アコーホテルズがコロナウィルスに対する方針を発表。会員ステータス維持の救済措置

どんなレビュー・口コミを一番参考にしますか?

現段階では暫定的なものとなっていますが、

アコーホテルズもコロナウィルスに関する方針を発表しています。

今回はアコーホテルズの発表をみていきましょう。

※4月18日付けで内容更新済み

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あくまで暫定的ですが必要ポイント数と宿泊数が50%付与?

アコーホテルズの会員資格「ALL」は

宿泊数もしくはポイント数で上級会員資格が決まってきます。

シルバー会員なら10泊もしくは800ユーロ以上の宿泊料金、

ゴールド会員なら30泊もしくは2800ユーロ以上の宿泊料金、

プラチナ会員なら60泊もしくは5600ユーロ以上の宿泊料金、

最上級となるダイヤモンド会員は宿泊数は対象外となっており、

10400ユーロ以上の宿泊料金でなる事が出来ます。

発表されている暫定的なものが仮に適用された場合、

これ等の宿泊数や宿泊料金が50%、つまり半分で済む様になります。

イマイチ判り辛い暫定的発表内容・・・

あくまで暫定的なので仕方ありませんが、

例えば、現時点でシルバー会員の人が今年ゴールド会員を狙う場合に、

15泊か1400ユーロ以上でゴールド会員になれるのか、

それとも現時点で保持しているシルバー会員を達成する場合のみ、

5泊や400ユーロで済む様になるだけなのか、イマイチ判り辛いです。

この辺りは、いずれ発表されるかと思います。

スポンサーリンク

2020年5月31日宿泊分まではキャンセルや変更が無料に

他のホテルグループと同じく、

現状キャンセル不可や返金不可の予約に対しても、

5月31日宿泊分まではキャンセルや変更が無料になりました。

以前は様々な条件下のみ予約の変更が可能でしたが、

4月10日付けで現在の様などのプランの予約でも変更やキャンセルが可能になりました。

スポンサーリンク

まとめ

  • あくまで暫定的ですがエリート会員資格は維持が楽に?
  • 5月31日宿泊分まではキャンセルや変更が無料

以上はあくまで暫定的で、

未だ現場が混乱している様子が伺い知れます。

アコーホテルはいつの間にか会員制度の名前が変わっていたのですね。

私自身が殆ど利用しない為、今回のニュースで初めて知りました。

国内では徐々に新規開業のホテルが増えてきており、

特徴的なのが既存のホテルにもクラブラウンジが誕生している点。

アコーホテルの正念場はまだ始まったばかりです。

コメント