ホテルレビュー依頼やお仕事に関してはこちら

ホテル系クレジットカード5種類を徹底比較!GOOD・BADレビューも!おすすめホテル提携クレジットカードランキング!

クレジットカード

ホテルライフに欠かせないアイテムの1つ。

「ホテル提携クレジットカード」

その理由は単純明快で、ホテル宿泊時や日常的に様々な特典が付帯されているからです。

  • 上級会員付与
  • 客室アップグレード
  • ポイントの獲得率増加
  • ポイント有効期限延長
  • レイトチェックアウト

etc……

持っているだけで様々な特典が得られるのはホテル提携クレジットカードならでは。

今回は、国内でも数多くあるホテル提携クレジットカードの

おすすめランキングとGOOD&BADレビューをお届けします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

5位 SEIBUプリンスクラブカード セゾンゴールド ホテルだけでなくSEIBUグループ全体で特典満載!

SEIBU PRINCE CLUBカード、SPC、PSS、

SEIBUプリンスクラブカード セゾンゴールド

年会費:16500円

家族カード:2200円

特典:

プリンスポイント+セゾンカードの永久不滅ポイント

西武グループ優待

セゾンカード優待

セゾンゴールド優待(空港ラウンジ、海外・国内旅行傷害保険等)

プリンスステータスサービス(ゴールド付与)

スマートチェックイン&クイックチェックアウト

レイトチェックアウト

新聞サービス

レストラン優待(一部レストラン5%オフ)

宿泊優先予約

アーリーチェックイン

ウェルカムドリンクサービス

ミネラルウォーターサービス

ターンダウンサービス

その他優待多数

ホテルの上級会員特典は勿論のこと、様々な特典が付いたお得なカード。

SEIBUプリンスクラブカード セゾンゴールドのGOOD&BADレビュー

GOODさん
GOODさん

どこを見ても使い勝手の良いカード!

ホテルだけでなく、西武グループで使うとお得度UP!

BADさん
BADさん

コスパがやや悪い・・・

近隣に加盟施設がないとお得感が目減り・・・


まずはGOODから。

カードそのもののバランスが良く、使いやすいのが利点の1つ。

ポイントはセゾンカードならではの永久不滅ポイントなので、

自分の好きなタイミングでポイントを使用出来るのも嬉しい。

西武グループや加盟店で利用すれば、割引が受けられたり、ポイントが多く貯まったりと、

日常的にも沢山特典を受けられるので、

そもそものクレジットカードとしてのスペックがかなり高めです。

勿論、ホテル宿泊時の特典も多く、プリンスホテル宿泊時の快適度は段違いに高まります

good、bad、ばつ、だめ、ok、まる

一方のBADは上記に絡む点として、

近隣に西武グループの施設や提携施設が無い場合、お得度がかなり目減りするのが難点。

特に日常的に利用するスーパーや百貨店の提携施設が無い場合、

ある人とない人ではコスパにかなり影響が出てくるのは否めません。

カード自体のコスパもやや悪く

カードランクを下げるとホテルや西武グループの上級会員が付かない為に、

ランクを下げるわけにもいかないといった板挟みになってしまいます。

SEIBUプリンスクラブカード セゾンゴールド総評

プリンスステータスサービスゴールドに無条件でなれる他、

宿泊時の特典もかなり多いカードとなっています。

プリンスステータスゴールドの特典にはない、カード独自の特典も多いので、

このカードを持つ意味はかなり大きいです。

特にプリンスホテルは、こういった特典がないと、

物足りなさを感じやすいホテルグループだと思うので、

良くプリンスホテルに泊まる方なら必携と言っても過言ではないかと思います。

西武グループの施設が近隣にあれば最高ですが、

仮になかったとしても、カード自体のスペックは割と高いので、

十分検討する価値はあると思います。

勿論、真に使いこなすなら西武グループの施設や提携施設が近くにある方が良いですね。

4位 ニューオータニクラブ(NOC) コスパに関しては他の追随を許さない!実質無料で持つことも可能!

ニューオータニクラブ、NOC、VISA

ニューオータニクラブカード

年会費:クラシック1375円、ゴールド11000円、ダイナース24200円

家族カード:クラシック440円、

ゴールド1人目無料、2人目1100円、

ダイナース5500円

特典:ニューオータニクラブポイントの獲得

宿泊優先予約

宿泊料金優待

朝食料金優待
(東京・幕張・大阪・イン札幌・イン東京・イン横浜プレミアム・博多・佐賀のみ)

朝食プレゼント
(イタリア軒・金沢のみ)

クイックチェックイン・クイックチェックアウト

優先チェックイン・チェックアウト
(東京・大阪のみ)

レイトチェックアウト

新聞無料サービス

屋外プール無料(宿泊時)
(東京・幕張・大阪のみ)

フィットネスクラブの特別利用
(東京、幕張、大阪、NASPAのみ)

誕生日特典

レストラン特典

ニューオータニクラブラウンジ
(東京・幕張・大阪・イン札幌・NASPA・イン東京・イン横浜プレミアム・博多のみ)

ロイヤルカスタマープレゼント
(東京・幕張・大阪のみ)

ホテルによって特典の差異はありますが、コスパは非常に優れています。

ポテンシャルの高さはホテル提携クレジットカード随一かもしれません。

ニューオータニクラブ(NOC)のGOOD&BADレビュー

GOODさん
GOODさん

無料で持てるホテル提携クレジットカード!

ニューオータニクラブラウンジを筆頭に特典が魅力的!

BADさん
BADさん

日常的な特典が少ない・・・

VISAゴールドやダイナースはコスパが悪い・・・


コスパに関してはこれ以上に秀でたホテル提携クレジットカードはありません。

特典を考えると5位、もしくはランク外も考えられるのですが、

このコスパの良さはやはり見逃すワケにはいかないポイント。

また、2016年から続々と誕生しているニューオータニクラブラウンジの存在がかなり大きいです。

日常的に利用出来るラウンジは、ホテル提携クレジットカードだけでなく、

様々なカードの特典としても本当に極僅か。

そんなカードが無料なんですから、4位になるのも当然といったところ。

ニューオータニ利用時の特典もかなり手厚く、

ポイント還元率の高いポイントプログラムをはじめ、

宿泊特典、レストラン・バー特典等、ホテル利用時のお得度や満足度が非常に高いです。

good、bad、ばつ、だめ、ok、まる

一方BADはホテル関連の特典以外がほぼ皆無な点に集約されます。

特にポイントに関しては、

一応カードで獲得したポイントをホテルの宿泊券等に交換する事も可能ですが、

魅力的かと問われると疑問符が・・・。

その為、年会費の高いVISAゴールドとダイナースに関しては、

敢えてニューオータニクラブ(NOC)でカードを作る理由が全く見当たりません

ニューオータニクラブ(NOC)総評

コスパに優れ、ホテル利用時に特典が満載のニューオータニクラブ(NOC)

特に旗艦ホテルとなるニューオータニ東京の特典が素晴らしいです。

現在はNOC専用フロアも誕生し、冷蔵庫内のソフトドリンクが無料になったり、

フロア限定のアメニティがあったりと、至れり尽くせり。

スイートルーム宿泊時にはスーパーショートケーキがプレゼントされる等、

NOCの特典をこれでもかと満喫出来る素晴らしい滞在になる事間違いなしです。

日常的に利用して特典が得られるカードでは決してない為、

お住まいの地域や通いやすい場所にニューオータニがある方におすすめのカードです。

3位 ヒルトオン・オナーズ アメリカン・エキスプレスカード 使い方次第で飛躍する可能性大!

ヒルトンアメックス

ヒルトオン・オナーズ アメリカン・エキスプレスカード

年会費:16500円

家族カード1枚目無料、2枚目以降6600円

特典:

ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスを無条件で取得

年間カード利用150万円以上+カード継続でウィークエンド無料宿泊特典1泊分

HPCJ初回年会費が10,000円に割引

カード利用でヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント獲得

入会特典:

入会時に2,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント

入会1ヶ月以内に1回につき1,000円以上の利用を
計10回で3,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント

入会3ヶ月以内に30万円以上の利用で
10,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント

入会6ヵ月以内に75万円以上の利用で
10,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント

カード付帯特典:

ショッピング・プロテクション

旅行傷害保険

ヒルトンVISAゴールドに代わって登場したヒルトンアメックス。

ややコスパは悪くなりましたが、ポイントが加速度的に貯まることをはじめ、

ウィークエンド無料宿泊特典等、使えば使う程お得なカード。

ヒルトン・アメックスのGOOD&BADレビュー

GOODさん
GOODさん

特典が多いヒルトンゴールドにすぐなれる!

ポイントの増加率が凄い!

BADさん
BADさん

ヒルトンVISAゴールドと比べると・・・

ウィークエンド無料宿泊特典の条件が厳しい・・・


まずはGOODから見ていきましょう。

やはりヒルトンオナーズゴールドに無条件でなれる特典は強みです。

客室アップグレード、無料朝食、レイトチェックアウトと、

ホテル滞在時の快適度が段違いに良くなります。

また、ヒルトンVISAゴールドと比べると、ポイントの貯まり方はヒルトンアメックスの方が上。

ホテルで利用するのは勿論のこと、日常的に使う事で、

ポイントが加速度的に貯まりますし、ウィークエンド無料宿泊特典の可能性も見えてきます。

good、bad、ばつ、だめ、ok、まる

一方、先代のヒルトンVISAゴールドのインパクトがあまりにも強すぎたのが最大のBAD。

特にコスパに関してはヒルトンVISAゴールドに大きく劣ります。

ウィークエンド無料宿泊特典の条件も厳しく、

もし、達成条件となる年間利用額150万円を超える予定なら、

いっその事上位カードとなるヒルトンアメックスプレミアムを検討した方が良いかもしれません。

ヒルトン・アメックス総評

ホテル提携クレジットカードとしては、順当な価格帯、順当な特典なはずなのですが、

ヒルトンVISAゴールドが良すぎた為に、不遇の扱いになる可能性が高めです。

とは言え、無条件でヒルトンオナーズゴールドになれる特典は未だ強力で、

ヒルトンへの宿泊回数がお2人で年間3泊以上なら、十分お得に感じるかと思います。

悩ましいのはヒルトンアメックスにするか、

ヒルトンアメックスプレミアムにするかの判断。

こればかりは、年間カード利用額が200万円を超えるか否かで決める事をおすすめします。

200万円を超えるならダイヤモンド会員になれるヒルトンアメックスプレミアム一択。

それ以下ならヒルトンアメックスがおすすめです。

2位 One Harmony VISAゴールドカード コスパとバランスが秀逸!

One HarmonyVISAゴールド
出典:www.ohm.okura-nikko.com

One Harmony VISAゴールドカード

年会費:11000円 マイ・ペイすリボ&WEB明細適用4290円

入会資格:満30歳以上安定した収入をお持ちの方

特典:

  1. One Harmonyボーナスポイントの付与
    入会時には500ポイントプレゼント。
    決済合計2,000円利用毎にホテル利用では10ポイント
    それ以外でも10ポイント獲得。
  2. One Harmonyロイヤル会員特典
    カードを維持し続ける限り、
    One Harmonyの会員ランクが「ロイヤル」になります。
  3. その他VISAゴールド特典の一部付与(今のところほぼ全ての特典が利用可)

ヒルトンVISAゴールドの終了と共に、

相対的に評価があがったOne Harmony VISAゴールド。

バランスの取れたカードになっています。

One Harmony VISAゴールドのGOOD&BADレビュー

GOODさん
GOODさん

年会費がリーズナブル!

上級会員にすぐなれる!

VISAゴールドの特典も使える!

VISAブランドの安心感!

BADさん
BADさん

他のホテル提携カードに比べて特典が判り辛い・・・


GOODは正にVISA系の真骨頂となる年会費割引が効いています。

VISAゴールドならではの特典も全て付帯。

決済能力もVISAブランドの安心感があり、非常に頼れる1枚となっています。

ホテル宿泊時の特典も上級会員のお陰で充実しています。

コスパ・特典・決済力と、本当に隙のないカードです。

good、bad、ばつ、だめ、ok、まる

BADは特筆すべき点がないのですが、

このカード自体のBADというよりは、One Harmony独自のBADな印象。

特にプレミアムセレクションの存在が、特典の複雑さを増しています。

利用するホテルによって、特典が大きく左右されるのもOne Harmonyの特徴。

ロイヤル会員や最上級のエクスクルーシィヴ会員であっても、

そこまで特典が多くないホテルもあったりする為、

普段よく利用するホテル次第では、あまり特典を受けられない可能性も・・・。

One Harmony VISAゴールド総評

ホテル提携クレジットカードとしては、ほぼ弱点のないOne Harmony VISAゴールド。

お手頃な年会費、充実した特典、決済能力の高さと、

何故こんなにもおすすめするサイトが少ないのか不思議で仕方ありません。

と言っても理由は単純で、

このカードをおすすめしてもサイトの儲けには繋がらないからでしょう。

だからこそ、私は敢えてこのカードを強くおすすめしたい。

ヒルトンVISAが無くなった今だからこそ、このカードの魅力は素晴らしいと思います。

1位 SPGアメックス 無料宿泊特典と上級会員付与が魅力!

SPGアメックス、SPGAMEX、カード
出典:www.americanexpress.com

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

年会費:本会員34,100円(税込み)家族会員17.050円(税込み)

入会資格:満20歳以上で安定した収入をお持ちの方

特典:

  • マリオットポイントの獲得
  • 入会後3ヶ月以内に100,000円以上利用でボーナスポイント
  • Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)ゴールドエリート付与
  • 入会後2年目以降、1泊2名分無料宿泊特典&5泊分の実績付与
  • レストラン優待(15%オフ)(マリオットボンヴォイゴールドエリート特典内)
  • AMEX優待(アメリカン・エキスプレス・セレクト、
    空港ラウンジ、エアポートサービス、旅行傷害保険、各種プロテクション等)

最早当サイトでは説明不要と言っても過言ではない、

ホテル提携クレジットカードの代表格。

付帯される特典の素晴らしさが群を抜いています。

SPGアメックスのGOOD&BADレビュー

GOODさん
GOODさん

上級会員のゴールドエリートにすぐなれる!

無料宿泊特典がある!

ポイントが実質無期限!

アメックスの特典もいくつか使える!

BADさん
BADさん

年会費が高い・・・

アメックスは使えないお店がある・・・

家族カードの価値は低い・・・

カード特典がいつ変更されるか不安・・・


まずはGOODから見ていきましょう。

上級会員のマリオットボンヴォイゴールドエリートにすぐなれます。

客室アップグレードやレイトチェックアウトと言った特典がつく為、

ホテル滞在時の快適度が段違いに良くなります。

特典最大のハイライトと言える無料宿泊特典も強力。

50,000ポイント以下のホテルならどこでも宿泊する事が出来ます。

オフピーク時ならリッツカールトン等に宿泊する事も可能です。

地味ながらクレジットカードで少しでも支払いが発生した場合、

マリオットポイントを獲得出来、有効期限が実質無期限なのも素晴らしい。

アメックスゴールドとまではいきませんが、

多数のアメックスならではの特典が使えるのも嬉しいですね。

good、bad、ばつ、だめ、ok、まる

一方、BADは単純明快。

最大のネックは年会費の高さと決済力の不安定さ

年会費は34100円税込みとクレジットカードとしてはゴールドカードの最高レベルな価格帯。

また、アメックス特有の決済力の不安定さは逃れようのないBADです。

家族カードに関しても、年会費の高さを考えると気軽に作成するのは考えもの。

更には、SPGがマリオットと合併した為に、カード変更が迫っています。

国外のSPGアメックスはマリオットアメックスに変更済みとなっており、

SPGアメックスが継続しているのは恐らく日本のみ。

幾度となく公式でもマリオットアメックスへの変更は明言されており、

後は変更時期が決まるのを待つのみとなっています。

SPGアメックス総評

年会費の高さや決済力の不安定さこそ気になるものの、

ホテル提携クレジットカードで断トツの人気と特典を備えているのは紛れもない事実。

私自身、SPGアメックスを普段から使い倒している程にお気に入りのカードとなっています。

年会費の高さを数々の特典で捻じ伏せているかなり尖ったカードではありますが、

やはり無料宿泊特典は凄く魅力です。

SPGアメックス・スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの特典を徹底比較・解説!
出典:www.americanexpress.comウェスティン、シェラトン等、国内でも有名なホテルを抱える大手ホテルグループ「スターウッドホテル&リゾート」現在はマリットホテルと統合され、その傘下に収まっています...
SPGアメックスの無料宿泊特典で宿泊費数万円を無料に!予約方法やおすすめポイントも。
出典:www.americanexpress.comSPGアメックスで一番楽しみな特典と言えば、2年目以降についてくる「無料宿泊特典」年会費を回収出来る最大のチャンスでもあるので、上手に特典を利用したいところです。...
ホテル好きがSPGアメックスをあなたにおすすめする5つのポイントその①
出典:www.americanexpress.comホテルライフを送る上で、最早必須アイテムと断言しても過言ではないモノ。それが「クレジットカード」です。ホテルにチェックインする際のデポジットはクレジットカードで行...
ホテル好きがSPGアメックスをあなたにおすすめする5つのポイントその②
出典:www.americanexpress.comホテルライフを送る上で重要なクレジットカード。そんな中でも特におすすめなのが「SPGアメックス」(正式名称:スターウッド プリファード ゲスト® アメリカ...
ホテル好きがSPGアメックスをあなたにおすすめする5つのポイントその③
出典:www.americanexpress.comホテルライフを送る上で重要なクレジットカード。そんな中でも特におすすめなのが「SPGアメックス」(正式名称:スターウッド プリファード ゲスト® アメリカ...
ホテル好きがSPGアメックスをあなたにおすすめする5つのポイントその④
出典:www.americanexpress.comホテルライフを送る上で重要なクレジットカード。そんな中でも特におすすめなのが「SPGアメックス」(正式名称:スターウッド プリファード ゲスト® アメリカ...

まとめ

  1. SPGアメックス
  2. One Harmony VISAゴールドカード
  3. ヒルトオン・オナーズ アメリカン・エキスプレスカード
  4. ニューオータニクラブ(NOC)
  5. SEIBUプリンスクラブカード セゾンゴールド
ハッピー、幸せ、ハート

今回はホテル提携クレジットカードのランキングをお届けしました。

1位は勿論抜群の人気を誇るSPGアメックス。

無料宿泊特典とゴールドエリートはやはり魅力的です。

当サイト注目カードは2位のOne Harmony VISAゴールドカード。

ヒルトンVISAゴールドの存在で

今までは目立たない存在だったOne Harmony VISAゴールドが、

ヒルトンVISAゴールドサービス終了を受けて一躍評価を上げました。

コスパの良さとホテル滞在時の特典も良く、

プレミアムセレクションといった少し悩ましい要素も楽しめます。

4位のニューオータニクラブは真価を発揮する状況こそ少ないですが、

ホテル滞在時の特典は素晴らしく、コスパの良さもきらりと光ります。

今回ランキングを作成する上で、

ホテル提携クレジットカード以外も対象に含めるつもりでしたが、

仮に含めたとしても、5位がアメックスプラチナに変わる程度で、

基本的におすすめ出来るカードはそこまで大きく変わりません。

ホテルラバーの方々、ホテルの上級会員に興味がある方、

新しいクレジットカードをお探しの皆様に参考になれば嬉しいです。

コメント

error: