[ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ]東京湾の夜景がご馳走に。若者に人気のレストランも多数。

アンケート

ホテルを選ぶ際に大事な要素は?(複数回答可)

読み込み中 ... 読み込み中 ...

竹芝駅から歩いてすぐ。浜松町駅や品川駅はシャトルバス送迎も。
海に面した景観は高階層であればある程絶景を楽しめます。
レストランも多く、様々な用途に利用出来ます。

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ

スポンサーリンク

ホテル概要

項目 概要
開業年 1995年
客室数 330室
チェックイン 15時~
スイートルームのみ17時~
チェックアウト 12時~
駐車場 〇屋内173台
(1泊2,500円)

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイの会員制度はコチラから

[IHG・ANA・ホテルズグループジャパン]IHGリワーズクラブ( IHG Rewards Club)
 フラグシップになる「インターコンチネンタルホテル」を中心に リゾートを中心としたシティホテル「ANAクラウンプラザホテル」 ...

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイの会員制度2はコチラから

[IHG]インターコンチネンタル アンバサダー
フラグシップであり、最上級のおもてなしが受けられる 「インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ」 このインターコンチネ...

客室

通常フロアは大きく分けると
「レギュラーフロア」「エグゼクティブフロア」の2種類になります。
エグゼクティブフロアは18~19階に位置し、
カードキーを所持した宿泊客のみがアクセス出来る、セキリュティフロアとなっています。
客室の種類は共通で、「スーペリアリバービュー」「スーペリアベイビュー」
「プレミアムベイビュー」の3種類。

クラブフロアは「スーペリアリバービュー」「スーペリアベイビュー」
「プレミアムベイビュー」の3種類。

各種スイートは「ラグジュアリーオリエンタル」「パリメゾン」
「ラ・カーサ」「ニューヨークラグジュアリー」の4種類計7室のみです。
スイートルームに関しては、4種類から希望のスイートを選ぶ事が難しく、
基本的にはランダムで手配されます。
「ラグジュアリーオリエンタル」がやはりこのホテル一番のハイライトになる
オシャレなビューバスがある為、人気も必至です。

アメニティは各フロア・部屋で違いがあります。
基礎化粧品セット(クレンジング・乳液・化粧水)はありません。

通常フロア クラブフロア
アメニティ
  • バスアメニティ「アグラリア」
    (シャンプー・コンディショナー・
    バスジェル・ソープ)
  • バスソルト
  • デンタルキット
  • ブラシ
  • シェービングキット
  • スリープウェア
  • タオル
  • スリッパ
  • ヘアゴム
  • シューミット
  • ミネラルウォーター
  • エスプレッソマシーン

エグゼクティブフロアのみ

  • バスローブ
  • バスアメニティ「アグラリア」
    (シャンプー・
    コンディショナー・
    バスジェル・ソープ)
  • バスソルト
  • デンタルキット
  • ブラシ
  • シェービングキット
  • スリープウェア
  • タオル
  • スリッパ
  • ヘアゴム
  • シューミット
  • ミネラルウォーター
  • エスプレッソマシーン
  • バスローブ
  • コーム
  • ボディスポンジ
  • ボディローション
サービス
  • ターンダウンサービス
    (要リクエスト)
  • シューシャインサービス

クラブフロア「クラブインターコンチネンタルフロア」

クラブフロアに関してはコチラの記事をご覧ください。

「クラブフロア・エグゼクティブフロア」~東京~4
ホテルによっては、高階層に特別階と呼ばれるフロアが存在します。それが、 「クラブフロア・エグゼクティブフロア」です。 ...

レストラン

1階に多くのレストランが集結しています。
20階にはバー「スカイビューラウンジ」が、
6階にはダイニング&シャンパンバー「マンハッタン」が、
3階には日本料理「分とく山」、ブッフェ「シェフズライブキッチン」が、
1階には鉄板焼き「鉄板焼き匠」、ファインダイニング「ラ・プロヴァンス」、
「ニューヨークラウンジ」、イタリアンダイニング「ジリオン」、
「ザ・ショップ N.Y.ラウンジブティック」があります。

その中から、
「ニューヨークラウンジ」
バー「スカイビューラウンジ」
のフリーフローをご紹介します。

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのレストラン会員制度はコチラから

[ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ]東京ベイ グルメポイント
レインボーブリッジや東京ベイの夜景を楽しめ、 台場や羽田へとアクセスも抜群のホテル 「ホテル インターコンチネンタル 東京ベ...

「ニューヨークラウンジ」フリーフロー

時間:平日限定17:30~22:00 LO21:30 2時間制
料金:3,333円
メニュー:ビール、ウイスキー、ワイン、カクテル等フリードリンク。
サラダ、パテ、生ハム、マリネ等、アンティパストブッフェ付き。

消費税、サービス料12%別、他優待との併用不可
その他キャンペーンメニューやフード類は通常価格


1階の位置するラウンジ。
非常にゆったりとしたソファーと低めのテーブルが特徴的。
1階且つ窓が無い為、景観等は楽しめませんが、
その代わりドリンクとフードは充実。
特にフードは自分が好きな物を好きなだけ楽しめます。
カクテルやビール等もフリードリンクですし、
こういったホテルラウンジのフリーフローとしてはかなりお得なプランではないでしょうか。

平日時間限定で要予約にはなりますが、こちらのプランは更にお得です。

「ニューヨークラウンジ」フリーフロー

来店時間:平日限定19:00~20:00 2時間制 LO30分前
料金:3,960円(税・サービス料込)
メニュー:ビール、ウイスキー、ワイン、カクテル等フリードリンク。
サラダ、パテ、生ハム、マリネ等、アンティパストブッフェ付き。
ロゼスパークリングがフリードリンクに追加。
「アグラリア」のホテルアメニティーセットが1人1セットプレゼント。

他優待との併用不可
その他キャンペーンメニューやフード類は通常価格


ニューヨークラウンジのフリーフロープランの中でも断トツでお得なのがこのプラン
フリーフローにロゼスパークリングが追加され、
更にお土産用のアメニティまで貰えてしまいます。
入店時間が19時~20時までとかなり限定されていますが、
価格を考えるとお得度はかなり高いです。
こちらのホテルのフリーフローの中でも当サイト一押しのプランになります。

バー「スカイビューラウンジ」フリーフロー

来店時間:21:00~21:30 フリーフロー90分
料金:3,980円(税・サービス料込)
メニュー:ビール、ワイン、カクテル等フリードリンク。
スモークサーモン、チョコレート等から1人1品フード付き。

他優待との併用不可
その他キャンペーンメニューやフード類は通常価格


20階に位置し、夜景が存分に楽しめるバー「スカイビューラウンジ」
21時まではクラブフロアのクラブラウンジとして利用されています。
来店時間が物凄く限られていますが、その分お得度も高いです。
通常の半額以下でフリーフローを楽しめます。
窓際の確約がない為、夜景を存分に楽しめるかどうかは運次第。
飲み足りない時に、抜群の雰囲気を味わえる為、
覚えておいて損はないプランです。
クラブラウンジの雰囲気を体験する為に利用するのも楽しいですね。

スパ・フィットネス・プール

6階には「ビューティーケアサロン」が、
8階には、「リラクゼーションサロン」「フィットネスルーム」があります。
フィットネスはIHG会員の宿泊者、
エグゼクティブ・クラブインターコンチネンタルフロアの宿泊者なら
無料で利用する事が出来ます。
各種ウェアやシューズのレンタルはありません。
利用する際にはご自身でウェア等を用意する必要があります。
フィットネスルームを利用する際は、フロンドデスクで利用する旨を伝える必要があります。

  • ビューティーケアサロン:11時~20時
  • リラクゼーションサロン:12時~21時
  • フィットネス:24時間利用可

その他施設&サービス

6階には写真室や、美容室、チャペル等、結婚式等で利用出来る施設が集まっています。

まとめ

東京湾を眼下に捉えられるホテルであり、海側の景観は中々に素敵です。
クラブラウンジの景色は絶景そのもので、夕方から夜に掛けての景色は、
このホテルに宿泊する醍醐味の1つにもなります。
クラブフロアに関しては、コスト的に強くおすすめ出来るものではありません。
ラウンジに関しては、全体的に改善され、本来の姿を取り戻した感じはあります。
このレベルなら、お得に宿泊出来る日なら満足出来るかもしれません。
一方、レストラン群はイタリアン、フレンチ、和食、ラウンジと豊富に揃っており、
日常的にも割と使いやすい価格帯であったりと、
宿泊以外での強みがあるのは特筆すべき点です。
ホテル独自の有料レストラン会員制度もあり、日常的によく利用されるのであれば、
入会を検討してみては如何でしょうか。
国内インターコンチネンタルホテルの中では、ある意味最も若者向けと言いますか、
至れり尽くせりの高級ホテルを想像すると肩透かしを食らう可能性があります。
コンシェルジュのサービスもバラつきがかなりあり、
期待しすぎると残念なら滞在になる可能性は否めません。
利用する側も、気軽な使い方をする方が、このホテルには合うのではないかと思います。

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ
楽天トラベル一休じゃらんるるぶJTB

TOP