近日中にホテルイベントのニュースをスタートします。

[クラブフロア]おすすめ・比較5選~東京~2

ホテルアンケート
ホテル予約をする際、どういう風に検索して決めていますか?
  • 回答を追加する

ホテルによっては、高階層などに特別なフロアや客室が存在します。

「クラブフロア」

通常フロアと比べると数千円から数万円の違いがあり、お手頃とは呼べません

しかし、そのサービスはまさしくエグゼクティブ

多くのホテルがクラブフロアラウンジを常設し、

軽食や飲み物夜にはアルコールを含む簡単な食事まで取る事が出来ます。

勿論、料金は宿泊費に含まれているので、何も気にせずゆっくり楽しむ事が出来ます。

クラブフロアコンシェルジュが居る事もあり、

レストランの予約から、ちょっとしたサプライズのお願いまで、様々な要望を引き受けてくれます。

こちらでは、そんな「クラブフロア」があるホテルをご紹介します。

クラブフロアに泊まる事を趣味としている筆者の感想も記載しますので、

ホテル選びの参考になれば幸いです。(感想は辛口です、あくまで個人の感想です。

当サイトのクラブフロアを紹介する基準はコチラのページにて。

スポンサーリンク

グランドプリンスホテル新高輪「ザ・クラブフロア」

公式HP

会員制度「プリンスステータスサービス

品川近郊にあるホテルでは最大数の部屋数を誇る「グランドプリンスホテル新高輪」

クラブフロアは15階と16階にあります。

対象客室数は93室です。

2018年12月にクラブラウンジのリニューアルが完了し、16階から1階へと移設されました。

画像出典:一休.com
サービス名備考欄
クラブラウンジの利用1階
専用カウンターでのチェックイン・チェックアウト可
営業時間7時~22時
7時~10時は朝食
エッグステーションもあるビュッフェスタイル
10時~17時はティータイム
コーヒーや紅茶、チョコやプチケーキ等のスイーツが楽しめます。
17:00~19:00はカクテルタイム
アルコールやオードブルも一緒に愉しめます。
19:00~21:30はナイトキャップ
アルコールと一部おつまみが引き続き楽しめます
「ザ・プリンスさくらタワー東京」内のサウナ&ブロアバス無料さくらタワー東京へは、庭園の散策路を通って約2分程です。
ダイヤモンドプール&スカイプールの利用無料(夏季限定)通常は1人3,000円掛かります
一部バスアメニティが豪華にバスローブやクシ等が追加されます。
グランドプリンスホテル高輪のクラブラウンジ花雅、
さくらタワー東京のエグゼクティブラウンジが利用可能

以前から徐々にサービスが拡充され、今では都内でも類を見ない特典がつくクラブフロアの1つになりました。

まずはクラブラウンジから見ていきましょう。

新設されたクラブラウンジは品川3ホテルでは最も広いスペースとなっており、席数も豊富。

席間が狭い事はやや気になりますが、まだまだ綺麗で快適です。

テラス席もある為、品川の庭園の緑を存分に楽しむ事が出来ます。

ティータイムに関しては特筆すべき点はありませんが、3ホテルでは最も品数が豊富。

カクテルタイムも同じく3ホテルで最も品数が多く、また、お腹に溜まるものも多い為、

少食の方なら十分過ぎる程のディナー代わりになります。

アルコールに関しては3ホテルでほぼ変化がなく、これと言ったものはありません。

ナイトキャップに関しても3ホテルでほぼ違いはありません。

特筆すべきは朝食

3ホテルでも最も充実しており、エッグステーションも楽しめる為、十分過ぎる朝食となっています。

特典としても3ホテルを自由に行き来し、プールやジムも利用出来ると至れり尽くせり。

ラウンジの朝食が代わりになる為、朝食を加味すると8,000円前後~。

通常時はコスパにやや難ありかもしれませんが、夏場ならダイヤモンドプールやスカイプールが使える為、

比較的コスパも良好に変わります。

品川全体の宿泊費があがって来ており、このまま上がり続けるとすればやや厳しくはなってきますが、

まだまだ十分お手頃価格で宿泊する事が出来ます。

個人的には3ホテルで最もおすすめなクラブラウンジとなっており、

クラブラウンジに関しては行き来する必要はほぼないと言って良いかと思います。

ただ、楽しめる特典としては嬉しいですね。

特にさくらタワー東京のエグゼクティブラウンジは季節次第でかなり景観が良いため、

散歩がてらに立ち寄るスポットとしては十分過ぎる場所に。

20,000円代で宿泊出来るならおすすめしやすいクラブフロアだと思います。

スポンサーリンク

ザ・プリンス パークタワー東京「プレミアムクラブフロア」

公式HP

会員制度「プリンスステータスサービス」「I Prefer

29階以上に位置するクラブフロア。

2016年9月30日に改装が完了しました。

ラウンジを含め、大幅な変更が施され、生まれ変わりました。

対象客室数は63室。

画像出典:一休.com
サービス名備考欄
プレミアムクラブラウンジの利用32階
ラウンジでのチェックイン・チェックアウト可
営業時間7:00~22:00
7:00~10:00は朝食
アメリカンブレックファストのブッフェスタイル
10:00~17:30はティータイム
ケーキやクッキーを紅茶・コーヒーと共に。
17:00~19:30はカクテルタイム
アルコールとオードブルが提供されます。
19:30~21:30はナイトキャップ
スイーツやドライスナックを中心に、アルコールも楽しめます。
シューシャインサービス(靴磨き) 無料でお願い出来ます
お部屋にネスプレッソ 
ランドリー利用20%優待 
アメニティ追加今治タオルやナイトウェア等
ジム&スパ利用無料各種ジムウェア・水着等レンタル無料
ターンダウンサービス 
朝食無料レストラン「ブリーズヴェール」、
日本料理「芝桜」、
スカイバンケット「panorama33」のいずれか
通常3,400円~
ホテルカーサービス3連泊以上限定ですが、1泊につき1回、
10時~20時までならばホテルから10Km圏内の目的地へ送って貰えます。
フリータイムチェックインプリンスステータスサービス会員
西武プリンスクラブカード会員
I Prefer会員のみ
3連泊以上限定ですが、予めチェックイン時間をホテル側に伝えておくと、
その時間にチェックインし、すぐに部屋で寛ぐ事が出来ます。
(フリータイムチェックインの可否はホテル状況に左右されます。)

改装後に大幅なサービス変更があったクラブフロア。

ジム&スパが無料で、水着やシューズ等も全て無料で借りられます。

注目のラウンジ。昨今の流行りである、いくつかのエリアに分かれるラウンジに生まれ変わりました。

言うまでもなく、東京タワーが間近に見られる高階層のクラブラウンジは絶景スポット。

朝食はアメリカンブレックファストのビュッフェ形式に変わりました。

こちらは、これと言って特筆すべき点はなし。

朝食としてはまずまずな種類と質になっています。

ホットミールが多めな印象でしょうか。

朝食時のガレットとフォアグラ入りオムレツは無くなってしまいました。

名物が無くなったのは非常に残念。

ティータイムはほぼ変更なし。ライトフードとスイーツ等のお茶菓子を中心に。

いずれも小ぶりではありますが、素朴で質も割と良好です。

チェックイン時はウェルカムシャンパンも楽しめます。

カクテルタイムはフードの種類がやや減少。

ハイライトの1つであったホットミールも日によって提供、未提供がある模様です。

アルコールなのですが、シャンパン、ウィスキーは、中々質が良いです。

ナイトキャップはフード類が殆ど下げられる代わりにチョコとフルーツが提供されます。

ゆったりとした時間にもなり、正にナイトキャップにぴったり。

ハイライトの1つだったインルームダイニングは残念ながら廃止されてしまいました。

特別感のある特典だったので非常に残念です。

改装後も気になるのは、やはりその価格。通常フロアとの価格差は朝食を加味して約20,000円~。

インルームダイニングが無くなった影響か、差額が少しだけ緩和されました。

特定セール時は40,000円前後で宿泊出来る等、ほんの少しだけ泊まり易い価格帯に変わりました。

都内で同程度の質と思えるホテルは軒並み価格が著しく上昇した為、

コスパを考えると、狙い目なクラブフロアの1つに再浮上しました。

特にお酒が楽しめる方には嬉しいクラブフロアだと思います。

コメント

  1. さぎりの より:

    今年からクラブフロア巡りを始めた者です。
    こちらの記事を参考にいさせていただいております。
    一件情報提供なのですが、7月下旬にザ・プリンスパークタワー東京に宿泊したところ「フリーインルームダイニングサービス」は廃止されていました。

    • memberships0rewards より:

      初めまして。
      ようこそ当サイトへお越しくださいました。
      情報提供、誠に有難うございます。
      次回更新時にしっかり反映致します。
      ザ・プリンスパークタワー東京の特典が大分簡略化されて他のホテルと同じ様なクラブフロアになった様ですね。
      特徴的なクラブフロアだったので、少し寂しい気もします。
      クラブフロア巡りをなさっているとの事ですので、是非、クラブフロアの感想や情報提供もお待ちしております。