Go To トラベルキャンペーン徹底解説!10月1日から本格スタート!いよいよ地域共通クーポンも発行に!10月13日更新。

どんなレビュー・口コミを一番参考にしますか?

7月22日からスタートしたGo To トラベルキャンペーン。

最大50%の割引を受けることが出来、旅行の際には頼もしい制度となっています。

10月1日からはいよいよ地域共通クーポンも発行に。

これで本当に最大50%の割引を受けることが可能になりました。

今回は情報精査も兼ねて、10月1日以降のGo To トラベルキャンペーンを解説します。

一部予約サイトは未だキャンペーン割引額が減少していたり、
終了していたりするので、お使いのサイトの対応をお待ちくださいませ。
一休.com等は再度14,000円の補助に戻っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Go To トラベルキャンペーンって一体何?超簡単解説!

Go To トラベルキャンペーン超簡単解説

①宿泊料金に対して、最大50%の補助を受けることが出来ます。

②直接的な割引は旅行商品・宿泊代金の35%。
1人辺り最大1泊14,000円が割引。日帰りは1人最大1万円。

③地域共通クーポンは旅行商品・宿泊代金の15%。
1人辺り最大1泊6,000円まで付与。日帰りは1人最大3,000円。

④申請方法は予約サイト経由で自動的に、もしくは専用のサイトを通して申請。

⑤キャンペーン期間は予算に達した場合早期終了の可能性あり
具体的なキャンペーン期間は今の所設定なし

宿泊料金に対して、最大50%の補助を受けられるGo To トラベルキャンペーン。

上限が定まっており、1人辺り最大1泊14,000円が割引されます。

つまり1人での宿泊なら40,000円以上のプランで最大割引が。

2人での宿泊なら80,000円以上のプランで最大割引を受けられます。

3人での宿泊なら120,000円以上のプランで・・・etc

と言う様に、人数が増えれば増える程、割引金額も勿論大きくなっていきます。

現在は殆どの方が予約サイト経由で申請しているかと思います。

他にも、STAYNAVIというサイト経由で申請する場合も。

高級ホテルをご自身で直接予約する場合、殆どがこのSTAYNAVIで申請する事になります。

STAYNAVIに関しては、別記事で詳しく解説する予定です。

出典:観光庁

10月1日からは地域共通クーポンも付与されます。

旅行代金・宿泊料金の15%がこの地域共通クーポンで付与されます。

1人1泊あたり最大6,000円。日帰りの場合は3,000円です。

こちらも1人での宿泊なら40,000円で最大額のクーポンが。

2人での宿泊なら80,000円で最大額のクーポンが貰えます。

クーポンは上記の様な紙クーポンの他、電子クーポンも予定されています。

紙クーポンは1枚1,000円のクーポンが。

電子クーポンは1,000円の他、2,000円、5,000円のクーポンが発行される予定です。

注意点としては、対応店舗は紙、電子クーポンどちらか片方でも良いとなっている点。
つまり、紙クーポンしか使えないお店、
電子クーポンしか使えないお店、
両方のクーポンが使えるお店の3パターンが考えられます。

出典:観光庁

電子クーポンはこの様に、QRコード読み取り形式になる様子。

専用のサイトからクーポンを発行し、QRコードで決済します。

QRコード決済に慣れている方や店舗なら、導入は割と簡単に出来そうです。

地域共通クーポンが使えるお店はこの様なステッカーを掲示する予定となっています。

どちらのクーポンが使えるかも一目で判るので安心ですね。

Go To Eatキャンペーンとの連携も計っており、

Go To Eatキャンペーンに参画しているお店はもれなく地域共通クーポンも使える予定です。

地域共通クーポンは割と幅広い用途に使える予定で、

レストラン等の飲食代の他、お土産代、美術館や博物館の入場料等にも使える予定です。

スポンサーリンク

Go To トラベル地域共通クーポンの使い方

かなりややこしい事になっている地域共通クーポン。

予約するサイトによって様々なので、普段利用するサイトの解説を良くお読みください。

ここでは、最も多いであろう、電子クーポンの使い方をご紹介します。

電子タイプの地域共通クーポンを発行するには3つの項目が必要になってきます。

  • 旅行事業者ID
  • 受付番号
  • 初泊の宿泊施設の都道府県

以上3つが必要な項目です。

因みに発行時間は宿を予約した日時によって微妙に変化します。

これは各サイトで多少変化がある様ですが、概ね次の通り。

  • チェックイン当日9時までに予約完了→チェックイン当日15時以降に発行
  • チェックイン当日16時までに予約完了→チェックイン当日19時以降に発行
  • チェックイン当日16時以降に予約完了→チェックイン翌日15時以降に発行

最も気を付けなければならないのはチェックイン当日16時以降に予約を完了した場合。

地域共通クーポンが翌日になる為、ホテルランチ等で利用するのが難しくなります。

出張時等で当日予約となった場合は、注意が必要です。

その際、地域共通クーポンは宿泊施設の都道府県+隣接する一部都道府県でのみ利用が可能です。

さて、旅行事業者ID、受付番号、都道府県が判明したら、

後は専用のサイトで入力してクーポンを受け取れば地域共通クーポンが利用出来ます。

利用する際は、1,000円、2,000円、5,000円の中からクーポンの利用金額を選ぶ事が出来ます。

おつりは出ないので上手に使い切りましょう。

クーポンを利用する際は、金額を確定後、QRコードを読み取り、

店員さんに確認してもらってから利用済みにしましょう。

地域共通クーポンを使えるお店はGo To イートキャンペーンにも登録されているお店が殆どです。

スポンサーリンク

Go To トラベル対応予約サイト・旅行会社一覧

じゃらん

TVCMでもお馴染みのじゃらん。
クーポン形式でGo To トラベルキャンペーンに対応。
最大の特徴は一部割引クーポンとの併用が可能な事。
他サイトよりも更にお得に予約出来るホテルが見つかるかも!?

一休.com

私が最も愛用している予約サイトの1つ。
見易い、検索し易い、判り易いが特徴。
クラブフロアを探すのもかなり楽。
最上級会員のダイヤモンドになれば、対象ホテルで特典がついてくることも。
高級ホテルを予約するならまず一番に検索したい予約サイトです。

楽天トラベル

掲載ホテル数が群を抜いて多い楽天トラベル。
こちらも一部クーポンが併用可能。
アッパーミドルホテルやハイビジネスホテルを予約するならココ。
深夜からの急な滞在にも対応している為、緊急時には間違いなく頼りになります。
また、当日限定のプランも多数存在する為、意外と見逃せません。

YAHOO!トラベル

ペイペイとの親和性が強いYAHOO!トラベル。
YAHOOプレミアム会員なら、ポイント還元率が急上昇します。
ペイペイを利用している人ならまずチェックしたい予約サイト。
傘下の一休.comとの違いは様々なツアープランも用意されている点。
今回のGo Toトラベルもツアーやパックプランが強みに。

JTB

るるぶトラベルとのサービス統合が進むJTB。
最大の強みは豊富なツアープランと独自のプラン。
上級会員制度も導入し、最上級会員は専用窓口も設けられかなり快適に。

るるぶトラベル

るるぶトラベルの特徴は会員登録しなくてもGo To トラベルが利用出来る点。
勿論、会員登録した方が断然お得なのは言うまでもありませんが、
気軽に利用出来るのは他のサイトにはない特徴です。
現在はJTBとの親和性が高まっており、国内ならるるぶトラベル、
海外ならJTBなんて使い分けも出来るようになりました。

Relux

最近破竹の勢いで勢力を拡大しつつある新興予約サイト。
Go To トラベルと併用可能な最大10%オフクーポンがもらえるキャンペーンも。
因みに私は5%オフクーポンでした・・・。残念。
AUとの親和性が高く、スマートパスプレミアム会員なら使わない手はありません。

ゆこゆこ

その名の通り、温泉に非常に強い予約サイト。
特にセール時は他サイトでは真似できない価格を展開している事も。
Go To トラベルと併用可能なセールもあるので、物凄くお得に宿泊出来ます。
温泉に浸かりたいと思った時には一番にチェックしたいサイトです。

近畿日本ツーリスト

ツアーが豊富な予約サイト。
名前で勘違いしがちですが、全国に販売網があるのでプランも豊富。
一風変わったオモシロ企画もあり、唯一無二な体験を求める方は是非チェック!

クラブツーリズム

様々なタイプのツアーを用意している予約サイト。
今回のGo To トラベルキャンペーンは移動手段とのパックツアーなら、
プラン代金の総額が対象になる為、遠方への旅行の際は非常に重要です。
遠方への旅行に行く時は是非チェック!

日本旅行

定番から格安まで、幅広いツアーを用意している予約サイト。
特にテーマ毎に分かれたツアーページは雑誌を見ているかの様で面白い。
こちらもツアーがメインなので、遠方の旅行の際はチェック!

HIS

海外旅行が強いHISにも国内旅行だってちゃんとあります。
こちらもツアーが豊富で、特に航空券とのセットが強み。
長期間の旅行も簡単に手続きする事が出来ます。
レンタカー等も併せて手配出来るので、こちらも遠方の旅行に最適!

JTRIP

初期のGo To トラベル記事を作る際大変お世話になったJTRIP。
名前の通りJALをメインとした旅行サイトです。
言うまでもなくJALをメインに利用している方なら必見のプランが沢山。
サイト自体もシンプルで見易く、選びやすいのが嬉しいですね。

ANAトラベラーズ

ANAにも旅行サイトはちゃんとあります!
こちらも航空券と宿泊がセットとなったプランがメインに。
飛行機での移動はコロナ渦ではマイナスイメージがありますが、
実はかなり換気の良い乗り物だってご存知でしょうか。
今ならマイルもたっぷり貯まります!

びゅうトラベル

最後はJRが展開している予約サイト。
言うまでもなくJRが展開しているので新幹線等を使ったプランが圧倒的に豊富。
新幹線が通るところならもれなくお得に旅をする事が出来ます。

スポンサーリンク

まとめ

  • 1人あたり1泊最大14,000円の割引!
  • 1人あたり1泊最大6,000円の地域共通クーポン!
  • 申請は予約サイトもしくはSTAYNAVI経由で!
  • 航空券や新幹線チケットがセットのプランがお得!

10月1日からいよいよ本格的にスタートとなったGo To トラベルキャンペーン。

Go To イートキャンペーンもまもなく本格化するでしょうし、

旅をするには打ってつけの機会かもしれません。

普段行けないところへ赴いて、リラックスするにも最適です。

マスクや手洗いはしっかりと行って、コロナウィルスには気を付けつつ、

旅先では思いきり楽しむ気持ちも忘れずに持っていってください!

コメント