[伊豆マリオットホテル修善寺]ラフォーレリゾート修善寺のメインホテル。昔ながらのリゾート地でマリオットに泊まる!

クラブラウンジが使えるホテル会員で最もおすすめのホテルグループは?もしくは実際に利用しているホテルグループは?

読み込み中 ... 読み込み中 ...
画像出典:ホテル公式HP

修善寺の奥地にあるマリオットホテル。

良く晴れた日なら富士山を望む事も出来、遠くに見える街の灯りがなんとも美しい。

温泉、ゴルフ、その他様々なアクティビティも楽しめるラフォーレリゾート修善寺のメインホテルです。

伊豆マリオットホテル修善寺

スポンサーリンク

ホテル概要

項目概要
開業年2017年(リブランド)
客室数128室
チェックイン15:00~
チェックアウト11:00~
駐車場〇屋外159台 (滞在中無料)

伊豆マリオットホテル修善寺の会員制度はコチラから

スポンサーリンク

客室

画像出典:ホテル公式HP

通常フロアのみで「スーペリア」「温泉付きスーペリア」「和室」「和洋室」「温泉露天風呂付きデラックス」

「温泉露天風呂付きプレミア」「ドッグフレンドリー」の7種類。

各種スイートは「ジュニアスイート」「エグゼクティブスイート」の2種類です。

最もリーズナブルでスタンダードなスーペリアは約31㎡とまずまずな広さ。

リゾートホテルとしては若干狭いかもしれません。

リニューアルされているので、調度品や内装はかなりスタイリッシュです。

画像出典:ホテル公式HP

一番豪華なエグゼクティブスイートは98.7㎡とかなりの広さを誇ります。

贅沢なリビングルームの他、テラス側にはホテル自慢の温泉露天風呂がしっかり完備。

雄大な伊豆の景色を温泉に浸かりながらゆったりと眺める事が出来ます。

アメニティは各フロア・部屋共通です。

基礎化粧品セット(クレンジング・乳液・化粧水)はありませんので、予め持参する事をおすすめします。

通常フロア
アメニティバスタオル
フェイスタオル
ハンドタオル
バスマット
シャンプー
コンディショナー
ボディウォッシュ
石鹸
ボディスポンジ
歯ブラシ
コットンセット
シャワーキャップ
シェーバー
シェービングフォーム
ボックスティッシュ
ヘアブラシ
スリッパ
浴衣
コーヒー
紅茶
緑茶
梅茶
サービスターンダウンサービス(上級会員のみ)
スポンサーリンク

レストラン

レストランは1つのみ。

ルームサービスは7:00~22:00まで。レストランの営業時間と同じですね。

Grill&Dining G

画像出典:ホテル公式HP

ホテル唯一のレストラン。オールデイダイニングでもあり、ホテルラウンジの役割も果たします。

168席と、客席数はかなり多いで。席間も割と広めにとられている印象。

朝食は7:00~11:00。11:00まで朝食が開催されているホテルは意外と少ないので、

ゆったりと朝の準備をしてからでも間に合うのは嬉しいですね。

朝食は17:00++~。やはりメインは3,500円のビュッフェ。

ランチはありませんが、ラウンジエリア等でアラカルトを楽しむ事が出来ます。

マリオットホテルではお馴染みのマリオットバーガーの他、伊豆いのししバーガー等変わり種も。

他にも割とリーズナブルに楽しめるアラカルトメニューもあるので、ランチ利用も安心です。

ディナーは6,000円++~のビュッフェやコース料理がメイン。

かなりボリューミーなメイン料理だけでなく、

ビュッフェもついてくるので、お腹いっぱい食べる事が出来ます。

少食な方には多すぎる程のボリュームなので、アラカルトも選択肢に入れてみる事もおすすめします。

MEMBERS DINE MOREの対象レストランですので、お得に楽しめるのも〇。

今の所 MEMBERS DINE MORE を利用するのが一番リーズナブルに楽しめるはずですので、

忘れずに申請しましょう!

スポンサーリンク

温泉・スパ・フィットネス・プール

1階には温泉があり大浴場と水着着用エリアの2つにわかれています。

画像出典:ホテル公式HP

水着着用エリアは西洋風な内装が特徴的。ゆったり寛ぐもよし、景色を見るも良し。

それぞれの楽しみ方でゆったりと寛ぐ事が出来ます。温水プール代わりとして利用される方も多い様です。

画像出典:ホテル公式HP

一方、温泉エリアはどこか昔懐かしい感じがするシンプルな温泉です。

こちらも景色が楽しめるので、思わず長風呂してしまいそうですね。

他にも、1階には「フィットネスセンター」「岩盤浴」があります。

画像出典:ホテル公式HP

フィットネスセンターはやや旧式のマシンが並びます。広さもそこまで広くありません。

マシンも数は多くなく、最低限のものなので、軽く運動する程度に。

宿泊者は無料で利用する事が出来ます。

画像出典:ホテル公式HP

一方岩盤浴は45分で540円の有料。

高級ホテルでは岩盤浴があるのはかなり珍しいですね。

予約制ですので、希望の時間帯がある方は早めに予約をする方が無難です。

  • 大浴場:6:00~10:00、11:00~24:00
  • 水着着用エリア:10:00~22:00
  • フィットネスセンター:24時間利用可
  • 岩盤浴:11:00~21:45
スポンサーリンク

その他施設&サービス

  • 1階・ショップ
    営業時間8:00~21:00
    飲み物やフードだけでなく、伊豆の名産品等お土産を買う事も出来ます。
  • 1階・キッズルーム
    営業時間8:00~21:00
    お子様達が楽しめる絵本やブロック等遊び道具が多数あります。
    スタッフは常駐ではないので、お子様と遊び、休憩する場所として

ラフォーレリゾート修善寺

1976年開業の総合リゾート。

カントリークラブを筆頭に、テニスコートや体育館、更にはサウナも備えた温泉大浴場「森の湯」まで。

季節毎のアクティビティも多数用意されており、広大な自然ならではの楽しみ方が出来ます。

リゾート内では送迎バスが運行しており、他施設に行く時も容易です。

特にレストランやBBQ利用の際には重宝しますね。

スポンサーリンク

まとめ

ラフォーレからのリブランド。

ハイライトはやはり温泉付きの客室になるかと思います。

ホテル側も売りにしており、対象の客室も多い為、予約時はまずチェックしたいところです。

価格帯も温泉付きの客室としては割とリーズナブルに予約出来るのは〇。

ラフォーレの面影がそこかしこに残っている為、マリオットらしさがあまりないのも特徴的。

どこか懐かしさを感じるホテルがお好きな方には嬉しいかもしれません。

何と言っても移動手段の乏しさが致命的。

送迎バスはありますが1時間に1本のみです。

ですので、訪れる際は是非お車でお越しになる事をおすすめします。

マリオットらしさがない点は悪い面としても受け取る事が出来、

高級感がやや足りない割に、シーズン次第では価格帯がちょっと高いかなという印象。

個人的にはカップルやご夫婦でゆったりするよりは、

ご家族で、様々なアクティビティや付帯施設を存分に利用し、沢山ご飯を食べ、

沢山温泉に浸かり、大満足で眠りにつく。

そんな使い方が相応しいホテルではないかと思います。

コメント