ホテルレビュー依頼やお仕事に関してはこちら

頑張れ熱海!ホテルへ旅して復興支援!様々な魅力がたっぷり詰まった温泉地熱海特集!季節問わず楽しめる観光地やホテルを選抜しておすすめ!

熱海

都心からも程近く、温泉地としての知名度は全国でも指折りに入る観光地

「熱海」

海も、山も、見所も沢山ある観光地なのですが、

観光客は減少の一途を辿っていました。

しかし、現在は、ラグジュアリーホテルや高級旅館等の台頭の他、

熱海市役所 観光推進室の尽力もあってか、

観光客や宿泊客はV字回復を遂げようとしています。

今回はそんな熱海の楽しみ方を見ていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

熱海の魅力・海岸沿い編 海岸沿いには有名高級ホテルが一堂に会する!ドライビングするのも楽しいスポットが沢山!

熱海
熱海市観光協会から

熱海の魅力。

まずは海岸沿いから見ていきましょう。

有名なスポットとしては、熱海サンビーチが挙げられます。

外国の高級リゾートの様な雰囲気があり、観光客にも大人気のスポットです。

夏期にはライトアップもされ、幻想的でムード満点な景色にもなります。

熱海

老若男女問わず人気が高いのは、「熱海遊覧船 SANREMO」です。

遊覧時間は30分と、気軽に楽しめる遊覧船。

海中展望室で魚を眺める事が出来る他、

カモメに餌付け体験も出来たりと、30分があっと言う間に過ぎます。

3つのコースからどの遊覧コースになるかは時間帯によってランダムに変更。

波や風向きによって決まる為、行く度に新鮮さがあるかもしれません。

他にも、食事に関しては熱海でも屈指の人気店が揃っています。

海が近いだけあって、お魚が美味しいお店が人気。

ですので、車で熱海観光をする際は、是非海岸沿いを走る、

国道135号線をドライビングする事をおすすめします。

この海岸線沿いには、高級ホテルが一堂に会しているのも注目すべきポイント。

ここからは、私イチオシの熱海海岸線の高級ホテルをご紹介。

ATAMI 海峯楼 客室数僅か4室!熱海で外す事の出来ない超人気ホテル!

ATAMI 海峯楼

熱海の高級ホテルで外す事の出来ないホテルと言えばやはりATAMI 海峯楼

ふふ熱海と同じカトープレジャーグループが運営する

客室数僅か4室のみという非常にプライベート感の高いホテルです。

上記写真のウォーターバルコニーは、4室あるうちの

誠波もしくは風科に宿泊の方限定で、コチラで1日1組限定の食事を楽しめます。

食事の時間帯以外は、宿泊者なら自由に利用出来るので、

絶好の撮影スポットにもなっています。

ATAMI 海峯楼

客室によって価格帯が大きく違うのですが、

リーズナブルな客室でも十分満足出来ると思います。

このホテルの魅力は食事と宿泊客が少ないゆったりした雰囲気だと思いますので、

お手頃な価格帯の時に宿泊する事をおすすめします。

歴史も長く、やや経年劣化が気になるホテルなので、

和室よりも洋室の方が全体的には満足度は高めになるかと思います。

THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海 ひらまつ2軒目のホテル。極上の温泉と食事を両方楽しみたいなら

ひらまつ熱海

当サイトではあまり扱わないオーベルジュスタイルのホテル。

有名レストランひらまつの2軒目となるホテル&リゾートです。

高台に位置している為、食事をしながらも相模湾をゆったりと眺める事が出来ます。

ひらまつ熱海

ハイライトとなるのはもちろん、ひらまつらしい極上の食事

熱海の新鮮な魚介類は勿論のこと、選りすぐりの食材を使った、

クラシカルなフランス料理を堪能出来ます。

豊富なワインも魅力的で、料理に合わせたペアリングをお願いする事も勿論可能。

熱海では屈指の高価格帯オーベルジュとなっているので、

特別な日の利用がおすすめです。

ひらまつ熱海

客室のお風呂は全室温泉風呂となっているのも嬉しい点。

何とも変わった造りになっている客室ですが、

特別感を演出するのにこちらも1役買ってくれます。

熱海の魅力・山側編 海岸線とは全く違う魅力的且つ個性的なホテルが揃う!美術館やパワースポット巡りも!

來宮神社

熱海の山側でおすすめしたいのが、来宮神社

JR熱海駅からはバスやタクシーで、来宮駅からなら歩ける距離なので、

お散歩がてら、気軽に立ち寄れるスポットです。

熱海でも有数のパワースポットでもあり、

縁結びの神様として、全国から来訪者が足を運ぶ場所です。

來宮神社

こういった神社としては珍しく、御神木をライトアップすることも。

ライトアップは木霊をイメージしているそうで、

実に神秘的な光景となっています。

熱海城

定番中の定番ではありますが、「熱海城」もやはりおすすめスポット。

天守閣からの眺めは、お城らしい絶景が待っています。

1階には足湯もあったりと、観光地らしい寛げるスポットも。

ご家族での来訪なら、別館にあるトリックアートへ立ち寄ってみるのも楽しいです。

熱海城とセットで少しお得なチケットを購入出来るので、

立ち寄る際は予めセット価格の入場チケットを購入する事がおすすめ。

MOA美術館

私が一番おすすめしたいスポットは「MOA美術館

絶景と美術品を併せて楽しむ事が出来ます。

常設展だけでなく、他の美術館ではあまり見ない様なイベントが

定期的に開催されています。

ランチを取るのにやや困る場所なので、

お昼ご飯を別の場所で少し早い時間帯に食べてから向かい、美術品を堪能し、

最後にカフェで景色を楽しみながら小休止するコースが特におすすめです。

ATAMI せかいえ 熱海屈指の超人気ホテル!山と海の狭間にある極上リゾート

ATAMI せかいえ

こちらもふふ熱海と同じカトープレジャーグループが運営するATAMI せかいえ

山側の高台にある為、高階層からなら抜群の眺望を誇ります。

客室やテラスからの景色は、このホテルならではの絶景。

ATAMI せかいえ

全室源泉かけ流しの露天風呂が備わっているので、

思わず1日に何回もお風呂を楽しみたくなります。

客室は高級ホテルらしい調度品や造りになっており、特別感が感じられます。

ATAMI せかいえ

ATAMI せかいえで一番頭を悩ませるのが滞在中の料理。

魚が中心の日本料理か、肉が中心の鉄板焼の2択となっており、

どちらも甲乙付け難いこのホテルのハイライトとなっています。

2泊して別々のレストランを利用するといったプランが無い為、

それが余計に頭を悩ませます。

個人的には、ディナーと朝食で趣きが少し変わる日本料理を選択する方が、

リーズナブルですし満足度も高いと思っています。

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド MOA美術館にも程近い、ホテル系オーベルジュ

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド

旧「オーベルジュDenナチュレ」からリブランドオープンしたのが

「ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド」

客室数全16室。

オーベルジュらしいホテルレストランはそのままに、

高級ホテルらしさも加わって、使いやすいホテルになりました。

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド

大浴場もあるのですが、おすすめは源泉かけ流しの露天風呂付客室。

2人で入浴しても十分な広さがある他、

ホテル自体が、遮るものが少ない高台に位置している為、

階層そのものは低くとも、景色は抜群。

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド

勿論、露天風呂付でない客室であっても十分満足度は高いです。

割と気軽に露天風呂付客室を選択出来る差額なので、その点は悩ましいかも。

宿泊するならディナーもホテルレストランで予約する事を強くおすすめしたいので、

初来訪なら一番リーズナブルなビューバス付きが良いかと思います。

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド

元オーベルジュだけあって、やはりハイライトはホテルレストラン。

ここでは最高の景色と最高のフレンチを楽しむ事が出来ます。

料理に関しては本当に素晴らしく、

和食のエッセンスを取り入れたフレンチは、どこかホッとする味にも。

唯一送迎サービスがなく、車移動ではない場合、

どこへ行くにもタクシー移動を余儀なくされる点のみが欠点ですが、

それを差し引いても満足度の高いホテルだと思います。

まとめ

  • 海側も山側も魅力たっぷりの熱海!
  • オーベルジュや高級ホテルが挙って集まる国内でも珍しい観光地に!
  • 海側は気軽に美味しい海の幸が楽しめるのでリーズナブルに楽しめる!
  • 山側は隠れ家レストランやおこもりステイ向きなホテルが沢山!

伊豆山の土砂災害により、観光客が激減してしまっている熱海。

メディアでよく取り上げられた為、伊豆山全体が危険なイメージになっていますが、

実際には今も変わらず通常営業している観光スポットも数多いです。

直接的支援にはなりませんが、

ホテルへ宿泊したり地元のレストランで食事をする事によって、

間接的支援になりますし、復興の進展具合が全然変わってきます。

移動手段はちょっと限られてしまい、何かと大変なのですが、

コロナ禍が落ち着いた折には、是非一度足を運んでみては如何でしょうか。

海側は地元レストランが多く揃っており、

海の幸をリーズナブルで楽しめる評判の良いお店も多いです。

また、どちらかと言えば海側の方がホテルの滞在費もリーズナブル。

食事を地元レストランで取って、ホテルを少し豪華な場所にするなんて方法も。

観光名所も多いですし、初めて熱海に行くなら是非海側がおすすめです。

一方、山側はおこもりステイ向きなホテルが多く揃っており、

記念日に伺うには絶好のホテルだと思います。

食事にやや困る立地なホテルが多いので、

ランチは地元で評判の良い場所を見繕っておき、

ディナー付きの宿泊プランで予約するのがポイント。

連泊時には、ランチ提供の有無を事前に確認する事も大切です。

コメント

error: