ホテルレビュー依頼やお仕事に関してはこちら

カップルにおすすめ!箱根で1泊2日!モデルデートコース&おすすめホテル!

箱根

東京から程近く、観光スポットだけでなく、

パワースポットもあり、様々な楽しみ方が出来る観光地。

「箱根」

都心から電車で2時間弱。

新宿からはロマンスカーが始発し、

ゆったりと寛ぎながら箱根まで1本で向かう事が出来ます。

今回は、行動的なカップルにおすすめの箱根を、

実際にカップルでデートへ行く事を想定し、

モデルデートコース仕立てで箱根おすすめのスポットやおすすめホテルをご紹介致します。

  1. 1泊2日の箱根デート!カップルで行くなら10時前後に新宿駅で待ち合わせるのがおすすめ!
  2. 10:00~ 新宿駅西口で待ち合わせ。ロマンスカーのチケットをお忘れなく
  3. ロマンスカーのチケットはデートコースによって選択を!
  4. ロマンスカーは5タイプ運行。おすすめは展望席のあるGSE・VSE!
  5. 12:00~ 箱根湯本でランチタイム!
  6. 私おすすめの箱根湯本ランチ はこね中村家
  7. ランチを楽しんだ後は、宿泊地に合わせたデートコースへ
  8. 箱根湯本・須雲川エリアは意外と観光が難しい!
  9. 箱根湯本・須雲川エリア おすすめホテル「金乃竹 塔ノ澤」
  10. 強羅・小涌谷エリアは食の宝庫!観光スポットも豊富!
  11. 強羅・小涌谷エリア おすすめホテル 箱根エレカーサ ホテル&スパ
  12. 仙石原エリアは移動手段に難あり!観光は最低限で早めの行動を!
  13. 仙石原エリア おすすめホテル 箱根 漣-Ren-至福のキュイジーヌと癒しのステイ
  14. 桃源台・芦ノ湖エリアは一筆書きし易く初めての箱根観光にぴったり!
  15. 桃源台・芦ノ湖エリア おすすめ旅館 箱根芦ノ湖温泉 和心亭 豊月
  16. 初めての箱根なら桃源台・芦ノ湖エリアへの宿泊がおすすめ!
  17. 15:00 ホテルへチェックイン後は、お部屋や周辺でゆっくり過ごす
  18. 18:00~ ディナータイムはホテルで取るも良し、近隣施設で取るも良し!
  19. 2日目、ホテルで朝食
  20. まとめ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1泊2日の箱根デート!カップルで行くなら10時前後に新宿駅で待ち合わせるのがおすすめ!

デート、カップル

今回のモデルデートは1泊2日の箱根お泊りデートプランです。

大まかな流れは下記の通りに。

1日目

  • 10:00 新宿駅西口で待ち合わせ
  • ロマンスカーに乗って箱根湯本駅へ
  • 12:00 箱根湯本駅周辺でランチ
  • ランチ後、宿泊地に合わせた観光スポットへ
  • 15:00 ホテルへチェックイン
  • 18:00~ ディナーへ
  • ディナー後、ゆったりとホテルで寛ぐ 

2日目

  • 8:30 ホテルで朝食
  • 11:00~ チェックアウト後、帰り道に沿いながら観光スポットへ
  • 良きところで帰宅

それでは、実際のデートコースに従って、おすすめスポットを見ていきましょう。

10:00~ 新宿駅西口で待ち合わせ。ロマンスカーのチケットをお忘れなく

新宿

今回のモデルデートでは、箱根湯本でランチを取ることにしているので、

10時前後に新宿駅で待ち合わせれば、

箱根湯本でランチが始まる丁度良い時間帯に到着する事が出来ます。

待ち合わせ場所はロマンスカーにスムーズに乗車出来る新宿西口がおすすめです。

小田急百貨店や京王百貨店入口等、

待ち合わせるにも判りやすい場所が多いです。

天気の事を考えると、新宿駅西口小田急改札前が最も判りやすいかと思います。

ロマンスカーのチケットをお持ちでない場合、

待ち合わせ時間の前に予め購入する事をおすすめします。

ロマンスカーのチケットはデートコースによって選択を!

ロマンスカーのチケットはデートコースによってどのチケットを買うかが重要です。

1つ目は通常の買い方。

ネットや窓口にて購入出来ます。

特急券が1110円、それにプラスして乗車券が1220円で

合計2330円が1人辺りのロマンスカー乗車料金となります。


2つ目は箱根フリーパスを購入するプラン。

箱根

箱根の観光スポットを3カ所以上巡るなら是非おすすめしたいのが箱根フリーパス。

特に、箱根登山鉄道・ケーブルカーと箱根ロープウェイを利用するなら、

このフリーパスを購入する方がお得になる可能性が高いです。

旅行代理店や小田急線各駅窓口で購入出来る他、

セブンチケットやスマホ専用アプリEMotからでも購入出来ます。

利便性はスマホアプリのEMotが高いですが、不具合も多いので、

窓口でチケットを購入するのが一番確実だと思います。

新宿からの乗車券代もフリーパスに含まれるので、お得度は高め。

ロマンスカーの特急券のみ別途必要になる点には注意が必要。

箱根フリーパスは新宿からの場合、

2日間有効フリーパスが大人5,700円、子供1,500円です。

3日間有効フリーパスは大人6,100円、子供1,750円と更にお得に。

今回は1泊2日のデートなので、2日間有効フリーパスでOKです。

ロマンスカーは5タイプ運行。おすすめは展望席のあるGSE・VSE!

箱根

ロマンスカーは5タイプの車両が運行されています。

その内、おすすめなのが展望席があるタイプ

VSEやGSEと呼ばれる車両ですね。

写真だと左から1番目がGSE、真ん中がVSEとなっています。

時間帯や日程によって、GSE、VSEどちらになるかが変わってきます。

展望席はかなり数が少ないので、早めのネット予約が必須です。

特に最前列は予約開始当日にも即完売することもある程。

展望席でなくても良い場合は、

同じくVSEもしくは青い車体がクールなMSEが乗り心地が良くておすすめです。

ロマンスカーに乗れば、乗り換えなしであっと言う間に箱根湯本へと到着します。

12:00~ 箱根湯本でランチタイム!

箱根

箱根湯本駅には12:00前後に到着するはずです。

早速ランチタイムといきましょう!

箱根湯本駅周辺には、かなり多くのお店が軒を連ねています。

箱根最大級の観光スポットでもある為、平日であってもかなりの人出。

その為、割と早い段階から到着する必要があったのです。

概ねお店は11:30~12:00から営業をスタートする為、

運が良ければ並ばずに食事をする事も出来ます。

前以て調べたお店へと真っすぐ向かう事をおすすめします。

私おすすめの箱根湯本ランチ はこね中村家

箱根

箱根湯本はお蕎麦が有名なのですが、

私としてはお寿司も強くおすすめしたいです。

私おすすめのお店は、「はこね中村家

コスパもそれなりに良く、味もしっかりとしたお寿司をいただけます。

アジと穴子がこちらの名物なので、

両方楽しめるアジ・穴子鮨は定番中の定番。

カップルならアジ・穴子鮨と、松・竹・梅にぎりのいずれかを注文して

お2人でシェアする事をおすすめします。

ランチを楽しんだ後は、宿泊地に合わせたデートコースへ

箱根

箱根デート最大のポイントは、どれだけ効率よく観光出来るか

車での移動ではなく、今回の様に、

移動手段が公共交通機関の場合は特に重要です。

その為、どのホテル・旅館に泊まるかによって、

デートコースも大きく変更した方が良いです。

宿泊場所や観光スポットは大きく分けて

  • 箱根湯本・須雲川エリア
  • 強羅・小涌谷エリア
  • 仙石原エリア
  • 桃源台・芦ノ湖エリア

の4エリアとなっています。

箱根湯本・須雲川エリアは意外と観光が難しい!

宿泊場所が箱根湯本・須雲川エリアの場合、

他エリアの観光スポットを1日目に観光するのはかなり難しいです。

理由は単純で、一筆書きで観光スポット巡りをするのが困難

チェックイン時間が遅くなっても大丈夫なら問題ありませんが、

その場合は、予めホテルのランクを下げる等で、

バランスを取る事をおすすめします。

どうしても行きたい観光スポットがある場合も1、2個に留めた方が無難。

箱根湯本・須雲川エリアでおすすめの観光スポットは、

須雲川沿いにある滝や神社・仏閣です。

箱根

代表的なのが玉簾の瀧・飛烟の瀧や、早雲寺等。

ただ観光スポットとしてはやや弱め。

長時間滞在する様なスポットも少ないです。

箱根湯本や須雲川、塔ノ沢近辺で宿泊するなら、

箱根湯本周辺でショッピングや食事をゆったりと楽しみ

チェックインの時間ピッタリに宿泊場所へ行ける様にした方が良いかと思います。

2泊目以降は、思う存分観光が出来る他、

ホテルや旅館次第では、チェックアウト後も荷物を預けたまま観光出来るので、

観光を翌日にするのも一考の価値ありです。

箱根湯本・須雲川エリア おすすめホテル「金乃竹 塔ノ澤」

金乃竹 塔ノ澤 澤

箱根湯本・須雲川エリアでおすすめのホテルが「金乃竹 塔ノ澤」です。

2005年に箱根仙石原に開業した「金乃竹」、

その姉妹館として誕生したのが、2013年開業の金乃竹 塔ノ澤です。

コンセプトは癒しの森。

広大な自然のなかにひっそりと佇む優しい雰囲気の建物。

最大の特徴は12歳未満のお子様の宿泊は許されておらず、

大人がただ静かな時間を過ごすホテルとなっています。

金乃竹 塔ノ澤

勿論おすすめはおこもりステイ。

ホテル側もおこもりステイを強く意識・推奨しており、

館内にはスパやラウンジの他、禅のスペースまで設けられています。

金乃竹 塔ノ澤

温泉は大浴場の他、全客室が温泉露天風呂付。

客室数は全23室と丁度良い少なさで、ホスピタリティも高いです。

ダイニングは1つのみですが、

2部制に分けてゆったりと食事が出来る様意識されています。

価格帯はやや高めではありますが、抜群の人気と評価の高さを誇ります。

アクセスも乗合バスではありますが、箱根湯本からバスが出ているので利便性も〇。

箱根湯本でおこもりステイをお考えの方には、是非一度足を運んでもらいたいホテルです。

強羅・小涌谷エリアは食の宝庫!観光スポットも豊富!

箱根

強羅・小涌谷エリアでの宿泊だった場合は、

デートコースが自由に計画しやすいです。

彫刻の森美術館や箱根美術館といった美術館系を筆頭に、

ふらっとお散歩するのにも最適な強羅公園、

小涌谷なら箱根小涌園ユネッサンと、

箱根を代表するスポットが点在します。

食に関しては箱根屈指の豊富さで、

箱根湯本でランチを取らず、

強羅でランチタイムというのもありだと思います。

また、ディナータイムもホテルだけでなく、

近隣のお店で取る事も割と楽に出来ます。

その為、ホテルの選択肢もかなり幅広いです。

唯一の注意点として、高低差が激しく

坂道となっている場所が殆どなので、

女性がヒール等の場合は、お店や観光スポットの選択は慎重に。

流石に箱根へヒール等を履いて来る方は少ないとは思いますが・・・。

ヒールでなくとも、徒歩で移動するにはかなり大変なので、

バスやタクシーを上手に活用する等、移動手段は要検討です。

強羅・小涌谷エリア おすすめホテル 箱根エレカーサ ホテル&スパ

箱根エレカーサ ホテル&スパ

強羅・小涌谷エリアでホテルを決めるのは中々悩ましいです。

特に強羅エリアは、ランチ・ディナー共に美味しいお店が豊富にありますし、

坂道とはいえ、距離としては気軽に歩いていける範囲で収まる場合が殆ど。

今回敢えて強羅・小涌谷エリアでおすすめするのが

箱根エレカーサ ホテル&スパ

こちらはおこもりステイ向きなホテルとなっています。

13未満のお子様は宿泊出来ない為、

こちらもゆったりと大人が寛ぐホテルですね。

箱根エレカーサ ホテル&スパ

山の高台に位置する為、客室や露天風呂からの景色は中々の眺め。

特に夕暮れから夜に掛けての景色は、強羅の街を見下ろす事も出来、

霧がかった街の風景はなんとも幻想的な雰囲気となります。

箱根エレカーサ ホテル&スパ

ホテルのハイライトの1つが地産地消に拘ったイタリアン。

ディナー・朝食共にボリューミーで大胆な味付けは、特に若い方におすすめです。

コスパが割と良好なのも嬉しい点で、ちょっとした記念日等にも気軽に利用出来ます。

唯一、山中の奥深くにある為、移動手段が難点。

無料送迎があるので、是非、そちらを予約して利用する事をおすすめします。

仙石原エリアは移動手段に難あり!観光は最低限で早めの行動を!

