心的。

混み合うのは朝食時だけで、後は比較的空いている印象が強いです。

夜にはバー代わりにもなり、写真のバーカウンターは外国人客が挙って来店します。

朝食は価格帯がやや高め、ランチは割とお手頃、ディナーもやや高めと、

来店時間によって価格帯が大きく変動する点には要注意を。

とは言ってもMEMBERS DINE MOREの対象レストランですので、お得に楽しめるのは嬉しい点。

更にランチ・ディナー共にお得なプランが多数ある為、チェックしないのは損です。

中には40%を超える割引率を誇るプランも。

特にディナー時は割と価格帯があがってしまうので、お得なプランの利用を是非ご検討ください。

なだ万高輪プライム

画像出典:ホテル公式HP

日本料理と言えば「なだ万」そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

2016年にオープンし、膨大な席数と、日本庭園が見られる景観の良さが素晴らしいレストランです。

なだ万プライムと言えば和朝食。

さくらタワー東京の朝食と言えばなだ万というイメージが強かったのですが、

残念な事に現在は日曜祝日のみの利用という事になってしまいました。

3,740円と朝食としてはやや高めの価格帯ですが、一度気に入れば必ず足を運びたくなる朝食です。

残念ながらMEMBERS DINE MOREには対象外。

他ホテルのなだ万も割引制度を利用出来る店舗はかなり少なかったはずなので、

こちらも今後対象になるかどうかは未知数。恐らくかなり厳しめだとは思います。

しかし、そんななだ万プライムにもお得に利用出来るプランがいくつか用意されています。

特にランチはお得に利用出来るプランが多めに用意されているので、損しない為にも要チェックです。

朝食

朝食は種類に応じて、高輪3ホテルいずれかのレストランを利用する事が出来ます。

ビュッフェでは、高輪3ホテルのいずれかのレストランを利用出来ます。

ザ・プリンス さくらタワー東京・オートグラフ コレクションでは、

イタリアン「リストランテ カフェ チリエージョ」にて、

グランドプリンスホテル新高輪では、ブッフェ&カフェ「スロープサイドダイナーザクロ」にて、

グランドプリンスホテル高輪では、「グランカフェ パティオ」にて、ビュッフェを楽しむ事が出来ます。

和朝食は、高輪2ホテルいずれかのレストランを利用する事が出来ます。

ザ・プリンス さくらタワー東京・オートグラフ コレクションでは、

「なだ万 高輪プライム」にて、(日曜・祝日限定)

グランドプリンスホテル新高輪では、和食「清水」にて、和朝食を楽しむ事が出来ます。

アメリカンブレックファストは、グランドプリンスホテル新高輪、

「ラウンジ もみじ」にて楽しむ事が出来ます。

また、インルームダイニングで朝食を楽しむ事も出来ます。

スポンサーリンク

スパ・フィットネス・ブロアバス

地下1階には、「リラクゼーションフロア」があります。

中には、スパ、ブロアバス、フィットネスがまとまって点在します。

スパの「SPA THE SAKURA」はホテルスパとしては割とお手頃な価格でお願い出来ます。

宿泊時には10%程の割引料金でお願い出来る為、お得感も飛躍的に上昇。

以前はもう少しお得な価格帯ではあったのですが、昨今の流れからやや価格も上昇。

しかし、ホテルスパとしては依然としてお得な価格帯を維持してくれています。

また、お得なプランもいくつかあるので、是非そちらもチェックしてみてください。

ブロアバス・フィットネスは宿泊者なら無料で利用する事が出来ます。

フィットネスは2017年6月1日から無料で利用出来る様になりました。

各種ウェアはレンタルも可能です。

(トレーニングウェアのセット、シューズは各540円)

フィットネスはテクノジム社製の機器を中心に、様々な種類の器具が揃っています。

フィットネスの広さは十分。しかも設備は最新モデルを多数用意しているので、使い勝手も良いです。

ザ・プリンス さくらタワー東京、オートグラフ コレクション
画像出典:Marriott.co.jp

ブロアバスは2種類のサウナとブロアバスが利用出来ます。

トレーニング終わりにゆったりするには最適な施設です。

男性の方がやや広く、吹き抜け部に置いてあるチェアでのんびり寛ぐ事も出来ます。

トレーニング終わりの待ち合わせには「リラックスラウンジ」を使う事も出来ます。

  • スパ:10時~23時
  • フィットネス:6時~22時
  • ブロアバス:7時~23時
スポンサーリンク

その他施設&サービス

画像出典:ホテル公式HP
  • 日本庭園
    1971年に造られた歴史ある庭園です。
    中には四季折々の植物や歴史的価値のある建物が並びます。
スポンサーリンク

まとめ

3つある高輪ホテルで一番新しいのがこのさくらタワーです。

各お部屋も割と広く、中々に快適な空間になっています。

朝食時の各ホテルとの親和性は特筆すべき点です。

気分や混み具合に併せて、様々な選択肢があるのはとても嬉しいですね。

おすすめは「リストランテカフェチリエージョ」のビュッフェです。

品数こそ、そこまで多くないですが、いずれも美味しいものが多いです。

エッグベネディクトも楽しめるので、お好きな方は是非。

ゆったり楽しみたい場合はグランドプリンスホテル新高輪の「和食清水」がおすすめ。

エグゼクティブラウンジは、思っていた以上に良い物でした。

クラブフロアラウンジではない為、評価は甘めにしておりますが、

それでも全体的に提供される物の質は良く、想定外に楽しめました。

マリオットボンヴォイプラチナエリート以上の方は、他2ホテルのクラブラウンジも利用出来る為、

お得感がかなり高くなっています。

また、プリンスステータスのプラチナの場合は、今まで通り、ラウンジ以外にも朝食を自由に選択出来ます。

サービス全体としては、やはりプリンスらしさが端々に見えます。

バスアメニティが以前滞在した時より大幅にランクダウンしていたのですが、

他の方の滞在記録を見る限り、以前と同じブランドだったりもする為、

その辺は宿泊する時期や部屋によるのかもしれません。

日本庭園が眼下にあり、散策するのも楽しみの1つです。

季節によっては様々な花が咲き誇っているのですが、

やはりホテル名にもなっている桜の時期に散策するのが一番おすすめです。

高輪3ホテルでは価格帯がやや上昇してきており、

他2ホテルがクラブフロアであっても2万円代から宿泊出来る日もままある事を考えると、

評価がやや難しくはなってきました。

マリオットボンヴォイのプラチナエリート以上か否かでその評価は大きく左右される事は間違いありません。

エグゼクティブラウンジが快適そのものなので、そこにかなり比重を取られる事になります。

ただ、客室の広さや備品、バスルームを考えると、高いと言い切るのも早計な気がします。

仮にプラチナエリートでなくとも、3万円代前半なら納得出来る高級ホテルではないでしょうか。

また、割とマリオットのベストプライス保証が通りやすいホテルでもあるのか、

筆者は度々申請が通り、更にお得に宿泊する事が出来ています。

価格帯があがっている今こそ、ベストプライス保証にチャレンンジしてみるべきです。

コメント