[オススメホテルバー]ハッピーアワー・東京編

豪華で、ムーディで、非日常感高まる空間を提供してくれる

「ホテルバー」

今回は、そんなホテルバーをお得に楽しめるハッピーアワーがあるホテルの中で、
ハッピーアワーが大好きな筆者オススメのホテルをご紹介します。

スポンサーリンク

ホテルバーに行く際の心構え

ハッピーアワーへ向かう前に、少しだけホテルバーに行く時の注意点を。
これは、ホテルバーに限らず、通常のバーでも通ずる点が多いので、
ご存知の方には口うるさく感じるかもしれませんが、
その場合は読み飛ばして頂ければ幸いです。

少しだけでもオシャレな格好で

ホテルバーには様々な方がいらっしゃいます。
お仕事仲間といらっしゃっているかもしれませんし、
これからディナーを控えている大切なパートナーとの食前酒かもしれません。

ラフな格好で訪れる方も最近は多くいらっしゃいますが、ちょっとだけ待ってください。
貴方がオシャレなバーに足を踏み入れた時、
Tシャツ、短パン、サンダルの超ラフな格好のお客様が多くいらっしゃった場合、
そのお店の印象はどう思われるでしょうか。
ましてや、初めて訪れるお店だとしたら?
心の底から気分が良い方は殆どいらっしゃらないと思うのです。

自分の大切なパートナーと、楽しく過ごす為に、オシャレなバーに誘って、
そんな格好の人が多くいたとしたら、パートナーはどんな顔をするでしょうか。

素敵な人と、運命の出会いを果たすかもしれません。
その時に凄くラフな格好をしていたとしたら。
その運命の出会いは幸運の出会いではなく、不運の出会いになるかもしれません。

何も、凄くオシャレに、厳格にドレスコードを守らなければならないワケではありません。
ほんの少し、オシャレをするだけで良いと思います。

磨いた靴を履く。
ジャケットを羽織る。
ポケットにハンカチーフを忍ばせる。
本当にちょっとしたオシャレで良いんです。
厳格にはダメですが、ダメージジーンズではないオシャレなジーンズを履く
こういった事でも全然良いと思います。
ほんの少し、自分を上げる意識があるだけで、
そのホテルバーに相応しいお客様に一躍早変わりします。
心のどこかの片隅に置いといてもらえれば幸いです。

パークハイアット東京「ピークバー」トワイライトタイム

時間:17時~20時
料金:4,800円(税・サービス料15%別)

東京のホテルバーのハッピーアワーを語る上で、
絶対に外すことの出来ないホテルバーは、間違いなくこのピークバーです。
税・サービス料を含めると約6,000円になる為、決して凄くお得なワケではありませんが、
価格に見合うだけのサービスと雰囲気は折り紙つき。
特製カナッペも時間帯それぞれに様々な種類が用意されており、
気に入ったものがあれば自由に楽しむ事が出来ます。
日によってはちょっとしたお肉がサービスされた事も。
飲み物もフリーフローなので、お好きなものをお好きなだけ。
水曜~土曜日はDJ演奏が加わり、ちょっとだけラフな印象にも。
ホテルバーのハッピーアワーでは屈指の人気バーだけあって、
18時にはほぼ満席になる可能性が。
個人的には月・火曜日に利用した方が、静かで大人な雰囲気もありオススメです。

当サイトの記事はこちらから

[パークハイアット東京]新御三家、ハイアットのフラグシップホテル。極上の東京をご堪能あれ
新宿からは徒歩15分と、都会の喧騒から少し離れており、シャトルバスも完備。 新御三家と呼ばれたのも早20年前。 未だに国内ハイア...

ホテルニューオータニガーデンタワー「タワー・カフェ」

時間:17時~19時
料金:2,000円(税・サービス料10%別)

ガーデンタワーの40階。タワービュッフェとは共通の入口です。
約2,500円で、ドリンク2杯とスナックフードが1つ楽しめます。
注目はやはり40階という高階層。
天気さえよければ、東京タワーをメインにした夜景をしっかりと楽しむ事が出来ます。
座る席によっては、実にムード満点なハッピーアワーに。
筆者が最も頻繁に利用するハッピーアワーの1つです。
理由は勿論そのコスパと景色。2,500円でしっかりとホテルバーを楽しめるのは貴重です。
お手拭きは出してくれない事も度々ある為、ドリンク注文時に別途お願いするとスマート

当サイトの記事はこちらから

[ホテルニューオータニ]日本を代表する老舗ホテル。広大な日本庭園や都内最大級のガーデンプールも。
四ツ谷、赤坂見附、永田町から徒歩10分程。 50年を超える歴史と風格は、今なお輝きを放っています。 ホテル御三家として、ニューオ...

