[ザ・リッツ・カールトン東京]国内2つ目のリッツカールトン。極上のおもてなしを是非。

アンケート

貴方が一番良く利用するホテルグループはどれですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

六本木駅からは地下通路で直結、徒歩5分程。六本木ミッドタウン内にあります。
国内2つ目のリッツはまさに高級ホテルらしい佇まい。
トレードマークのライオンが、貴方の帰りを待っています。

ザ・リッツ・カールトン東京

スポンサーリンク

ホテル概要

項目 概要
開業年 2007年
客室数 245室
チェックイン 15時~
チェックアウト 12時~
駐車場 〇56台
バレーサービス
(1泊6,000円)

ザ・リッツ・カールトン東京の会員制度はコチラから

[ザ・リッツ・カールトン]リッツ・カールトン・リワード
日本国内には東京、京都、大阪、沖縄に1つずつ、 計4つのホテルを構える代表的ホテルグループ 「ザ・リッツ・カールトン」 こ...

客室

通常フロアは景色によって名前の付け方が違います。
新宿側の「デラックス」、皇居外苑側の「トーキョーデラックス」
東京タワー側の「タワーデラックス」の3種類です。
特別フロアは、「デラックス」「タワーデラックス」の2種類です。
リッツカールトン東京はスイートルームが非常に充実しています。
まず、通常フロアに属するスイートから。
「カールトンスイート」「タワースイート」「ミレニアスイート」
「エグゼクティブスイート」の4種類。
特別フロアに属するスイートは、
「ザ・リッツ・カールトンスイート」「プレジデンシャルスイート」
「クラブカールトンスイート」「クラブタワースイート」
「クラブミレニアスイート」「クラブエグゼクティブスイート」
「モダンジャパニーズスイート」の7種類。
アメニティは通常フロア・特別フロアでほぼ差異がありません。
基礎化粧品セット(クレンジングや乳液等)は別途有料になります。

通常フロア・特別フロア
アメニティ
  • 「アスプレイ」バスアメニティ一式
  • バスローブ
  • パジャマ
  • コーヒー
  • 紅茶
  • ミネラルウォーター
  • 歯ブラシ
  • 髭剃り
  • ヘアブラシ
  • 綿棒
サービス
  • ターンダウンサービス

特別フロアのみ

  • シューシャインサービス

特別フロア「ザ・リッツカールトンクラブレベル」

特別フロアに関してはコチラの記事をご覧ください。

ホテルinホテル「クラブフロア・エグゼクティブフロア」~東京~1
ホテルによっては、高階層に特別階と呼ばれるフロアが存在します。それが、 「クラブフロア・エグゼクティブフロア」です。 通...

レストラン

レストランは1店舗を除いて45階に集結しています。
45階にはフレンチダイニング「アジュール フォーティーファイブ」、
モダンビストロ「タワーズ」、会席・寿司・鉄板焼き・天ぷら「ひのきざか」、
「ザ・ロビーラウンジ」、「ザ・バー」が、
1階には「ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ」があります。
ルームサービスは24時間対応。

その中から、
「ザ・ロビーラウンジ」
のハッピーアワー&フリーフローをご紹介します。

「ザ・ロビーラウンジ」ハッピーアワー&フリーフロー

時間:18:00~19:00 90分間フリーフロー
料金:5,000円(税・サービス料・チャージ料込)
メニュー:ワイン(赤・白・泡)、生ビール、カクテル、ソフトドリンク他、
カナッペ3種のフード付き

他優待との併用不可
その他キャンペーンメニューやフード類は通常価格


ロビーと同じ45階に位置するラウンジ&バー。
最近のホテルらしく、全面禁煙になっています。
全65席と、席数も十分。席間も割と広めに取られているのでゆったり寛げます。
このプランでは、ちょっとしたフードと、
ワインやカクテルのフリードリンクが楽しめます。
また、20時からは生演奏が楽しめ、そのチャージ料が2,500円掛かるのですが、
このプランで遅い時間に来店すれば、そのチャージ料も免除されます。
実質2,500円でフリーフローが楽しめる訳です。
そう考えると、価格もかなり安く感じられるはず。
何と言っても、リッツカールトン内のラウンジですので、
非日常的な空間なのは間違いなしです。

スパ・フィットネス・プール

46階には、「スパ&フィットネス」があります。
中には、スパ、プール、フィットネスがまとまって点在します。
プール、フィットネスは宿泊者なら無料で利用する事が出来ます。
各種ウェア・水着はレンタルも可能です。
(シャツ・ショートパンツ・シューズ、水着は各648円)
プールは20mが4コースと十分な広さです。
その内1レーンはフィットネス会員専用となっています。
サウナや温浴施設は有料で5,400円です。
この温浴施設は様々なアメニティも常備されている為、朝の身支度にも最適です。

  • スパ:10時~20時30分
  • フィットネス:7時~22時
  • プール:7時~22時

その他施設&サービス

まとめ

六本木に居を構えるリッツカールトン東京。
東京タワーや皇居、天気が良ければ富士山も望める高階層は素晴らしいの一言。
ミッドタウン内にある為、商業施設や周辺を散歩するのも一興です。
フィットネスやプールもしっかりと完備されており、
プールは絶景を楽しみながらジャグジーでゆったりする事も出来る為オススメです。
筆者としては、やはり思い入れのある特別フロアは外せません。
シャンパンが復活したのは良いのですが、依然サービスの低下は目につきます。
また、特別フロアの価格帯は都内でも最高額に近い7万を軽く超えます。
仮にコスパを度外視したとしても、気軽にオススメ出来る特別フロアではありません。
リッツカールトンの各種本を読破し、メモする程、筆者はリッツカールトンが好きなので、
やはり自信を持ってオススメ出来る特別フロアになって欲しいと強く思います。
リッツカールトンらしさは通常フロアでも存分に感じられると思いますので、
是非、一度体感してもらえればと思います。
そして、是非、筆者に感想をお聞かせ願えればと思います。

ザ・リッツ・カールトン東京
一休JTB


TOP