一休.comがポイントアップキャンペーン&サマ割を開始!

ネスプレッソの次なるコーヒーマシンはどんなマシン?欧州・北米では発売済みの新機種を先取り!

当サイトに追加検討中の機能・記事でどれが一番あると嬉しいでしょうか。
nespresso、ネスプレッソ、ロゴ

ネスプレッソはカプセルだけでなく、

マシンも定期的に刷新されます。

特に日本国内のネスプレッソマシンはサイクルがかなり早い印象。

それとは裏腹に新マシンが登場する時期は諸外国と比べるとやや遅め。

実際にヴァーチュオに関しては約5年遅れで日本に上陸する等、

マシンに関しては殊更導入が慎重です。

今回は、既に北米・欧州で発売済みのネスプレッソマシンを先取りしてみていきます。

クレアティスタ・プラスを徹底解説・レビュー!おすすめのお手入れ方法や使い方も!
2021年現在、ネスプレッソのフラグシップモデルとなっているマシン。「クレアティスタ・プラス」(以下クレアティスタ)希望小売価格71,500円と、今までのネスプレッソマシンでもトップクラスの高価格帯となって...
ネスプレッソマシン・コーヒーメーカーを徹底分析・解説その1
価格はお手頃、機能はシンプル、性能は本格派「イニッシア」オシャレな低価格モデル「イニッシア」省スペース本体重量:約2.4 kg取り外し可能な水タンク:0.6 L使用済みカプセル回収コンテ...
ネスプレッソマシン・コーヒーメーカーを徹底分析・解説その2
「ラティシマ・タッチプラス」はラテ・マキアートやカプチーノも楽しめる万能マシン!旧世代ラティシマ+からの正当進化版「ラティシマ・タッチ」その後継機がマイナーチェンジモデルとして登場「ラティシマ・タッチプラス」...
ネスプレッソマシン・コーヒーメーカーを徹底分析・解説その3
「マエストリア」はまさしくプロ仕様!フォームミルクを自分で作れるスチームパイプが最大の特徴!他のネスプレッソマシンと比べると一際異彩を放つフォルムのモデル「マエストリア」本体重量:約5....
スポンサーリンク
スポンサーリンク

クレアティスタの上位機種!クレアティスタ・プロ

ネスプレッソ、クレアティスタ・プロ

現在国内ネスプレッソマシンのフラグシップでもあるクレアティスタ・プラス。

既に在庫が少なくなってきているのか、

ラインナップから外れている事もあります。

ラティシマシリーズとは一線を画すマシンで、

海外では既に多数のシリーズが登場済み。

その中でも、最も国内上陸の可能性が高いのがこのクレアティスタ・プロ

ネスプレッソ、クレアティスタ・プロ

マシンのフォルムはクレアティスタ・プラスとほぼ変わりませんが、

画像をご覧の様に、ディスプレイパネルが更に進化

メニューごとに画像が表示され、かなり見やすくなっています。

物理ボタンも排除され、タッチパネル式へと変更されています。

ネスプレッソ、クレアティスタ・プロ

外観だけを見ると、

クレアティスタ・プラスとの違いは殆どありません。

質感が若干良くなっている印象はあります。

クレアティスタ・プラスはどことなく試験モデルの雰囲気がありましたので、

このクレアティスタ・プロで完成度を高めた感じがありますね。

ネスプレッソ、クレアティスタ・プロ

マシンスペックはクレアティスタ・プラスとほぼ同等です。

唯一アメリカーノ機能が追加されているのですが、

これが単独でお湯を抽出出来る様になったかどうかまでは、

説明書からも読み取る事が出来ず。

北米では売り切れる程の人気の高さ。

恐らく国内登場もそう遠くないのではないかと思います。

国内登場期待度:★★★★☆

ラティシマ・ワンの進化版!グラン・ラティシマ

ネスプレッソ、グラン・ラティシマ

ラティシマシリーズはかなり多くの機種が登場してきました。

現在国内ではラティシマ・タッチプラスとラティシマ・ワンが登場済み。

完成度の高かったラティシマ・プロが終売となってしまった為、

やや寂しいラインナップになっています。

そんな中、北米・欧州では、ラティシマシリーズの最新作、

グラン・ラティシマが登場しています。

ネスプレッソ、グラン・ラティシマ

シックなデザインもさることながら、最大の特徴はこのボタンの多さ。

ネスプレッソマシンでも、最多となるボタン数になっています。

ミルクメニューが豊富なのは、ラティシマファンには嬉しいですね。

ネスプレッソ、グラン・ラティシマ

フォルムは殆どラティシマシリーズと変わりません。

少し角ばったデザインは、

今までのラティシマシリーズよりも力強さを感じます。

ネスプレッソ、グラン・ラティシマ

フォームミルクのマシン部はラティシマ・ワンと

ラティシマ・プロとのハイブリッドになっており、

ダイヤルを捻るだけで自動洗浄してくれる等、

性能的には順当に進化しています。

ただ、気になる点が1つ・・・。

このフォームミルクのミルクマシンに脆弱性があるらしく、

北米のレビューでは酷評されてしまっています。

部品点数は少なく、メンテナンスも簡単そうなのですが、

それが却って仇になっている様子です。

ラティシマの魅力はこのフォームミルクのミルクマシンがウェイトを占めているので、

致命的な欠陥になっているのかもしれません。

国内登場時には新設計の解決したバージョンになっていれば嬉しいのですが。

国内登場期待度:★★★☆☆

登場する可能性は低い?クレアティスタ・ウノ

ネスプレッソ、クレアティスタ・ウノ

北米では未発売ですが、欧州では既に登場済みなのがこのクレアティスタ・ウノ

クレアティスタの中では最も廉価なモデルとなっており、

実際にクレアティスタ・プラスと見比べると

かなり簡略化されている事が見てとれます。

ディスプレイが廃止され、ラティシマと同等のボタンになっていたり、

スチームノズルの取っ手部分がプラスチック?に換装されていたりと、

廉価モデルらしい出で立ちになっています。

価格がかなり控えめになっているので、発売すれば人気が出そうですが、

そうなるとラティシマシリーズの立場が危うくなるので、

国内登場はあまり期待出来ないかもしれません。

国内登場期待度:★☆☆☆☆

復活を熱望!ラティシマ・プロ

ネスプレッソ、ラティシマプロ

現在でも、北米・欧州共にラインナップに含まれているラティシマ・プロ

国内では既に終売となっており、

通販サイトでの在庫もやや価格帯が上がり始めています。

ラティシマシリーズのみならず、

ネスプレッソマシン全体で見ても屈指の完成度

私自身、最後までクレアティスタ・プラスとどちらにするか悩み続け、

偶々イベントで手に入れる切っ掛けがあったので、

クレアティスタ・プラスを選びました。

もし、イベントで出くわさなければ、

このラティシマ・プロを選んでいたと思います。

それ程までに、ラティシマシリーズでもずば抜けた完成度を誇り、

欠点がないと言い切ってしまって良い程のマシンだと思っています。

北米・欧州の様に、また復活すれば良いのですが・・・。

まとめ

  • クレアティスタ・プロは、クレアティスタの完成版!
  • グラン・ラティシマは賛否両論・・・
  • 廉価版とは言え、出れば人気が出そうなクレアティスタ・ウノ
  • 今だからこそラティシマ・プロの再登場を熱望!

欧州ではいち早くネスプレッソの最新モデルが登場しています。

今回取り上げた4機種以外にも、実際には様々な新マシンが登場済み。

特にエアロチーノ融合型のNespresso Atelierは中々に面白いマシン。

Nespresso Atelier 、ネスプレッソ

エアロチーノの人気が割と高い日本では多分発売されない気がしますが、

見た目のインパクトは抜群ですね。

クレアティスタ・プロはやはりという感じで、発売が待ち遠しいです。

クレアティスタ・プラスは、

フラグシップの割には洗練された雰囲気がやや少なかったので、

発売されればラティシマやクレアティスタ・プラスから乗り換える人も多い気がします。

グラン・ラティシマはミルクマシン部が北米ではかなり酷評されており、

このまま登場するのはやや考えにくいです。

クレアティスタ・ウノも国内で登場するのは時期尚早な感じもします。

出るとすればクレアティスタ・プロと同時に出て、

ラティシマファンを一気にさらっていきそうな気も。

今後、正式な新マシンの発表が本当に楽しみです。

クレアティスタ・プラスを徹底解説・レビュー!おすすめのお手入れ方法や使い方も!
2021年現在、ネスプレッソのフラグシップモデルとなっているマシン。「クレアティスタ・プラス」(以下クレアティスタ)希望小売価格71,500円と、今までのネスプレッソマシンでもトップクラスの高価格帯となって...
ネスプレッソマシン・コーヒーメーカーを徹底分析・解説その1
価格はお手頃、機能はシンプル、性能は本格派「イニッシア」オシャレな低価格モデル「イニッシア」省スペース本体重量:約2.4 kg取り外し可能な水タンク:0.6 L使用済みカプセル回収コンテ...
ネスプレッソマシン・コーヒーメーカーを徹底分析・解説その2
「ラティシマ・タッチプラス」はラテ・マキアートやカプチーノも楽しめる万能マシン!旧世代ラティシマ+からの正当進化版「ラティシマ・タッチ」その後継機がマイナーチェンジモデルとして登場「ラティシマ・タッチプラス」...
ネスプレッソマシン・コーヒーメーカーを徹底分析・解説その3
「マエストリア」はまさしくプロ仕様!フォームミルクを自分で作れるスチームパイプが最大の特徴!他のネスプレッソマシンと比べると一際異彩を放つフォルムのモデル「マエストリア」本体重量:約5....

コメント

error: