横浜ベイホテル東急のGOOD・BADレビューまとめ

どんなレビュー・口コミを一番参考にしますか?
出典:一休.com

開業20年を迎え、その確かなサービスは固定ファンも多いです。

みなとみらい駅に隣接しており、利便性も抜群。

バルコニー付きの部屋が多く、コスモワールドを間近に感じる事が出来ます。

横浜ベイホテル東急

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホテル概要

項目概要
開業年2013年(リブランド)
客室数480室
チェックイン14時~
チェックアウト11時~
駐車場△クイーンズパーキング屋内1700台
(1泊1,550円)

横浜ベイホテル東急の会員制度はコチラから

クラブフロアに関してはコチラの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

GOODレビューまとめ

GOODさん
GOODさん

コスパがそこそこ良い!

レストランは朝食含め、中々高評価!

クラブフロアは快適!

コンシェルジュのサービスは概ね良好!

スポンサーリンク

BADレビューまとめ

BADさん
BADさん

チェックイン・アウトが混む・・・

クラブラウンジの質はイマヒトツ・・・

経年劣化はやや気になる・・・

特別感には欠ける・・・

スポンサーリンク

BAD滞在にならない為には?

客室が480室と多い為、チェックイン・アウトはやはり混雑します。

チェックインが14:00~と他のホテルより1時間早い為か、

14:00~14:30くらいは割とスムーズにチェックイン出来る事が多いです。

が、それ以降はやはり混雑するので、しっかり14:00前後にチェックインするか

16:00以降のチェックインがオススメ。

勿論、クラブフロアならそれを楽々回避する事が出来ます。

クラブラウンジの質は、主にフードの種類が不満要因だと思われます。

特別感は少な目で、朝食を含め、全時間帯共通して、その様な印象かもしれません。

代わりといってはなんですが、それもあって、全時間帯、混雑は控え目。

ゆっくりしたい方には打ってつけのクラブラウンジだと思います。

クラブフロアと通常フロアを過ごし方次第で上手に使い分ける事をおすすめします。

経年劣化に関しては、細かなリニューアルは頑張ってやってくれている様です。

ベッドサイドの設備改良は強く熱望したいところですね。

最後の特別感に関しては、恐らくこの横浜ベイホテル東急自体が、

そういったイベント毎があまり得意ではないのでしょう。

記念日に宿泊しても、細やかなプレゼントがもらえる程度です。

これは、インルームダイニングに関しても同じで、

プレゼンテーションがあまり上手くありません。

ただ、サービス自体はしっかりしてくれるので、

自分で色々と工夫すれば特別感を演出するお手伝いはちゃんとこなしてくれます。

例えば、インルームダイニングでサプライズをしたい場合、

予めプレゼント等のタイミングを相談しておけば、しっかりとその通り遂行してくれます。

スポンサーリンク

おすすめのホテルステイ

出典:一休.com

一時期みなとみらいに来る度に宿泊していたホテルなので、私の愛着も一塩。

おすすめのホテルステイは、やはりクラブフロアを予約するところから始まります。

宿泊当日は勿論14:00丁度にホテルへ。

そこまでフロントが混雑している事もないですが、

折角なのでクラブラウンジでチェックインしましょう!

カードセキリュティがある為、ロビーフロント付近のコンシェルジュに一声掛けて、

エレベーターのセキュリティを解除して貰わなければクラブラウンジに行けません。

クラブラウンジでチェックイン手続きを済ませたら、

そのままラウンジで寛いでも良いですし、一旦お部屋に荷物を置いても良いですね。

混雑していなければ、コンシェルジュがお部屋までしっかりアテンドしてくれます。

クラブラウンジはマカロンやパウンドケーキ等のスイーツが極少数。

アフタヌーンティーとしてはイマイチですが、その分ゆったりとしています。

寛ぐには最高ですので、のんびりしましょう。

その後はみなとみらい観光に出掛けてみては如何でしょうか。

クイーンズスクエアでウィンドウショッピングをするだけでも楽しいですし、

何かとイベントが開催されている事も多いです。

カクテルタイムは17:30~スタートという事だけお忘れなく。

ホテルへと戻ってきたら、カクテルタイムを楽しみましょう。

ここからはお酒が飲めるか否かでおすすめの過ごし方が少し変わります。

お酒が飲める方の私のおすすめは、ディナーを少し早めに外で取り、

後はホテルへ戻ってきてクラブラウンジでゆったりお酒を飲む過ごし方。

小腹に丁度良いフードが基本なので、おつまみには最適です。

また、夜景を見るにも中々良いクラブラウンジなので、それも併せて楽しみましょう。

お酒が飲めない方なら、早めにカクテルタイムを楽しみ、

粗方楽しんだ後はディナーへ出掛けてしまう過ごし方。

カクテルタイムを初めに楽しんでおけば、損をした気分にもならないですし、

クラブラウンジの雰囲気もしっかり楽しめますしね。

ディナーはホテルレストランは勿論の事、周辺に沢山ありますのでお好きな場所で。

翌朝、朝食もクラブラウンジでいただきましょう。

品数はカフェ・トスカの方が圧倒的に多いですが、混雑がやはり気になります。

クラブラウンジも多少混み合いますが、割とゆったり楽しめます。

お目当てはメゾンカイザーのパン!これに尽きます。

後は、お好きなものをお好きなだけ楽しみましょう。

チェックアウトは11:00。

少しだけ早めにクラブラウンジへ荷物を持って出向き、

チェックアウトをしつつ、最後にお茶とお茶菓子を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

出典:一休.com

みなとみらいを代表するホテルの1つ。

長年パンパシフィックホテルの名前で愛されていた為、

現在でもパンパシの愛称で呼ぶ方も多いです。

クラブフロアは、ラウンジも質素で、質自体は高くありません。

また、プールは外部委託の為、制限時間もあり、価格も高めと、

気軽に利用出来ない点は残念。

レストランはどのレストランも高いレベルのサービスや料理が楽しめます。

こちらのホテルで何より素晴らしいのはコンシェルジュの方々。

ホテルの固定ファンはそのコンシェルジュ達のサービスの素晴らしさ、

ソフト面に惚れ込んだ方が多いのではないでしょうか。

何を隠そう、筆者もその一人で、

みなとみらいで泊まる場合はほぼ必ずこちらのホテルを予約しています。

特にクラブフロアのコンシェルジュは、みなとみらいでも屈指の素晴らしさで、

筆者がこちらのホテルを選択する最大の理由です。

上記に特別感を求める事は避けた方が良いと記載しましたが、

逆に考えると、それ以外のサービスレベルは、

価格帯を考えるとトップクラスに素晴らしいです。

得手不得手がはっきりしている為、却って使い勝手は良いと私は思っています。

コメント