ホテルイベント情報募集中!今なら無料で掲載致します!

東京イーストサイドホテル櫂会 ブログ風宿泊記 予約サイトで高評価連発!今、最もオススメのハイビジネスホテル!

当サイトに追加検討中の機能・記事でどれが一番あると嬉しいでしょうか。
東京イーストサイドホテル櫂会、トップ

2020年の2月に開業し、

一休.comを中心に各種ホテル予約サイトでも高評価を連発しているのが、

東京イーストサイドホテル櫂会

運営会社はこのホテルのすぐ近くに居を構える

物流企業の「センコーグループホールディングス」

そんなセンコーグループホールディングスの新業態がこのホテル。

また、開発が進む潮見地区では先発のホテルとなっており、

まさに初物尽くしなホテルとなっています。

今回は、そんな東京イーストサイドホテル櫂会が果たして本当に高評価なのか。

私が実際に宿泊して確かめてきました。

早速見ていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京イーストサイドホテル櫂会は昨今の流行をきちんと捉えたバランスの優れた雰囲気

潮見駅から徒歩1分と、利便性抜群の立地にホテルはあります。

駅のホームからはっきり見える程近いです。

東京イーストサイドホテル櫂会

この写真で見えている窓は客室の窓。

トレインビューの客室を希望、

もしくは対象プランを予約するとコチラ側の客室になります。

ご覧の通り、ホームからも丸見えな為、

カーテンを開けると完全にホームに居る人からも部屋の様子を窺う事も出来ます

一長一短ではありますが、電車好きな方には堪らない客室でもあります。

東京イーストサイドホテル櫂会

エントランスからフロントへ足を踏み入れると、大きな水槽がお目見え。

これはこのホテルで一番目立つ調度品だと思います。

水槽の中には沢山のお魚が気持ちよさそうに泳いでいます。

東京イーストサイドホテル櫂会

演出効果は抜群に高く、霧の装置も付けられていて、

終始水面にはモヤが掛かっています。

流石にお花そのものは造花でしたが、ここまで見事だと思わず写真に収めたくなりますね。

東京イーストサイドホテル櫂会

どの角度から写真を撮っても本当に絵になるオブジェですね。

本来こういったものは、生花でないと安っぽく見えたり陳腐に見えたりするのですが、

そんなものとは無縁の素晴らしさでした。

東京イーストサイドホテル櫂会

お魚達も元気いっぱい。

何より水槽の手入れをしっかりされているのでしょう。

本当に綺麗に見えます。

期待感を高めてくれますね。

東京イーストサイドホテル櫂会

本来はすぐにチェックインするところなのですが、もう少しロビーを見て周りましょう。

ホテルの名前でもある櫂会の「櫂」が書かれた作品。

こういった美術品はこのホテルの特徴の1つとなっています。

東京イーストサイドホテル櫂会

ロビーには座ってチェックインを待つ事が出来るソファーも備え付け。

特に同伴者が居る場合は、コチラで待ってもらう事が出来るのは嬉しい配慮。

何かちょこんと座っているものが見えますね。

東京イーストサイドホテル櫂会

近付いてみましょう。

可愛らしいクマさんがソーシャルディスタンスを訴えかけています。

1つ間隔を空けて座ってもらう為の配慮ですね。

ファミリー向けの客室もあるので、お子様に対する配慮も忘れていません。

では、チェックイン手続きをフロントで行いましょう。

タッチパネル端末でチェックイン後、コロナウィルスに関する調査票にも記入。

ルームキーを受け取って、客室へと向かいます。

スポンサーリンク

東京イーストサイドホテル櫂会の客室は21㎡~。広さは十分で快適!

東京イーストサイドホテル櫂会

エレベーターはカードキーを翳さないと客室がある階数を選択出来ないタイプ。

但し、2階と9階にはレストランがあるので、

そのフロアは自由に行き来する事が出来ます。

因みに9階に関しては、3つあるエレベーターの内1基のみ繋がっています。

これはこのホテルがかなり変わった形をしているからというのも理由の1つですね。

東京イーストサイドホテル櫂会

上層階を除くと、ぐるっと一周出来る様なデザインになっています。

廊下の広さも十分取られていますね。

では、早速客室の扉を開けてみましょう。

東京イーストサイドホテル櫂会

今回は一番リーズナブルなダブルルームを予約しています。

アップグレード等は特にありませんでしたが、

このホテルとしては高階層な客室をとってくれました。

東京イーストサイドホテル櫂会

客室にはクローゼット等がありません。

この辺りは、新規開業のハイビジネスホテルらしいですね。

ハンガーだけでなく、バゲッジラックが置かれているのは嬉しい点。

洋服ブラシや靴ベラも勿論あります。

この靴ベラ、凄く使いやすくて感動しました。

我が家にも欲しいくらい良い靴ベラです。

シューポリッシュがあるのも、気が利いているポイントです。

珍しいのはスリッパの隣に置いてある白い機械。

東京イーストサイドホテル櫂会

こちら、靴の乾燥&脱臭機です。

ホテルで置いてあるのは、私は初めて見ました。

リクエストが多かったのかもしれませんね。

雨の日等ではお世話になりそうです。

スリッパはペラペラでもなく、厚くもなく。

履き心地がやや気になる程度でこちらも及第点。

先にウェットエリアから見ていきましょう。

東京イーストサイドホテル櫂会

割とスタンダードなウェットエリア。

気持ちバスタブは長さが広めかな?といった感じ。

シャワーの水圧は十分過ぎる程強く、シャワーフックの角度も良い感じです。

東京イーストサイドホテル櫂会

DHCのホテル専用バスシリーズの1つです。

泡立ちはやや控えめですが、

洗いあがりがかなりしっとりとしているタイプですね。

香りも柔らかい香りで私はかなり好みなバスアメニティでした。

東京イーストサイドホテル櫂会

バスタオル、ボディタオル、フェイスタオルとタオルも十分。

まだ開業して1年しか経っていないのもあって、どのタオルもふかふかです。

黒い袋にはパナソニック製のドライヤーが入っています。

東京イーストサイドホテル櫂会

バスアメニティにはハイビジネスホテルとしては珍しいバスソルトも。

アメニティに関しては、必要十分な他、

リクエスト制で在庫さえあれば、男性用・女性用化粧品セットもお願い出来ます。

東京イーストサイドホテル櫂会

トイレットは別段これといった特徴はありません。

以上でウェットエリアは終了です。

次はいよいよベッドエリアを見ていきましょう。

東京イーストサイドホテル櫂会

今回のダブルルームは東京イーストサイドホテル櫂会でも一番狭い客室。

しかし、21㎡という数値以上にゆったりさを感じます。

物が少なく、綺麗にまとめられているのがそう感じさせる理由かもしれません。

東京イーストサイドホテル櫂会

左手のデスク周りから見ていきましょう。

客室の備品はほぼこのデスク周りに集約されています。

ノートパソコンを広げて使っても十分なスペースがあります。

写真右側の下段には貴重品を入れるセーフティボックスがあります。

東京イーストサイドホテル櫂会

電話、メモ、ペン、消毒・消臭スプレー、ティッシュ、時計、

グラスとコースター、ホテル概要が書かれたブックまで。

時計の裏には充電器のコードも置いてありました。

東京イーストサイドホテル櫂会

テレビも中々の大きさ。

首振り等の機能はないので、ベッドで寝転がると若干見辛い感じはありますが、

パナソニック製のテレビは視野角がやや広く取られているので、

完全に見えないワケではなく、ちゃんとその点も考えられている様です。

東京イーストサイドホテル櫂会

テレビでは地上波の他、ビデオ・オン・デマンド(VOD)や

モーニングコール機能等も備わっています。

VODは映画やアニメ、バラエティを見る事が出来ます。

番組や映画の種類はかなり少な目ですが、無料で見られるのは嬉しいですね。

東京イーストサイドホテル櫂会

高級ホテルには最早必須になりつつあるコーヒーメーカー。

私も愛用しているネスプレッソが導入されています。

ハイビジネスホテルクラスのホテルでネスプレッソが置いてあるのは結構レアです。

導入されているのはエッセンサミニ。

高級感のあるカプセル投入口が特徴のネスプレッソ屈指の名機です。

東京イーストサイドホテル櫂会

高級ホテルではこういった説明書が省かれている事もあるのですが、

初めて使う方もいらっしゃるでしょうし、心遣いが嬉しいですね。

裏面は英語表記での説明書になっています。

東京イーストサイドホテル櫂会

次は引き出し最上段部から見ていきましょう。

こちらには、ティーカップが2セットとネスプレッソカプセルが入っています。

ネスプレッソカプセルは全部で4つ。

ルンゴが3つでエスプレッソが1つとなっています。

あくまでコーヒーの代わりに飲んで貰いたいという意思表示を強く感じます。

東京イーストサイドホテル櫂会

2段目には湯呑み2セットと煎茶のティーバッグが。

最近このティーバッグ置きはハイビジネスホテルで良く目にします。

高級ホテルには置いてないのですが、

ビジネスホテル界隈での流行なのかもしれませんね。

東京イーストサイドホテル櫂会

最終段には湯沸かし用のケトルとアイスペールが収納。

本格的なアイスペールではなく、あくまで簡易的なものなので、

長時間氷を保存することは難しいです。

ただ、氷は後述するアイスディスペンサーで調達出来るので、

そこまで気にする必要もありません。

東京イーストサイドホテル櫂会

テレビ下には冷蔵庫も。

思いの外冷却能力がしっかりしている冷蔵庫でした。

収容能力は低めではありますが、ワインのフルボトル1本ならちゃんと収める事が出来ます。

アイスディスペンサーがある事を考えても、

客室で持ち込んだ飲み物を楽しむ事もしっかり想定されています。

これでワイングラスがあれば最高なのですが、流石にそれは贅沢ですね。

東京イーストサイドホテル櫂会

客室の一番隅には空気清浄機が備わっています。

コンセントからプラグは抜かれているので、初めは自分でセット。

お水もセルフで供給しなければなりません。

この辺りはハイビジネスホテルらしいセルフ加減。

ただ、客室の湿度に関しては、冬場でない限りはそこまで問題が無さそうです。

というのも、一度水を入れた後の減り具合を帰りに見てみたのですが、

そこまで大幅に減っていませんでした。

東京イーストサイドホテル櫂会

部屋の中央に位置するのはテーブルとチェア。

写真で見ると小さめに見えますが、それなりなスペースはあるので、

お弁当くらいなら2人分置いても大丈夫です。

嬉しいのはミネラルウォーターが2本サービスされていること。

ハイビジネスホテルではミネラルウォーターがないホテルもありますが、

ネスプレッソもある事ですし、このサービスは譲れない点ですね。

東京イーストサイドホテル櫂会

そう言えば、フロントでチェックインした際に、

エレベーターまでアテンドしてくれたポーターの方からおしぼりを貰いました。

しかもこのおしぼり、ちゃんと温かいおしぼりになっていて驚きました。

細かなことではありますが、こういった小さな喜びの積み重ねが多く、

このホテルが高評価な理由が垣間見れる瞬間でもあります。

東京イーストサイドホテル櫂会

ハイビジネスホテルとしてはレンタル品の豊富さも魅力。

先述の通り、男性用・女性用化粧品セットやフェイスマスクも在庫があれば貰えますし、

ヘアアイロンも2タイプレンタルする事が出来ます。

他にも、枕が2タイプ、各種ケーブル類、DVDプレイヤー、デスクライト、

お子様用のベビーベッドやパジャマ、スリッパ、防水シートやフロアクッションマットまで。

多種多様なレンタル品が備わっています。

流石にそこまで数は多くないと思うので、

これ等レンタル品は予約時にリクエストしておくことをおすすめします。

東京イーストサイドホテル櫂会

ホテル概要本をご覧になると判るのですが、本当に変わった形をしたホテルになっています。

6階まではほぼ共通のフロアになるのですが、7~9階は独立したフロアになっています。

9階のスイートはペントハウスの様な造りになっているのがまた面白いですね。

右ページには付帯施設の一覧が載っています。

ローソンに関しては、コロナ過だった為、23時閉店となっていました。

このローソン、ホテルスタッフが勤務しているそうで、

通常のローソンとは明らかにホスピタリティのレベルが違う点がまた興味深いです。

東京イーストサイドホテル櫂会

ダブルベッドはほんの気持ち狭い程度でしょうか。

もう少しサイズが大きいベッドなら、ベッドサイドとのバランスも取れる気がしますが、

そうすると写真右手側の導線が狭まってしまうので、悩ましい点なのでしょう。

ダブルルームは14室しかないそうなので、

ダブルルームをご希望の方は早めの予約が吉。

東京イーストサイドホテル櫂会

ルームウェアはホテルのロゴマーク入り。

着心地はsequenceのルームウェアに比べるとやや劣りますがこちらも中々なもの。

ワンピースタイプではなく、上下に分かれているタイプです。

ハイビジネスホテルの流行をコチラでもしっかり導入していますね。

東京イーストサイドホテル櫂会

ベッドサイドのコントローラーは非常にシンプル。

各種電灯のスイッチと、コンセントが通常のプラグとUSBタイプの2種類。

流石に新規ホテルだけあって、この辺りの使いやすさもバッチリです。

客室の様子は以上で終了となります。

スポンサーリンク

東京イーストサイドホテル櫂会は付帯施設こそ少ないものの、ゆったりするには最適!中庭はハイライトの1つに!

ここからはホテル館内を探索していきましょう。

まずは自由に行き来出来る2階へ。

2階の客室フロア側には、自動販売機やランドリー、アイスディスペンサーがあります。

ルームキーを翳さない限り、客室フロアには入れないので、

レストラン利用者とホテル宿泊者でちゃんとセキリュティが保たれています。

東京イーストサイドホテル櫂会

ハイビジネスホテルでは小型のアイスディスペンサーが多いのですが、

こちらはかなり大型のアイスディスペンサーを導入しています。

右手には持ち帰り用の紙カップがあるのですが、すぐに一杯になります。

客室からアイスペールを持ってきて直接入れた方が一度に沢山持って帰れます。

東京イーストサイドホテル櫂会

自動販売機の価格帯は通常の価格帯。

本来なら24時間営業のローソンが1階にあるので、出番は少なく、

価格帯を上げても良いはずなのですが、通常通りな点にも好感が持てます。

そう言えば、2階の客室フロアだけ何故か雰囲気が違っていました。

東京イーストサイドホテル櫂会

フロア全体が画廊の様になっているのです。

宿泊した時期は産学共同プロジェクトの作品展示期間の様でした。

何とも可愛らしいイラストがフロアの廊下に沢山展示されていました。

東京イーストサイドホテル櫂会

クオリティの高さに本当に驚きました。

各都道府県をテーマにキャラクターを創作してイラストを描いているのですが、

どれも愛情を持って描かれているのが伝わってきて、楽しく拝見出来ました。

2階フロアは今後もこの様な使い方をしていくのかもしれませんね。

東京イーストサイドホテル櫂会

このホテルのハイライトとなるのはこの中庭でしょう。

沢山の竹が中庭を彩っています。

面白いのは、様々なタイプの椅子やテーブルが並べられている点。

うっすら見えるアウトドアチェアは勿論のこと・・・

東京イーストサイドホテル櫂会

こういったゆらゆら揺れるタイプの椅子もあったりします。

高さがあると怖さもあったりするのですが、これは高さが低くお子様でも楽しめそう。

ちょっと腰掛けてもう少し中庭を堪能しましょうか。

東京イーストサイドホテル櫂会

少し上を見上げると、緑の中に青空が広がっています。

季節的にも、春から夏に掛けてがこの中庭の見頃でしょうか。

東京イーストサイドホテル櫂会

1段下がったソファー席なんてのもあったりします。

現在はフリースペースとして自由に宿泊客やレストラン利用客が使えるのですが、

今後様々な使い方を検討しているそう。

正面になにやら気になるものが映っていますね。

東京イーストサイドホテル櫂会

もうすぐ子供の日ということで、こいのぼりが沢山。

ファミリー向けのサービスではありますが、大人でも少しワクワクしますね。

この日は、コンシェルジュの皆さんが鯉のぼりを吊るす様子も見られました。

東京イーストサイドホテル櫂会

一際大きな鯉のぼりも。

これ、結構涙ぐましい努力の末にこの状態になっています。

中庭には中々風が吹き込まないので、風が無くても大丈夫な様に、

風船をいくつか鯉のぼりに仕込んで飛んでいる様にしているのです。

こういった遊び心をずっとこのホテルには持ち続けて欲しいなと

心から願わずにはいられませんでした。

東京イーストサイドホテル櫂会

中庭は日が暮れるとライトアップもされます。

これは客室から撮影した1枚。

決して広く、豪華な中庭ではないのですが、

宿泊客を楽しませようという気持ちが感じられるのは嬉しいですね。

スポンサーリンク

東京イーストサイドホテル櫂会のホテルレストランも見逃せない!

東京イーストサイドホテル櫂会には4つのホテルレストランがあります。

本当に残念な事ではありますが、

今回は時期が時期だけに、ホテルレストランの利用はしませんでした。

中庭探索後、ランチ終了後のメインダイニング「アンサンブル」の様子を窺っていると、

スタッフが扉を開けてくれて、中を見せてくれました。

東京イーストサイドホテル櫂会

ご覧の様に、新型コロナウィルス対策はバッチリ施されています。

ここまで整えるのには相当苦労したのではと思わずにはいられませんでした。

現在はランチ、ディナー共にコース仕立てなセットメニューでの提供となっているそうです。

東京イーストサイドホテル櫂会

メインダイニングのハイライトとなるピアノの生演奏。

立派なグランドピアノがお店中央に位置しています。

現在はこの生演奏も休止中。

東京イーストサイドホテル櫂会

このアンサンブルには中庭に隣接したテラスも備わっています。

現在でも、リクエストがあればテラスで食事を取る事が可能だそうです。

涼しい日はテラスで中庭を見ながら食事するのも楽しそうですね。

東京イーストサイドホテル櫂会

ビュッフェ台は現在全く使われていないそうです。

数分間スタッフと話しましたが、本当に残念な想いが私にも伝わってきました。

新型コロナウィルス対策は万全で、ビュッフェも出来ない事はないのですが、

残念ながら稼働率が低く、ビュッフェを提供出来ないとの話も。

現在のセットメニューの価格帯もホテルレストランとしてはかなりお手頃。

今回は利用出来ませんでしたが、

次回は必ずホテルレストランとバーを利用する旨と、

アフタヌーンティーは是非検討していただきたい事をお伝えしました。

9階には日本料理「あけくれ」が。

本来は和朝食も提供する空間なのですが、現在はランチとディナーで完全予約制のみ。

このホテルの中ではよりホテルレストランを強く意識したお店で、

価格帯もそれに倣ったものになっています。

東京イーストサイドホテル櫂会

中庭に面した場所にひっそりと入口があるラウンジ「夕凪」

私が足を運びたかったスポットの1つだったのですが、今は完全営業休止中。

テーブルチャージが1人2,200円とかなり割高なテーブルチャージになっています。

それには必ず理由があるはず。

その理由を次回は是非確かめたいです。

東京イーストサイドホテル櫂会

カフェ&バー「オールオール」は1階のエントランスすぐ側にあります。

残念ながらこちらも時間短縮での営業となっていました。

カフェの価格帯はホテルレストランとしては平均的。

是非アフタヌーンティーを展開して欲しいところ。

そして、私が行きたかったスポットのもう1つが・・・

東京イーストサイドホテル櫂会

店内奥にあるバースペース。

こういった造りのホテルバー、私は大好きです。

何でも、カクテルコンクール全国大会入賞者が数名いらっしゃるとか。

今回は夜の様子を見ていないので、こちらも次回是非立ち寄りたいです。

東京イーストサイドホテル櫂会の宿泊記は以上となります。

スポンサーリンク

まとめ

  • 細かなおもてなしや気遣いが嬉しい!
  • 客室は広く、使いやすく、アメニティも十分過ぎる程!
  • 中庭は小さいながらハイライトに相応しい出来!
  • ホテル全体の雰囲気が素晴らしい!特にスタッフ感の雰囲気が素敵!
  • 噂に違わぬ高評価ホテル!今後の変化が楽しみ!
東京イーストサイドホテル櫂会

2020年、新規ホテルでは最高レベルの高評価を叩き出している

東京イーストサイドホテル櫂会。

期待半分、不安半分で今回宿泊してきました。

結果は、正に噂に違わぬ素晴らしいホテルでした。

総じてスタッフの士気が高く、サービス精神がしっかりしていて、

日本らしいホテルだと強く感じました。

コスパに関しても、1万円前後~半ばまでなら

十分満足出来ると自信を持っておすすめ出来ます。

高級ホテルと同じものを求めると物足りなさはありますが、流石にそれは酷な話。

気軽に泊まれる安心感のあるホテルとして選択肢に加えてみては如何でしょうか。

ホテルランクで考えると、

アッパーミドルホテルとハイビジネスホテルの良いとこどりといった感じ。

付帯施設こそアッパーミドルホテルには及びませんが、

ハード、ソフト共にハイビジネスホテルのそれとは一線を画しています。

ホテルレストランに関しては、場所柄難しい側面もどうやらありそう。

特にランチタイムの雰囲気は周囲にレストランが少ないことも手伝って、

会社員の方が挙って来店する為、ホテルレストランらしい雰囲気ではなさそうです。

一転してディナータイムは素敵な雰囲気になるそうなので、おすすめしやすいです。

レビューまとめにも書きましたが、とっておきの1日というよりは、

偶の贅沢や息抜きに気軽に泊まるホテルとしてぴったりだと思います。

東京イーストサイドホテル櫂会

今後の変化は気になりますが、このままの雰囲気やサービスを保ってくれれば、

東京湾界隈では屈指のおすすめホテルになるのではと思っています。

コメント

error: