[ホテルメトロポリタンエドモント]飯田橋の穴場ホテル。特にレストランは見逃せません。

飯田橋駅、水道橋駅からは徒歩5分程。若干分かりづらい場所に位置しています。
都心とは思えない静けさが、滞在を落ち着いた物に変えてくれます。
創業30年を超える老舗ホテルであり、今なお多くの方に愛されています。

ホテルメトロポリタンエドモント

スポンサーリンク

ホテル概要

項目 概要
開業年 1985年
客室数 668室
チェックイン 15時~
チェックアウト 12時~
駐車場 〇屋内113台
(1泊1,620円)

客室

客室は本館とイーストウィングに分かれています。
シングルやセミダブル、ダブル等、事細かに分かれてはいますが、
基本的にはあまり変わりません。

通常フロアのみで本館にある「本館」「和室」「エドモント」
「エドモントエグゼクティブ」
イーストウィングにある「イーストウィング」と大きく分けて5種類です。

各種スイートはどちらも本館にあり
「エグゼクティブスイート」「エドモントスイート」の2種類です。

アメニティは各フロア・部屋で殆ど共通です。
基礎化粧品セット(クレンジング・乳液・化粧水)はプランによって有無が変わります。

通常フロア
アメニティ
  • タオル
  • ナイトウェア
  • シャンプー
  • リンス
  • ボディーソープ
  • ハンドフェイスソープ
  • 歯ブラシ
  • 髭剃り
  • ブラシ
  • コットンセット
  • 綿棒
  • シャワーキャップ
  • スリッパ
  • 煎茶ティーバッグ/コーヒー
サービス

レストラン

レストランはビュッフェが有名なベルテンポを含め6店舗とテナントが1つ。
1階にはダイニング・カフェ「ベルテンポ」、パティスリー「エドモント」が、
地下1階には鉄板焼き「山彦」、鮨「海彦」、日本料理「平川」、バー「カルーザル」があります。
テナントとして地下1階に中国料理「南国酒家」が入っています。
ルームサービスは残念ながら未対応です。

その中から、
バー「カルーザル」
のハッピーアワーをご紹介します。

バー「カルーザル」ハッピーアワー(要予約)

来店時間:17:30~19:00 1~2名まで
料金:2,000円(税・サービス料込)
メニュー:好みのカクテルから1杯、
おつまみプレート、野菜スティック、ドライフルーツの盛り合わせから1品

他優待との併用不可
その他キャンペーンメニューやフード類は通常価格


来店時間は短く限られていますが、お得にホテルバーを楽しめるプランです。
1人でも利用出来るのは珍しいですね。
各種スタンダードなカクテルから季節のカクテルまで、
50種類以上のカクテルから1杯選ぶ事が出来ます。
やはりオススメは季節のカクテルです。
その季節によって旬のモノや合うモノは変わってくるので、何が出てくるかワクワク出来ます。
フードもおつまみプレートやドライフルーツの盛り合わせが選べる為、
ゆったりと楽しむ事が出来ます。
老舗ホテルのクラシカルバーらしい、重厚感と格調高い調度品が揃う為、
少しオシャレして足を運びたいですね。
勿論、2杯目以降も料金は通常になりますが、引き続き楽しむ事もできます。

スパ・フィットネス・プール

こちらのホテルにはスパ施設等がありません。

その他施設&サービス

1階にはコンビニエンスストアがあります。
ホテル館内にあるコンビニとしてはかなり珍しく24時間営業です。
他にはお花屋さん、美容室、衣装室、写真室等、結婚式に併せたお店も点在します。

まとめ

飯田橋の穴場ホテルがこのメトロポリタンエドモント。
宿泊費もそこまで高くない上、駅にも程近い為、
東京観光の拠点として持ってこいのホテルです。
注目はやはりレストラン。
ビュッフェが中心のベルテンポはメディアでも度々取り上げられ、
特にランチビュッフェは家族連れとホテル利用者で大いに賑わいます。
価格もランチビュッフェとしては3,000円を切りお手頃。
開放的な店内で心行くまで食事を堪能出来ます。
少しずつ改装が始まってはいるものの、やはり経年劣化は気になる所。
特に水回りは傷みがきている為、お部屋によっては気になるかも。
スパ施設等が全くない為、ホテルで籠るよりは、やはり観光向きなホテルですね。

ホテルメトロポリタンエドモント
楽天トラベル一休じゃらんるるぶJTB


TOP