ホテルレビュー依頼やお仕事に関してはこちら

ハイアット リージェンシー 東京のGOOD・BADレビューまとめ

ハイアットリージェンシー東京、トップ

日本初のハイアットとして誕生したホテル。

センチュリーハイアットとして開業後、

現在はハイアットリージェンシーとして営業しています。

豊富なホテルレストランや催事場、スパやフィットネス、プールも兼ね備え、

バブルを象徴させる調度品や設備の数々が今もしっかり残されています。

ハイアット リージェンシー 東京

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホテル概要

項目概要
開業年1980年開業 2007年現名称
客室数746室
チェックイン14時~
チェックアウト~11時
駐車場〇屋内415台
(1泊1,500円)

クラブフロアに関してはコチラの記事をご覧ください。

GOODレビューまとめ&BADレビューまとめ

GOODさん
GOODさん

ホテルレストランが豊富でサービスが良い!

豪華なシャンデリアを筆頭に老舗らしい雰囲気が良い!

BADさん
BADさん

客室が古めかしい・・・

アメニティが揃ってない・・・

コンシェルジュのサービスが・・・

BAD滞在にならない為には?

ホテル全体は2004年の名称変更を契機にリニューアルが施されました。

ただ、1階フロアを除くと、リニューアルからかなり時間が経過している為、

やはり端々で経年劣化を感じます。

ハイアット リージェンシー 東京

客室のメンテナンスはそこまで上手でない様で、ダメージが気になる調度品も。

特に客室の造りはリーズナブルな客室だとかなり旧時代的で高級感には欠けます。

広さは十分なので居心地は割と良いのですが・・・。

通常の客室と比べると割高になってはしまいますが、

ビューデラックスは2009年に新設された客室な為、中々にオシャレ。

同じくクラブフロアも新設された客室なので、使い勝手が良いです。

予算が許されるのであれば、ビューデラックス以上のランクを選択するのも一考です。

アメニティ、特にバスアメニティに関しては補充が不十分である場合がチラホラ。

勿論、コンシェルジュに伝えれば、足りない分を持ってきてくれます。

客室数が多いので、お願い事はやや時間が掛かってしまうので、

その点は考慮して伝える様にすると、ストレスなく過ごせます。

コンシェルジュのサービスに関しては、日によってやはり当たり外れがある様子。

私は主にバーやレストラン利用で足を運ぶので、あまり出くわした事はありませんが、

どちらかと言えば柔軟なサービスよりも、

こちらが訊ねた事やリクエストした事は割としっかりこなしてくれる印象を持っています。

ですので、ホテル側からのサービスを期待するより、

何かあったらどんどんコンシェルジュに伝えてみる事をおすすめします。

勿論、無理難題はご法度ですが、概ね良いサービスが期待出来るかと思います。

まとめ

時代を感じさせる外観とは裏腹に、

中へ足を踏み入れると豪華なシャンデリアを筆頭に素敵な光景が広がっています。

ホテルレストランが徐々に変革の時期を迎えており、

人気のあった「ミッシェル・トロワグロ」が遂に撤退。

ハイアットを象徴するレストランの1つだったため、非常に残念です。

とはいえ、まだまだ人気のホテルレストランが多数健在しています。

バーオードヴィーは私が度々足を運ぶお気に入りのホテルバーの1つ。

都内のホテルバーでハッピーアワーを楽しめるのは少ないので、時間が出来れば通っています。

評判の良いホテルレストランとは裏腹に、宿泊はやや賛否両論。

価格帯を考えると満足度が低めの客室や、

当たり外れの激しいコンシェルジュのサービスが主なBADに挙げられています。

コンシェルジュに関しては、前述した通りの印象が結構合致すると思っており、

良くも悪くも小田急グループらしいかなと感じます。

クラブフロアはコスパがあまり良くない為、どうしても期待値を下回ってしまいます。

その為、リーズナブルな客室を予約してホテルレストランを利用する方が満足度は高めです。

コメント

error: