都内ホテルのコロナウィルス情勢はコチラ

累計PV数100万PVを突破!

2016年に開設した当サイト。

コンセプトや記事の書き方等、徐々に変わってはきましたが、

何とか開設して3年が経過しようとしています。

そんな中、当サイトの累計PV数がついに100万PVを突破しました。

スポンサーリンク

現在は月間PV数3万を安定して記録

サイトを開設した際の、1つの目標として掲げていた累計100万PV

更新頻度も少なく、かなり尖ったサイトにも関わらず、

多くの方にご覧いただき、本当に嬉しく思っています。

月間PV数は3万PVを安定して記録する様になり、

サイトを運営していく励みにもなっております。

スポンサーリンク

思いの外、反響が少ない宿泊記・・・

私としては珍しく、この1ヶ月は宿泊記を掲載してみました。

ANAインターコンチネンタルホテル東京のアクセス数が割と伸びているので、

宿泊記はやはり見たい方も多いのかと思っていたのですが・・・

六本木ホテルS宿泊記はそこそこ人気

六本木のデザイナーズホテル「六本木ホテルS」の宿泊記。

超お得な価格で宿泊しましたが、概ね満足度の高いホテルでした。

デザイナーズホテルらしさが感じられる客室にも、機会を設けて宿泊してみたいですね。

別邸海と森宿泊記

私のリフレッシュ旅行を記録した「別邸海と森」の宿泊記。

公開当初から殆どアクセスがなく、かなり衝撃的でした。

写真も多く、内容も細かく書いているのですが、

そもそも当サイトをご覧になる方が利用するホテルは殆どない地域なのもあって、

もしかすると、そこまで興味を抱かれないのかもしれませんね。

ヒルトン東京お台場宿泊記

安定した人気がある「ヒルトン東京お台場」の宿泊記

今回のプチ感想ではそこまで大きく取り上げませんでしたが、

朝食の質の低下にはかなり疑問を抱いています。

こちらは、公開直後からアクセスの伸びもそれなりに良く、

やはりホテルそのものの人気の高さが伺えます。

私も苦言を呈してはいますが、やはり好きなホテルの1つなのは言うまでもなく、

気軽に使いたいホテルの筆頭で、少ないながら年2~3回は必ず宿泊しています。

ヒルトンの中ではお手頃な価格帯なのが嬉しいですね。

ホテルメトロポリタン仙台イースト宿泊記

公開当初から殆どアクセスが伸びなかった「ホテルメトロポリタン仙台イースト」の宿泊記。

元々はウェスティンホテル仙台に宿泊を検討していたのですが、

予算の関係上、宿泊が厳しく、急遽予約したのがこちらのホテルでした。

価格帯を考えるとかなり満足度の高いホテルで、

特にバスルームはこのクラスでは珍しい豪華な設備で嬉しかったですね。

宿泊者専用のラウンジもあったりと、付帯設備も十分ですし、利便性も素晴らしい。

仙台駅に足を運ばれた際には自信を持っておすすめ出来るホテルだと思います。

コンラッド大阪宿泊記

この1ヶ月掲載した宿泊記の中でも断トツ人気を誇るのはこの「コンラッド大阪」宿泊記。

滞在時に起きたアクシデント等、割と興味深い内容になっているかと思います。

大阪のホテルは中々滞在する機会が少ないので、

今後も滞在する度に宿泊記は掲載出来ればと考えています。

ヒルトン東京宿泊記

こちらも、公開から程なくして安定の人気を獲得している「ヒルトン東京」宿泊記

プチと題しているのは写真も少なく、客室の感想がメインな為。

ジュニアスイートをかなりの低価格で予約出来たのはラッキーでした。

最近ではバー利用かアフタヌーンティー利用でしかヒルトン東京には足を運ばないので、

暫く宿泊記を掲載する事はないかと思いますが、参考程度にはなるのではないでしょうか。

因みにアフタヌーンティーの際に、

「静かな場所だと嬉しいです」

等リクエストをすると、セントジョージバーを開放してくれる場合も。

こちらの記事でもその情報を掲載していたりします。

都内の大手グループホテルがやはり当サイトでは人気

ヒルトンの3ホテルの宿泊記の人気が高い事を見ても判るのですが、

当サイトでは都内のホテル情報がやはり重宝される様です。

今後のサイト作りの1つのデータとして、真剣に結果を受け入れようと考えています。

スポンサーリンク

今後について

久しぶりにサイト改修を進める他、

漸くイベントカレンダーの仕組みも整ったので、そろそろスタートする予定です。

本来は全国のイベントを網羅しようかと思っていたのですが、

どうも需要がそこまで高くない様なので、

暫くは各ホテルグループのイベント+αで進めていこうと考えています。

また、アクセスの8割がスマートフォンによるアクセスになってきた為、

よりスマートフォンの利用をメインと考えたサイト構成にしていこうかと思っています。

今後とも、当サイトをよろしくお願いいたします!

コメント