ロイヤルパークホテル「ロイヤルスコッツ」

時間:17時~19時30
料金:各メニュー700円(税・サービス料別)

地下1階にある、とても大人な雰囲気が漂うメインバー。
筆者が利用するハッピーアワーの中では群を抜いてお客様の年齢層が高めです。
それもあってか、雰囲気はとても重厚で、格式を感じさせます。
こちらのハッピーアワーで嬉しい点はフードも同じ値段で楽しめる事。
レストランから出来立てが運ばれてくる為、味は保証付き。
おつまみとしては十分過ぎる量と味なので、是非1品頼んでみる事をオススメ致します。
どちらかと言うと、スタンダードなカクテルが美味しいので、
ジンリッキーやモスコミュール等、シンプルなロングカクテルがオススメ。
サービス料を含めても1品900円程度で収まります。
筆者も回数こそ、そこまで多くないものの、
仕事で近隣に行った際には時間さえ合えば、良く立ち寄るハッピーアワーです。

当サイトの記事はこちらから

[ロイヤルパークホテル]ロイヤルパークホテルの旗艦ホテル。安定した味のレストランは要チェック。
水天宮駅からは直結、人形町駅からでも徒歩5分の好立地。 閑静な場所にある為、都内の中心にありながらゆったり寛げます。 ロイヤルパ...

パレスホテル「ラウンジバープリヴェ」

時間:17時~21時 LO19時30分
料金:3,300円(税・サービス料10%別)

パレスホテルならやはりロイヤルバーを紹介したい所ですが、
残念ながらロイヤルバーにハッピーアワーはありません。
しかし、ラウンジバープリヴェには使いやすいハッピーアワーがあります。
アペタイザー(おつまみ)が5種ついてくる為、
食前・食後、どちらでも使いやすいのは利点です。
但し、入店は19時前後までに済ませないといけない点のみ注意が必要です。
席は21時まで利用出来るので、早めに入店すれば、夕暮れから夜景の景色も楽しめます。
ドリンクは英国王室御用達の歴史ある「ローラン・ペリエ」
爽やかでキレのある口当たりは、やや好みが別れますが、
それだけでなく、好きなカクテルを1杯お願いする事が出来ます。
筆者が思うに、ローラン・ペリエはあくまで、おまけ。何とも贅沢なおまけです。
このカクテルがメインと言っても過言ではありません。
シンプルなカクテルから、+500円でお願い出来る特別メニューまで、幅広く揃っています。
更に、シャンパンとカクテル1杯を頂いた後も、ドリンクを1,000円で追加する事が出来ます。
サービス料と消費税を入れると約4,000円で楽しめるこのハッピーアワー。
オシャレなひと時をお得な料金で是非どうぞ。

当サイトの記事はこちらから

[パレスホテル東京]今や国内を代表するホテル。抜け目ないおもてなしは流石の一言。
東京駅からは徒歩10分程。地下通路経由で辿り着けます。 東京の中心にありながら、向かい側には皇居があり、落ち着きがあります。 リ...

まとめ

普段からホテルバーのハッピーアワーを利用する筆者は、
昨今のハッピーアワー事情に不安を抱いています。
ハッピーアワー自体の規模が縮小したり、そもそも開催するホテルバーが減ってきています。
今回取り上げたかった東京ステーションホテルの「カメリア」は、
2017年初旬を最後にハッピーアワーが終了してしまいました。
また、以前はよく通っていたペニンシュラホテル東京の「PETERバー」は、
フード類がなくなり、日によってはアペリティフもなくなる等、かなり縮小されてきています。

普通のバーとは一味違う、
そのホテルならではの雰囲気とサービスが体感出来るホテルバーは、
訪れた人自身を高め、幸せにしてくれます。

また、ハッピーアワーであれば、ホテルバーをお得な料金で楽しめる為、
お気に入りのホテルバーを見つける切っ掛けや基準にもなってくれます。

今回は、筆者が実際に利用した中でも、人にオススメ出来るホテルバーばかりです。
是非一度、ハッピーアワーの時間帯に訪れてみてください。
そして、ホテルバーを体験して気に入ったのでしたら、
今度は少しの勇気とちょっと多めのお金を持って、
気になるホテルバーに足を運んでみてください。
ハッピーアワーの時間帯とはまた違う雰囲気とサービスが貴方を待っています。


TOP