[ネスプレッソ]おすすめのネスプレッソカプセル(グラン・クリュ)「ルンゴ」

ホテルアンケート
どんなホテルのイベントなら参加したいですか?(回答追加も可能です)
  • 回答を追加する
スポンサーリンク

ネスプレッソカプセル「ルンゴ」とは

ルンゴ(110ml)用に選ばれた種類です。

その名の通り、ルンゴで飲む為にブレンドされています。

ネスプレッソが定める味わいの強さは4~9

普段コーヒーを主に飲まれる方は、こちらから試飲してみるのも良いかと。

ミルクメニューにすると、味わいが弱いカプセルだとややインパクトに欠ける為、

やはりそのままルンゴで飲む事をオススメします。

スポンサーリンク

エンヴィヴォ・ルンゴ

画像出典:公式HP

産地:インド産、メキシコ産

味わいの強さ:9

香り:木、ジンジャーブレッド、カラメル

特徴:2016年6月登場の新レギュラーカプセル。

ルンゴで最も味わいが強く、風味豊かな香りが特徴的。

香りが強く、味わいもスッキリしています。

後味にもジンジャーがしっかりと残ります。

氷を加えて、アイスコーヒー代わりにも。

スポンサーリンク

フォルティシオ・ルンゴ

産地:西インド産、コロンビア産

味わいの強さ:8

香り:穀物・麦

特徴:ルンゴながら爽やかでキレの良い味わいが特徴。

麦を思わせるほのかな香りも。

ミルクと合わせても味が強い為、美味しく楽しめます。

ルンゴ(110ml)で抽出の後、ミルクをやや少なめに加えるのがオススメです。

アイスメニューにしても爽やかな味わいと力強さがあり、美味しいです。

スポンサーリンク

ヴィヴァルト・ルンゴ

産地:東アフリカ産、エチオピア産、コロンビア産、他

味わいの強さ:4

香り:スパイシー、穀物、花

特徴:非常に複雑な香り・味わいです。

4種類以上の豆がブレンドされている為、飲んだ人の体調や室温によって様々な味に変化します。

特徴を捉えるのが非常に難しいカプセルです。

後述のヴィヴァルト・ルンゴ・デカフェの元にもなっています。

スポンサーリンク

リニツィオ・ルンゴ

産地:コロンビア産、ブラジル産

味わいの強さ:4

香り:麦芽、穀物

特徴:酸味・苦味・香り共に控え目で非常に安定したカプセルです。

普段癖の少ないコーヒーを飲まれる方は、このルンゴカプセルがその代わりになるかと思います。

アイスメニューにはやや向かないかも。

氷が解けた後だと味わいが弱く香りも冷えるとどんどん感じ辛くなる為、

やはりルンゴでそのまま飲む事をおすすめします。

スポンサーリンク

おすすめのネスプレッソカプセル(グラン・クリュ)は「フォルティシオ・ルンゴ」

どのルンゴカプセルも、どう楽しむかによってオススメのカプセルが変わってきます。

そのままルンゴサイズで飲まれる方にはリニツィオ・ルンゴがオススメです。

香りも癖がなく、味はまろやかで非常に飲みやすいです。

しかし、ルンゴを選ぶ方はコーヒーの代用品として選ぶ方も多いかと思います。

その為、アイスメニューやミルクメニュー、ルンゴサイズよりも多い量で飲む事も考えると、

薄まっても味や香りを主張するカプセルが好ましいです。

フォルティシオ・ルンゴは、香りこそやや弱いものの、

その味に関しては薄まっても非常にしっかりしており、美味しく楽しめます。

アイスメニューにしてもコーヒーらしさが最後まで残るのも良いですね。

コメント