ホテルレビュー依頼やお仕事に関してはこちら

ANAインターコンチネンタルホテル東京 ブログ風宿泊記 都内屈指のおすすめクラブフロア!レギュラーフロアは自由な過ごし方で!

今回は管理人である私(以下、私)のとあるホテル滞在の一日をお伝えしてまいります。

宿泊したホテルはこちら!

画像出典:ホテル公式HP

最近の私お気に入りホテルの1つ。

ANAインターコンチネンタルホテル東京

今回はANAインターコンチネンタルホテル東京へ宿泊した際の、

私の過ごし方を皆さんにお伝えしてまいります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

通常フロアとクラブフロア、どちらを予約すべきか

考える、悩む

ANAインターコンチネンタルホテル東京へ宿泊する際、まず初めに悩むのが

通常フロアとクラブフロア、どちらを予約すべきか。

ホテルでの過ごし方が大きく変わる要素です。

特にこのホテルに至っては、クラブフロアへ宿泊するならフルに特典を活かしたいところ。

というワケで、通常フロア、クラブフロア、両方での過ごし方をお届け致します。

今回はクラブフロア編となっています。

通常フロア編はコチラからご覧ください。

ANAインターコンチネンタルホテル東京宿泊記-クラブフロア編-

クラブフロアに泊まるなら、特典をちゃんと活かしたい!

という事で、この宿泊記は夏を少し過ぎた9月上旬頃になります。

早速、クラブフロアを予約。

ANAインターコンチネンタルホテル東京、クラブラウンジ

チェックインはロビーだと当然の様に凄い混み具合だったので、迷う事なくクラブラウンジへ

クラブラウンジは通常、客室のカードキーをかざさないと入室出来ないのですが、

運良く他のお客様が入室されたので、そのままクラブラウンジのフロントへ。

私はアンバサダー会員ですので、やはり気になるのはアップグレード

ANAインターコンチネンタルホテル東京のクラブフロアは1種類しか部屋の種類がありません。

つまり、アップグレードとなると、

自ずとジュニアスイート以上へのアップグレードの可能性が出てきます。

ただ、窓の向きでのアップグレードも有り得る為、確証もありませんが・・・。

私は運良くジュニアスイートへのアップグレードをしてもらう事が出来ました。

既にクラブラウンジではアフタヌーンティータイムが始まっていましたが、

まずは荷物を降ろす為に一端客室へと移動です。

クラブフロア・ジュニアスイートは丁度良い広さでゆったり出来る!

ジュニアスイートは入って右側にベッドルームとバスルーム、

左側がリビングスペースとなっており、滞在中の多くをこのリビングスペースで過ごしました。

客室には既にアンバサダー会員用のウェルカムスイーツが到着済み。

画像中央の小さな箱がウェルカムスイーツです。中身はケーキ2種を含めたスイーツ。

こういったプレゼントはどんなものでもあると嬉しいものです。

残念ながら特典変更が2019年に行われ、ウェルカムプレゼントはなくなってしまいました

代わりに現在は2,000円の飲食クレジットが利用出来る様になっています。

閑話休題。

引き出しを開けると、グラス等の備品がお目見え。

ワイングラスだけでなく、シャンパングラスもあるのが嬉しい点ですね。

シャンパングラスがあるホテルは都内でも意外と少ないんです。

次はワークデスクをチェック。

シンプルながら横長に広くて使いやすいです。

クラブフロアには2連泊だったので、

2泊目はずっと部屋にこもってこのデスクで仕事をしていました。

ANAインターコンチネンタルホテル東京

ベッドルームは特に書く事もないので省きまして・・・。

クラブフロアでは数少ないバスタブ付きのバスルーム!

翻ってバスルームもチェック。

バスアメニティに関してはかなり普通です。

固形石鹸を見る度に、完全に排除して、

バスアメニティ自体を良いブランドに変えてくれればいいのにといつも思います。

クラブフロアは基本的にシャワーブースのみなのですが、

ジュニアスイート以上はバスタブがちゃんとあります。

やはり一日の疲れを癒すにはバスタブに浸かるのって大事だと思います。

残念ながらバスソルトやブロアはないですが、ゆったり広々とバスタイムを過ごす事が出来す。

バスルーム内にクローゼットがあるのでそちらもチェック。

こちらも特に変わった点はありません。

個人的には傘があるのは意外と大きなポイントです。

確か、これはジュニアスイート以上でないと備え付けでは無かった気がします。

少なくとも後で出てくる通常フロアにはありませんでした。

というワケで駆け足ではありますが、ジュニアスイートの内部を確認し終え、

ノートPCを持ってクラブラウンジへ。

ANAインターコンチネンタルホテル東京クラブラウンジ-アフタヌーンティー-

ANAインターコンチネンタルホテル東京、クラブラウンジ

クラブラウンジへ向かうと、何やら会合らしい事をされている10名程の方々が。

平日で閑散期だから出来るクラブラウンジの利用の仕方な気がしますね。

さて、どこに座ろうかと思案していると、コンシェルジュの方が気付いてくださって窓側の席へ。

座ると共に

コンシェルジュ
コンシェルジュ

アフタヌーンティーは如何なさいますか?

と聞かれたので、

「いただきます。後、コーヒーもお願いします」

とお願いしました。

コンシェルジュ
コンシェルジュ

準備に多少お時間を頂戴しますので、

あちらからお好きなものもお楽しみください

と、ビュッフェ台も教えていただきました。

暫くするとアフタヌーンティーセットが登場。

ビュッフェ台にあるものをほぼ全種類持ってきてくださいました。

コンシェルジュの方はとても素敵な笑顔で、滞在中癒された事は言うまでもありません。

軽く仕事をこなし、お腹も満たされたところで、もう1つの特典を確認しに。

9月のガーデンプールはほぼ貸し切り状態!

そう!ガーデンプールです!

どうです?この空きっぷり。

多少曇天だったとは言え、ピーク時なら物凄く混むガーデンプールを文字通り独り占めです。

通常は1回入場4,000円掛かるのですが、

クラブフロア滞在中は回数を気にする事なく利用出来るそうです。

ANAインターコンチネンタルホテル東京に屋内プールはなくこのプールのみ

私はホテル滞在中、必ずジムやプールで運動するので、しっかりと泳いでいました。

ANAインターコンチネンタルホテル東京クラブラウンジ-イブニングカクテル-

ANAインターコンチネンタルホテル東京のクラブフロアに宿泊した際、

一番楽しみなのがこのイブニングカクテル。

プールを散々楽しんだ後、少し早めにクラブラウンジへとやってきました。

提供されるプレートセットは各レストランから1品ずつ支給される他、

ビュッフェ台にもフードがいくつか並びます。

絶品なものそうでないものがあるのは残念ですが、

各レストランの特色が分かるのは嬉しい点。

気に入ったレストランはチェックしておいて、

後日利用する、といった使い方も出来ますね。

そして、私が楽しみにしていたのはこのフードのプレートセットともう1つ。

写真こそ収めていませんが、カクテルをバーテンダーが作ってくれるのです。

無難なスタンダードカクテルをお願いしましたが、

しっかりとしたものを作ってくれます。

ギムレット、マティーニ、マンハッタンまで、

材料があるものなら何なりと作ってくれるのはとても嬉しいです。

こういったサービスは仮にあったとしてもあまり上手じゃない方が作ると、

美味しくなくて却ってガッカリしたりするのですが、

そんなガッカリとは全くの無縁。

私がこのホテルをお気に入りとした大きな要因でもありました。

イブニングカクテルは19:30までで終了。

お酒が好きな私はまだまだ飲み足りない為、ある場所へとお出掛け。それは・・・。

期間限定イベントのマム・シャンパンガーデン

ガーデンプールの脇では、

シャンパーニュブランドの「マム」協賛のイベントが開催されていました。

本来はガーデンプールからも利用出来るそうなのですが、上記をご覧の通りの閑散期。

プールへの入口は固く閉ざされており、ホテル外側からぐるっと回っての入場となりました。

私はシャンパンと言えばルイロデレールペリエジュエとほぼ決めていたのですが、

マムそのものは飲んだ事がありませんでした。

イブニングカクテルの際、通常は別銘柄の事も多いそうなのですが、

ガーデンプール営業時はもれなく泡物はマムが提供されているとの事。

いざ飲んでみると、非常に軽やかでさっぱりとしており、

ルイロデレールとはまた違った飲み易い、私好みなシャンパーニュでした。

帰り際にクラブフロアのコンシェルジュにマムが気に入りましたと話したところ、

シャンパンバーとこのイベントの事を教えてもらったので、足を運んだ、というワケだったのです。

コンシェルジュの柔軟さと情報力に感心し、またホテルの評価がグッとあがった瞬間でした。

9月。残暑が厳しいとはいえ、夜は流石に少し冷え込みます。

パラソルがありますが、陽射しの無い夜には特に関係なく、完全な野外。

周りのお客様も割とあたたかい格好をされていました。

一方、私はと言うと、クラブラウンジから直接来てしまった為に、上着等はない状態。

するとシャンパンと共に、

ひざ掛け代わりのマムのロゴが入ったタオルを持ってきてくださいました。

本来は水着でも楽しめるイベントだからタオルなのですが、

こういった使い方も面白くて良いですね。

ゆったりとシャンパーニュを楽しみました。

ショッピングアーケードのエノテカでスパークリングワインを調達

マムを楽しんだ後、部屋にシャンパングラスがあった事を思い出し、

ロビー階にあるショッピングアーケードへと向かいました。

ホテルのアーケード内にワインショップの「エノテカ」があるからです。

寝酒にハーフボトルを1本調達して部屋へと持ち帰り寝酒を楽しむ事にしました。

こうして、私のホテルでの夜は更けていったのでした。

ANAインターコンチネンタルホテル東京クラブラウンジ-朝食-

ホテルの朝食というものは、どうしてあんなにもワクワクするのでしょうか。

私はホテル3大不思議の1つとして提言したいと思っています。

ANAインターコンチネンタルホテル東京のクラブラウンジの朝食と言えば、

やはり有名なのは「ピエール・ガニェール」の朝食ではないでしょうか。

ただ、私には大好きな朝食があるのです。それが

エッグベネディクト

コンラッド東京で食べて以来、ホテルの朝食でメニューにあれば必ず注文する一品です。

今回も例に漏れず、「エッグベネディクト」を注文し、

また、このラウンジ1お気に入りとなった瓶詰ヨーグルトを早速平らげていました。

程なくしてエッグベネディクトが登場します。

ザ・スタンダードなエッグベネディクトでした。美味しくいただき大満足の朝食となりました。

チェックアウトもクラブラウンジで

ANAインターコンチネンタルホテル東京 クラブラウンジ

クラブフロアに宿泊した時の最後の特権はクラブラウンジにてチェックアウト出来る点です。

その中でも、ANAインターコンチネンタルホテル東京のチェックアウトは非常に優雅

フロントでチェックアウトの旨を告げると、座席へと案内されます。

チェックアウト前に、何かお飲み物はとたずねられ、

私はエスプレッソをお願いしました。

程なくして、チェックアウトの手続きが終了し、

エスプレッソもテーブルへと運ばれてきました。

最後の最後までゆったりと寛ぎながら過ごし、

楽しい気持ちのままに、私はホテルを後にしました。

ANAインターコンチネンタルホテル東京宿泊記-通常フロア編-

月日は流れ、今度は冬の滞在です。

すっかりANAインターコンチネンタルホテル東京が気に入った私は、

仕事が六本木周辺だった際に、羽を伸ばす為、迷わずホテルへの予約を入れたのでした。

宿泊当日、生憎の曇り空。雨がいつ振り出すかも判らない天気です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ana-interconti-tokyo16.jpg

ANAインターコンチネンタルホテル東京は

溜池山王駅からと六本木一丁目駅からアクセスが出来ます。

私は迷うことなく仕事を終えると六本木一丁目駅を選択。

溜池山王駅からだと13出口から出れば、

ほぼ目の前がホテルなのですが、屋根がありません。

一方、六本木一丁目駅からだとアークヒルズ内や屋根がある通路を通る事が出来る為、

雨に降られても濡れる事なくホテルまで辿り着く事が出来るのです。

ホテルへと到着し、早速チェックイン手続きを。

通常フロアは相変わらず並びますが、運よくそこまで待たずに済みました。

実はアンバサダー会員は専用の受付があるのですが、

それはチェックアウト時に知る事になります。

今回もアップグレードが行われ、

「クラシックルーム」から「エグゼクティブデラックス」に。

ANAインターコンチネンタルホテル東京 エグゼクティブデラックス

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ana-interconti-tokyo17.jpg

アップグレードとは言っても、客室の広さはほぼ変わりません。

高階層だったり、ソファーがあったりと、細かいところが数点違う程度でしょうか。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ana-interconti-tokyo18.jpg

今回も既にウェルカムアメニティが到着済み。

いつもはスイーツを選択しているのですが、

設定するのを忘れていて、フルーツが置かれていました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ana-interconti-tokyo19.jpg

フルーツの質は割と良いもので、夜にお酒のお供として食べる事に。

こういったウェルカムフルーツの質って、結構大事だと私は思っています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ana-interconti-tokyo20.jpg

使い方が結局全く分からなかったオーディオシステム。

説明書が欲しいと思わざるを得ませんでした。

恐らくこれもエグゼクティブデラックス以上にしかない備品だと思います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ana-interconti-tokyo21.jpg

最低限のものしか用意されていないクローゼット。

スイートには傘があったり、タンスがあったりと様々な点で差別化が計られていますね。

ただ、必要十分なので、別段困る事も少ないかと思います。

通常フロアでは自由に過ごす!

クラブラウンジが利用出来ると、「折角だから」と、どうしても立ち寄りたくなります。

通常フロアはクラブラウンジがない分、

逆に考えればクラブラウンジに縛られず自由に過ごす事が出来ます。

今回、私が通常フロアを選択したのも、「自由に過ごしたい」が一番の理由です。

ANAインターコンチネンタルホテル東京の隣にはアークヒルズがあり、

施設内には様々なお店が揃っています。

ホテルから離れるのは億劫ですが、

近隣施設ならふらっと立ち寄る事が出来る為、非常に便利です。

今回私には行きたいお店がありました。それは・・・

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: kanekohannosuke01.jpg

日本橋の有名店「金子半之助」です。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、こちらのお店。

日本橋店はあの界隈でも屈指の超人気店で、並ばずに入れる事はほぼありません。

そんなお店が赤坂アークヒルズ内に出店した事を知り、時間をずらせば入れるのでは?

と思い、今回絶対に立ち寄ろうと決めていたのです。

私の読み通り、チェックイン後の16時前後に行くと、お客さんはほぼいません。

少し早めの夕食を、お目当ての金子半之助で取る事が出来て大満足でした。

仕事をしたり、バーへ行ったり、部屋でワインを飲んだり・・・

早めの夕食を終え、また部屋へと戻ってきました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ana-interconti-tokyo22.jpg

もう少し仕事をする事にしましょう。

スタンダードなワークデスクは仕事が捗りました。

出張で訪れる方も多くいらっしゃるでしょうし、

ワークデスクが使いやすいのは嬉しい限りだと思います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ana-interconti-tokyo23.jpg
画像出典:ホテル公式HP

その後、フロントでのチェックイン時にウェルカムチケットを貰っていたことを思い出し、

メインバー「ダビンチ」へ。

早い時間ならチャージも不要、飲み物代もウェルカムチケットで相殺される為、無料で楽しみました。

その後、またエノテカへと立ち寄り、スパークリングワインを買って部屋へと戻り、

フルーツを食べながらお酒を飲む優雅な時間を過ごし、一日を終えました。

朝ご飯はホテルではなく・・・?

今回は素泊まりなプランで予約している為、朝食は付いていません。

さてどうしようかなと思案しながらホテルのホームページを覗いてみると、

気になるキャンペーンを発見しました。

これは願ってもないチャンスです!

朝食はホテルではなく、軽く済ませる事を決意し、ホテルを後にします。

向かった先はアークヒルズ1階の成城石井。

ちょっと贅沢な朝食を買うには最適なスーパーです。

幾つか気になる食べ物と飲み物を買って部屋へと戻り、頬張りながら仕事をします。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ana-interconti-tokyo24.jpg
画像出典:ホテル公式HP

その後、ランチ前にフィットネスジムで運動です。

こちらのジムはマシンが使いやすく広さも割とある為、柔軟するスペースも十分なので有難いですね。

ただ、ロッカールームに身支度用品が皆無なのはガッカリポイント。

そういった点を見てしまうと、色んな良からぬ想像をしてしまいそうになりますね・・・。

ザ・ステーキハウスのハンバーガーは美味!時折お得に楽しめるチャンスも!

部屋に戻ってシャワーで汗を流し、仕事をしているとあっという間にランチの時間帯に。

私はこの時を待っていました!

丁度、私が宿泊していた時期に期間限定のキャンペーンが行われていました。

それはなんと、3階にある「ザ・ステーキハウス」、

そこで提供されているハンバーガーが何と全品半額でテイクアウト出来るというもの!

ネットでの事前予約且つ、会計は事前払いのみで、注文した後はお店へと取りにいくだけ。

嬉しい事に注文は当日でも大丈夫だったので迷う事なく予約です。

指定の時間にお店へ伺って名前を告げ、10分前後、お店近くの椅子で待っていると、

程なくしてお店の方が手提げ袋に入ったハンバーガーを持ってきてくださいました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ana-interconti-tokyo25.jpg

美味しいハンバーガーが半額で楽しめたのは嬉しい限りです。

お腹も満たされ、大満足でチェックアウトをし、ホテルを後にしました。

まとめ

  • クラブフロアはゆっくり過ごせる時に是非!
  • クラブラウンジを含め、様々な特典を楽しむ事が大切!
  • 通常フロアは予め目的を立てると楽しさも倍増!
  • イレギュラーな予定変更がある場合も、通常フロアなら気兼ねなく対応出来る!
  • 近隣施設が充実しているなら、敢えて通常フロアを予約するのも十分あり!

ANAインターコンチネンタルホテル東京のクラブフロアはおこもりステイに持ってこい!

クラブフロアに宿泊する際、私は予めゆったり出来る様にスケジュールを組んでいます。

クラブラウンジを利用するのは勿論、様々な特典をしっかり利用したその上で、

イベント事があったら参加してみたりとその日にしか体験出来ないものを楽しめる様にです。

ANAインターコンチネンタルホテル東京のクラブラウンジは、

絢爛豪華というワケではありませんが、

全体的に見ても都内のクラブラウンジではトップクラスに素晴らしいと思います。

特にIHGアンバサダーの週末無料宿泊券を利用した滞在は、

お得度も高く、最高の滞在になる事間違いなしです!

通常フロアでの宿泊は、全て自分で選択出来るのが最大の利点!

急な予定変更があっても、「特典を活かせなかった!」と悔やむ事はありません。

予めやりたい事や行きたいスポットを決めておけば、

ホテルをホテルとして使うのではなく、

まるで別邸の様な使い方が出来、こちらはこちらで得難い1日になります。


私は、クラブフロアで宿泊して気に入ったホテルであれば、

通常フロアでも宿泊する事が多いです。

通常フロアで、クラブフロアとは別の使い方が見つかれば、

次回クラブフロアへ滞在する時に、

通常フロア滞在時の要素を取り入れる事も容易だからです。

逆にクラブフロアが好みでなかったホテルは、

通常フロアへ宿泊する事もほぼありません。

理由は単純で、クラブフロアが好みでなければ、

通常フロア滞在時に、クラブフロア滞在時を上回る楽しい滞在になる確率はかなり低いからです。

クラブフロアは自分とホテルの相性を計るにも非常に有用だと私は思っています。

皆様はどんなホテルでの過ごし方をなさっているでしょうか。

是非、私にも、皆様拘りの楽しい過ごし方を教えてくださいませ。

これからも、皆様が楽しいホテルライフを送れる事を心から願っております!

コメント

error: