[シェラトン都ホテル大阪]大阪にある老舗ホテル。特に出張時には使いやすい設備とサービスです。

ホテルアンケート
どんなホテルのイベントなら参加したいですか?(回答追加も可能です)
  • 回答を追加する
画像出典:ホテル公式HP

大阪上本町駅のすぐ側と言いますか、駅直結のホテルです。

シェラトンとしては10年、ホテルとしては30年以上の歴史があります。

客室数も膨大で、観光だけでなくビジネスにも適しています。

2018~19年に掛けて客室が全面改装され、

シェラトン都ホテル大阪

スポンサーリンク

ホテル概要

項目概要
開業年2007年(リニューアル)
客室数579室
チェックイン15時~
チェックアウト12時~
駐車場〇屋内900台
(1泊1,000円)

シェラトン都ホテル大阪の会員制度はコチラから

スポンサーリンク

客室

通常フロアはリニューアルに伴い、フロア名や客室名が変更になりました。

「コンフォート」「シェラトン」「プレミアム」の3種類に分かれています。

コンフォートフロアは「コンフォート」「コンフォートプレミアム」の2種類、

シェラトンフロアは「プレミアム」「プレミアムキング」

「プレミアムシェラトンスーパーキング」の3種類です。

プレミアムフロアは「プレミアムスタンダード」「プレミアムデラックス」の2種類。

クラブフロアは全ての部屋がスイートルームになっています。

「シェラトンジュニアスイート」「プレミアムシェラトンスイート」

「ロイヤルスイート」「インペリアルスイート」の4種類です。

シェラトンジュニアスイートの一部の部屋は、

シェラトンフロアと同じ階層に位置していますが、サービスはクラブフロアと同じです。

画像出典:ホテル公式HP

最もスタンダードな客室となるコンフォートルームは広さ24㎡とやや手狭。

利便性を高め機能的に利用出来る様に意識して作られているそうです。

画像出典:ホテル公式HP

最上級スイートの1つを担うインペリアルスイートともなれば広さは133㎡。

リビングルームはとても広々としており、バスルームもかなり贅沢な空間が取られています。

キッチンも完備されている為、ちょっとしたパーティにも利用出来ますね。

アメニティは各フロア・部屋で多少差異がある程度です。

基礎化粧品セット(クレンジング・乳液・化粧水)も在庫があれば別途リクエスト出来ます。

通常フロアクラブフロア
アメニティ
  • ハブラシ
  • ヒゲソリ
  • ヘアブラシ
  • クシ
  • 綿棒
  • シャワーキャップ
  • シャンプー
  • リンス
  • ボディソープ
  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • ナイトウェア
  • パイルスリッパ
  • ハブラシ
  • ヒゲソリ
  • ヘアブラシ
  • クシ
  • コットンセット
  • シャワーキャップ
  • 石鹸
  • バスザイム
  • シャンプー
  • リンス
  • シャワージェル
  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • ウォッシュタオル
  • ナイトウェア
  • パイルスリッパ
サービス
  • ターンダウンサービス
    (要リクエスト)
  • ターンダウンサービス
    (要リクエスト)
スポンサーリンク

クラブフロア「シェラトンクラブフロア」

クラブフロアに関してはコチラの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

レストラン

レストランはバーも含め、全店かなりの広さです。

ルームサービスは24時間対応と至れり尽くせりです。

レストラン&ラウンジ eu(ゆう)

画像出典:ホテル公式HP

ホテルの2階にあるオールデイダイニングレストラン。ラウンジの役割も担っています。

営業時間は06:30~24:00。ラウンジとしては10:00~閉店までとなっています。

席数はレストランが120席、ラウンジが70席と広大です。個室も3室完備されています。

客室数の事を考えると朝食時は若干頼りない気も。

朝食ビュッフェは2,700円と、割とリーズナブルな価格帯。コンチネンタルであれば1,750円です。

ランチはかなりお手頃となっており、平日限定のウィークデーランチなら1,800円とお手頃。

拘りのシェフランチであっても3,100円と、ホテルランチとしてはかなりお値打ちです。

ディナーもプリフィクスディナーがあり、4,600円~とこれもホテルディナーとしてはかなりリーズナブル。

勿論、本格的なコースは10,300円と通常の価格帯ですので、状況や気分に合わせて使い分けを。

また、ラウンジの役割も果たしている為、アフタヌーンティーセットもあります。

3,300円と、こちらもホテルアフタヌーンティーとしてはまずまずの価格帯。

品数がやや控え目ですが、コーヒーやブレンドティーがフリーフローで楽しめるので、

ゆったりとお茶をする事が出来ます。

MEMBERS DINE MOREの対象レストランでもあるので、ランチやディナーは更にお得に楽しめます。

また、昼夜問わずお得なプランも豊富に用意されており、こちらも要チェックです。

ディナーやランチは割引率30%を優に超える等、絶対見逃す手はありません。

中国料理 四川

画像出典:ホテル公式HP

3階にある中国料理店。

営業時間はランチとディナー。ディナーは21:00終了と少し早めです。

席数は87席。その他個室が4室完備されています。

ランチは平日限定のウィークデーランチが2,100円と、これまたリーズナブルな価格帯。

通常のランチであっても3,500円~なので、まだまだ気軽に利用出来る価格帯だと思います。

一方ディナーはプリフィクスディナーの5,100円~と、こちらもそれなりに使いやすい価格帯。

プリフィクスディナーとは言え、かなりボリューミーなので少食の方なら十分過ぎる程。

個人的にはアラカルトの担々麵もおすすめしたいところ。

勿論MEMBERS DINE MOREの対象レストランとなっているので更にお得に楽しむ事が出来ます。

割引プランも多数存在し、その多くが、乾杯用のドリンクがついて、更に通常よりもお得な価格と言う事なし。

ポイントの獲得が宿泊時でないと10ポイントまでとなっているので、

宿泊の有無でコチラのプランの利用を決めてもいいかと思います。

日本料理 うえまち

画像出典:ホテル公式HP

3階にある日本料理店。

営業時間は朝食も含め、昼食、夕食も対応。

席数は62席の他、カウンター12席、個室5室も完備です。

カウンターは寿司と天麩羅のどちらか、もしくは両方楽しめる一風変わったカウンター席となっています。

朝食は3,000円で、ご飯もしくは御粥が楽しめます。

ホテルの和食朝食としては割と標準的な価格帯。品数も豊富で朝から贅沢な気持ちになれます。

昼食は平日限定の2,800円のお膳をはじめ、1万円を超える会席料理まで幅広く用意。

個人的なおすすめは押し寿司も楽しめる握りランチ。

夕食は4,500円~ですが、6,500円の懐石等もあり、こちらも幅広い価格帯。

MEMBERS DINE MOREの対象レストランですので、忘れずに申請を。

こちらも、割引率30%超えのプランが沢山あり、特にランチはかなりお得に楽しめる為、

プラチナエリート以上の方であっても宿泊時でなければコチラのプランの方がお得な可能性が高いです。

バイキング&カクテルラウンジ トップオブミヤコ

画像出典:ホテル公式HP

21階のホテル最上階にあるカクテルラウンジ。

バイキングと名のつく通り、ランチやディナーでビュッフェを開催しています。

営業時間はランチの11:30~15:00、ディナーが17:30~21:00。

カクテルラウンジが17:00~23:00となっています。

ビュッフェが134席、カクテルラウンジが20席となっています。

ランチは3,200円とホテルのランチビュッフェとしては標準的な価格帯。

ただ、有難い事にソフトドリンクがフリーフローとなっています。

ディナーは4,900円でディナービュッフェとしてはややお手頃な価格帯と言えるのではないでしょうか。

ランチと同じくソフトドリンクがフリーフローとなっています。

カクテルラウンジは席数こそ少ないですが、最上階らしい景色を堪能出来る窓側の席もあります。

勿論カウンターでオシャレに飲むのも良いですね。

ビュッフェでお腹いっぱいになった後、そのままカクテルラウンジへ移行すれば、

移動時間がほぼなしでお休み前のカクテルまで楽しめちゃいます。

MEMBERS DINE MOREの対象レストランとなっていますので、ビュッフェ、ラウンジ共にお得に。

こちらはランチ時にお得なプランが多く、中には40%オフ超えの割引プランも。

ランチ利用をお考えの方は、チェックしないワケにはいきませんね!

バー eu(ゆう)

画像出典:ホテル公式HP

2階にあるホテルのメインバー。

営業時間は17:00~24:00となっています。

席数は58席と、ホテルのメインバーとしては席数がかなり豊富。

柔らかい灯りと落ち着いた雰囲気が、老舗ホテルのバーらしい風格を保っています。

以前はフリーフローを開催していましたが、現在は木曜限定・女性限定のフリーフローが中心に。

3,200円でオリジナルカクテルを心行くまで堪能出来ます。

MEMBERS DINE MOREには残念ながら非対象レストランとなっていますが、

MEMBERS DINE MOREは変更が多い制度なので、一応お尋ねしてみる事をおすすめします。

嬉しいことに、お得度の高いプランが多数あり、食事付きのフリーフローは50%オフに近い等、

予約して利用するなら絶対に見逃す手はありません。是非チェックを。

カフェ&グルメショップ カフェベル

画像出典:ホテル公式HP

M2階にあるカフェ。

営業時間が8:00~20:00と朝の早い時間帯からも営業しています。

軽いモーニング程度で良ければ、こちらですと500円で楽しめてしまいます。

ランチやブランチにもぴったりなサンドイッチや各種パン、スイーツはテイクアウト可能。

お部屋で食べるも良し、帰りの移動中に食べるも良し。

美味しいものが揃っているので、個人的なおすすめスポットの1つです。

なんと嬉しいことにMEMBERS DINE MOREの対象レストランとなっています。

ただ、割引は10$以上からなので、上手く10$を超える様にお買い物なさってくださいね。

スポンサーリンク

フィットネス・プール

5階には、「都ヘルスクラブ」があります。

中には、プール、フィットネスがまとまって点在します。

画像出典:ホテル公式HP

プール、フィットネスは宿泊者ならプールは1,080円で、

シェイプアップルーム(ジム)&サウナ・浴室は3,240円で利用する事が出来ます。

プールは25mが6コースと、ホテル屋内プールとしては素晴らしい広さを誇ります。

画像出典:ホテル公式HP

2019年5月20日には24時間利用出来るフィットネスジムが地下1階に誕生しました。

テクノジム社のマシンが導入され、

マリオット系列ホテルらしく24時間いつでも利用出来る様になったのは嬉しい限り。

やはり朝食前に運動したい方もいらっしゃいますからね。

サウナ・浴室も割とゆったりと作られており、お値段はそこそこしますが、

その分ゆっくり寛ぐには中々良い施設となっています。

  • サウナ・浴室:11時~22時
  • プール:8時~21時
  • ジム:24時間利用可
スポンサーリンク

その他施設&サービス

  • 3階:ヤマノビューティウェルネス 山野愛子美容室(10時~19時)
    ホテル内にスパがない変わりにコチラがそのスパ代わりを担当してくれます。
    スパの他、ハンド&ネイルケア等、美容室らしいサービスを受けられます。
  • 地下1階:美容室 RON RON CHAT(10時~20時)月曜定休
    こちらは、ホテル地下にある美容院です。近隣であれば日常的にも利用出来ますね。
  • 2階:ドラッグストア(8時~22時)
    ホテル内にあるドラッグストアとしては、かなり遅い時間まで営業していて、
    急に必要な物が出来た際、かなり重宝します。
    コンタクトレンズのケア用品等は忘れやすい物ですし、
    それを現地調達出来るのは有難いですね。

他にも、地下1階にはお好み焼き屋、居酒屋、豆腐料理等飲食店が、
2階には各種ブティックが、3・4階には衣装室や写真室が入店しています。

スポンサーリンク

まとめ

駅直結なので、利便性は抜群です。

客室数が多い為、常に煩雑な雰囲気はありますが、出張の拠点にするには丁度良いかもしれません。

遅くまで営業しているホテル内ドラッグストアや、

地下1階に営業しているレストランアベニューも、出張時には嬉しい店舗です。

各ホテル内レストランも、ホテルとしては比較的リーズナブルなお店が多く、

評判の良いお店が揃っている為、長期であっても安心です。

クラブフロアは全室がスイートとやや変わっていますが、

基本的にはアメニティの一部とクラブラウンジが利用出来る事くらいです。

そのクラブラウンジも、サービスはこれと言って特筆すべき点がない為、

あくまでスイートルームのおまけ程度に受け取っておく方が無難です。

また、流石にホテル自体は30年を超える歴史がある為、設備の経年劣化は気になる所。

個人的には、ホテルライフを満喫しにいくホテルとしてではなく、

出張時や、近隣で用事がある際の拠点代わりに使うのが一番おすすめの使い方です。

コメント