[インターコンチネンタルホテル大阪]グランフロント大阪の高級ホテル。トップクラスの宿泊費に見合う魅力がここにはあります。

アンケート

ホテルを選ぶ際に大事な要素は?(複数回答可)

読み込み中 ... 読み込み中 ...

2013年開業。グランフロント大阪内にホテル施設が点在しています。
大阪市内ではトップクラスの価格帯ながらも、固定ファンも既に多く、
インターコンチネンタルホテルの国内サービスの変革期の中心にもなっている
旗艦的存在なホテルです。

インターコンチネンタルホテル大阪

スポンサーリンク

ホテル概要

項目 概要
開業年 2013年
客室数 272室
チェックイン 15時~
チェックアウト 11時~
駐車場 〇屋内61台
(1泊3,800円)
バレーサービス有

インターコンチネンタルホテル大阪の会員制度はコチラから

[IHG・ANA・ホテルズグループジャパン]IHGリワーズクラブ( IHG Rewards Club)
 フラグシップになる「インターコンチネンタルホテル」を中心に リゾートを中心としたシティホテル「ANAクラウンプラザホテル」 ...

インターコンチネンタルホテル大阪の有料会員制度はコチラから

[IHG]インターコンチネンタル アンバサダー
フラグシップであり、最上級のおもてなしが受けられる 「インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ」 このインターコンチネ...

客室

通常フロアは4種類。
「デラックスダブル」「デラックスツイン」
「デラックスダブルビュー」「プレミアムダブル」

クラブフロアは2種類。
「クラブインターコンチネンタルツイン」「クラブインターコンチネンタルダブル」

各種スイートは2種類。
「クラブインターコンチネンタルコーナースイート」
「クラブインターコンチネンタルエグゼクティブスイート」

他に長期滞在用のレジデンスルームがあり、
利用者がいない場合は開放される事もあります。

アメニティは各フロア・部屋ほぼ共通です。
基礎化粧品セット(クレンジング・乳液・化粧水)も別途リクエスト出来ます。

通常フロア・クラブフロア
アメニティ
  • バスアメニティ「アグラリア」
    (シャンプー・コンディショナー・
    バスジェル・ソープ)
  • バスソルト
  • デンタルキット
  • ブラシ
  • シェービングキット
  • ソーイングセット
  • タオル
  • スリッパ
  • ヘアゴム
  • シューミット
  • バスローブ
  • ミネラルウォーター
  • エスプレッソマシーン
サービス
  • ターンダウンサービス
    (17:00~21:00)

クラブフロア「クラブフロア」

クラブフロアに関してはコチラの記事をご覧ください。

「クラブフロア・エグゼクティブフロア」~大阪~2
ホテルによっては、高階層に特別階と呼ばれるフロアが存在します。それが、 「クラブフロア・エグゼクティブフロア」です。 ...

レストラン

レストランはバーやフレンチ、パティスリーとホテルらしいラインナップです。
20階には「フレンチレストラン Pierre」「NOKA Roast & Grill」
「バー adee」「ラウンジ 3-60」が、
1階には「パティスリー STRESSED」があります。
ルームサービスは24時間対応。

その中から、
「バー adee」
のフリーフローをご紹介します。

「バー adee」フリーフロー

時間:17:00~19:00 入店から1.5時間後L.O 席は2時間制
料金:5,500円(税・サービス料込)
メニュー:乾杯用シャンパン1杯、
ウィスキー、赤・白ワイン、ビール、カクテル、ソフトドリンク、フリーフロー
前菜盛合せ、選択可能なメイン料理1品、デザート盛合せ付き

他優待との併用不可
その他キャンペーンメニューやフード類は通常価格


豊富なワインリストや種類豊富なカクテルを楽しめる「バー adee」のフリーフローです。
夕暮れから夜に掛けて変化する大阪の街並みや淀川の景色は、
この立地と高階層ならではです。
バーのフリーフローとしては、カクテルも対象になっているのが嬉しい点。
王道のマティーニをはじめ、伝統的なスタイルに則ったモスコミュール、
ホテルオリジナルのシグネチャーカクテルも一部お願い出来るので、
滞在時間中は様々なカクテルを楽しまれる事をおすすめします。
フードもメイン料理を1品選べるので、割と満足出来るボリュームになっています。
季節によって様々ですが、やはり夕方、
日が沈みかけた辺りの時間帯に入店するのが一番おすすめです。

スパ・フィットネス・プール

4階には、「スパ&フィットネスフロア」があります。
中には、スパ、プール、フィットネスがまとまって点在します。
スパ施設は2018年6月6日にリニューアルオープンされ、
身体だけでなく心まで安らぎを与えるトリートメントが受けられる様に。

プール、フィットネスは宿泊者なら無料で利用する事が出来ます。
各種ウェア・水着はレンタルも可能です。
嬉しい事に、レンタル品も全て無料で借りる事が出来ます。
手ぶらで訪れてトレーニングが出来るのは嬉しいですね。
プールは20mが3コースと十分な広さです。
時間帯や利用者次第で、1レーンはフィットネス会員限定となる場合もあります。
ホテルの入浴施設としては珍しく、旅館を彷彿とさせる日本式の浴場も完備。
サウナ、ジェットバス等の設備も完備されており、身支度品も十分に用意されています。
フィットネスやプールだけでなく、朝の身支度にも利用出来る為、非常に便利です。

  • スパ:11:00~22:00
  • フィットネス:7:00~22:00
  • プール:7:00~22:00
  • 入浴施設:7:00~22:00

その他施設&サービス

  • グランフロント大阪
    ホテルがあるグランフロント大阪はショッピング施設やレストラン施設も充実しています。
    ホテルがある北館は勿論、南館にも大小様々な施設があるので、
    滞在時に少しお散歩してみるのも楽しいのではないでしょうか。
    コンビニもあるのですが、21時閉店と通常のコンビニとは違う為、その点は要注意です。

各種宴会場やチャペル等のウェディングサロンもしっかり完備。
長期滞在用のレジデンスサービスもあるので、出張にも利用出来ます。

まとめ

大阪の新名所、グランフロント大阪内のホテル。
開業5年とまだまだ新規のホテルですが、既に多くのファンを獲得しています。
クラブフロアは開業直後と比べると若干サービス縮小があり、
特にカクテルタイムのアラカルトサービスが無くなったのは残念な限り。
しかし、シャンパンサービス等は依然引き継がれている為、
特別感はしっかりと保たれています。
また、朝食もクラブフロアラウンジとしてはかなりしっかりとしている上、
喧噪を避けてゆっくり食べる事が出来るのも素晴らしいです。
フィットネス施設がレンタル品も含めて全て無料な為、
態々トレーニングウェアや水着を持っていかなくても楽しめるのは嬉しい点。
夏場はプールが混み合う事は残念ですが、
早めの時間帯であれば割とゆったり楽しむ事も出来ます。
多数のレストラン群も、20階の高階層で景色は言う事なし。
その中で、「バー adee」は大人なムードがありながらも、
割とカジュアルに利用出来る内装が絶妙なバランスを取っており、
個人的にインターコンチネンタルホテル大阪でも一番好きなスポット。
ホテルバーとしては割と遅い時間まで営業してくれているので、
レストランで食事を終え、最後の1杯を楽しむ際でも十分な時間があります。
インターコンチネンタル特有の欠点は幾つかありますが、
それを差し引いても魅力的なホテルである事は間違いありません。
大阪でもトップクラスの価格帯を誇るホテルな為気軽に泊まる事は出来ませんが、
もし宿泊する際は存分にホテルライフを満喫する事をおすすめ致します。

インターコンチネンタルホテル大阪
楽天トラベル一休じゃらんるるぶJTB

TOP