[ザ・リッツ・カールトン沖縄]国内リッツ初のリゾートホテル。時間を忘れてどうぞごゆっくり。

アンケート

お気に入りのクラブフロアはありますか?(複数投票可)

読み込み中 ... 読み込み中 ...

那覇空港からは車で75分、空港リムジンバスで2時間程です。
様々なアクティビティと屋外プールをはじめとする充実な設備。
ゆったりとした時間が流れるリゾートホテルです。

ザ・リッツ・カールトン沖縄

スポンサーリンク

ホテル概要

項目 概要
開業年 2012年(リブランド後)
客室数 97室
チェックイン 15時~
チェックアウト 12時~
駐車場 〇屋内108台
バレーサービス有
(無料)

ザ・リッツ・カールトン沖縄の会員制度はコチラから

[ザ・リッツ・カールトン]リッツ・カールトン・リワード
マリオットは新会員プログラムに移行しています。 新会員プログラムはコチラから。 日本国内には東京、京都、大阪、沖縄に1つ...

客室

客室は通常フロアのみです。
「デラックス」「ベイデラックス」「プレミアデラックス」「カバナ」の4種類。
スイートは「プレジデンシャルスイート」「ザ・リッツ・カールトンスイート」の2種類。
アメニティは各部屋共通です。
基礎化粧品セット(クレンジング・乳液・化粧水)も別途リクエスト出来ます。

通常フロア
アメニティ
  • 「アスプレイ」バスアメニティ一式
  • ラベンダーバスポーチ
  • ボディータオル
  • ヘチマスポンジ
  • シャワーキャップ
  • コットンパフ
  • 綿棒
  • ヘアバンド
  • ハブラシ
  • 爪みがき
  • くし
  • シェービングフォーム
  • レザー
  • シューポリッシャー
  • シューシャインミット
  • ソーイングキット
  • ミネラルウォーター
  • スリッパ
  • プール用パーカー
  • バスローブ
  • ネスプレッソ
サービス
  • ターンダウンサービス
  • シューシャインサービス

レストラン

レストランは標準的なラインナップ。
4階には「ザ・バー」が、
3階にはイタリアンレストラン「ちゅらぬうじ」、鉄板焼き「喜瀬」、
ダイニング「グスク」、「ザ・ロビーラウンジ」が、
スパ棟プールサイドには「ライブラリー」があります。
ルームサービスは24時間対応。

スパ・フィットネス・プール

スパ棟には、「ザ・リッツ・カールトン スパ by ESPA」があります。
中には、スパ、プール、フィットネスがまとまって点在します。
各種プール、フィットネスは宿泊者なら無料で利用する事が出来ます。
各種ウェア・水着はレンタルがないので、持参する方が無難です。
屋内プールは17mとやや狭い印象。トレーニングには不向きです。
水と戯れたり、プールサイドでゆったりするのがオススメ。
温浴施設もあります。

  • スパ:9時~21時
  • フィットネス:24時間利用可
  • 屋内プール:9時~21時
  • 屋外プール:8時から夕暮れまで(4月~10月のみ営業)

その他施設&サービス

  • 3階:ブティック
    工芸品やお土産等がホテル内で幅広く揃うショップです。
  • 様々なアクティビティ
    沖縄のリゾートらしく、アクティビティも充実しています。
    ゴルフや工芸品作り等の他、ホテル内での料理教室やカクテル体験等、
    時期に合わせて様々です。

まとめ

リッツカールトンらしい安定したサービスが魅力的です。
スパを受けるのは専用のスパ棟であったりと、
リゾート感とラグジュアリー感が高まる造りになっているのは嬉しい点。
お部屋は出来るだけ高階層なお部屋をオススメします。
低階層だと、思っている以上に景色が楽しめない造りなので要注意です。
ホテルでゆったりされるのが好きな方や、
ゴルフをされる方には絶好のホテルになっています。
ホテルのサービスや雰囲気がご自身に合えば、
このホテル以上に快適なホテルも中々ないです。
プライベートビーチはあるのですが、やや離れているので気軽に行けないのは残念。
そもそも海近くではないのでマリンスポーツ等を楽しむにはやや不便です。
各種レストランのディナーのコスパがやや悪いのは気になる点。
また、足回りが悪い為、気軽に出掛けるのも中々億劫なのは難点です。

ザ・リッツ・カールトン沖縄
楽天トラベル一休じゃらんるるぶJTB

TOP