[リーガロイヤルホテル]リーガロイヤルのフラグシップ。幅広い用途に耐え得る古き良き名ホテル。

アンケート

京阪中之島駅から地下通路で直結。大阪駅からも無料バスが通っています。
膨大な客室数と様々な設備が整っており、長期滞在も容易。
ホテルとしての歴史は80周年を超える、リーガロイヤルのフラグシップホテルです。

リーガロイヤルホテル

スポンサーリンク

ホテル概要

項目 概要
開業年 1965年(リニューアル)
客室数 984室
チェックイン 15時~
チェックアウト 11時~
駐車場 〇屋内・屋外計732台
(1泊1,500円)

リーガロイヤルホテルの会員制度はコチラから

[リーガロイヤルホテルグループ]リーガロイヤル会員
フラグシップのリーガロイヤルホテルを筆頭に、 全国に幅広く展開するホテルグループ。 「リーガロイヤルホテルグループ」 ...

客室

通常フロアは大きく分けて
「スーペリアフロア」「ウェストウィング」
「デラックスフロア」「ナチュラルコンフォートフロア」の4種類になっています。
スーペリアフロアは「スタンダード」の1種類のみ。
ウェストウィングは「シングル」「ウェストウィング」「ファミリー」の3種類。
デラックスフロアは「デラックス」の1種類のみ。
ナチュラルコンフォートフロアは少し変わったフロアになっており、
「森フロア」「海フロア」「空フロア」「花フロア」と、
フロア毎に部屋のレイアウトやデザインが異なります。

また、デラックスフロアとナチュラルコンフォートフロアには簡易的ではありますが、
宿泊客専用のカフェラウンジや、セキュリティードア、プール・サウナ無料等、
ややクラブフロアに近いサービスがありますが、当サイトでは割愛させて頂きます。

クラブフロアは「ザ・プレジデンシャルタワーズ」の1種類のみ。

各フロア、お部屋の大きさが様々になっています。

各種スイートは、まずスーペリアフロアに「スーペリアスイート」が、
ウェストウィングに「ウェストウィングスイート」が、
デラックスフロアに「デラックススイート」が、
ナチュラルコンフォートフロアに
「森スイート」「海スイート」「空スイート」「花スイート」が、
ザ・プレジデンシャルタワーズに「コーナースイート」「スイート」
「ジュニアスイート」「デラックススイート」「モナークスイート」があります。

各フロアにスイートがそれぞれあるのは、流石リーガロイヤルのフラグシップですね。

アメニティは各フロア・部屋でかなり差があります。
基礎化粧品セット(クレンジング・乳液・化粧水)は全室完備です。
また、男性用化粧品セットも全室完備されています。

通常フロア クラブフロア
アメニティ
  • シャンプー
  • リンス
  • バスジェル
  • 綿棒
  • シャワーキャップ
  • 歯ブラシ
  • ヘアブラシ
  • レザー
  • 石鹸
  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • ウォッシュタオル
  • 男性化粧品
    (ヘアトニック・ヘアリキッド・
    アフターシェーブローション)
  • 女性化粧品(洗顔料・化粧水・乳液)
  • ガウン
  • スリッパ
  • シャンプー
  • リンス
  • バスジェル
  • バスフレグランス
  • コットンパフ
  • 綿棒
  • シャワーキャップ
  • 歯ブラシ
  • ヘアブラシ
  • レザー
  • シェービングフォーム
  • 石鹸
  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • ウォッシュタオル
  • 男性化粧品
    (ヘアワックス・洗顔フォーム
    ・乳液・化粧水・ヘアトニック)
  • 女性化粧品
    (洗顔料・化粧水・乳液)
  • パジャマ
  • バスローブ
  • スリッパ
サービス
  • シューシャインサービス
  • ターンダウンサービス
  • シューシャインサービス

クラブフロア「ザ・プレジデンシャルタワーズ」

クラブフロアに関してはコチラの記事をご覧ください。

「クラブフロア・エグゼクティブフロア」~大阪~2
ホテルによっては、高階層に特別階と呼ばれるフロアが存在します。それが、 「クラブフロア・エグゼクティブフロア」です。 通...

レストラン

レストランは老舗ホテルらしくかなり多彩です。
タワーウィング30階には日本料理「なかのしま」
タワーウィング29階にはレストラン「シャンボール」
アネックス7階にはイタリアンレストラン「ベラコスタ」
ウェストウィング15階には中国料理「皇家龍鳳」
ウェストウィング1階にはオールデイダイニング「リモネ」
1階には「リーチバー」、「メインラウンジ」
地下1階には鉄板焼き・焼肉「なにわ」、会席・すき焼き「神戸吉兆」、
会席・カニしゃぶ「なだ万」、会席・天ぷら「つる家」、
会席・うなぎ「竹葉亭」、江戸前寿司「なか田」、小鯛雀鮨「すし萬」、
麺処「道頓堀今井」、茶房「鶴屋八幡」、ティーサロン「サロン・ド・テ・ベルナルド」、
地下2階にはカウンター割烹「みおつくし」、「セラーバー」
併設の大阪国際会議場内にはグランキューブ大阪12階に
レストラン「グラントック」があります。
ルームサービスは24時間対応。

その中から、
「セラーバー」
のフリーフローをご紹介します。

「セラーバー」フリーフロー

時間:18:00~20:00 3時間フリーフロー LO30分前 2名以上から
料金:4,800円(税・サービス料込)
メニュー:ビール、ウィスキー、ウィスキー(赤・白)、焼酎(芋・麦)、各種カクテル、
ソフトドリンク他。
オードブル盛合せ、サラダ、グリルチキン&ソーセージ、ピッツァ他フード付き

他優待との併用不可
その他キャンペーンメニューやフード類は通常価格


リーガロイヤルホテルにあるバーの1つ。
席数が100以上と多く、煩雑とした雰囲気を想像するかもしれませんが、
そこはやはり老舗ホテルらしい佇まい。
しっかりとした調度品と確かなサービスで、お出迎えしてくれます。
フードがしっかりつき、フリーフローも3時間と大変嬉しい。
勿論、サービスは老舗ホテルらしく、全くぬかりはありません。
曜日次第ではピアノの生演奏も楽しめたりと、ホテルバーの醍醐味も楽しめます。
料金的にも割とお得ですし、
関西のホテルバーのフリーフローとしては1、2を争うおすすめプランです。

スパ・フィットネス・プール

アネックス6階には、「ロイヤルスイミングクラブ」が、
タワーウィング6階には「カージュラエステティックサロン」が、
ウェストウィング1階には、「ロイヤルヘルスクラブ」があります。
プールは宿泊者なら3,240円で利用する事が出来ます。
ナチュラルコンフォートフロア、ザ・プレジデンシャルタワーズの宿泊者は無料です。
水着は男性用なら1回540円、女性用は1,080円~、ゴーグルは324円でレンタル出来ます。
フィットネスは宿泊者なら6,480円で利用する事が出来ます。
フィットネスには、トレーニング用品一式のレンタル料が含まれています。
プールは25mが5コース、更にはシェイプアップ用のプールがあったりと、
かなりしっかりとしたトレーニイング向きのプールが完備されています。
サウナ、ジェットバス等の設備も完備されており、身支度品も十分に用意されています。
フィットネスやプールだけでなく、朝の身支度にも利用出来る為、非常に便利です。

  • スパ:10時~20時
  • フィットネス:10時~22時
  • プール:7時~23時

その他施設&サービス

  • 1階:グルメブティックメリッサ 10時~20時
    ケーキやチョコレート、パンやお惣菜まで、
    ホテル滞在時だけでなく、日常的にも利用しやすい商品が揃っています。
  • 1階:ショコラブティックレクラ 11時30分~18時30分
    輝きがコンセプトのチョコレート専門店。
    やはりこちらで買い求めたいのは、
    惑星型のチョコレートや星座をモチーフにしたチョコレート。
    チョコ好きにはたまらないデザート、クレームオショコラもおすすめです。

他にも、ワインショップ、ドラッグストア、各種ブティック、コンビニ等、
滞在時には是非利用したい数多くのお店が軒を連ねます。

まとめ

中之島に古くから居を構えた大阪を代表する老舗ホテルの1つです。
リーガロイヤルホテルとしても、特徴的なクラブフロアがあるのは、
このリーガロイヤルホテルだけ。
クラブフロアは、個人的に甘い物とお酒が好きな方には是非とも滞在して頂きたい、
大阪でもおすすめのクラブフロアの1つです。
レストランも多彩で、滞在中様々な料理を楽しむ事が出来ます。
流石に建物自体は50年を超えている為、設備の古さ等は気になります。
ハード面では、昨今の新しい外資系ホテルには到底及びません。
しかし、そこをソフト面でカバー出来るサービスの良さがこのホテルにはあります。
特にクラブフロアは、ハード面でも改善が見られますし、
ソフト面では何1つ心配する必要はありません。
価格帯でも、周辺ホテルが軒並み宿泊費が上昇しているにも関わらず、
クラブフロアでも3万円代が殆どと、かなり格安です。
各部屋の狭さは若干気になる所ですが、それもまた老舗ホテルの味かもしれません。

リーガロイヤルホテル
楽天トラベル一休じゃらんるるぶJTB


TOP