ホテルレビューやイベント掲載、お仕事に関してはこちら

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC テラス&ラウンジが魅力のハイビジネスホテル!

スポンサーリンク
ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

JR両国駅から徒歩数分。

両国リバーセンターを内包する建物に、このホテルは誕生しました。

それが、今回宿泊する

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

2020年11月開業したばかり。

ゲートホテルでは通算4件目、東京では3件目となるホテルです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC シンプルでスマートなハイビジネスホテル

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

両国駅から徒歩3分程。

割と利便性の良い場所にこのゲートホテルはあります。

両国リバーセンターの発着場にもなっているので、

近くまで足を運んだことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

1階エントランスの壁は様々な貝のモチーフが飾られています。

1階エレベーターからもホテルへ入場出来ますが、フロントは2階ですので、

まずはエスカレーターを上って2階へと向かいましょう。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

エスカレーターを降りて左手には水上バスのチケット売り場が、

そして右手にはゲートホテル両国のフロントエントランスがあります。

と、その前に翻ってみましょうか。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

両国といったらやっぱりコレ。

両国国技館。

相撲やイベントがない時は、基本的に門が固く閉ざされています。

さて、それではフロントでチェックインしましょう。

前回宿泊したゲートホテル東京のチェックインとほぼ変わりません。

ただ、付帯施設の説明をこちらはしっかり行ってくれるので、

フロントコンシェルジュのサービス意識は割と高めです。

今回はそれなりに稼働率が高かった様子で、残念ながらアップグレードは無し。

とはいえ、高階層の客室にアサインしてくれました。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

エレベーターは全3基。

最上階でも9階と、階数自体が多くない為、割と待つ時間は少なくて済みます。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

建物自体が横長な建物で、両サイドに客室があります。

基本的にランクの低い客室は両国国技館側、

ランクの高い客室は隅田川側の客室になることが多いです。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC オーセンティック ダブル コンパクトでシンプルな客室

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

今回予約したのはオーセンティックダブル。

客室ランクとしては下から2番目です。

広さは21㎡とハイビジネスホテルとしては少しだけ広い程度。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

まずはクローゼット部から見ていきましょう。

扉が無い為アクセスは容易です。

ハンガーは柔らかいものも含めて、必要最低限。

バゲッジラックもこちらに収納されています。

他にはシューミット、靴ベラ、洋服ブラシに使い捨てスリッパも。

棚等はないので、荷物がある場合は少し困るかもしれません。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

お次はミニバーを見ていきましょう。

ゲートホテルは共通してネスプレッソが導入されています。

カプセルもゲートホテル東京と共通でルンゴが2種類2つずつ。

ミネラルウォーターも2本用意されています。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

下段はいくつか引き出しがついていて、ルームアメニティが収納されています。

一番下はセキュリティボックス、左側は冷蔵庫となっています。

右側の引き出しを見てみましょう。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

まず上段はグラスとコーヒーカップが収納されています。

コーヒーカップは初期設定のルンゴを淹れるのに丁度いいサイズ。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

アクリル製のアイスペールと湯沸かしポット。

これもゲートホテル東京にもあったものですね。

ルームアメニティは共通のものが多いですね。

氷は各階のエレベーターホール近くにアイスディスペンサーが備わっています。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

今回はオーセンティックルームなので、ユニットバスタイプです。

写真には写っていませんが、

ゲートホテルは全室バスルームにレインシャワーがついています。

バスタブは少し手狭な広さ。

足をゆったり伸ばして入る事は出来ないので、快適なバスタイムとは言えません。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

ゲートホテルはバスアメニティもほぼ共通です。

ダージリンの香りがするシャンプー、コンディショナー、ボディソープはボトルで。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

他のバスアメニティもほぼ共通です。

バスソルトもハンドクリームもしっかりと完備。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

バスタオルも含め、タオルは必要十分です。

ハイビジネスホテルにはほぼ必ず備わっている物干し用のワイヤーがあるので、

タオルを干すのも楽々です。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC オーセンティック ダブル 狭いながらも2人で寛げるベッドエリアに。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

次はベッドエリアを見ていきましょう。

調度品や備品が少ないので、それなりに広く感じます。

加湿空気清浄機にはお水が既にたっぷり補充されており、

コンセントも繋がっていました。

かなり乾燥し易い客室の様で、滞在中は2回、お水を補充しました。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

テレビは壁掛けで42型と大きさも十分。

チャンネル数の少なさも他のゲートホテルと共通です。

この辺りはハイビジネスホテルらしい部分ですね。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

ハイビジネスホテルのこういった客室では珍しく、

テーブルとイスが2脚あり、ベッド以外でも2人で寛ぐことが出来ます。

イスは座席部分だけがクルクルと回る様になっています。

この回転がとてもスムーズ。

椅子本体はかなり重いですが、使い勝手は良いです。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

今回はダブルベッドルーム。

ベッドはキングサイズで十分な広さがあります。

ゲートホテル共通のナイトウェアは、上下に分かれるタイプ。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

ルームコントローラーは向かって右側に集約。

新しいホテルなのでUSBジャックも勿論完備してます。

最後に外の景色を見ることにしましょう。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

両国国技館のほぼ全景を捉える事が出来る絶好の客室。

この角度で両国国技館を見られるのは数少ないのではないでしょうか。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

日が落ちると両国国技館は闇に包まれます。

時間が経つと周辺の建物の電気も落ち、更に真っ暗になっていきます。

ザ・ゲートホテル両国 by HULIC

少し向きを変えると、JR両国駅のホーム全体も眺める事が出来ます。

夜になっても、この両国駅ホームだけは煌々と灯っています。

ただ、このJR両国駅は気になるポイントも。

と言うのも、東京方面の電車は良いのですが、

千葉方面の電車がホームに入ってくると、

高い確率で電車の騒音が耳に入ってくるのです。

かなり大きめな音の場合もあり、気になる方は相当厳しいと思います。

騒音が気になる方は予め静かなお部屋をリクエストする事を強くおすすめします。

コメント

error:Content is protected !!