気になるホテルニュース・キャッチアップ2020年9月17日号

どんなレビュー・口コミを一番参考にしますか?
NEWS
NEWS

ワーケーションプランを提供するホテルが徐々に増えてきましたね。

人気も上々の様で、固定ファンも出来てきているそうです。

在宅ワークが多いこのご時世ですが、在宅ワークし続けるのも限界がある様で、

気晴らしにワーケーションを利用する方もいらっしゃるそう。

ホテルも大分多様化が進んできて証拠ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

賃貸アパート並みの価格でホテル暮らし!?東急ステイ1ヶ月連泊プラン!

東急ステイに1ヶ月連泊でき、しかもその価格が驚く程お手頃と、

中々に見逃せないプランをグッドルーム株式会社が展開しています。

全国35の東急ステイでこのプランは展開されています。

勿論、東急ステイは元々長期滞在のゲストも多い為、洗濯乾燥機や電子レンジが備え付け。

「ホテルに泊まる」から「ホテルで暮らす」がより手近になりますね。

グッドルームでは、東急ステイだけでなく様々なホテルの長期滞在プランが展開されています。

東京では58,000円~この1ヶ月プランが展開されています。

東京都以外なら何とGo To トラベルキャンペーンも併用出来る場合があるそうで、

驚く程お手頃な価格帯で1ヶ月「ホテルで暮らす」が実現出来てしまいます。

出張族でない限り、中々ホテルで暮らす事はありませんが、

予算が合えば、ホテルで暮らしてみたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私は是非予算さえ合えば、1度やってみたいなと思います。

スポンサーリンク

ホテルインディゴ軽井沢が2022年春開業へ。

日本で3軒目となるホテルインディゴが軽井沢に誕生します。

軽井沢駅からは約2km。客室は全155室と標準的な数に。

3つのウィングに分かれており、オールデイダイニングやスパ、フィットネス施設も予定。

具体的なレストラン数等はまだ未発表ですが、既に開業している強羅を参考にすると、

用途の広いオールデイダイニングがフロア毎に様々な役割を果たしそうですね。

場所柄、温泉の有無も気になるところ。

これは続報が楽しみです。

スポンサーリンク

ISHINOYA熱海が9月16日開業

会議室でお馴染みのTKPが展開するラグジュアリーホテル。

石のやに新しい仲間が誕生。それがISHINOYA熱海です。

JR熱海駅からはクルマで10分と、公共交通機関を使う場合はやや厳しめですが、

送迎サービスもあるとのこと。

客室は全34室。

TKPらしく会議室も3室ある他、露天温泉大浴場、貸切温泉風呂、

レストラン・バー、カラオケ、フィットネスが付帯施設に。

注目すべきは5つもあるラウンジ。

ドリンクサービス等があるのかどうかは不明ですが、

これだけ沢山のラウンジがあるホテルも珍しい。

どれも24階以上と高階層で景色も良さげ。

価格帯は1万円後半~と思っていたよりはお手頃価格。

豪華なホテルではありませんが、お部屋でゆったりするには丁度良いかもしれません。

スポンサーリンク

メルキュール京都ステーションが9月16日に開業へ

京都らしさを全面に打ち出したメルキュール京都ステーションが開業します。

客室は全225室と中々の多さ。

カラフルで雅な内装が最大の特徴。

レストラン・バーもしっかりと完備。

ゲスト専用のラウンジも、京都らしさが端々に感じられます。

客室はフロア毎にテーマが分かれていて、調度品の違いが楽しめます。

京都駅からは徒歩8分。

そこまで遠くなく、少し歩く分、京都らしさを感じられる街並みも楽しめます。

価格帯は7,000円前後~と思いの外リーズナブルな価格帯でのスタートに。

最近アコーホテルズは少しずつ国内への勢力を伸ばしてきていますね。

会員制度もあるので、是非そちらもチェックを。

スポンサーリンク

三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺が9月28日に予定通り開業へ

予てから開業を予定していた三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺が無事予定通り開業へ。

何と言っても、お寺と一体になったホテルというコンセプトが目を惹きます。

京都河原町駅から徒歩1分と抜群の利便性。

祇園四条駅からも徒歩7分圏内となっています。

全167室。レストランに大浴場が付帯施設となっています。

アクティビティとして「朝のお勤め体験」が出来る等、

お寺をふんだんに活かしたアクティビティが今後も期待出来そうです。

スポンサーリンク

グランドプリンスホテル京都がザ・プリンス京都宝ヶ池にリブランド。10月9日オープンへ

グランドプリンスホテル京都がリブランドでザ・プリンスへと改名。

ザ・プリンスはプリンスホテルのフラグシップブランドとなっており、

現在は全国に5ホテルのみ。

6軒目となるのがこのホテルで、西日本で初のザ・プリンスになります。

更に、リブランドに際し、オートグラフコレクションへの加盟も表明。

これにより、マリオット経由での予約も出来る様に変わりました。

地元らしさをより強く押し出し、京野菜を活かしたメニューを幅広く展開。

朝食も地元食材に拘ったメニューへとなる様です。

基本的な施設に変更は無さそうですが、

こちらには2017年に誕生したばかりのロイヤルラウンジもあり、

当サイトでも中々の高評価としてレビューしています。

ザ・プリンスになる事で、より一層のサービス拡充が期待出来るかもしれませんね。

コメント