ホテルレビューやイベント掲載、お仕事に関してはこちら

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード、通称マリオットアメックスプレミアムをSPGアメックスヘビーユーザーが徹底分析!

スポンサーリンク
mariott、マリオット、会員

SPGアメックスからマリオットアメックスプレミアムへと切り替わった2022年2月。

今回の切り替えで様々な要素が変更されました。

主な要素は以下の4つ。

  • 年会費高騰
  • 無料宿泊特典条件追加
  • プラチナエリートの獲得可能
  • 宿泊実績の増加

この中でも最もウェイトを占めるのが

「年会費」「無料宿泊特典」

の2つだと私は思っています。

今回は、そんなマリオットアメックスプレミアムを取得すべきか否か。

SPGアメックスヘビーユーザーの私が徹底分析致します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの概要

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

年会費:49,500円(税込み)

特典:

以上がMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの主な特典です。

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードの概要

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード

年会費:23,100円(税込み)

特典:

以上がMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードの主な特典です。

マリオットアメックスプレミアムには年会費49,500円以上の価値があるのかどうか

お金、泣く、マイナス、悩む

今回私の様なSPGアメックスユーザーが一番悩みどころとなっているのが年会費

年会費49,500円は、ゴールドカードの中でもトップクラスに高い価格帯

少し安価なプラチナカードも射程圏内になる程の高額です。

ここでは、その年会費49,500円を回収する一番の方法、

無料宿泊特典

をコスパの目線で徹底的に分析していきます。

SPGアメックス、無料宿泊

マリオットアメックスプレミアムの無料宿泊特典は、

この様なサーティフィケートとしてマリオットボンヴォイ会員のマイページに追加されていきます。

最大で50,000ポイントのホテルに無料宿泊する事が出来る非常に強力な特典です。

50,000ポイント以下のホテルであっても、余ったポイントは返却されない為、

狙い目はやはり50,000ポイントぴったりのホテル。

以前はカテゴリー制だった為、50,000ポイントぴったりのホテルが多く選べました。

リッツ日光、ritz nikko

中でも、ザ・リッツ・カールトン日光は無料宿泊特典で宿泊出来た中でも最上級のホテル。

宿泊平均は実に10万円を超える超高級ホテルとなっていました。

現在は、ご存知の通り、ポイント無料宿泊がカテゴリー制からフレキシブルレートへと変更。

それにより、ポイント価値が非常に掴みづらい状態となっています。

マリオットアメックスプレミアムの無料宿泊特典で宿泊出来るホテル一覧とおすすめホテルをピックアップ!

今回は日本国内にあるマリオットホテルから、

50,000ポイントの無料宿泊特典を使えるホテルをピックアップしてみました。

なお、フェアフィールド等、一部ホテルブランドは除外しています。

  • シェラトングランドホテル広島
  • 軽井沢マリオットホテル
  • 神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ
  • シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
  • HIYORIチャプター京都 トリビュートポートフォリオホテル
  • ウェスティン都ホテル京都
  • ザ・プリンス 京都宝ヶ池、オートグラフ コレクション
  • 名古屋マリオットアソシアホテル
  • JWマリオットホテル奈良
  • 大阪マリオット都ホテル
  • シェラトン都ホテル大阪
  • ウェスティンホテル大阪
  • ウェスティンホテル仙台
  • 琵琶湖マリオットホテル
  • 伊豆マリオットホテル修善寺
  • ACホテル東京銀座
  • ザ・プリンスさくらタワー東京、オートグラフコレクション
  • 東京マリオットホテル
  • シェラトン都ホテル東京
  • ウェスティンホテル東京
  • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
  • 南紀白浜マリオットホテル
  • 富士マリオットホテル山中湖
  • 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ
  • ウェスティンホテル横浜
  • コートヤード・バイ・マリオット白馬
  • コートヤード・バイ・マリオット名古屋
  • アロフト大阪堂島
  • コートヤード・バイ・マリオット大阪本町
  • コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション
  • アロフト東京銀座
  • コートヤード・マリオット銀座東武ホテル
  • コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

一部50,000ポイント以下はあるものの、多くが52,000ポイントのホテルは以下の通り。

  • ウェスティンルスツリゾート
  • ルネッサンスリゾートオキナワ
  • メズム東京、オートグラフコレクション
  • W大阪

ホテルの総数だけを見ると、かなりの数のホテルで無料宿泊特典を使う事が出来ます

考える、悩む

では、問題はここから。

果たしてどれだけのホテルが年会費を上回るホテルとなっているでしょうか。

ウェスティン都ホテル京都

JWマリオットホテル奈良

ウェスティンホテル横浜

メズム東京、オートグラフコレクション

W大阪

何と、年会費を上回るホテルは現段階で5つしかありません。

しかも、その内2つは、殆どが52,000ポイントとなっており、

気軽に使えるかというとかなり厳しいと言わざるを得ません。

SPGアメックスは年会費が34,100円だった為、もう少しお得感の高いホテルが多かった他、

カテゴリー制だった為に、リッツ大阪、リッツ日光等、

通常の価格帯そのものがかなり高めなホテルに泊まれたのもあり、

かなりのコスパを誇りました。

悲しい、泣く、バッド

しかし、マリオットアメックスプレミアムの年会費は49,500円

更に無料宿泊特典を付与される条件として年間150万円以上の利用が必須となっています。

年間150万円を利用した特典として宿泊するホテルとしてはあまりにも寂しいです。

勿論、これはフレキシブルレートになったばかりの2022年4月現在の状況ですが、

レートが上がる事はあっても、下がる事は今の情勢を考えるとほぼあり得ないと思います。

無料宿泊特典目当てにマリオットアメックスプレミアムを取得するのは

現状を考えるとかなり厳しいと言わざるを得ません。

追加の15,000ポイントを支払って無料宿泊特典を利用出来るホテルはどうだろうか?

上向き、グラフ

今回のフレキシブルレートへの変更で追加された、ポイント追加支払いによる無料宿泊特典

追加で15,000ポイントを支払い、65,000ポイントで泊まれるホテルは以下の通り。

  • セントレジスホテル大阪
  • ザ・リッツ・カールトン大阪

上記2つ以外に、HOTEL THE MITSUI KYOTO ラグジュアリーコレクションホテル&スパ

も対象だったりしますが、年間で数日のみという超レアなホテルとなっています。

上記3つのホテルはポイント価値自体は1ポイント1円を超える日が多いので、

ポイントコスパとしては良好なのですが、

態々ポイントを追加してまで宿泊すべきかというとやや悩ましいです。

HOTEL THE MITSUI KYOTO ラグジュアリーコレクションホテル&スパのみ、

超レアなのですが、追加ポイントを支払って宿泊出来れば、

1ポイント1.3円前後まで引き上げる事が出来ます。

とは言え、これ等要素がマリオットアメックスプレミアムを取得する要素足り得るかというと、

私は厳しいのではないかと考えています。

マリオットアメックスプレミアムのプラチナエリート獲得は決め手に欠ける!

アドバイス、注意、ポイント

マリオットアメックスプレミアムの特典で際立つのは

マリオットボンヴォイプラチナエリートの獲得

年間利用金額400万円以上プラチナエリートになる事が出来ます。

とは言え、この条件を個人で達成しようとするのはかなり厳しいのではないでしょうか。

それよりも、実際に宿泊実績を積んだ方が、

最終的に見てコスパは良いと私は思います。

ライフタイムの宿泊実績が積める他、ホテルの常連になった方が、

様々な点で素晴らしい滞在になる可能性が高いからです。

マリオットアメックスプレミアムの真価は宿泊実績!プラチナエリートまで最短35日で達成!

mariott、マリオット、プラチナ

マリオットアメックスプレミアムの特典を分析していると、

最も優れた特典は宿泊実績の獲得ではないかという事が段々と判ってきました。

こちらは無条件で宿泊実績を15泊獲得出来ます。

SPGアメックスは宿泊実績が5泊だったので、3倍の宿泊実績を獲得出来ます。

これは上級会員を目指す上でかなり大きなアドバンテージとなります。

モクシー東京錦糸町、トップ

国内のマリオットホテルは、全体的な宿泊費が高め

特に都内近郊は最安値でも15,000円前後~スタートとなっており、

プラチナエリートを目指すとなると高額な費用が掛かります。

仮に都内近郊でプラチナエリートを目指すなら、

15泊の宿泊実績×15,000円=225,000円

上記費用がそのままコスパへと変換されるので、相当優良なカードに早変わりします。

残りの35泊×15,000円=525,000円

が1年間のプラチナエリート宿泊費用として計上されるので、

無料宿泊特典を得る年間150万円の達成も、

割と射程圏内になってくるのではないでしょうか。

マリオットアメックスプレミアムを取得する基準としてはかなり有効な考え方だと思います。

SPGアメックスヘビーユーザーが考えるマリオットアメックスプレミアムを取得するかどうかの結論

マリオット、

SPGアメックスを愛用していた私の結論は

「プラチナエリートを目指すならあり!」

です。

それ以外の目的で取得するなら、

上記無料宿泊特典の中でもコスパに優れたホテル、

  • ウェスティン都ホテル京都
  • JWマリオットホテル奈良
  • ウェスティンホテル横浜

以上3つがお気に入りホテルである事を最低条件にして良いと思います。

そしてSPGアメックスとは、取得基準を完全に切り離して見るべきだとも考えます。

プラチナエリートを目指す方にとっては、これ以上に優良なカードはなく、

更におまけ感覚で無料宿泊特典も得られるわけで、

ホテル系クレジットカードとして、

マリオットアメックスプレミアムは魅力的なカードと言えるでしょう。

しかし、一方で、プラチナエリート以上を目指さない方にとっては、

高い年会費や無料宿泊特典の条件やコスパが足を引っ張り、

手放しでおすすめする事は中々難しいホテル系クレジットカードとなってしまいました。

当サイトではSPGアメックスを自信を持っておすすめしていましたが、

マリオットアメックスプレミアムに関しては、あくまで

プラチナエリート以上を目指す方のみにおすすめするカード

として位置付ける事にしました。

コメント

error:Content is protected !!