※Go Toトラベルは暫くの間全国一時停止へ※

ヒルトン東京のGOOD・BADレビューまとめ

当サイトに追加検討中の機能でどれが一番あると嬉しいでしょうか。
出典:一休.com

都庁前駅や西新宿駅から地下通路で直結。

新宿駅からはシャトルバスで5分。徒歩では10分程。

日本で最も歴史あるヒルトンホテルとして多くの方に愛されるホテル。

ヒルトン東京

ホテル概要

項目概要
開業年1963年
客室数821室
チェックイン15時~
チェックアウト12時~
駐車場〇屋内280台
(24時間2,700円)
(宿泊時は1,500円)

ヒルトン東京の会員制度はコチラから

クラブフロアに関してはコチラの記事をご覧ください

GOODレビュー&BADレビューまとめ

GOODさん
GOODさん

リニューアルされたクラブラウンジは広々!

リニューアルされた客室は綺麗で居心地が良い!

レストランの料理が美味しい!!

レストランは割と融通も利かせてくれる!

BADさん
BADさん

コンシェルジュのサービスがイマイチ・・・

チェックイン・アウトが凄く混む・・・

全体的にややコスパが悪い・・・

クラブラウンジの質はやや微妙・・・

BAD滞在にならない為には?

何と言っても客室が825室と膨大な為、

まず不満を抱きやすいのがチェックイン・アウト。

行列が長く出来る事も多く、宿泊する際には大きなマイナス要素になりやすいです。

クラブフロアを選択すればそのストレスから解放されますが、

コスパを考えると難しいところ。

ヒルトン東京

お連れ様がいらっしゃる場合、マーブルラウンジ等を上手く利用したい所ですが、

マーブルラウンジは都内でも屈指の人気アフタヌーンティースポットな為、

通常のラウンジ使用はほぼ絶望的です。

その際は、2階のTSUNOHAZU内にあるバー&ラウンジのZATTAを利用する等、

工夫が必要になってきます。

因みに、フロント付近に座る事が出来るソファー等は殆どないので、注意。

コンシェルジュに関しては、

サービスそのものはしっかりとしてくださる印象を私は持っていますが、

膨大な客室の為に、リクエストが実行されるのはかなりゆったりペースです。

ですので、時間に余裕がある時に宿泊する事を強くおすすめします。

多忙な時に宿泊する際は、あくまで泊まる場所としての使い方をおすすめします。

まとめ

ヒルトン東京、クラブラウンジ

ヒルトンホテル国内第一号が、このヒルトン東京です。

長い歴史があり、長年愛用されていらっしゃるファンも多いです。

国内ヒルトンとして、あらゆる面での基準にもなっており、

800室を超える膨大な客室数にも耐え得るサービスは素晴らしいです。

ヒルトンベアがスイート宿泊でもプレゼントされなくなった事は本当に残念ですが、

今でも偶に特別なプランでプレゼントされる事もある様で、一応一安心。

レストランは、マーブルラウンジのビュッフェが特に有名ですね。

国内ヒルトンの中では割とレストランが充実している為、

お気に入りのレストランを見つけるのも楽しいかと思います。

全体的にサービスがゆったりなので、使い方を間違うと不満の募る滞在になってしまう事も。

ゆったりとしたおこもりステイには割と向いているホテルではないかなと思います。

コメント

  1. kitakitune より:

     rewardさん、こんばんは。

     ブログ訪問は、今までも何度かいたしておりましたが、コメントが遅くなりまして、申し訳ございません。
     借金さんのブログでは、rewardさんの大変お詳しい示唆に富むコメントを拝見しております。私も同意見だったり、頷くことが多く、勝手に親近感を覚えております。
     7月のヒルトン東京、本年4月以来となります。今から楽しみで仕方がありません。
     二週連続ではなく、隔週でした(笑)
     なお、今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

  2. memberships0rewards より:

    kitakituneさん、コメント有難うございます。
    また、親近感を持って頂けて恐縮です。
    kitakituneさんは全世界を駆け巡ってらっしゃる様で、私としては羨望の眼差しです。
    私も早くコンラッド大阪へ滞在して、
    kitakituneさんの様にベアとダックを遊ばせたいです(笑)
    ヒルトン東京へは、私も今月伺おうかどうかを思案しております。
    レートが高い日が多いので、何とも悩ましい限りですが・・・。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    一部コメントは、プライベートな情報もありましたので、
    編集でカットさせていただきました。何卒ご容赦くださいませ。

error: