ホテルinホテル「クラブフロア・エグゼクティブフロア」~大阪~1

executive13

ホテルによっては、高階層に特別階と呼ばれるフロアが存在します。それが、

「クラブフロア・エグゼクティブフロア」です。

通常フロアと比べると数千円から数万円の違いがあり、お手頃とは呼べません
しかし、そのサービスはまさしくエグゼクティブ

多くのホテルが特別階専用のラウンジを常設し、
軽食や飲み物夜にはアルコールを含む簡単な食事まで取る事が出来ます。
勿論、料金は宿泊費に含まれているので、何も気にせずゆっくり楽しむ事が出来ます。
特別階専用のコンシェルジュが居る事もあり、
レストランの予約から、ちょっとしたサプライズのお願いまで、
様々な要望を引き受けてくれます。

こちらでは、そんな特別階「クラブフロア・エグゼクティブフロア」があるホテルをご紹介します。
特別階に泊まる事を趣味としている筆者の感想も記載しますので、
ホテル選びの参考になれば幸いです。(感想は辛口です、あくまで個人の感想です。)

当サイトの特別フロアを紹介する基準はコチラのページにて。

当サイトの特別フロアを紹介する基準
筆者は都内を中心に、ホテルの特別フロアへ宿泊するのを趣味としています。 回数は決して多くありませんが、プライベートで大体年6回のペ...
スポンサーリンク

クラブフロア・エグゼクティブフロア~大阪~1

シェラトン都ホテル大阪「シェラトンクラブフロア」

会員制度「都プラスカード」「SPG

18階にある特別フロア(一部スイート除く)
全ての部屋にスイートと名前がついているのが特徴です。
対象客室数は24室です。

サービス名 備考欄
シェラトンクラブラウンジの利用 18階
営業時間は月~木が17時~21時
金~日が11時~21時
17時~20時はハッピーアワー
アルコールやカナッペがセルフサービスで楽しめます。

通常フロアとの差はクラブラウンジのみ。
クラブラウンジとしてはかなり狭く、また提供されるものも至って普通です。
アルコール自体は基本的なものは揃っています。
カナッペはこれといった物はありません。おつまみ程度です。
部屋の広さが違いますが、通常フロアとの価格差は約2万円。
これといったサービスもない為、あくまでおまけとして考える方が無難です。

シェラトン都ホテル大阪
楽天トラベル一休じゃらんるるぶJTB

ウェスティンホテル大阪「エグゼクティブクラブフロア」

会員制度「SPG

26階以上にある特別フロア。
開業して20年、ウェスティンホテルの中では最古のホテルです。
2016年6月にリニューアルが完了したばかりです。
対象客室数は全58室です。

サービス名 備考欄
エグゼクティブクラブラウンジの利用 26階
ラウンジでのチェックイン・チェックアウト可
営業時間6時~22時
6時30分~10時は朝食
ローストビーフを目玉としたビュッフェスタイル
14時~17時はアフタヌーンティー
コーヒー紅茶をケーキやお茶菓子と共に。
18時~19時30分はハッピーアワー
アルコールとアンティパストが楽しめます。
19時30分~22時はカクテルタイム
19時30分以降はアルコールは1杯のみ無料、
2杯目以降は有料です。
バスローブやパジャマ等のアメニティ追加
フィットネスクラブ利用無料 通常4,320円
朝食サービス レストラン「アマデウス」にて
(通常3,400円)

リニューアルに伴い、ラウンジでは特徴的なサービスがいくつか追加されました。
朝食はスタンダードなビュッフェ形式。
全体的に見てもホットミールは美味しい物が多いです。
エッグステーションがない代わりに、ローストビーフが提供されます。
質も割と良質で、朝から贅沢な気分にしてくれます。
朝食はアマデウスでも取る事が出来ますが、基本的にかなり混雑している為、
ゆったり食べたい方はラウンジで朝食を取られた方が無難です。
アフタヌーンティーでは、季節のデザートが1皿提供される様になりました。
パティシエ特製で、時期によって様々なデザートが提供される為、
宿泊する際の楽しみの1つになっています。
お茶菓子はマシュマロやスコーン等数点のみ。質は至って普通です。
このラウンジではハッピーアワーの時間帯のみ、アルコールを自由に楽しめます。
19時30分以降のカクテルタイムになるとアルコールは1杯のみ無料、それ以降は有料になります。
また、フード類も殆ど下げられる為、やや使い勝手は悪いです。
アルコールに関しては、ウェルカムシャンパンはあるものの、全体的な質は今一つ。
フードも種類はそこそこありますが、特筆すべき点はありません。
ホットミールもない為、アルコールが楽しめない方にはやや辛いかもしれません。
ラウンジの広さはそこそこありますし、回転率も早い為、
週末以外であればそこまで混雑する事もないかと思います。
通常フロアとの価格差は約17,000円~と中々の開き具合。
フィットネスクラブを利用するのであれば、それなりにお得感はありますが、
やはり朝食以外の質が気になります。
もう少し価格差や価格帯が下がれば、様々な使い方もし易く、
コンシェルジュの質も総じてホテル内で最高レベルなので、
かなりオススメ出来る特別フロアになるのですが・・・。

ウェスティンホテル大阪
楽天トラベル一休じゃらんるるぶJTB

大阪マリオット都ホテル
「アッパーフロア(一部)&コンフォートフロア&クラブフロア」

会員制度「マリオットリワード」「都プラスカード

38階、50~55階にある特別フロアです。(アッパーフロアは一部のみ
2014年にあべのハルカス内で開業したばかりのマリオット&都ホテルのダブルネームです。

サービス名 備考欄
クラブラウンジの利用 38階
ラウンジでのチェックイン・チェックアウト可
営業時間6時~24時
6時~10時30分は朝食
7時まではコンチネンタルブッフェ。
7時からはアメリカンブッフェです。
10時30分~14時30分はティータイム
コーヒー・紅茶・お茶菓子が楽しめます。
14時30分~17時はアフタヌーンティー
ティータイムにプラスしてケーキやサンドイッチ等も加わります。
17時30分~19時30分はカクテルタイム
この時間から21時30分までアルコールが提供されます。
アルコールと共にホットミールを含めたオードブルが楽しめます。
19時30分~21時30分はバータイム
この時間から小学生以下のお客様はラウンジを利用出来ません。
21:30~24:00 ティータイム
コーヒー・紅茶・お茶菓子が楽しめます。

基本的にはクラブラウンジの利用のみです。
ラウンジは大阪のクラブラウンジの中でも1,2を争う広さです。
対象客室も多い為、混雑は必至ですが、それを補う広さがあります。
また、その広さの分、どの時間帯も食べ物や飲み物の種類は素晴らしいです。
ここまで種類が充実しているクラブラウンジはあまりないのではないでしょうか。
唯一、7時までのコンチネンタルブレックファストはエッグステーションがない等、
品数が限られていますが、その他の時間帯は素晴らしい品数です。
提供される物の質自体は至って普通なのですが、
ここまで種類が豊富だと関係なくなってしまいますね。
通常フロアとの価格差は1万5千円~2万円程。価格差を考えると中々悩ましいです。
ラウンジが比較的混みづらい、平日であれば、選択肢の1つとして如何でしょうか。

大阪マリオット都ホテル
楽天トラベル一休じゃらんるるぶJTB

コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション「エグゼクティブフロア」

会員制度「マリオットリワード

17・18階にある特別フロア。
2015年11月に出来たばかりのホテルです。
2016年6月から朝食が「LAVAROCK」での提供に変わりました。

courtyard-marriott-sinosaka02

画像出典:marriott.co.jp

サービス名 備考欄
エグゼクティブラウンジの利用 19階
営業時間6時~24時
6時~17時30分はライトミール
軽食やソフトドリンクが常備されます。
17時30分~21時30分はカクテルタイム
アルコールやカナッペ類が提供されます。
また、19時30分からはカナッペ類の一部が下げられます。
21時30分~24時はナイトスナック
アルコールが下げられ、ソフトドリンクと一部スナックのみになります。
朝食サービス 3階ロビーフロア「LAVAROCK」にて
お部屋にネスプレッソ

主なサービスはエグゼクティブラウンジ。
カクテルタイム以外は特に書く事はありません。
提供されるものは至ってシンプルで、これと言った拘りも感じません。
カクテルタイムアルコールの種類は豊富です。質も割と良好
カナッペ類の種類は少し増加した模様ですが、質は変わらず平均的。
混雑の割に提供される量は控え目なので、滞在時期には注意が必要です。
通常フロアとの価格差は5,000~1万円程。
価格帯がオープン当初に比べると大分落ち着いてきました。
朝食も無料でいただけますし、
この価格帯なら、週末でなければ十分候補に入れて良いのではないでしょうか。

コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション
楽天トラベル一休じゃらんるるぶJTB

ザ・リッツ・カールトン大阪「クラブフロア」

会員制度「リッツカールトンリワード

33~35階にある特別フロア。
2017年6月にリニューアルが完了する予定です。
下記情報はリニューアル前の情報ですのでご了承ください。

サービス名 備考欄
クラブラウンジの利用 34階
ラウンジでのチェックイン・チェックアウト可
コンシェルジュサービス有
営業時間7時~22時
7時~10時は朝食
ブッフェスタイルです。
11時~14時はお昼の軽食
ホットミールも含めたオードブルも
14時30分~16時30分はアフタヌーンティー
リッツカールトン名物の3段トレイや紅茶も楽しめます。
17時~19時30分はオードブル
多数のオードブルをアルコールと共に。
20時~22時はナイトキャップ(スイーツタイム)
オードブルの一部は下げられ、代わりにスイーツやフルーツがメインに

ホテルインホテルの代表格。東京とは一味違う雰囲気です。
主なサービスはクラブラウンジの利用です。
絢爛豪華な内装とは裏腹にサービスや質の低下が見えます。
アフタヌーンティーの3段トレイも別段美味しい物がなく、
各時間帯、食べ物、飲み物共に種類は多いのですが、質は至って平均的な印象です。
また、閑散期には量、質共に低下が見られるのが残念。
ラウンジは混み合う事が多く、平日でも待つ事になる場合も。
コンシェルジュの方々の頑張りは見える物の、様々な面で追いついていない感じです。
通常フロアとの価格差は1万5千円~2万円程。現状では残念ながらオススメし辛いです。
2017年1月から同年6月まで改装される事が決まりました。
個人的には、やはりリッツ第一号としてファンも多いですし、
絢爛豪華な内装とサービスが合致する様なホテルになる事を心から願っています。

ザ・リッツ・カールトン大阪
楽天トラベル一休じゃらんるるぶJTB


TOP