車移動でない場合、仙石原エリアは移動手段にかなり悩まされます

バスがあるにはあるのですが、本数は少な目。

更には、強羅駅からのバスは17:35が最終とかなり早く終了します。

その為、迂闊に観光スポット巡りをすると、

タクシーを使わざるを得なくなり、滞在費用が嵩みます。

とはいえ、仙石原は観光スポットが割と豊富

箱根

箱根ガラスの森美術館やポーラ美術館、

星の王子さまミュージアムといった美術館系や、

季節によっては、ため息が出る程美しい仙石原すすき草原等、

広大な自然を活かした観光スポットが多数点在しています。

強羅と同じく、高低差が多少あるので、

移動手段は念入りに調べる事をおすすめします。

仙石原エリア おすすめホテル 箱根 漣-Ren-至福のキュイジーヌと癒しのステイ

箱根 漣

仙石原エリアでおすすめのホテルが

箱根 漣-Ren-至福のキュイジーヌと癒しのステイ

こちらも、小学生未満は宿泊不可のオーベルジュです。

客室数は僅か10室。

どこかホッとするサービスは、オーベルジュの真骨頂と言えるでしょうか。

箱根 漣

絢爛豪華な館内というよりは、アットホームな印象を受けます。

付帯施設は大浴場とラウンジ、レストランと最低限ですので、

完全なおこもりステイよりは、

近隣を散策する事もデートコースに含めた上で宿泊することをおすすめします。

箱根 漣

オーベルジュだけあって、こちらのハイライトはやはり美味しい食事!

日本人の舌に合うフランス料理をコンセプトに、

フランス料理では珍しくボリューミー且つ、繊細な料理が堪能出来ます。

思わずワインがすすむ事間違いなしなので、

ご予算はワイン代を確保の上でのご宿泊を強くおすすめします。

桃源台・芦ノ湖エリアは一筆書きし易く初めての箱根観光にぴったり!

そして桃源台・芦ノ湖エリアでの宿泊は、

経路上に有名な観光スポットが多く、

初めて箱根を訪れるカップルには打ってつけのエリアとなっています。

大涌谷も経路の途中にある為、

その場で思い付いて立ち寄ってみたりも可能です。

箱根

箱根で代表的なパワースポットとなる箱根元宮へ行く際も、

桃源台・芦ノ湖エリアでの宿泊なら、

スムーズに宿泊場所へ戻る事が出来ます。

桃源台・芦ノ湖エリア おすすめ旅館 箱根芦ノ湖温泉 和心亭 豊月

和心亭 豊月

桃源台・芦ノ湖エリアでおすすめの旅館が、

箱根芦ノ湖温泉 和心亭 豊月

芦ノ湖を見下ろす山の中腹に位置する、知る人ぞ知る名旅館です。

客室数は全15室と少ないので、非常に穏やかな時間を過ごす事が出来ます。

和心亭 豊月

料理は旬を活かしたものを提供してくれます。

モダン懐石と謳ってはいますが、奇をてらったメニューは少な目。

夕朝食ともに割と健康的且つ、ボリュームのある食事なので、

ゆったり楽しむのに最適な懐石料理となっています。

和心亭 豊月

嬉しいのは、食事は個室料亭で取れること。

それぞれの客室毎に、決められた専用の個室があり、

夕朝食共に、個室料亭にて食事を楽しむ事が出来ます。

2人だけの時間を大切にしたい方には嬉しい配慮となっています。

和心亭 豊月

どの客室であっても、芦ノ湖を一望できるのも見逃せない点。

館内施設もこういった旅館としては予想以上に充実しており、

観光を終えて旅館に着いてからも、様々な寛ぎ方が楽しめます。

初めての箱根なら桃源台・芦ノ湖エリアへの宿泊がおすすめ!

例として、今回は私が山のホテルへ宿泊した際のコースで改めてご紹介致します。

ランチ後、箱根登山鉄道へ乗り込み、強羅へ。

箱根

箱根登山鉄道の醍醐味は山中を走る景観の良さと、

ジグザグに山を登っていく際に行われるスイッチバック。

鉄道ファンならずとも、思わず目が奪われます。

強羅駅に到着後、ケーブルカーへと乗り継いで早雲山駅を目指します。

早雲山からは箱根ロープウェイへと乗り継ぎ、桃源台駅へと向かいます。

これ等全ての乗り物も、箱根フリーパスを購入していれば、

金額・回数を気にせず乗れるので、箱根フリーパスはおすすめです。

時間に余裕があれば、大涌谷に立ち寄ってみるのは如何でしょうか。

箱根

ロープウェイの車内でも、音が聞こえる程の蒸気が立ち込める光景は、

大涌谷ならではの景色です。

名物となっているくろたまごに関しては、もし気になったら是非購入を。

ただ、最小個数が5個なので、お2人だと持て余すかもしれません。

その辺りはお2人でご相談の上で購入しましょう。

大涌谷は程々に散策しつつ、いよいよ桃源台駅に到着です。

宿泊記でも書きましたが、仮に桃源台周辺での宿泊であっても、

箱根海賊船に乗船することを私はおすすめします。

箱根

芦ノ湖畔での宿泊なら、純粋な移動手段にもなりますし、

何より、船からの景色は、時間帯で様々に変化し、飽きさせません

現在はロイヤルⅡ号、ビクトリー号、クイーン芦ノ湖号が運航しています。

こちらも、箱根フリーパスを所持していれば、料金は掛かりません。

ただ、私は是非、おとな600円、こども300円の追加料金で入室出来る、

特別船室へと乗船する事を強く強くおすすめします。

箱根

まず、座席が一般船室とは打って変わってかなり豪華になり、

快適な船の旅を送る事が出来ます。

そして一番おすすめなポイントが、

特別船室は船のデッキが前方側にあり、

更には特別船室のみ入室が許された展望台があるのです。

前方デッキや展望台からの景色は正しく絶景。

海賊船の船長になった気分で、芦ノ湖畔をのんびりと遊覧しましょう。

箱根海賊船が、宿泊地近隣の港に着いたら、

後はホテルへと向かいましょう。

ホテルへ到着する頃には、

丁度チェックインの時間になっているはずです。

宿泊するホテルの送迎場所は事前にしっかり確認することも大切です。

15:00 ホテルへチェックイン後は、お部屋や周辺でゆっくり過ごす

山のホテル

ホテル到着後は、お部屋でゆったり過ごしたり、

まだ明るければ、ホテル周辺を散策するのも楽しいと思います。

山のホテルなら、見事な庭園があるので、散策にはピッタリです。

芦ノ湖畔のホテルなら、何かと気になるスポットがあると思いますので、

思い思いの時間の使い方で、2人の仲をより深めていきましょう。

18:00~ ディナータイムはホテルで取るも良し、近隣施設で取るも良し!

ディナーは基本的にはホテルで取ることになるかと思います、

予めディナー付きのプランで予約をする方がお得な場合が殆ど。

宿泊するホテル次第では、近隣のレストランでディナータイムにするのも良いですね。

注意点としては、移動手段がかなり限定される他、

タクシーがそもそも殆ど通らない地域もかなり多いです。

特に芦ノ湖畔はタクシーを捕まえるのが困難なので、

注意が必要となってきます。

ホテルや旅館から歩ける範囲でお店を選択する事をおすすめします。

ディナー後は、温泉に浸かったり、お部屋でゆったり寛ぎつつ、

お2人の話に華を咲かせましょう。

2日目、ホテルで朝食

朝食は近隣施設で取るのはかなり厳しいので、

基本的にはホテルや旅館での朝食になるかと思います。

力を入れているホテルや旅館が殆どですので、思いきり楽しみましょう!

朝食が終われば、後はチェックアウトと帰りの観光を残すのみです。

2日目の観光は、1~2ヵ所程度がおすすめです。

帰りの電車の時間もありますし、どこへ行くにも割と時間が掛かる事を考慮して。

きっと帰りのロマンスカーでは疲れてウトウトしてしまう事でしょう・・・。

まとめ

  • 宿泊するエリアで過ごし方や観光スポットを変えるのがポイント!
  • 2回目以降なら、完全なおこもりステイもおすすめ!

今回は桃源台・芦ノ湖エリアを中心にモデルデートコースをご紹介しました。

初めて箱根に訪れるなら、

是非今回のコースを参考に計画を立ててみては如何でしょうか。

ツアーコンダクターの方にも鉄板コースと御墨付きをいただく程、

初めての箱根にはぴったりのデートコースとなっています。

2回目以降なら、おこもりステイもおすすめです。

今回ご紹介した、各エリアのおすすめホテルの他、

別記事でご紹介した「HAKONE NICA」は特におすすめ。

メディア露出も多く、既に多くのリピーターを生んでいる、

今後更に人気が高まりそうなホテルです。

箱根へカップルで行くなら、

色んな計画を立ててから足を運ぶことをおすすめします。

その場で思い付いて行動するのは最小限に止め、

特別な1日を是非満喫していただきたいです。

コメント

error: