[ホテルバー]おすすめする理由と楽しみ方①

アンケート

ホテルを選ぶ際に大事な要素は?(複数回答可)

読み込み中 ... 読み込み中 ...

当サイトがホテル内施設でも特におすすめしたいのが、

ホテルバー

初回はホテルバーとはどういう場所なのかを簡単に。

あなたもホテルバーを楽しんでみませんか?
ホテルに泊まる事に慣れてきたら、次は別の楽しみ方をしたくなるものです。 例えばホテルレストランへ行ってみる。 例えば...

第2回は、ホテルバーを利用する者の憧れ、ボトルキープについてを中心にお届けしました。

ホテルバーのあこがれ。ボトルキープのすべてとおすすめホテルバーもご紹介!
高級ホテルで最も立ち入り辛い場所と言えば。 そう! 「ホテルバー」 です。 そんなホテルバーを利用す...

今回から数回にかけて、ホテルバーをおすすめする理由や、その楽しみ方を、

実際に利用する流れに沿って、解説していきます。

スポンサーリンク

ホテルバーをおすすめする理由をまず初めにご紹介

当サイトが何故ホテルバーをおすすめするのか。

まずはその理由からお伝えしてまいります。

初回と重複する点もあるので、初回をご覧の方は読み進めて貰えると幸いです。

あなたもホテルバーを楽しんでみませんか?
ホテルに泊まる事に慣れてきたら、次は別の楽しみ方をしたくなるものです。 例えばホテルレストランへ行ってみる。 例えば...

おすすめその①女性一人でも安心!バー初心者こそホテルバーへ

お酒が多少飲めるようになったり、外で一人の時間が欲しいなと思った時、

その候補にあがるのがバーだと思います。

しかし、初めてバーへ足を踏み入れるにはかなり勇気が必要にもなってきます。

街のバーは特にその敷居が高く、

重厚で一見を跳ね除けるかの様な威圧感を放つ扉を開ける不安

メニュー表がない店が多く、何を注文していいかわからない不安

メニュー表がないと言う事は、ハッキリとした料金も判らない金銭的な不安

1人でいると場の雰囲気に馴染めず、浮いてしまうのではないかという不安

初めてのバーは様々な不安がつきものです。

慣れてしまえば、その不安は幾分か解消されるのですが、

慣れるまでは本当に大変です。

そんな時、ホテルバーが役に立ちます。

重厚な扉がないホテルバーも最近は多く

初めてバーを楽しむには打ってつけです。

メニュー表が無いホテルバーはほぼ存在せず

余程オーセンティックを貫いているホテルバーでない限りは

メニューを見ながら注文出来ます。

ホテルバーは混雑し過ぎている場合でない限り、

カウンター席ならばバーテンダーさんが会話相手になってくれます。

ですので、1人でも十分楽しむ事が出来ます。

あまり会話をしたくないのであれば、そういった雰囲気や表情を出していれば、

バーテンダーさんも無暗に話しかける事は殆どありません。

実際に、カウンターにお一人で、考え事に耽っている方は沢山いらっしゃいます。

おすすめその②客層が安定しているので、面倒事に巻き込まれない

例えば、女性一人で街のバーへ行くと、ナンパをされる事も結構あります。

特にオーセンティックでない、カジュアルなバーでは、その傾向が顕著です。

一方、ホテルバーでは、余程の事がない限りナンパする方はいらっしゃいません。

お隣になった方と話す事はあるかもしれませんが、あくまでその程度。

また、カウンター席であれば、バーテンダーさんもいらっしゃるので、

迷惑されていれば、バーテンダーさんが止めに来てくれます。

場所が場所な為、客層が安定しており、使い方も各々でハッキリしている場所でもあります。

待ち合わせ専用に使われたり、

1人の時間をしっかり堪能したい方が使われたり、

デートの最後にお2人で利用されたりと、

慣れた方が多いので安心して利用出来ます。

おすすめその③最悪飲み過ぎても大丈夫

これに関してはかなりのお金が掛かってしまいますが、

最悪の場合、飲み過ぎて帰るのが大変でも、そこはホテルです。

お部屋をバーテンダーさんにお願いすれば、その場でお部屋の確認・予約が出来ます。

宿泊しない場合でも、エントランスには常にタクシーが待機している為、

スムーズにタクシーに乗る事が出来ます。

良いホテルバーであれば、タクシーを確認してもらって、

その場にタクシーが無い時は、そのままバーでゆっくり待機する事も可能です。

筆者は良くこの方法を利用します。

エントランスで待ちぼうけを食らうのは意外とキツイです。

予め確認しておけば、そういった事を防げますしね。

また、そういった事態をしっかり対処してくれるかどうかで、

そのホテルバーの底力を見る事が出来ます。

早速ホテルへ!の前に・・・

ここからは、実際に体験する流れに沿って進めていきます。

今回は宿泊時ではなく、仕事終わりにふらっと女性お一人で訪れる場合を想定しました。

では、早速目的のホテルバーがあるホテルへ伺いましょう!

ちなみに、ボトルキープの記事の時にもご紹介しましたが、
ふらっとホテルバーへ訪れる時に、一番お得なパターンは、
宿泊時に訪れる事です。
ホテルバーのあこがれ。ボトルキープのすべてとおすすめホテルバーもご紹介!
高級ホテルで最も立ち入り辛い場所と言えば。 そう! 「ホテルバー」 です。 そんなホテルバーを利用す...

チャージが掛からないと、最終金額も大分変わってきます。

単純に考えて、ドリンク1杯分程度変わってきます。

やはりお得に楽しめた方が良いですからね。

また、予め伺うホテルバーを決めておくことをおすすめします。

その理由はいくつかあります。

平日であれば問題ないのですが、

週末であれば、混雑している可能性もあります。

混雑している場合、飛び込みではウェイティングになってしまう恐れも。

折角、勇気を出してホテルバーへ出向いたのに、

待ってしまう事になるのは、一人で伺う時には辛いですよね。

ホテルバーによっては、電話で予約をお願いする事も出来ます。

出来ないホテルバーもあるので、それはホテルバーのHPなどで確認を。

次に、女性お一人で仕事終わりにお伺いするなら、喫煙・禁煙も知りたいところ。

仕事の服にたばこや葉巻の香りが付くと、ニオイを取るのはかなり大変です。

オーセンティックなタイプのホテルバーは、未だに多くが喫煙可。

服にニオイが付くのが嫌な方は、予め、喫煙・禁煙は確認した方が無難です。

これに関しては、ホテルバーのまとめを作る際に、

禁煙・喫煙の有無で分けた記事を作成する予定ですので、暫しお待ちください。

そして最後に、ホテルバーそのものの選定。

上記喫煙・禁煙と大きく結びつくので、中々悩みどころなのですが、

お一人で伺うなら、断然オーセンティックなタイプのホテルバーがおすすめです。

ラウンジバータイプは照明が明るく、

またフロントロビーに併設されるホテルも多く、

終始賑やかな雰囲気になる事が多いです。

お一人で伺う場合、考え事をしたい等であると、

ラウンジバータイプの喧噪はあまり嬉しいものではないかもしれません。

以上3点に気を付けながら、お店を選んでみましょう!

今回は上記3点全てを満たす稀有なホテルバー。

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町のメインバー

「ザ・バー イルミード」

公式サイト|ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町
「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」公式サイト。東京ガーデンテラス紀尾井町の30階から36階に位置し、西洋の現代的な空間にプリンスホテルが培ってきた和のホスピタリティを掛けあわせた唯一無二のホテルです。

に伺う事にしましょう!


次回はいよいよ実際の流れにそってホテルバーへ行ってみましょう!

[ホテルバー]おすすめする理由と楽しみ方②
ホテルバーをおすすめする理由や、その楽しみ方を、 いよいよ今回から実際に利用する流れに沿って、解説していきます。 ①いざ、ホテルへ!...

TOP