近日中にホテルイベントのニュースをスタートします。

[アマン東京]アマン国内第一号。一度滞在すれば虜になってしまうホスピタリティの高さは必見。

ホテルアンケート
当サイトにどんな情報があると嬉しいですか?
  • 回答を追加する

アマングループ27番目にして初の都市型ホテル。そして国内初のアマンブランドホテルです。

大手町の上層階に集約された客室とレストラン。

東京を、日本を、四季を。その全てを感じられる寛ぎの空間です。

アマン東京

スポンサーリンク

ホテル概要

項目概要
開業年2014年
客室数84室
チェックイン15:00~
チェックアウト12:00~
駐車場〇屋内80台
(1泊5,000円)
バレーサービス有
(2,000円)
スポンサーリンク

アマン東京の客室

通常フロアのみ。3種類です。

「デラックス」「デラックスパレスガーデンビュー」「プレミア」

各種スイートは3種類

「スイート」「コーナースイート」「アマンスイート」

アメニティは各フロア・部屋共通です。

基礎化粧品セット(クレンジング・乳液・化粧水)はありません。

フィットネスの方には備え付けられています。

アマン東京で最も優れていると言えば、筆頭にあがるのが豪華な客室です。

最も狭い部屋であっても71㎡もの広さを誇り、

洗面台(ベイシン)は2つと非常にゆったりとしたバススペースはとても快適です。

 通常フロア
アメニティ
  • タオル・バスタオル
  • バスローブ
  • ハミガキセット
  • シャンプー・リンス
  • ボディソープ・石鹸
  • 髭剃り
  • ボディタオル(スポンジ)
  • シャワージェル
  • 綿棒
  • コットン
  • くし・ブラシ
  • ドライヤー
  • ナイトウェア
  • スリッパ
サービス
  • ターンダウンサービス
  • シューシャインサービス
スポンサーリンク

アマン東京のレストラン

レストランは1階と33階・34階に分かれています。

1階には「ザ・カフェbyアマン」が、

33階には「ザ・ラウンジbyアマン」「アルヴァ」が、

34階には2018年10月に「武蔵 by アマン」があります。

ルームサービスは24時間対応。

ザ・カフェbyアマン

大手町タワーの1階に位置する、アマン東京のカジュアルフレンチ。

ランチは心地よい陽射しと都会とは思えない森の中でゆったりと。

ディナーはライトアップされ、幻想的な一面も見せてくれます。

クレープやガレットが代表的なメニューです。

やや価格帯が高めなので、まずはランチでお試ししてみては如何でしょうか。

ザ・ラウンジ by アマン

吹き抜けと広い空間でのびのびと寛げるアマン東京自慢のラウンジ。

都内ホテルでも珍しいシガー専用のスペースが設けられています。

バーラウンジなので、アフタヌーンティーや軽食を楽しむ事も出来ます。

オリジナルのマティーニやモヒートもあり、カウンターはホテルバーらしい雰囲気も。

アルヴァ

アマン東京のメインレストランでもあり、イタリア料理を手頃な価格で楽しめます。

スタンダードな料理から、伝統料理まで、アマンならではの雰囲気と共に堪能出来ます。

アマン東京内でも割と手頃にランチやディナーを楽しめるので、

気軽にアマン東京を味わうにも打ってつけです。

武蔵 by アマン

2018年10月にオープンした新レストラン。

青山にある有名鮨店が満を持してアマン東京に出店。

メニューは25,000円のお任せ握りのみ。

名店の味を隠れ家の様なスペースで楽しみ。

贅の極みがそこにあります。

スポンサーリンク

アマン東京のスパ・フィットネス・プール・大浴場

34階には、「アマン・スパ」があります。

中には、スパ、プール、フィットネスがまとまって点在します。

更に、大浴場も完備しています。

プール、フィットネス、大浴場は宿泊者なら無料で利用する事が出来ます。

各種ウェアは無料でレンタル可能ですが、水着は販売のみです。

プールは全長30m、幅6mと十分な広さです。

利用される方も多くないのでゆったり自分の身体を見つめる事が出来ます。

ロッカールームには身支度品も十分に用意されています。

フィットネスやプールだけでなく、朝の身支度にも利用出来る為、非常に便利です。

  • スパ:10:00~22:00
  • フィットネス:6:30~22:00
  • プール:6:30~22:00
スポンサーリンク

アマン東京のその他施設&サービス

  • 人力車サービス
    不定期ではありますが、人力車のサービスも行っています。
    皇居周辺をグルリと回るコースで、約1万円程。
    人力車としては割と一般的な価格帯になっています。
スポンサーリンク

アマン東京のまとめ

素晴らしいホスピタリティを誇るアマンの名に恥じないホテル。

どちらかと言えば海外のホテルらしいかもしれません。

こちらのリクエストにはしっかり応えてくれますし、

ちょっとしたサービスや気の利いたおもてなしもしてくれます。

ハード面では、文句をつける事が難しいですし、(お部屋に基礎化粧品は欲しいですが)

大浴場も満喫出来るので、ゆったりするには抜群です。

ソフト面も、細やかな気遣いがあるので、全体で見れば素晴らしいです。

価格帯はやはり高いですが、ホテル滞在で不満を抱く事はほぼないと思います。

アマンの魅力に取りつかれる方が多くいらっしゃるのも納得です。

一方、レストランに関しては残念ながらイマイチと言わざるを得ません。

特にラウンジに関してはブラックアフタヌーンティー、

バータイム共におすすめ出来るレベルではないと思います。

滞在時と比較すると、ホスピタリティの高さは全く感じられませんし、

アフタヌーンティーもこれといった絶品はなく、価格帯を考えるとやや厳しい。

バータイムに至っては、価格帯が都内ホテルバーではトップクラスに高いですし、

近隣に素晴らしいホテルバーが多数ある為、態々利用する程ではないと思います。

ホテルとレストランを別物だと考えるのは容易いですが、それではあまりにも勿体ない。

レストランも、ホテル本体と同じくらいに素晴らしい場所になる事を切と願います。

コメント