一休.comがポイントアップキャンペーン&サマ割を開始!

クラブオフはホテルやレストラン優待が沢山詰まった福利厚生サービス!使えば使う程お得に!

当サイトに追加検討中の機能・記事でどれが一番あると嬉しいでしょうか。
ビジネス、特典、福利厚生

数ある割引・優待サービスの中でも、今特に注目されているのが、

「福利厚生サービス」

福利厚生サービスは多数存在していますが、

私がおすすめするのは、私も実際に利用している

「クラブオフ(クラブオフアライアンス)」

です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

気になるクラブオフへの入会方法

原則として、クラブオフは法人向けの福利厚生会員制度です。

会社が契約をし、契約料を支払い、その社員達が利用する事が出来ます。

しかし、個人でも入会する方法は数多くあるのです。

その方法は実に様々。

全部載せたい所ですが、本当に凄い数になるので、下記は代表例です。

  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
    のいずれかをお持ちの方。
  • ベネッセ・イオンカード(WAON一体型)をお持ちの方。
  • Tカードプラス(TSUTAYA)をお持ちの方。
  • UCゴールドカードをお持ちの方。
  • NTTグループカードゴールドをお持ちの方。
  • インターネットサービスプロバイダー「J:COM」を利用の方で、
    J:COMメンバーズカードをお持ちの方。
  • インターネットサービスプロバイダー「BIGLOBE」を利用の方。
  • ソニー損保の医療保険、自動車保険等を契約している方。
  • そんぽ24の自動車保険を契約している方。
  • メットライフ生命の医療保険等を契約している方。

etc………………………………………………………………………………

概ね、クレジットカードの所有者、各種保険契約者、

インターネットサービスプロバイダーの利用者、銀行口座保有者が代表的です。

当サイトで取り上げているホテル会員制度の中でも、

[京王プラザホテル]エグゼクティブカード

こちらが、クラブオフの利用も可能なクレジットカードになります。

クラブオフをおすすめする理由その1 唯一無二のホテルレストラン優待!

ペニンシュラ東京、peter

数ある福利厚生サービスでも、

特にホテルレストラン優待に力を入れているのがクラブオフです。

各レストラン予約サイトの割引クーポンだけでなく、

クラブオフ独自のプランがあるのが特徴です。

そのプランの中では、各予約サイトを圧倒する安さのプランもあったりします。

利用時は基本的に指定日前に予約が必要ですが、

プランによっては当日予約も引き受けてくれる場合があり、重宝します。

私は基本的に当日思い立って行く事が殆どなので、

当日も有効なのは非常に助かります。

クラブオフをおすすめする理由その2 利用回数”ほぼ”無制限の各種クーポン

ticket、チケット、クーポン

各種ホテル予約サイトにて使える割引クーポンがあるのですが、

一部を除いて基本的には何回でも割引を受けられます。

各ホテル予約サイトの全ホテルで使えるわけではないのですが、

クラブオフに掲載されているホテルなら漏れず使う事が出来ます。

クラブオフオリジナルのプランが、残念ながらお世辞にも安いとは言えないので、

基本的には各種ホテル予約サイトを使う事になると思います。

割引額自体は決して多くないですが、

各種ホテル予約サイトのポイント等は通常と変わらず貰えるので、

一番お得に泊まれるのは確かです。

クラブオフをおすすめする理由その3 ホテル系以外も優待充実!

映画、シネマ、ムービー

チケット取り寄せの為、若干面倒ですが割引率は高い映画鑑賞優待

いつでも使える上に、スマホ掲示で優待が利く、各種ファミレスでの優待

誕生日当日なら会員のみではありますが、全てのプランが無料になるカラオケ優待等、

対象施設が生活圏内にあればある程、かなりの優待を受ける事が出来ます。

クラブオフをおすすめする理由その4 月額500円の「VIP」恐るべき割引率

VIP、特別

クラブオフには上級会員として、「VIP会員」が存在します。

VIP会員の会費は毎月500円+消費税年会費約6000円強です。

条件はなく、会費さえ支払えば、誰でもVIP会員になる事が出来ます。

このVIP会員、様々なサービスが物凄い割引額で提供される会員です。

有名ビジネス誌「プレジデント」の年間購読75%オフや、

有名ホテル1泊素泊まり500円を筆頭に、

様々なサービスが驚くべき価格で会員に提供されています。

勿論、基本的には先着順&人数限定なので、競争は必至ですが。

特に「プレジデント」の年間購読75%オフは、私が知る限り最安です。

「VIP会員」は実質無料!?しかし条件はかなり厳しいです。

ポイント、黒板

VIP会員の会費は毎月500円+消費税。年会費約6000円強です。

一見割高に見えるこのVIP会員ですが、

実はクラブオフのヘビーユーザーであればある程お得な上級会員なのです。

VIP会員になると、毎月クラブオフポイントが500ポイント無条件で貰えます。

このクラブオフポイントは10,000ポイント溜まる毎に、

なんと現金10,000円がキャッシュバックされるのです。

但し、そこにはちょっとした条件が。

様々なサイトでクラブオフのVIP会員はポイントが貰えて実質無料等と書かれていますが、

その肝心の各ポイントは、各ポイント獲得月から12ヶ月が有効期限。

つまり、最初にポイントを獲得してから12ヶ月以内に10,000ポイントを獲得しないと、

500ポイント+獲得したポイントが毎月消えていってしまうのです。

ちなみに、クラブオフポイントはVIP会員だと、

毎日所定のバナーをクリックすると貰える訪問ポイントが4ポイント貰えます。

毎日マメに訪問すれば、年間で1,460ポイント貰える計算になるので、

年間6,000ポイント+1,460ポイント=7,460ポイントは頑張れば無条件で貰えます。

残り2,540ポイントを1年間で獲得すれば、実質無料でVIP会員になる事が出来ます。

そして、ここからが険しい道のり。

このクラブオフポイントの獲得ですが、極一部のオンラインストアやキャンペーンを除き、

基本的にはホテル宿泊でしか大量ポイントを獲得出来ません。

しかも、対象プランはクラブオフオリジナルのプラン、

もしくは楽天、じゃらんのプランのみです。

上記の通り、クラブオフオリジナルのプランは割高な為、

現実的なのは楽天、じゃらんのプラン。

この楽天、じゃらん経由の宿泊で獲得出来るポイントはたったの200ポイント

1年間に13回宿泊しないと、10,000ポイントには届きません

つまり、かなりのヘビーユーザーでない限り、

VIP会員費をポイントで回収する事は不可能です。

クラブオフのまとめ

  • 唯一無二でお得なホテルレストラン優待!
  • お得で利用回数ほぼ無限のクーポン優待!
  • 手間は掛かるがお得度の高いチケット優待!
  • 可能性を秘めたVIP会員の存在!

相当のヘビーユーザーや、

VIP限定のお得なプランを利用するならVIP会員がおすすめですが、

一般会員でも十分に優待を受ける事が出来ます

特にホテルレストラン優待は、プランによってかなりお得なので、

上手く利用する事で、よりお得に充実した生活を送る事が出来ると思います。

また、日常的に利用出来る優待が幅広くあるのも見逃せません。

家電量販店の独自の割引や各種通販サイトの割引。

ファミリーレストランやファーストフードのクーポン等、

その特典は多岐に渡ります。

意外なものにこのクラブオフが付帯されているので、

是非ご自身のステータスを一度チェックして、

クラブオフを使い忘れていないか確認してみましょう!

コメント

error: