ザ・リッツ・カールトン日光 ブログ風宿泊記①-リッツ初!温泉のあるリッツカールトン日光は最高だった!

どんなレビュー・口コミを一番参考にしますか?

今回、滞在したのは7月15日に開業したばかり。

「ザ・リッツ・カールトン日光」

金谷ホテルと双璧を成していた、日光レークサイドホテル跡地に建った、

国内5軒目のリッツカールトンホテルです。

何と言ってもハイライトはリッツ・カールトン初となる温泉施設。

勿論、他にも様々な魅力が詰まっています。

早速エントランスへ向かいましょう。

スポンサーリンク

リッツカールトン日光・レセプション&フロント

今回はバスでの来訪となります。

バス停の名前も「ザ・リッツ・カールトン日光」

となっているので非常に判り易いです。

バス停からトコトコ歩いて玄関まで向かいます。

車でお越しの際に鳴らされるらしい銅鑼。

ただ実際に鳴らしてる所は見られませんでしたし、

今後も多分鳴らされる事は少ない気がしますね。

こういうのは雰囲気ですから!

因みに、鳴らすと割と大きな音がしっかりと鳴るとのこと。

既に多くの方がレセプション前に集まっています。

ホテリエも私達ゲストもしっかりマスク装備。

ソーシャルディスタンスもちゃんと守っています。

手が空いたホテリエに話掛け、早速フロントへと案内して貰います。

と、入館する前に検温と消毒を。

新型コロナウィルス渦中ですから、この辺りは抜かりなく。

エントランスから入ると、左手のやや隠れた場所にフロントがあります。

チェックイン待ちの方が沢山いらっしゃいますので、

私もソファーに腰掛けて待つ事に。

ちょっと周りを見渡してみましょうか。

テーブルには可愛らしい盆栽。

こういうのが置いてあるだけでも不思議と高揚しますね。

テーブルはスベスベで触り心地が良いです。

ちょっとした中庭があるのも素敵ですね。

葉っぱが既に赤みがかっているものも。

待ち時間にボンヤリと眺めるには最適です。

この板の向こう側がフロントになっています。

私の様なチェックイン待ちのゲストが座っている場所からは見えなくなっており、

プライバシーを重要視している事が伺えます。

この辺りの調度品の説明も聞きたかったところではありますが、

コンシェルジュの方々は皆さん忙しそうだったので今回は遠慮しておきました。

因みにこの板の裏側は・・・

この様に棚となっており、調度品や書物、

そしてリッツカールトン日光で販売されているグッズが展示されています。

フロントデスクと距離が近いので、全面写真を収める事は叶いませんでした。

流石にお仕事の邪魔をするワケにもいかないですしね。

程なくして、コンシェルジュがいらっしゃってお部屋への案内に。

どうやらフロントで手続きする場合もあれば、

そのまま客室での手続きになる事もある様です。

私を担当してくださったのは何とリッツ・カールトン東京に在籍している方。

主にレギュラーフロアのフロントを担当されているとの事だったので、

何度かお目に掛かっているかもしれません。

開業から数日から数週間、

ヘルプで数名がリッツ東京から派遣されているとの事でした。

流石にまだ緊張なさっている様子ではありましたが、丁寧な接客で好感が持てました。

それでは早速客室へ案内して貰いましょう!

スポンサーリンク

リッツカールトン日光の客室へ!

エレベーターは全てカードキーをかざすと自動的に階数が選択されるタイプ。

セキュリティはバッチリです。

が・・・。

このエレベーターのカードキータッチパネルはものすごく反応が悪い・・・。

これはアテンドしてくれたコンシェルジュもちょっと困っていました。

滞在中も1回で反応する場合もあれば、全然反応してくれない事も・・・。

その内、苦情出るんじゃないかなぁと思いつつ、エレベーターホールへと進みます。

各階、エレベーターホールは大体共通してこんな感じかと思います。

テーブルの上の盆栽や花はどうも定期的に入れ替わる様子。

1日目と2日目で違うものが置かれていました。

小さな変化ではありますが、拘りを感じさせてくれるので嬉しいですね。

因みにホテルは5階建てなのですが、

2階はフロア自体が無く、3~5階が客室となっています。

さて、エレベーターホールから出て廊下を進みます。

非常ベルすらオシャレに見える廊下。

全体的に質感は高いです。

左手の窓からの景色は道路側になっているので景色はイマイチ。

場所によっては星野リゾート 界 日光の建物がちょっとだけ見切れます。

では、客室へと入りましょう!

鹿沼組子にインスパイアを受けた木細工が目を引きます。

客室の多くにこの組子の様な細工が施されており、旅館の雰囲気も感じさせます。

玄関には下駄のセットと腰掛けが準備されていました。

腰掛けのサイドには靴ベラも。

この下駄は後述する温泉施設への行き帰りのみに利用出来るものです。

館内ならこれで歩いても流石に怒られないとは思いますが、

この時期ですし出来るだけ温泉への行き帰りのみに限定した方が良さそうです。

何故ホテルの客室なのに玄関という表現を使ったかと言いますと、

ちゃんと小上がりになっているからです。

コンシェルジュに思わず、

「これは、靴を脱いで上がった方が良いですよね?」

と尋ねますと、

「どちらでも結構ですよ」

との返答が。

小上がりがあるとどうしても靴を脱ぎたくなってしまったので、

スリッパに履き替えての入室となりました。

奥に進むと目の前にはこの景色が。

多少木々に邪魔されてはいますが、それでも中々の景色です。

私が予約したのは男体山側の客室だったのですが、

どうやらアップグレードをしてくださった様で、

中禅寺湖と男体山が両方見えるこの客室に。

コンシェルジュ曰く、

「私お気に入りのお部屋です」

との事。

この景色を眺めつつ、客室で座ってチェックイン手続きを行います。

朝食の予約も併せてお願いし、チェックイン手続きは数分で終了。

さて、客室をしっかり眺める事にしましょう!

スポンサーリンク

リッツカールトン日光、今回はSPGアメックス特典で無料宿泊!

今回何故、リッツカールトン日光に宿泊する事が出来たか。

それはSPGアメックス所持2年目以降の特典、

「無料宿泊特典」

を利用出来たからなのです。

SPGアメックスの無料宿泊特典は50,000ポイント以内で宿泊出来るホテルなら、

年1回必ず無料で宿泊する事が出来ます

ザ・リッツ・カールトン日光のカテゴリーは7。

通常時は60,000ポイント必要なので、

SPGアメックスの無料宿泊特典を利用する事は出来ません

しかし、今回オフピーク時期に予約する事が出来たので、

50,000ポイント内に納まり、

その結果、なんとリッツカールトン日光に無料で宿泊する事が可能だったのです!

因みに、当日の宿泊レートは1泊約120,000円~と驚く程高額でした。

それを無料で宿泊する事が出来たのですから、お得度が半端ないです。

更に、客室のアップグレードも、実はこのSPGアメックスを所持し、

ゴールドエリート会員になっていたからこそなのです!

オフピーク時のみリッツカールトン日光への無料宿泊が可能なので、

チャンスは少ないかもしれませんが、

そのリターンは計り知れない魅力を持っています。

是非1度、SPGアメックスを検討してみては如何でしょうか。

因みにSPGアメックスを所持する際は、紹介プログラムの利用をおすすめします!

スポンサーリンク

SPGアメックスは紹介プログラムを利用すれば入会特典が30,000ポイントから39,000ポイントに!

通常、カード入会後、

3ヶ月以内に10万円以上カード支払いを利用すると、

ボーナスとして30,000マリオットポイントが獲得出来ます。

紹介プログラムを利用すれば、このボーナスが9,000ポイントプラスされ、

計39,000マリオットポイントもボーナスとして獲得出来ます。

これは紹介プログラムの利用でなければ適用されない為、

絶対に紹介プログラムからの入会がお得です。

出典:www.americanexpress.com

私も友人の紹介プログラムを使って、入会し、無事ボーナスを獲得出来ました。

が、ここで1つ注意点を。

3ヶ月で10万円以上利用すると39,000ポイントの特典の期限は、

申込日から丁度3ヶ月。

例えば、2月12日に申し込みをしたとします。

これはネットでの手続きを行った日からカウントされます。

そして、3ヶ月後の5月12日までの利用代金で計算される事になります。

申込日からカウントされる為、

その後の手続きや審査がスムーズでないと、

手元にSPGアメックスが届くまで、

どんどん特典対象期間が少なくなっていきます。

これは入会当時、センターに問い合わせて確認したので間違いありません。

また、クレジットカードは、

利用してからデータとして計上されるまで、多少の誤差が生じる事があります。

そしてその誤差はクレジットカードを利用した場所の機械等によって、

かなり大きく変動する事になります。

ボーナスポイントをしっかりと獲得する為に、

出来るだけ前もって10万円以上の利用をする事をおすすめ致します。

前払いのホテル宿泊予約等をしてしまうと早いかもしれませんね。

ホテルへの宿泊ならゴールドエリート会員の特典を活かす事も出来ますし!

コメント