[イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古]国内2つ目のラグジュアリーコレクション。ラグジュアリーな空間にうっとり。

クラブラウンジが使えるホテル会員で最もおすすめのホテルグループは?もしくは実際に利用しているホテルグループは?

読み込み中 ... 読み込み中 ...
画像出典:一休.com

沖縄半島から300㎞も離れた美しい自然豊かな島、伊良部島。

宮古島から橋を渡った海岸線沿いに、このリゾートホテルは位置しています。

客室は僅か58室。贅沢な空間とプライベート感、そして海沿いならではの光景があなたを待っています。

2018年12月にオープンしたばかり。国内2つ目のラグジュアリーコレクションホテルです。

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古

スポンサーリンク

ホテル概要

項目概要
開業年2018年
客室数58室
チェックイン15時
チェックアウト12時
駐車場49台

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古の会員制度はコチラ

スポンサーリンク

客室

画像出典:一休.com

通常フロアのみで「オーシャンビュー」「アッパーオーシャンビュー」がの2つが通常ルーム。

スイートルームは「ガーデンジュニアスイート with プール」「オーシャンフロント ジュニアスイート」

「オーシャンビューコーナージュニアスイート」「オーシャンビューコーナーアクセシブルジュニアスイート」

「オーシャンフロントコーナージュニアスイート」「ガーデンコーナースイートwithプール」

「イラフコーラルスイート」「ミヤコガーデンスイートwithプール」。

他にドッグフレンドリールームが「ドッグフレンドリー」

「ドッグフレンドリーコーナージュニアスイート」の2つ。

一番スタンダードなオーシャンビュールームでも45㎡とリゾートホテルらしい広さ。

一番スタンダードでもオーシャンビューなのがこのホテル最大の特徴ですね。

画像出典:公式HP

そして何と言っても、「withプール」と名が付いた客室には、専用のプライベートプール付き。

海を感じながら、プールに浸ったり、ソファーに寝転がったりと、自分だけの空間を満喫出来ます。

アメニティは各部屋でほぼ共通です。

残念ながらスキンケアセット等はないので、持参が必須となっています。

通常フロア
アメニティ歯ブラシ
綿棒
カミソリ
ヘアブラシ
ボディソープ
石鹸
シャンプー
コンディショナー
ナイトウェア
バスローブ
各種タオル
バスアメニティ(REMEDE)
マウスウォッシュ
スリッパ
ネスプレッソ
サービスターンダウンサービス
スポンサーリンク

レストラン

レストランはリゾートホテルとしては珍しく1つのみ。

その代わりと言ってはなんですが、ルームサービスは24時間対応です。

TIN’IN

画像出典:一休.com

ホテル唯一のダイニング。店名は宮古の言葉で、空と海を表すのだそう。

窓から見える空と海。正しくこのお店を体現していますね。

唯一のダイニングなので、勿論オールデイダイニングとして利用出来ます。

朝食・ランチは、こういったリゾートホテルとしては割と良心的な価格帯に。

流石にディナーはリゾートらしい価格になりますが、おこもりステイを考えるなら一度は味わいたいですね。

MEMBERS DINE MOREの対象レストランですので、会員の方は是非お得に楽しむ為に申請を。

スポンサーリンク

スパ・フィットネス・プール

リゾートホテルといえばやはりスパ!

「SUI SPA」では、東洋医学の考えを用いた心と身体の調和を中心としたスパメニューを受けられます。

画像出典:公式HP

価格帯としても一般的な高級ホテルのスパと殆ど変わらないのも嬉しい点。

春から秋は屋外プールの利用も出来ます。

画像出典:一休.com

長さが19m弱しかない為、トレーニングにはやや不向き。

折角のリゾートですから、そこはプールにゆったりと使って寛いだり癒しをメインに。

フィットネスセンターは24時間利用出来ます。

設備としてはかなり控え目なので、軽く運動する程度がおすすめです。

備品はしっかり揃っているので、朝や夕方の軽い運動にはぴったりだと思います。

プール・フィットネスジムはどちらも宿泊者なら無料で利用する事が出来ます。

  • SUI SPA:11:00~22:00
  • 屋外プール:4月~10月9:00~18:00
  • フィットネスセンター:24時間利用可能
スポンサーリンク

その他

沖縄のリゾートホテルらしく、ホテルでは様々なアクティビティが用意されています。

早朝ヨガの様な無料で参加出来るものから、

ちょっとお高いですが、特別感高まるプライベートサンセットクルーズまで、

季節によって様々なアクティビティに挑戦・利用する事が出来ます。

スポンサーリンク

まとめ

伊良部島でのリゾートホテル、しかもマリオット系列ともなれば、否が応でも期待が膨らみます。

開業したてな為、まだまだ発展途上の印象もありますが、評判は上々。

自然あふれる恵まれた立地、プライベート感を重視した客室数と施設。

1泊だけでは体感しきれない魅力がこのホテルにはあるかと思います。

宿泊費は繁忙期とそれ以外で差がかなり大きく、お手頃な時は3万円代で宿泊する事も出来ますが、

週末や繁忙期は6万円代後半からのスタートになる為、中々な出費に。

滞在中も、何かと要りようになるのは間違いなく、渡航費も考えるとやはり悩ましいかもしれません。

ただ、ゆったりとホテルでおこもりステイをしたいなと考えていらっしゃるなら一考の価値あり。

お得な時期を見計らってお試しで2泊程すれば、十分に魅力を感じられるかと思います。

1点でも気に入る何かがあれば、毎年足を運びたくなる稀有なホテルになるかもしれません。

コメント