IHGホテル・6月1日以降の都内近郊ホテル状況。

どんなレビュー・口コミを一番参考にしますか?

遂に緊急事態宣言が解除され、自粛も少しばかり落ち着いてきました。

以前、油断出来ないことに代わりはありませんが、

少なからず、前向きな姿勢になってきているのは本当に喜ばしい限りです。

ホテルの情勢は私が当初予想していたよりももっと深刻です。

特にホテルバーに関しては、まだまだ再スタートとなるには時間が掛かりそうな様子。

街場のバーが少しずつ再スタートを切っているのとはかなり対照的になりました。

今回は、主にホテルレストラン、ホテルバーを中心に、

都内ホテルの6月1日以降に予定されている状況を見ていきましょう。

クラブラウンジの状況が分かっている場合はそちらも掲載します。

スポンサーリンク

ANAインターコンチネンタルホテル東京の6月1日以降の状況

鉄板焼「赤坂」が6月15日から営業再開。

水・木曜定休、ディナーは金・土のみ営業となっています。

ピエール・ガニェールは6月4日より再開。

ランチは木~日曜日のみ。

ディナーは木~土曜日のみ。

MIXXバー&ラウンジ、メインバーダビンチは共に再開時期不明。

中国料理「花梨」は6月3日から営業再開。

月・火が定休。日曜日もディナーは休止。

日本料理「雲海」、シャンパン・バー、ザ・ステーキハウスは営業休止。

カスケイドカフェは新たなスタイルのビュッフェサービスを提供開始。

ピエール・ガニェールパン・エ・ガトーは19:00までの営業に。

すし「乾山」はランチ、ディナー営業に。

クラブラウンジはソフトドリンクのみの提供に。

フードやアルコールサービスは全てアトリウムラウンジにて提供されます。

スポンサーリンク

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルの6月1日以降の状況

チャイナシャドーが6月1日からランチ営業再開。

ディナーは依然休業となっています。

鉄板焼「風音」は6月5日からランチ・ディナー共に再開。

日曜日のディナータイムのみ休業です。

イタリアングリル「メロディア」カフェ&バー「リュトモス」は

平常営業に切り替わりました。

宿泊者向けインルームダイニングは6:30~23:30とかなり平常時に戻ってきています。

クラブラウンジもオープン当初のスタイルではないものの、

通常通りクラブラウンジにてサービスを受ける事が出来る様になりました。

工夫を凝らしながら、サービスを展開しようという心意気が見えてきますね。

スポンサーリンク

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイの6月1日以降の状況

大規模改装中のホテル インターコンチネンタル 東京ベイ。

クラブラウンジが6月1日ついに再開。

朝食のみシェフズライブキッチンでの提供に。

シェフズライブキッチンは朝食のみの営業に切り替わりました。

以前はアラカルトやティータイムも営業していたのでかなり縮小ですね。

ハドゾンラウンジは6月1日から営業時間が22:00に。

依然として限定メニューでのサービスとなっています。

ルームサービスも限定メニューのままです。

NYラウンジブティックは事前予約のテイクアウトのみ。

ラ・プロヴァンス、ジリオン、鉄板焼き匠、ニューヨークラウンジ、

マンハッタンは全て終日営業休止中です。

ニューヨークラウンジの続報もまだ届きませんし、

かなり厳しい情勢なのは間違いないですね。

個人的にはリニューアルされるラウンジが凄く楽しみなので、

何とか頑張ってもらいたいです。

スポンサーリンク

キンプトン新宿東京は9月1日開業に変更

当初6月1日の開業が予定されていたIHG国内新ブランドのキンプトン新宿東京。

開業日未定となっていますが、予約サイトや公式の様子を窺うに、

9月1日の開業の予定となっている様です。

ウェディングプランは度々相談会を開いているので、

現段階ではこの開業日で間違いないでしょう。

ホテルのハイライトとなるのはやはりレストランなので、

そのレストランの魅力を最大限アピール出来る日を粛々と待つようですね。

新宿では久しぶりの新規高級ホテルなので万全の体制で開業して欲しいです。

スポンサーリンク

ヨコハマグランドインターコンチネンタルの6月1日以降の状況

みなとみらいのホテルでもかなり厳しい情勢を強いられているのがこのホテル。

インルームダイニング以外、全て休業です。

ほぼ開店休業状態ですね・・・。

以前は開いていたアイマリーナでさえ休業ですので、危機感を抱きます。

その代わり、テイクアウトやドライブスルー形式で、

ホテルの食事を提供するサービスも始めています。

スポンサーリンク

インターコンチネンタル横浜Pier8の6月1日以降の状況

ハンマーヘッドが5月25日で再開するにあたり、

上層階のPier8も6月1日から再開することになりました。

Larboardは12:00~20:00、鮨処「かたばみ」はディナーのみ。

クラブラウンジもしっかりオープンします。

クラブラウンジの質がやや気になるところではあります。

ただ、ほぼ以前と変わらないカタチまでサービスを戻せそうな感じですね。

私個人としては中庭の状態がどうなったのかが一番気になります。

スポンサーリンク

ANAクラウンプラザホテル成田は以前から変更なし

以前と変わらず、レストランはセレースの朝食時のみの営業になっています。

宿泊自体は受け付けているので宿泊する事は可能です。

スポンサーリンク

ホテルインディゴ箱根強羅は7月1日からの再開を予定

インディゴブランド第一号として2020年誕生したインディゴ箱根強羅。

自粛期間を含め、長い間営業を休止していましたが、

7月1日からの再開を予定しています。

ただ、これは確定ではないので、状況次第では変動もありそうです。

ホテルのハイライトはやはり温泉。

客室に温泉露天風呂が備え付けられてはいますが、

広々とした大浴場でゆったり寛ぎたい方も多いはず。

再開時に果たしてどうなるか、今から注目です。

スポンサーリンク

まとめ

今回はIHGの情報を追ってみました。

私が良く利用するANAインターコンチネンタルホテル東京も中々大変そうですが、

何よりインターコンチネンタルホテル東京ベイの情勢はかなり厳しそうです。

ラウンジリニューアルも控え、

様々な変革を迎える最中だったのも少なからず影響があるでしょう。

そして最も厳しいと思われるヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル。

事実上の開店休業状態ではありますが、宿泊は割と手頃な価格になっています。

レストランをあまり利用しない方にとっては、却って利用し易いかもしれません。

一方、近隣のpier8は十分な充電期間を設けたのもあって、

平常時に近いサービスでの再開となっています。

私が宿泊した冬からいよいよ夏を迎え、

中庭の木々も元気に葉を宿しているのではないでしょうか。

私もアンバサダー会員のうちにもう1度泊まりに行きたいホテルなので、

小まめにチェックして様子を窺おうと思います。

新規開業予定だったキンプトン新宿東京は開業日がどうも延びた様子。

何と言ってもレストランが売りなホテルで

その真価を発揮できないのは厳しいですしね。

是非万全な状態でオープンを迎えていただきたいです。

インディゴ箱根強羅に関しても依然厳しい状態は続きます。

すっかり話題にあがらなくなってしまいましたが、

台風19号の影響で深刻なダメージを負った登山鉄道は今だ復旧のめどが立たない状態。

振り替え輸送と代行バスでの運行なので、

車がないと気軽に足を運ぶのがやはり厳しいです。

7月以降に足を運ぶ際はシャトルバスがあるので、しっかりチェックを。

ホテルバーはIHGの情勢を見てもやはり再オープンには厳しい様子。

また、クラブラウンジも平常時のサービスに戻るにはかなりの時間を要しそうです。

ビュッフェスタイルが難しくなりましたから、

新たなサービスを模索する必要もあります。

クラブラウンジの1つのスタイルを築いたIHGですから、

きっと妙案を提示してくれるのではないかと期待しています。

コメント