都内ホテルのコロナウィルス情勢はコチラ

ビアガーデンをもっとオシャレに!あなたにおすすめのホテルで楽しめるビアガーデン特集12選!

夏の風物詩と言えば、皆さんは何を思い浮かべますか?

お祭り?

日本の夏と言えば、やっぱりお祭りですよね。私も大好きです。

ガーデンプール?

最近はホテルのガーデンプールが流行りですし、インスタ映え人気の一端も担っていますね。

夏の風物詩って色々あります。

今回はその中から

「ビア・ガーデン(以下ビアガーデン)」

を取り上げたいと思います。

しかも!

ただのビアガーデンではありません!

今回特集するのは

「ホテル」のビアガーデンです。

(当サイトでは、ビアガーデンの定義に止まらず、テラスフリーフローも広義に含めます)

スポンサーリンク

東京マリオットホテル「Lounge&Dining G」

画像出典:一休.com

開催期間:6月1日~9月30日

時間:18:00~22:00 入店から120分制

料金:フードが6,000円++ ドリンクは2,000円++~ 2名以上から受付

メニュー:フード(BBQプレートセット、魚介、各種お肉、バックリブ、野菜他、デザート付き)

2,000円ドリンクフリーフロー(生ビール、ハイボール、カクテル、ソフトドリンク他)

3,000円ドリンクフリーフロー(上記+スパークリング・赤白ワイン)


フリーフロー込みの金額が9,000円近くになる高級なビアガーデン。

宿泊された方はご存知かと思いますが、席数は割と少な目。

また、雨天時はテラス利用が不可になるので、天気には細心の注意が必要です。

雨天時は店内での案内になるのですが、一部フードメニューが変更となります。

ガーデンらしさはあまり感じませんが、その分開放感は抜群。

向かいに見える御殿山庭園を眺めつつ、風を感じられるテラスになっています。

今回取り上げるビアガーデンの中では変わり種な感じなので、

普通のビアガーデンに飽きた方にはおすすめのビアガーデンとなっています。

下記プランなら15%オフとお得に予約する事が出来るので、

予約する場合は是非下記プランをチェックしてください。

スポンサーリンク

シェラトン都ホテル東京「カフェ カリフォルニア」

画像出典:一休.com

開催期間:4月27日~10月27日

時間:18:00~19:30 土日祝日のみ17:00~、19:30~の2部制、入店から120分制

土日祝日のみランチ営業12:00~13:30

料金:7,000円~(プランによって食材が変更)

メニュー:フード(BBQセット、野菜他)

フリーフロー(生ビール、赤白ワイン、サワー各種、ハイボール、ソフトドリンク)


++込みで7,000円~と、まずまずな価格帯で楽しめるビアガーデン。

こちらもフードはBBQとなっています。

フードのボリュームはやや少な目ですので、

あくまでフリーフローをメインとして、フードはおまけ程度の心構えが無難。

ランチの場合はフリードリンク、席利用が90分制になります。

こちらも、雨天時や強風時は店内での案内に切り替わります。

以前は食べ物も食べ放題だったのですが、現在は1プレートセットのみに変更。

シェラトンらしい優雅な雰囲気の中、心地いい風を受けながら飲み物を楽しむ。

ホテルビアガーデンらしさを味わうにもおすすめしやすいです。

スポンサーリンク

丸の内ホテル「ポム・ダダン」

画像出典:一休.com

開催期間:5月15日~9月14日

時間:17:30~22:00 入店から120分制

料金:6,500円~

メニュー:フード(おつまみプレートセット、シーザーサラダ、ローストポーク他)

6,500円フリーフロー(生ビール、瓶ビール、ビアカクテル、カクテル、ハイボール、

ワイン(赤・白)、焼酎(麦・芋) 、日本酒、ソフトドリンク )

7,500円フリーフロー(上記+、TOKYO隅田川ブルーイング2種の内日替わり1種、ジャックダニエル、

サングリア(赤・白)、スパークリングカクテルなど )


価格帯もフード付きで、飲めるドリンクも中々の充実度と考えれば割とお手頃ではないでしょうか。

何と言っても東京駅や広場を見下ろす抜群の立地がこのビアガーデン最高のハイライト。

1,000円プラスすると、フリーフローでは中々楽しめないペールエールやチェリールージュ、

琥珀の時間がメニューに入る為、非常に悩ましいかもしれませんね。

席数が40席前後とそこまで多くない他、こちらも雨天時は原則中止。

醍醐味はテラス席そのものなので、天気には要注意です。

また、フードがボリューム・質共にやや控えめなので、過度な期待は禁物。

やはりメインは景色と雰囲気、そしてドリンクです。

都内ホテルビアガーデンでも屈指の人気を誇るスポットな為、既に予約でいっぱいの日も。

スポンサーリンク

グランドハイアット東京「オークドア」

画像出典:ホテル公式

開催期間:6月1日~9月30日

時間:18:00、18:30、20:30、20:45の4回制 席利用は120分制 フード・ドリンクは90分間

料金:フードのみ6,000円++~、

フリーフロー付き日~水6,800円++、木~土7,900円++

メニュー:フード(ナチョス、スモークビーフ、チキンウィング、ガーリックシュリンプ、

トルティーヤ、トウモロコシのグリル、フライドポテトのみお好きなだけ)

6,800円フリーフロー(ローズンメスカルマルガリータ(キウイ、苺、マンゴー)、

フローズンメキシカンネグローニ、ミシェラダ 、

コロナビール、スパークリング・赤・白ワイン、ソフトドリンク)


雨天時や強風時は店内での提供となっています。

フードのみで利用する事は少ないでしょうから、やはりフリーフロープランがメイン。

上記価格は割引済みの価格で、本来は曜日に関わらず9,800円++となっています。

++を込みで考えると割引適用後でも10,000円前後になり、ホテルのビアガーデンとしてもやや高めの価格帯。

フローズンカクテルが楽しめるのと、フードが割と充実している点、ポテトが食べ放題な点等、

特徴が出易いのがオークドアらしい気がします。

テラスは吹き抜けとなっており、非常に心地良いです。

料理はメキシカン、ビールもコロナビールであったりと異国情緒が強めとなっています。

価格の分、満足度も高めですが、スタッフの数がオークドアは割と少な目なので、

予約時期次第で満足度が大きく変動するのは難しい点かもしれません。

スポンサーリンク

グランドハイアット東京「フレンチキッチン」

画像出典:ホテル公式

開催期間:6月1日~9月30日

時間:17:30、18:00、20:00、20:30の4回制 席利用は120分制 フード・ドリンクは90分間

料金:スパークリング・赤・白ワインフリーフロー 6,600円++

シャンパン・赤・白ワインフリーフロー 8,400円++

メニュー:フード(前菜の盛合せプレート、バーベキューグリルプレート各1皿ずつ)ミントティー付き

フリーフローはワイン系のみ。


オークドアのテラスが吹き抜けの空間ですが、

こちらフレンチキッチンのテラスは、より開放感の強いテラス席。

ボリューミーなフードとワインのフリーフローが楽しめます。

注意点としてはドリンクがワインのみでソフトドリンク等が含まれない点。

より高級感のあるテラスで大人なビアガーデン(ワインがメインですが)を楽しみたい方におすすめです。

価格も8,000円強でなんとか収まる為、

グランドハイアット東京のフリーフロープランとしてはお手頃な方です。

スポンサーリンク

東京プリンスホテル「ビアレストラン ガーデンアイランド」

画像出典:一休.com

開催期間:6月7日~9月21日

時間:土・祝日のみ12:00~15:00のランチ営業あり 17:30~21:30

料金:5,000円+~ プランは全てフード、フリーフロー付き


プランがかなり豊富に用意されている東京プリンスホテル夏の風物詩となっているレストラン。

席数は600席と、都内ホテルのビアガーデンでも最大級の規模を誇るビアレストランとなっています。

概ね4人~のプランが多いですが、中には2人からでも利用出来るプランもあります。

ご家族で利用される方も多く、終始賑やかな雰囲気のビアガーデンとなっていますので、

ホテルらしい大人な雰囲気を求める方は、控えた方が良いかもしれません。

ご家族での利用が安心して出来るビアガーデンは珍しく、

そもそもお子様が入場可能なビアガーデン自体が都内にはあまりありません。

フードもかなりボリューミーな構成となっているので、若い方やご家族での利用がやはりおすすめです。

スポンサーリンク

ヒルトン東京お台場「グリロジー バー&グリル」

画像出典:ホテル公式

開催期間:~9月30日

時間:15:30~21:30 席は2時間制、フリーフローは90分制

料金:5,500円

メニュー:フード

(スパイシーピーカンナッツ、ポップコーンシュリンプ、ラムチョップ、フィンガーサンドウィッチ)

フリーフロー(隅田川ブルーイング2種、アサヒスーパードライエクストラコールド、

ジャックダニエルハイボール、赤・白ワイン、各種ビアカクテル)


通常は式典等で良く利用されるテラス席が、夏場は限定でビアガーデンに変化します。

2019年限定となるのか、今後定期開催されるのかは不明です。

レインボーブリッジ側にある為、やはり利用するならディナータイムでの利用がおすすめ。

フリーフローや席の事を考えると19時までには入店したいですね。

隅田川ブルーイングがこのプラン最大の目玉。

フードはあくまでおつまみ程度ですので、やはりメインはフリーフローの飲み物!

心地良い風を受けながら冷たいビールを身体に流し込むのが最高です。

因みに、上記フリーフロープラン以外に、席だけのプランもあります

量をあまり飲まない方なら、フード1品とドリンク2~3杯でゆったりと楽しむのもありだと思います。

スポンサーリンク

ヒルトン東京お台場「ビアガーデン アブレイズ」

画像出典:ホテル公式

開催期間:4月27日~9月30日

時間:17:30~21:30 土日祝日と7月13日~8月下旬のみ11:30~16:30のランチ営業もあり

料金:平日限定ランチは4,000円++~

ドリンク別、フリーフローは3,000円++~

公式HPからの予約で9,500円もしくは10,0000円のフリーフロー付きプランあり

メニュー:フード(グリルプレート1皿~)ドリンクは別もしくはフリーフロー。

フリーフロー時は(生ビール、赤白ワイン、ウィスキー、各種ソフトドリンク)


レインボーブリッジをほぼ真正面に捉える事が出来る抜群のロケーション。

カジュアルな雰囲気ながら、BBQを楽しめるホテルのビアガーデンとなっています。

夕方から夜に掛けての景色は最高の一言。雰囲気は随一と言っても良いかと思います。

フリーフロープランを選択すると価格帯が10,000円を超えてしまうのが最大のネック。

HPCJの割引優待も各種プランには適用出来ない為、予約は公式サイトからがお得です。

ただ、その場合ドリンクの種類は少な目。

金額が300円値上がりしますが、スパークリングワインやスパークリングカクテルを楽しみたい方は

下記サイトからの予約もおすすめします。

個人的にはコスパがイマイチと言わざるを得ない為、

上記グリロジーバー&グリルの方が満足度は高いと思います。

スポンサーリンク

ホテル雅叙園東京「カフェ&バー 結庵」

画像出典:ホテル公式

開催期間:6月10日~8月30日 平日限定

時間:17:30~21:30

料金:1,800円++、2,600円++、90分間フリーフロー フード別

もしくは3,600円~フード付きフリーフロープラン

メニュー:フリーフロー1,800円++(アサヒスーパードライ、ブラックニッカフリージングハイボール、

カンパリ(ソーダ・トニック・オレンジ)、サングリア)

プレミアムフリーフロー2,600円++(隅田川ブルーイング ケルシュ・ビタースタウト、

グランドキリン ジャパン・ペールラガー、アサヒエクストラ・コールド、

サントリー 東京クラフト ペールエール、九州CRAFT日向夏、 ブラックニッカフリージングハイボール、

カンパリ(ソーダ・トニック・オレンジ)、サングリア )

フード付きプラン(ナッツ、焼きカマンベールガーリックトースト添え、夏野菜のペペロンチーノ)


様々なプランがある雅叙園のビアテラス。と言っても、テラス席自体は通年オープンしています。

席数は6卓程度なので、割と少な目。その為人気の日は既に予約が埋まっている事も。

雅叙園らしい豊かな緑を前に、ビールをはじめ、お手頃価格からフリーフローを楽しめます。

ホテルの中で最も判りにくいレストランがコチラなので、平日は割と静かな時間帯も。

2次会に利用される事も多い場所な為、2次会利用があると一転して賑やかになります。

注目すべきはフード付きながら3時間のフリーフローも付いたコチラのプランがある点。

割引率は40%オフ超えと、かなりお得に予約する事が出来ます。

フリーフロー自体は1,800円++のプランと変わりませんが、お得度は段違いに高いです。

スポンサーリンク

ホテル椿山荘東京「セレニティ・ガーデン」

画像出典:一休.com

開催期間:7月19日~9月28日 7・8月は毎日、9月は金土祝前日のみ開催。

時間:18:00~21:00 入店から席は120分、フリーフローは90分制

料金:10,000円、13,500円

メニュー:フリーフロー10,000円(ニコラフィアット、マムグランコルドン、モエ エ シャンドン、

テタンジェ、ミネラルウォーター、カクテル、ビール、ソフトドリンク、

乾杯用 モエ・エ・シャンドン アイス アンペリアル1杯付、オードブルプレート付き)

フリーフロー13,500円(上記の他に、ルイロデレール、ジョセフ・ペリアもフリーフロー)


通常はウェディング施設として利用されている5階の空中庭園が夏場限定でシャンパンガーデンを開催。

シャンパンだけでなく、ビールやワイン、各種カクテルと幅広いフリーフローメニューとなっています。

乾杯用にはモエエシャンドンのアイスアンペリアルが提供され、夏らしさが強調されます。

フルーツシャーベットにシャンパンを注ぐソルベも楽しめます。

フードもボリュームこそ控えめですが、種類が豊富なのは嬉しい点。

開放感抜群の空中庭園でシャンパンが楽しめるのは実に豪華ですね。

価格帯も、シャンパンプラスカクテル数種のフリーフローで銘柄も決して悪くありません。

会場の素敵さも加味するとコスパも割と良いのではないでしょうか。

2012年から開催され、毎年好評を得ている為、今後も暫くは椿山荘夏の風物詩として楽しめそうです。

雨天時や強風時はカフェ・フォレスタへと会場が変更されます。

開放感はなくなってしまいますが、こちらはこちらで土日祝限定営業な為、

平日にこちらへ入店出来るのはこういった機会のみなので、ちょっとした特別感を味わう事も出来ます。

予約はどのサイトからでも金額は同じなので、お好きなサイトにてご予約を。

スポンサーリンク

パレスホテル東京「オールデイダイニング グランドキッチン」

画像出典:ホテル公式

開催期間:7月1日~9月30日 平日限定 要予約 4名以上から予約可

時間:18:00~20:00、20:30~22:30 2部制、席は120分、フリーフローは90分制

料金:7,200円++~ オプションで、プラス1,500円++でデザート、コーヒーor紅茶付きに、

プラス5,000円++でシャンパン(ローランペリエラキュヴェ)がフリーフローに。

メニュー:フード(牛フィレ肉のプランチャ / 三元豚ロース肉のグリル / スパイシーチキン /

ローストベジタブル / 天使の海老と野菜のガーリックオイルソテー / パルマ産プロシュート / グリッシーニ /

焼きトウモロコシのサラダ /

ピンチョス (ボイルドベジタブル、カマンベールチーズのフリット&パイナップル、

シュリンプ&ブロッコリーのアーリオオーリオソース、炙りマグロ&アヴォカド、

ブランダードのクロメスキ&セミドライトマト&そら豆) )

フリーフロー(ポートニック(ポートワインとトニックのカクテル)、

パッションミモザ(スパークリングワインとパッションフルーツのカクテル)、ピンクサングリア、

スパークリング・赤・白ワイン、生ビール、ウィスキー、ジントニック、ソフトドリンク)


こちらも恒例となっているパレスホテル東京のテラスフリーフロー。

皇居周辺を囲むお濠を間近に眺められる数少ないスポットの1つです。

しっかりとしたフードメニューは、スペイン、ポルトガル、イタリア料理が中心。

フリーフローの各種ワインやカクテルは、そのフードに因んで各産地のワインになっています。

ポートニックは甘めのポートワインとトニックで作られるカクテルで非常に飲み易くおすすめです。

サービス料等を含めると最安値で8,554円と気持ち高めではありますが、

パレスホテル東京のフリーフローとしては標準的な価格帯に収まっています。

こちらも、雨天時や強風時は場合によって店内でのサービスとなる可能性も。

事前予約必須、4人以上からのみという点も注意が必要ですね。

スポンサーリンク

アマン東京「ザ・カフェ」

画像出典:ホテル公式

開催期間:~9月30日

時間:平日・土曜日17:00~20:00 席は120分、フリーフロー90分制

料金:3,500円++

メニュー:フード(日替わりアペタイザーの盛合せ)

フリーフロー(生ビール、6種のビアカクテル(カシスビール、ビアスプリツァー、シャンディガフ

パナシェ等、ソフトドリンク)


毎年変わった趣向を凝らしているアマン東京のビアガーデン。

フードはおまけ程度ですがビールやビアカクテルを楽しめるのが特徴的。

平常時もワインのフリーフローを開催していますが、そちらよりも1,000円ちょっとお手頃となっています。

大手町に突如現れる森の中で楽しむビアガーデンは、都会に居ながらもホッと寛げる空間となっています。

一面の緑を眺めれば、身も心も満たされそうですね。

既に週末は予約で埋まっている日もあるくらいなので、その人気の高さが伺えます。

ビール好きにはたまらないホテルビアガーデンです。

スポンサーリンク

まとめ

今回取り上げたのはほんの一部です。

他にもビアガーデンやテラスでのフリーフローを提供しているホテルが多数ありますが、

当サイトでは敢えて絞って掲載致しました。

価格帯も非常に幅広く、気軽に使えるホテルもあれば中々に気合を入れて挑みたくなる価格帯のホテルも。

個人的には椿山荘東京、ヒルトンお台場のバー&グリル、 丸の内ホテルのポム・ダダンがおすすめです。

椿山荘東京は流石の価格帯ではありますが、シャンパンのラインナップが素晴らしく、

都内ホテルでシャンパンのフリーフローを開催している中でも屈指の充実度を誇ります。

行き帰りに椿山荘自慢の庭園を楽しめるのも見逃せない点です。

ヒルトンお台場のバー&グリルは通常催事で使われる事が多いのですが、

今年は珍しくビアガーデンとして営業されます。

価格帯も使いやすい価格帯に収まっており、特別感のあるビールが提供される点は嬉しいですね。

そして丸の内ホテルのポム・ダダン

何と言っても東京駅を眼下に捉える立地は他にない魅力。

ホテルに限ればテラスフリーフローでは今の所唯一と言って良いのではないでしょうか。

鉄道好きは勿論の事、ちょっとした非日常を体感するにも打ってつけのスポットです。

昨今はガーデンプールが注目されがちですが、

当サイトとしてはホテルビアガーデンも是非注目したい夏のイベントだと思います。

コメント