近日中にホテルイベントのニュースをスタートします。

[クラブフロア]おすすめ・比較8選~北海道・東北・甲信越~

ホテルアンケート
当サイトにどんな情報があると嬉しいですか?
  • 回答を追加する

ホテルによっては、高階層などに特別なフロアや客室が存在します。

「クラブフロア」

通常フロアと比べると数千円から数万円の違いがあり、お手頃とは呼べません

しかし、そのサービスはまさしくエグゼクティブ

多くのホテルがクラブフロアラウンジを常設し、

軽食や飲み物夜にはアルコールを含む簡単な食事まで取る事が出来ます。

勿論、料金は宿泊費に含まれているので、何も気にせずゆっくり楽しむ事が出来ます。

クラブフロアコンシェルジュが居る事もあり、

レストランの予約から、ちょっとしたサプライズのお願いまで、様々な要望を引き受けてくれます。

こちらでは、そんな「クラブフロア」があるホテルをご紹介します。

クラブフロアに泊まる事を趣味としている筆者の感想も記載しますので、

ホテル選びの参考になれば幸いです。(感想は辛口です、あくまで個人の感想です。

当サイトのクラブフロアを紹介する基準はコチラのページにて。

スポンサーリンク

札幌パークホテル「エグゼクティブフロア」

公式HP

会員制度「グランビレッジ

ホテル最上階10階にあるクラブフロア。テーマは「Park in Park

その名の通り、パークホテルの中のパークホテルという意味ですね。

対象客室数は僅か16室のみです。

2023年にはヒルトン札幌パークホテルとして建替え予定。

画像出典:一休.com
サービス名備考欄
客室冷蔵庫内ドリンクフリー 
ビデオ・オン・デマンド視聴無料 
朝刊・夕刊サービス客1紙ずつ無料 
駐車料金無料通常1滞在1,030円
バスアメニティセットオムニサンス、エトロから選択
朝食無料サービス通常2,500円
テラスレストラン「ピアレ」、
日本料理「なだ万雅殿」、
ルームサービスのいずれか選択可能
デザートセットサービステラスレストラン「ピアレ」にて、
デザートとドリンクのセットが
1泊につき1回利用出来ます。
11:30~20:30のみ
ワンドリンク&オードブルサービス「パーククラブ」にて、
ワンドリンクとオードブルのセットが、
1泊につき1回利用出来ます。
ビジター料金も無料になります。

2017年にサービスの大幅拡充が施されました。

以前のサービスだとかなり貧弱なサービスだったのでこれは大変喜ばしいです。

朝食無料、デザート、会員制バーでのワンドリンク等、滞在を素敵にするサービスが増えました。

エグゼクティブラウンジが

通常フロアとの価格差は依然変わらず大体2倍程。

価格帯は最低価格でも40,000円代と、北海道のホテルでもかなり高め。

部屋の広さは通常フロアと比べると広いですが、

価格差を埋められる程のサービスになったかと言われるとやはり難しいです。

スポンサーリンク

センチュリーロイヤルホテル「エクスクルーシブ・フロア・ブラン」

公式HP

18階にあるクラブフロア。全ての部屋が58㎡以上という贅沢な造り。

また、特別階のサービスもやや独特です。

対象客室数は僅か12室です。

画像出典:一休.com
サービス名備考欄
ネット接続無料 
ビデオ・オン・デマンド無料 
専用バスローブ 
専用パジャマ 
駐車料金無料 
ロクシタン・バスアメニティセット 
冷蔵庫内ドリンクフリー 
朝刊・夕刊サービス 
朝食無料通常2,700円

ラウンジ等の定番サービスはないですが、フロア自体に拘りを持っているのが好印象。

30,000円弱とややお値段が張る為、気軽に利用出来ないのは少々残念かもしれません。

通常フロアとの価格差も約1万5千円~と、悩ましい差です。

スポンサーリンク

クロスホテル札幌「クロスフロア」

公式HP

15階~17階に位置するクラブフロア。

ビジネスユースにも応えるホテルだけあって、シングルルームも完備されています。

対象客室数は33室です。

2019年春にリニューアルが施されています。

画像出典:一休.com
サービス名備考欄
バスアメニティセットTHANN・ila・Miller Harrisの3種から
ウェルカムドリンクとスイーツ 
バスローブが追加 
ミル、フレンチプレス、ブレンドコーヒーが追加 

一般的なクラブフロアを想像すると肩透かしを受けるかもしれません。

どちらかと言うと通常フロアからワンランク上の「アッパーフロア」近い印象です。

通常フロアとの価格差は3,000円前後~と、サービスが刷新された事に合わせ、

差額もかなり少な目になりました。

客室の広さ等は変わらない為、単純に快適に過ごすか否かで決めていいかと思います。

スポンサーリンク

登別グランドホテル「エグゼクティブフロア」

公式HP

戦前から続く歴史あるホテル「登別グランドホテル」

2014年に新設された7階の「エグゼクティブフロア」は、あまり類を見ない特別階になっています。

対象客室数は僅か11室のみです。

画像出典:一休.com
サービス名備考欄
3階専用ダイニング「華扇」での夕食・朝食エグゼクティブフロアの宿泊者専用です。
専用バスセットバスローブ・アメニティがエグゼクティブフロア専用の物になります。

こちらも、クラブフロアというよりは、普通に上級なお部屋という感じ。

プランによっては「華扇」での食事を、通常のレストランでの食事に変える事も出来ます。

(「華扇」でのプランよりも約6,000円安いです。)

折角宿泊するのであれば、絶対に「華扇」にて食事を取った方が楽しいと思います。

スポンサーリンク

札幌グランドホテル「Grand in Grand」

公式HP

会員制度「グランビレッジ

札幌駅に直結する「札幌グランドホテル」の本館4階

こちらも創業80年を超える老舗ホテルです。

「ホテル・イン・ホテル」を謡うクラブフロアです。

対象客室数は僅か15室です。

画像出典:一休.com
サービス名備考欄
エグゼクティブラウンジの利用本館4階
営業時間9時~22時。
ラウンジでのチェックイン・チェックアウト可。
コンシェルジュサービス有。
10時~17時はティータイム。
ソフトドリンクやケーキ・お菓子が愉しめます。
17時~21時30分はアルコールタイム。
アルコールやオードブルも愉しめます。
アメニティ追加BVLGARI オ・パフメ オーテルージュ、
プライベートラボ ジャムレーベル
(シャンプー&コンディショナー)、
バスローブ、
2ピースパジャマ
朝食無料通常2,800円
ルームサービスも可
ヒーリングコート レノックスの利用サービス
&エステ20分無料
ジム&サウナです。
通常2,000円
冷蔵庫内ドリンク無料+ウェルカムワインハーフボトル
ターンダウンサービス
朝・夕刊1紙サービス

こちらのエグゼクティブラウンジは、朝食は対象外。

朝食はレストランで取る形になります。

北海道にあるホテルの中では随一のサービスを誇るクラブフロアです。

ジムの無料もあり、クラブフロアとしては比較的標準的なサービスモデルかと思います。

アメニティは豪華ですし、品数こそ少な目ですが、クラブラウンジの質は割と良好。

問題はその凄まじいまでの価格差。一番リーズナブルな通常フロアとの差は約4万円。

次に豪華なコンフォートフロアと比べても約3万円の価格差。

北海道のホテルのクラブフロアとしては最もサービスが充実しているクラブフロアなのは間違いありませんが、

価格差も宿泊費もトップクラス。

滞在費そのものは50,000円代を優に超えます。

スポンサーリンク

ホテルWBF札幌ノースゲート「デラックスフロア」

公式HP

10~12階に位置するクラブフロア「デラックスフロア」

このホテルでダブルルームがあるのは、このデラックスフロアのみです。

対象客室数は約40室です。

画像出典:一休.com
サービス名備考欄
デラックスフロア専用ラウンジ2階
営業時間7時~23時
北海道限定サッポロクラシック等の
アルコール含むすべてのドリンクがフリー
日替わりでおつまみや銘菓も楽しめます。
(セルフサービス)
ビデオ・オン・デマンド無料 
冷蔵庫内ドリンク無料&銘菓付き 
朝刊サービス日経・北海道・北海道スポーツから1紙
加湿空気清浄機完備 

こちらも、クラブフロアというよりは、上級プランの印象が強いですね。

セルフサービスではあるものの、アルコールも含めたドリンクが無料なのは嬉しい所。

お酒が好きな方には一転してお得度が高くなります。

また、以前よりソフトドリンクも充実しており、リンゴやブドウジュースが美味しいです。

ビジネスユースが基本のホテルなので、通常フロアとの価格差も約2,000円と小さめ。

比較的気軽に利用出来るのは有り難いですね。

コメント