[IHG・ANA・ホテルズグループジャパン]IHGリワーズクラブ( IHG Rewards Club)

アンケート

フラグシップになる「インターコンチネンタルホテル」を中心に

リゾートを中心としたシティホテル「ANAクラウンプラザホテル」

ビジネス用途にも対応した「ANAホリデイ・イン」

国内のみの展開になる「全日空ホテル」

国内では以上4つのカテゴリを持つ世界的ホテルグループ

「IHG・ANA・ホテルズグループジャパン」

このホテルの会員の総称が

IHGリワーズクラブ
(IHG Rewards Club)

になります。

スポンサーリンク

IHGリワーズクラブの会員になるには?

IHGリワーズクラブの会員になるには、インターネットから申し込むか、
ホテルへ訪問した際、直接コンシェルジュの方へ申し出るの2つがあります。

ホテルへ申し込んだ場合は仮カードがその場で頂けるのですが、

肝心の本カードが届くまで結構掛かります。

個人的にはインターネットから申し込むのが一番だと思います。

対象ホテル

フラグシップにあたるインターコンチネンタルホテル

リゾート地に多く構えるクラウンプラザホテル

お得に快適な旅を支えるホリデイ・イン

歴史ある全日空の名を今なお継ぐ全日空ホテル

IHGリワーズクラブの特典を比較する前に…

日本のインターコンチネンタルグループは他国と比べても少し変わっており、
インターコンチネンタルグループ
ANAホテルズ&リゾーツの提携会社が運営しています。

その為、

インターコンチネンタルホテル、

ANAインターコンチネンタルホテル、

ANAクラウンプラザホテル、

全日空ホテルの4種類に分かれています。

基本的に、特典やポイントはIHGリワーズクラブに準じるのですが、
一部特典はホテルによって対象外であったりもします。

その点も踏まえて特典一覧をご覧頂きますよう、お願い致します。

IHGリワーズクラブポイントはCLUB会員のみ

12ヶ月以上変動がないと失効してしまいます。

各エリート会員は有効期限が無期限になりますが、

エリート会員からCLUB会員にランクが下がると、

有効期限が1年間に再設定されます。

それを防ぐには、

  1. ホテルに滞在するもしくはレストラン等を利用する
  2. IHGリワーズクラブポイントを購入する、もしくは使用する

以上2点で防ぐ事が出来ます。

IHGリワーズクラブ会員には4種類のランクが!

IHGリワーズクラブの会員にはランクがついており、
宿泊数や獲得ポイントによってランクが変わっていきます。

勿論、ランクが上がれば上がる程、特典も変わっていくのです。
2016年度から、システムや特典が少々変更されました。
こちらでは、

4種類のランク名

ランクの条件

特典内容

をご紹介します。

IHGリワーズクラブ クラブ会員

IHGリワーズクラブに入会すると、クラブ会員として登録されます。

クラブ会員の特典は

宿泊ポイントまたはマイルの獲得

会員専用料金(YOUR RATE)

会員様専用の電話によるカスタマーサービス

無料インターネット接続

以上がクラブ会員の特典です。

IHGリワーズクラブポイントまたはマイルの獲得

宿泊料金や部屋付けの飲食代の総支払額1US$につき10ポイントを獲得出来ます。

ANAマイル、JALマイルの場合は500マイル、それ以外は航空会社によって異なります。

その他、ホテルのブランドによっては、上記以外のポイント換算になります。

ポイントの使い道としては、無料宿泊、ポイント併用の宿泊、

ショッピング、ギフト券、マイルへの交換等様々です。

IHGリワーズクラブ ゴールドエリート(GOLD ELITE)

1年間(1月~12月の期間)

10泊または10,000ポイント獲得ゴールドエリートになれます。

ゴールドエリートの特典は

宿泊ポイントまたはマイルの獲得
10%ボーナスポイントを獲得+ポイント無期限

レイトチェックアウト

平日の新聞無料サービス

会員様専用の電話によるカスタマーサービス

無料インターネット接続

プライオリティ・チェックイン
(予約時・クレジットカード決済を選択の場合に限り)

以上がゴールドエリートの特典です。

レイトチェックアウト

ホテル状況にもよりますが、最長で14時までのレイトチェックアウトが可能です。

ゴールドエリートからの適用に変更へとなりました。

情報提供:ミハエル様

プライオリティ・チェックイン

プライオリティ・チェックインは

予約の際、予めクレジットカード決済手続きを済ませた場合に限って、

メンバーさんの到着前に予めお部屋と鍵を確保しておき、

到着と同時にスムーズにお部屋へ案内して頂けるという、

特別感が高まる特典となっております。

IHGリワーズクラブ プラチナ エリート(PLATINUM ELITE)

1年間(1月~12月の期間)

40泊または40,000ポイント獲得プラチナ エリートになります。

プラチナ エリートの特典は

宿泊ポイントまたはマイルの獲得
50%ボーナスポイントを獲得+ポイント無期限

レイトチェックアウト

平日の新聞無料サービス

会員様専用の電話によるカスタマーサービス

無料インターネット接続

プライオリティ・チェックイン
(予約時・クレジットカード決済を選択の場合に限り)

エリート繰り越し宿泊
(年間宿泊数が41泊以上75泊未満に限り)

無料の客室アップグレード

客室保証サービス

以上がプラチナ エリートの特典になります。

エリート繰り越し宿泊

エリート繰り越し宿泊はスパイア エリートになれなかった場合、

つまり年間宿泊数が75泊に届かなかった場合

翌年の宿泊数をプラチナ エリートに必要な40泊を差し引いた宿泊数を、

予め獲得した状態で始められる特典になります。

1年間で74泊しか出来なかった場合、
翌年は34泊した状態から始められるのです!
その年に6泊してしまえば、
その次の年もプラチナ エリートになれる事になります!

無料の客室アップグレード

特別感が感じられる重要な特典。

ご自身が予約した客室からよりよいお部屋にアップグレードして貰えます。

状況にもよりますが、より良いお部屋へアップグレードされる事も!?

客室保証サービス

こちらも特別感が感じられる特典。

宿泊予定日から72時間前までの予約であれば、

特別な繁忙時期を除いて必ずお部屋が用意される素晴らしい特典です。

無料宿泊の場合は利用出来ません。

IHGリワーズクラブ スパイア エリート(SPIRE ELITE)

2015年7月に誕生したばかりの新しいランク。

1年間(1月~12月の期間)

75泊または75,000ポイント獲得スパイア エリートになります。

スパイア エリートの特典は

宿泊ポイントまたはマイルの獲得
100%ボーナスポイントを獲得+ポイント無期限

レイトチェックアウト

平日の新聞無料サービス

会員様専用の電話によるカスタマーサービス

無料インターネット接続

プライオリティ・チェックイン

エリート繰り越し宿泊
(年間宿泊数が75泊以上は翌年へ繰り越し!)

無料の客室アップグレード

客室保証サービス

ステータス獲得・更新時には特別選択式特典をご提供

ハーツGoldプラス・リワーズ Five Starステータスへの限定アップグレード

以上がスパイア エリートの特典になります。

特別選択式特典

スパイア エリートの特典で一番インパクトがあるのはこちらでしょう!

なんと年1回、25,000ボーナスポイントを獲得するか、

友人や家族に1年分のプラチナ エリート会員資格をプレゼントする事が出来るのです。

旅行好きなご両親でしたら、是非プレゼントしてあげる事をおすすめします!

IHGリワーズクラブ まとめ(特典早見表)

特典/会員ランク名 クラブ ゴールドエリート プラチナ エリート スパイア エリート
宿泊ポイントまたはマイルの獲得
平日の新聞無料サービス
会員様専用の電話によるカスタマーサービス
無料インターネット接続
ポイント有効期限無期限
レイトチェックアウト
プライオリティ・チェックイン
エリート繰り越し宿泊
無料の客室アップグレード
客室保証サービス
特別選択式特典
ハーツGoldプラス
リワーズ Five Starステータス

対象ホテル


ゴールドエリートまでの特典はイマイチパッとしないイメージがありますが、

プラチナ エリートから、一気に特典のグレードがあがる為、

目指すはプラチナ エリートではないでしょうか。

また、2015年からランク条件が少し緩和され、

上のランクを目指しやすくなったのも印象的です。

フラグシップのインターコンチネンタルホテルをよく利用されるなら、

「インターコンチネンタルアンバサダー」がおすすめです。

[インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ]インターコンチネンタル アンバサダー
フラグシップであり、最上級のおもてなしが受けられる 「インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ」 このインターコンチネ...

年会費が必要ではありますが、独自の特典が充実しています。

また、ゴールドエリートが無条件で維持される為、

IHGポイントを維持する手段としてもおすすめ出来ます。

因みに、日本国内でスパイア エリートを最安値で達成するなら、

ANAクラウンプラザホテル稚内が安定して価格が安いです。

概ね早期割引で1泊4,500円~5,500円です。

平均5,000円として、75泊必要なので、

5,000×75=375,000円が最安値になります。

年間約2か月半ホテルへ滞在する事になるので、中々難しいですが、

IHGは宿泊数だけで達成出来るので、出張が多い方は容易かもしれませんね。

それぞれの会員毎に特殊なキャンペーンを行う事でも知られており、

ランクが高ければ高い程、よりキャンペーン時も優遇される模様です。

コメント

  1. ミハエル より:

    昨年から、Clubでのlate checkout特典は無くなったのですが、反映されてないようです。これで、IHGは使い物にならなくなりました。。

    • memberships0rewards より:

      ミハエルさん、これは大変失礼いたしました。
      直ぐに修正致しました。
      IHGは、私みたいな偶にしか泊まらない利用者には、中々手厳しいですね。
      海外の様に提携クレジットカードがあれば、また違うのですが・・・。


TOP